まいり まし た 入間 くん 最新 話: 318話

第317話「入間くんが悪魔の仲間入り!」の続きです。 318話では桃乃木先生の新時代が描かれます。

興奮を抑えることができませんでした! カルエゴ氏はどのような寛大な行為を行ったのでしょうか? 桃ノ木先生の心臓が跳ねて顔が真っ赤に!?

では、「まいり まし た 入間 くん 最新 話」のネタバレを詳しく見ていきましょう。

前回までのあらすじ

前回までのあらすじ

先生に課せられた些細な仕事のほとんどは、新任教師の桃乃木が「やり直す」ことになる。 カルエゴ教授は初対面の人に対しても厳しかった。

未記入の課題を大量に提出した桃ノ木先生には「任せられる人がいない。課題を全て回収するよう厳しく“指導”してください」と厳しく言われる。

行儀の悪い生徒に作品を提出するよう緊張しながら促しながら、彼女は驚くほど正直に答えた。「ちょっと待ってください。後で持ってきますよ。」 彼女は急いですべてを集めてカルエゴ教授に届けました。

“これでしょうか?” 何を言っているのか分からなかったので「はい」と答えましたが、少し間を置いてからカルエゴ教授は振り返って「分かった」と言った。 「教師の役割は要件を満たすだけではありません。」 カルエゴ氏が感謝の意も表さずそう言うと、桃ノ木氏は激怒する。

それでも、宿題を提出しなかったクラスメイトが「ももちゃん先生は丸写ししてもいいから楽だよ」と言っているのを聞きました。

他にも不正行為をしている子供たちがいるはずなのに、私の生徒たちは、私の仕事の複雑さを再確認すらしなかった私を批判していました。

私はそのとき初めてカルエゴ医師の言ったことを理解し、とてつもない悔しさと哀れみの気持ちでいっぱいになりました。

バラム博士は「大丈夫ですか?」と尋ねました。 その瞬間、私が必死に泣かないようにしていたのを彼が覗き込んだのです。 桃ノ木先生が、屈強で威圧的なバラム先生に怒鳴ろうとしたとき、彼女は「何かあったんですか?教えてください」と言い、これまでの出来事をバラム先生に話した。

それから彼は「嘘をついた生徒を全員見つけ出そう」と宣言した。 そして、将来彼らが嘘をつかないようにするための計画を立てましょう。 それは可能ですか?

「できることなら名誉を取り戻しましょう!」 今回も新生桃ノ木先生がバラム先生とタッグを組んで講師として登壇!

まいり まし た 入間 くん 最新 話 – 318話

まいり まし た 入間 くん 最新 話 - 318話

作戦は大成功でしたか?

私がバラム博士とともに立てた戦略は大成功でした。

桃乃木先生は総括として実践授業を始めた。

風刃(シェーバー)で風を起こします。

生徒たち、というか課題をこなした生徒たちは、防御魔法『加護(グラン)』で身を守っている。

ただし、他人の課題をコピーした生徒は、防御魔法「加護(グラン)」を使用することができない。

出来なかった生徒に「課題として出しただけ」と言う桃ノ木先生。

さらに悪魔は、炎を防ぐ「加護(グラン)」の魔法を教えてくれたのだろうと、悪魔のような顔をして炎を吐き出す。

そして桃ノ木先生は、水、雷、煙、重力、打撃、爆発などの技から身を守る「加護(グラン)」を学ぶのに熱心な、とても元気な印象です。 しかし、、、

迫力に負けたのは、課題を丸写しした生徒たちでした。

すると彼女は「ごめんなさい」と謝り、熱心に授業を聞いていました。

桃乃木先生をはじめ、バビルスの先生方は生徒の成長のために全力を尽くしてくださるので素晴らしいと思います。

カルエゴ先生のどこにときめきますか?

カルエゴ先生の態度に興奮する桃ノ木先生。

桃乃木さんはカルエゴさんに授業の報告をし、欲しかった「お疲れ様」の言葉をもらいました。

もちろん飛び上がるほどのガッツポーズをして喜ぶ桃ノ木先生です。

桃ノ木先生がバラム先生に感謝すると、「頼まれただけなのに…」と口走ってしまった。

うーん、これは私も気になる発言ですね…。

“私が聞かれた…”

ショック状態の桃ノ木さんにダリさんは「カルエゴさんだよ」と言うが、あれ? ? ? 私も桃ノ木先生の頭と同じ状況です。

「桃乃木先生が困っていたら助けてほしいんです」

「桃ノ木先生、才能はあるけど経験が足りないので相談してください」。

これは少し意外です。

確かに、こういう場合は本人に直接アドバイスした方が良いと思いました。

しかし、カルエゴさんはそれが苦手で……。

不器用なカルエゴさんも好きです…。

ダリさんがカルエゴさんのところから持ち帰ったのは、桃ノ木さんについて書いたノート一冊だった。

これにはとても興奮しています!

それなのに! 伸びしろのある後輩ができて嬉しそうだった。

もうカルエゴ先生のファンになってしまいました(笑)単純なので。

桃ノ木先生はもう顔が真っ赤だ。

桃ノ木先生の顔を見て、カルエゴ先生は顔を近づけ、手の甲を桃ノ木先生の額に当てた。

これはもう違反だと思いませんか?

桃ノ木先生が気を失ってしまうのではないかと心配になるくらい緊張していました。

予想通り、その場で倒れてしまいました。

先生は優しいですか?

いつも生徒のことを第一に考えてくださる先生方に感動です! そして感謝の意を表しました。

この話を聞いていた女子グループのメンバーたちは目を輝かせて興奮した様子だった。

まあ、仕方ないんですが…

いつも生徒のことを第一に考えてくださる先生方に感動です! そして感謝の意を表しました。

うーん、みんな悪魔だけど、みんないい子だよ。

常に生徒のことを第一に考え、冷静な桃乃木先生に感謝いたします。

「どういたしまして」という桃ノ木先生の笑顔がとても美しく、女子生徒たちは「あの顔がまた見たい」と話していました。 それなら陰湿な先生も喜ぶよ!」

結局、カルエゴ先生は良い話を聞いてもまた陰湿な教師に戻ってしまいます…。

彼女には少し同情します。

さて気になるのは桃ノ木先生は女子グループのメンバーになったのか?

ただ、カルエゴ先生との恋の行方も気になります。

詳細は概要に記載します。

まとめ

今回は『入間くん』のネタバレ318話を公開しました!

でも、やっぱり絵と一緒に読んだ方が間違いなく面白いですよ!

ebookjapanならお得にすぐに読める!

カルエゴさんの長文メモをご覧ください! ぜひ漫画を購入していただけると嬉しいです! ぜひ手に取ってご検討ください!

Leave a Comment