な ま いき ざかり ネタバレ – 137話

2013年から『花とゆめ』で連載がスタートした、ミユキ蜜蜂の高校を舞台にしたラブコメ漫画『なまいきざかり』。この記事ではな ま いき ざかり ネタバレについてシェアしていきます。

「なまいきざかり。」概要

「なまいきざかり。」概要

バスケットボール部のマネージャーである由紀は、恋人のキャプテンである城戸に片想い中だったが、ある日、城戸に彼女がいることを知る。 傷心のあまり部室で人知れずすすり泣く由紀だが、その姿を後輩の翔に見られ、弱みにつけ込まれてしまう。

一方、翔はその隙に惹かれ、普段クールな由紀の脆さを察知して積極的にアプローチを始める。

恋人の由紀は堅物で真面目だが、翔の説得を受けて次第に恋愛感情を抱くようになる。

同作は2018年に白泉社電子書籍大賞の大賞を受賞、2021年にも優秀賞を受賞し、2022年7月には累計発行部数が600万部を突破する予定だ。

本プロジェクトの完結を記念して、アパレルライン「DHOLIC」との提携が決定し、作中に描かれた衣装全7種が実際に販売されることとなった。 これは漫画とファッション業界の両方に影響を与えました。

楽しい学生時代と悲しい学生時代の思い出が甦る、爽快な青春バスケットボール物語です。

「なまいきざかり。」のあらすじ

出会い編

「なまいきざかり。」のあらすじ

主人公の町田有紀は龍北高校の2年生であり、チームのマネージャーです。 真面目でクールな性格で、常に管理職としての責任を確実に遂行するため、バスケットボール部の部員からは「お姉さん」と呼ばれていた。

しかし、結城が長年想いを寄せる相手は、3年生のキャプテン・城戸だった。 ユキは自分への好意に気づいていなかったが、メンバー同士の話し合いで木戸に彼女ができたことを知る。 部室でひっそりと泣いていた彼女に、バスケ部の後輩・成瀬翔が気づいた。

ショウはユキの木戸への好意に気づき、それを彼に秘密にしておこうと慌てる。 一方、翔は普段は冷静な由紀が泣いていることに気づき、由紀に興味を持ち始める。

そんな中、バスケットボール部の3年生引退試合が行われていた。 負ければ木戸たちは諦め、龍北高校は試合を有利に進められなくなる。

木戸が引退したらユキが怒ると信じている翔だけは、皆が諦める中、耐える。 翔がボールをキャッチすると、翔の姿にやる気を出したユキは「そのボールを取ったらお尻を叩いてやる」と言う。

最終的にはコンテストに負けたものの、ユキのサポートが翔の感情に影響を与え、彼は彼女を愛していることに気づきました。

相思相愛編

最後の試合の後、ショウはユウキにアプローチを開始する。 「イタズラみたいに決めつけないで、触りやすいのか興奮してないのかも分からないのに、勝手に決めつけないでね」という翔のユキへの直接の忠告がよくわかる。 彼がどう感じているか。 最初、ユキは冗談だと思った。 それが存在することを認識してください。

ユキは自分と違って翔の支配下で行動することに戸惑い、最初は翔への魅力を否定していたが、やがてそれを理解するようになる。

素直になれないユキはバレンタインデーに翔にチョコレートを渡すことができない。

しかし、その日、翔が体調が悪いと知った由紀は、チョコレートではなく薬を持って翔の家を訪れる。 翔はユキの愛らしさに思わずキスをしてしまう。

一方、由紀は彼への愛を自覚した今、彼を拒否することができません。

それ以来、彼らは付き合い始めていませんが、翔は今でもユキを追いかけ、バレンタインデーのお礼として彼女を誘い、機会があるたびに彼女にキスをします。

その間にバスケットボールの強豪・美鈴高校との試合が予定されている。 翔の元相棒であり敵である袴田静香は三鈴高校に通っていた。 静香と翔は長い間対立してきた。

翔とその仲間たちは高校入学初戦で負け、完全に壊滅してしまう。 これに業を煮やした翔は、チームメイトに隠れて一人練習を続ける。 ユキはそんな翔の姿を見ると、翔への愛がさらに大きくなることを実感する。

一方、静はライバル校でありながらも強く真っ直ぐに応援してくれる柚希のことが気になり始める。 幼なじみの翔は、静香が由紀を気にかけていることを察知し、彼女をライバル視しているが、静香は自分に思いを寄せていることに気づいていない。

ユキとショウは明らかにお互いに惹かれ合っているが、ユキはショウの真面目な態度のせいでデートをためらっている。

翔からのキスなどのスキンシップを受け入れ続けるも、二人の関係は進展しないまま夏が過ぎていく。 バスケットボール部の夏合宿で、困難が重なって溺れそうになったユキを最初に助けたのは翔だった。

ユキはいつも手を差し伸べてくれる翔に好意を寄せるが、バスケットボールをしている時は彼の邪魔をしたくない。 したがって、彼は彼らに退職後まで関係を保留するように要求しました。

しかしそんな中、由紀は女子生徒が翔にキスしているところを目撃してしまう。 ショックを受けるユキだったが、すぐに翔を失いたくないという気持ちに気づき、翔を大切に思っていることを改めて誠心誠意伝える。 こうして二人は無事に会うことができた。

退職と受験編

バスケットボールチームがウィンターカップに近づくにつれ、ユキとショウの友情は友好的に発展していきます。 由紀たち3年生が負ければ退学になってしまうため、翔はこの大事な試合に特に意気込む。

それでも先輩たちと一緒にバスケットボールをしたいと思っていた翔は、1回戦で強敵と対戦したにもかかわらず、懸命に努力した。

エースの静香は二回戦で三鈴高校と対戦する。 前半でかなりのリードを築くと、部員たちは降伏の姿勢に入った。

しかし、ユキは翔を鼓舞し、最後まで粘り強く頑張りました。 龍北高校は翔の活躍で後半に追いつく。 最後の瞬間まで結果が分からない試合をするが、最後は静香の3ポイントシュートで負ける。

その結果、翔が新キャプテンとなり、由紀ら3年生は引退することが決定した。 翔は退団する由紀にキャプテンらしく礼を言った。 バスケ部でユウキに出会えて本当に良かったと心からそう言った。

その後、ユウキは受験の準備に集中し始め、ショウはバスケットボールの練習と学校の遠足に忙しい。 その結果、二人の離れ離れな日々が続いてしまう。

それでも翔は受験勉強の息抜きに由紀をデートに誘う。 今でも昼休みには一緒にお弁当を食べるなど、楽しい時間を過ごしています。

最後に、試験当日の悪天候のため、ユキは試験会場に行くのに苦労しました。 ゆきは偶然居合わせた静香のおかげで無事入学試験に合格し、志望校に入学することができた。

静香が由紀を手伝っていたことを知り、翔は嫉妬するが、由紀の高校卒業式の日、お互いの愛を再確認し仲直りする。

大学編

一人暮らしの大崎大学生の由紀は、婚約者の経営するコンビニでアルバイトを始める。 同じ大学の先輩でバスケットボール部の諏訪拓海くんのバイトとして働いていた。

同じ学校に通っていることもあり、ユキとタクミは親友になる。 大学生活も順調で、隣に住む同じ大学の同級生、宇佐美風香とも仲良くなった。

それでも彼女は、以前とは対照的に、バスケットボールをする翔をサポートすることができず、孤独を感じていました。 逆に翔も拓海の存在に憤りを感じるようになる。

翔たちは関東大会で静香率いる三鈴高校と再び対戦するが、敗れてしまう。

一人暮らしで憂鬱な翔に気づいた由紀は、全力で翔を元気づけようと決意し、「疲れたらいつでも来ていいよ」と自分のアパートに誘う。 違いにもかかわらず、二人はこうして絆を深めていきます。

しずかちゃんの想い

しずかちゃんの想い

由紀は学校のバスケットボールチームのコーチに就任する。 ある日、洗濯物をしにジムから出た静香は、暗闇に隠れているのを発見する。

大崎大学のコーチから練習に誘われたのだ。 落ち込んでいる静香を由紀が励ます。 静香は由紀への情熱が高まっていることに気づいている。

時は流れ、4月にショウとシズはユキと同じ大学に入学する。 静香と翔がバスケットボール部に入部し、敵対心が激化する。

推薦を受けずに一般生徒として入学した翔は、自分のバスケットボールのスキルのなさに苛立ちを隠せない。 一方、静香は彼の推薦だった。 そうこうしているうちに、拓海が結城に告白するなどの出来事が起こり、二人は接触することになる。

タクミがユキに告白したことで翔は不機嫌になるが、ユキが翔への愛情を率直に伝えたことで二人は和解する。 当然、ユウキはタクミの入学を拒否する。

ユキに自分の気持ちを打ち明けたタクミの感情は打ち砕かれるが、静香は彼女を諦める準備ができていなかった。 静香はバスケットボール部の春合宿中に酒をこぼしてしまいトラブルに。

別室で二人きりでシズの汚れた服を洗濯しているとき、シズはユキの肩にしゃっくりが出るのを見て羨ましがる。 勢いで壁に押しつけられキスをされる有紀。

ショウは、その後のユキの行動を考慮すると、ユキが事件の被害者であると信じる理由があります。 翔は静香に会いに行き、彼女が由紀にキスしたことを告白した後、彼らはケンカになります。

その後、静香は自分がユキにしたことを認め、それを埋め合わせるために謝罪する。 しかし、彼女が翔を好きであることは明らかです。

その後も静香は由紀をすぐには捨てられなかったが、翔と由紀の純愛を間近で目の当たりにし、自分の感情を押し殺してしまう。 こうして静香の初恋は終わった。

な ま いき ざかり ネタバレ – 最終話【137話】

な ま いき ざかり ネタバレ - 最終話【137話】

無事にシュートを成功させた後、成瀬と袴田は無言で近づき、手を繋いだ。

観客席から二人の様子を見ていた由紀は、一瞬驚き、何が始まったのか疑問に思った。 彼女は過去を振り返っていたと振り返った。

木戸は成瀬が入部した当初、新入部員たちに自らを監督兼マネージャーの松田、マネージャーの町田と名乗った。

結城が町田有紀と名乗った後、成瀬は突然、松田先輩や町田先輩ではなく結城と呼んでほしいと要求した。 ユキは質問された。

そして彼女は、ユキがマネージャーの役割に適しているとだけ言い返した。

その後、結城は成瀬に「バスケは本当にただの遊びなのか?」と改めて問い詰めた。 成瀬はかつてインターハイで結城を笑わせてしまったと思い、悔しさのあまり泣き叫んだことがある。 成瀬は傷つきながらも立ち上がってきたからこそ、今ここに立っているのだ。 結城はコートに立つ成瀬を眺めながらそう思った。

ブザーが鳴ったところで試合終了。

試合の最終スコアは63-62でハクセンベルーガが勝利した。

サポーターの群衆の中にいた宇佐美は立ち上がって「よし!」と声をかけた。 近くにいたユキが叫びながら勝ち上がった。 成瀬君も相手の袴田君も素晴らしかったので心の中で嬉しかったです。

試合後、成瀬はリュックサックに行き、リュックサックから物を取り出し始めた。

コート上の成瀬は観客席に座っていた結城に向かって「おい!」と声を上げた。 まさにその瞬間に。 ゆきも遅刻者も彼女に声をかけられた。

即座にユキに声をかけられたが、私以外に誰がいたのだろうか? 成瀬が思い切り何かを結城に投げつけたときは困惑した。

成瀬が結城に投げた事件は指輪だった

皆が見守る中、ユキは自分の方に何かが飛んでくるのに気づき、「わぁ!」と思いました。 何? パニックになりながらも必死で捕まえました。

ユキは指輪の入ったケースをなんとか捕まえた。

成瀬はみんなの前で、結城のコートを着たまま結城にプロポーズした。

参加者たちも不安と恐怖を感じていました。

突然の公開プロポーズにショックを隠そうとする由紀の顔は真っ赤になった。

すると女性観客からは「キャー!」という声が上がった。 サプライズのデビュー戦で、悲鳴が止まない中、成瀬のチームメイトの一人がステージに上がりプロポーズ! なんて傲慢でうぬぼれた男なんだろう! 彼はこれをテレビで放映し、何かを言いました。

そのチームメイトもユウキに向かって「さて、運命の反応は何だ?」と尋ねた。 少なくとも私はそう聞きました。 すると、由紀の隣にいた宇佐美が「由紀ちゃん、早く出て行って!」と叫んだ。 彼女は自分自身も動揺しながら言った。

由紀さんは「いや、ちょっと待って、靴を脱がなきゃいけないから」と困惑した。

成瀬が質問をしようとしたとき、ユキが彼女に近づいた。 彼女はコートを着て片足でしゃがみ、何気ない様子で指輪ケースを握りしめていた。

しかし、結城が指輪ケースを持っていることに気づいた成瀬は、なぜ指輪ケースを持っていないのか困惑する。 ゆき先輩はジュエリーを身につけていますか? 少なくとも私はそう聞きました。

すると結城は成瀬に近づき、「彼女を投げたのはあなたですか?」と問い詰めた。 彼女は、成瀬さんが興奮しすぎて気を失ったと主張した。

結城は、なぜこんなところに来たのか、顔を真っ赤にして指輪のケースを持ちながら成瀬に指輪をつけてほしいと要求した。 そこに保管しておきました。

結城の言葉に成瀬は一瞬不意を突かれ、膝をついて結城を見つめている間に、結城は左手の薬指に新しい指輪をはめた。

観客はたちまち熱狂し、観客席に座っていた宇佐美は泣き始め、阿部らは大興奮した。

そしてバスケットボールを応援するチアリーダーの皆さん、おめでとうございます! おめでとう! と結城と成瀬を褒めた。 成瀬は由紀の左手を握りながらキスをした。

由紀は顔を赤らめ、第一印象は最悪で、いつも私のことを悪く思われていたと反省しました。

分かった、写真を撮ろう、とその瞬間に成瀬のチームメイトの一人が申し出た。 そう言いながら成瀬の背中をたたいた。 すると成瀬が手を伸ばし、目の前にいた由紀の胸を掴んだ。

この予期せぬ出来事に、その場にいた全員が驚きました。 当時、結城さんは成瀬さんの「損害を与えるぞ」という脅迫に対し、関係は破綻したと明言して淡々と応じた。

成瀬が由紀の言葉を聞いて、また会話が始まるのか? ゆきさんに聞いたら長かった! そして成瀬を突き飛ばした。

宇佐美、諏訪、安部とチームメイト、そしてチアリーダーたちが結城と成瀬をコートに集めた。

Leave a Comment