オーバー ロード ネタバレ: シーズン1~3

今回は『オーバーロード』のあらすじ・ネタバレ・総合評価をまとめていきます。 オーバーロード1期~3期のネタバレを含みますので、まだ見ていない方はご注意ください。

オーバー ロード ネタバレ」について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「オーバーロード」のあらすじ・ストーリー

「オーバーロード」のあらすじ・ストーリー

かつて日本最大のオンラインゲームと思われたDMMORPG『ユグドラシル』、一世を風靡した重要コンテンツがついにサービス終了の日を迎えた。

PN:モモンガ(本名:鈴木悟)は、死の王(オーバーロード)種族の骸骨のようなプレイヤーで、かつて最強と目されたギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の本拠地です。 ナザリック地下大墳墓で仲間たちとの冒険を回想する。

ただし、前回のログアウト後に強制的にログアウトされることはなく、命令も出されません。 状況をなかなか受け入れられず、ひどい運営に憤りを感じる彼に、傍らにいたNPCが意志を持って語りかける。

本来はプログラムに従って動くことしかできず、感情も持たないが、NPCは皆自由意志で行動していた。

さらに、ゲーム内では以前は制限されていた嗅覚や触覚も、まるで本物であるかのように感じることができるようになり、NPCにも心拍があるという発見は驚くべきことです。

しかし、彼はなぜか冷静さを保ち、NPCたちに周辺地域の視察や事態の収拾を的確に指示し、徐々にシナリオが明らかになっていく。

基地全体がゲームから新しい惑星に移転したように見え、ゲーム内のステータスが反映され、魔法や特殊スキルが意志だけで使用可能で、ユグドラシルのNPCはプレイヤーによって作成されます。

モモンガは信頼できる存在であり、創造主の一人として忠誠を誓う。

一介の会社員だったモモンガは、絶対的な存在として振る舞うことができず、憧れや憧れを抱くことに罪悪感や戸惑いを感じていたが、NPCたちはモモンガを盲目的に信じ、モモンガの行為のすべてを肯定的に捉え、忠誠心を強めていく。

そしてNPCの期待に応えるために見栄を張ろうとしたため後戻りできず、骸骨な容姿と行動が相まって魔王のような振る舞いをすることになった。

当分家に帰る見込みのないモモンガは、自分と同じユグドラシルプレイヤーが異世界に転移している可能性を察知し、かつてのギルドメンバーとギルドを捜すことを当面の目標とする。 名前は「アインズ」。

彼は「ウール・ゴウン」という名前で呼ばれており、別の宇宙に自分の知識を伝えることを使命としています。

冒険者として人間社会に潜入したアインズ(モモンガ)は、別働隊として情報収集していたNPCが奇妙な教化を受け、裏切られたことを知る。

洗脳を解くため、アインズは相性の合わないNPCと遭遇し、かつてのギルド仲間が残した装備と自身のプレイヤースキルを駆使して彼を倒す。

ユグドラシルと同様に復活魔法で復活したことで教化は無事に解けた。

異世界にはまだ危険が存在することを悟ったアインズは、異星の生命体に対してより積極的に取り組むことを決意する。

『OVER LORD』あらすじ・結末

『ユグドラシル』はDMMO-RPGです。 オンラインゲームプレイヤーのモモンガこと鈴木悟は、自身がギルドマスターを務めるギルドの本拠地でサービス終了のその日を過ごしていた。 しかし、サービス終了後もログインしたままです!

彼は、ギルド本部や自我を持つ NPC とともに、ゲーム アバターの姿で別の世界に送られました。

あなたには頼れる人間の友達がいません。 元サラリーマンの鈴木は、人外たちから「至高者」「モモンガ様」と崇められ困惑する。

元会社員の鈴木さんは、自分はこんなに遠い異国の環境で孤立して無力になりたくない、友人たちにも見捨てられたと主張し、何とか君主のように振る舞っている。 そして、何らかの理由で、NPC は地球を占領することを決定します。

こうして、鈴木悟の異世界でモモンガとしての新たな人生が始まる。

オーバー ロード ネタバレ: オーバーロードシーズン 1

オーバー ロード ネタバレ: オーバーロードシーズン 1

異世界の原住民との接触

近くの町カルネで兵士らが原因不明の住民を殺害している。

「困っている人がいたら助けるのは当然だ!」というギルドメンバーの言葉を思い出したモモンガは、街を助けることを選択する。

「もしギルドメンバーがもっと移籍するなら、『アインズ・ウール・ゴウン』の名前を広めて見つけてもらいましょう」とモモンガは推理した。 その日からナザリック地下大墳墓を統治することになる。 彼は「アインズ・ウール・ゴウン」というあだ名を選んだ。

そしてモモンガはカルネ村を襲撃したスレイン・ロー王国の魔法軍団を瞬く間に屠った。 モモンガは「え?」とこの世界の戦闘力に驚愕した。 そんなに自分に自信を持つのは危険じゃないの?」

モモンガが冒険者になる

情報収集のため街に足を踏み入れたモモンガだが、“冒険者”稼業の現実に愕然とする。 彼らはその名に反して未知の世界への探検家ではなく、魔物の討伐請負人だった。

モモンガ、現在はモモンとして知られていますが、最終的には諦めて冒険者になりました。 そこで偶然出会った冒険者部隊『漆黒の剣』に加入することになる。

モモンガは異世界で活動を始めるが、そのレベルの低さに驚く。 そう、ユグドラシルでは当たり前だった魔法や争いは、この世界では「神話的なもの」「人には理解できないもの」として見られていたのだ。

ここまでくればこの世界で「俺TUEEEE」と言えるようになるなんて傲慢だけど、慎重派元OLモモンガは石を砕く勢いで進んでいく 橋を架け、壊し、そして自分自身の橋を作りました。

運悪くモモンガの前に秘密結社ズーラノンのカジットとクレメンタインがやって来たが、早々にモモンガに殺され、探検家志望のモモンの踏み台(名声)として利用されてしまう。

おお? シャルティアの様子は…

モモンガはシャルティアに「魔法や武術などの特殊な能力を持った人間を捕らえるように」と指示した。

消えても誰も気に留めない犯罪者に目を付けたシャルティアは、森にある山賊を装った傭兵団の隠れ家に乗り込む。

しかし、血に酔って正気を失ったシャルティアは人間を逃がしてしまう。 シャルティアは慌ててモモンガを追うが、突如現れた甲冑(スレイン王国の漆黒の鎧)を着た人間たちに心理を操られ、モモンガに敵対してしまう。

「あなたのタイプは合わない!危険だ!」と注意するアルベドを説得するモモンガ。 そして一人でシャルティアと対峙する決意をする。 ブラフや買ったアイテムを駆使してシャルティアを倒す。

オーバーロードシーズン 2

オーバーロードシーズン 2

ナザリックの快進撃の名のもとに蹂躙は続く。

今回は「リザードマンの許されない戦い」「セバス、人間の女を拾う」「炎の王国(物理)」の3本立てです。

リザードマンの抗えない戦い

「あなたの部族は8日以内に滅ぼされるでしょう!」 リザードマンたちは唐突に告げられた。 そしてリザードマンたちは怯えていました。 逃げるべきか戦うべきか? 彼らは、この脅威に立ち向かうために、異なる部族を団結させることを決意します。

しかしナザリックでは、奇妙な昆虫のような戦士、コキュートスが戦闘を担当している。

この戦争の目的は領土を拡大することではなく、「NPCは成長するのか?」という仮説を検証することだった レベルはほぼカンスト。 しかし、戦略や専門知識など、経験が貴重な分野での成長が期待できれば、当社はさらに強くなるでしょう。 モモンガも同意した。

私はコキュートスにほんの少しの軍隊を与えて、彼がどう反応するかを試してみました。 目的は「偵察」だったが、「既存の戦力では勝てない」と悟り、上官に「戦力の増強」を要請した。 一方、コキュートスは与えられたわずかな兵力だけで戦い、敗北した。 の結果として。

コキュートスは敗北を喫し、彼の「考える能力」は大幅に向上した。 実験はうまくいきました。

リザードマンの土地も乗っ取った。 知っていました。

セバスが人間の女を拾う

ナザリックの良心であり、戦闘メイド「プレアデス」の長であるセバス・チャンは、路地裏に捨てられていたボロボロの女性・ツアレを拾う。

彼女は売春宿で犯罪グループに雇われていた。 残念ながらセバスのやったことは公式には「誘拐」とされており、図らずも王都にはびこる巨大犯罪組織「八本指」の敵となってしまう。

セバスは街で出会った青年クライムとブレインの協力を得て、問題の売春宿を焼き払う。 しかし、これがエイトフィンガーズの怒りを買い、セバスが屋敷からいなくなった隙にツアレは誘拐されてしまう。 ツアレを守ると約束したモモンガは激怒する。 「八つ橋」の閉店日が近づいていた。

炎の王国 (物理学)

「ツアレを助けるには理由が必要だろう?」と推理したナザリックの面々は、「モモンの名声」と「資源の確保」のためにヤルダバオート(その正体はデミウルゴス)という架空の怪物を建造した。 。

『八本指』襲撃について、彼らは「目的は八本指が持つ魔道具である」と宣言し、王都を襲撃した。

アダマンタイトの冒険者モモンとナベも王都防衛戦に招待された。 当分、ヤルダバオトとモモンの茶番劇は続く。 プレアデスとナベはリラックスしたミーティングを行った。 本気で戦っていたのは、粘り強い冒険者イビルアイだけだった。 これは大惨事だ。

一方、人間側では、熱いドラマが繰り広げられ、人々は命を懸けて戦い、脳の下生えは爪切りのレベルまで進行していました。 大きな温度差にもかかわらず、茶番劇はまさに計画通り、探索者モモンの勝利で幕を閉じた。

オーバーロード シーズン 3

オーバーロード シーズン 3

ナザリックの日常を感動的に垣間見た後、異世界の住人たちの苦悩が始まる。

今回は「カルネ村の騒動」「ナザリック地下大墳墓の侵入者」「次回、王国戦士の死」の3本立てです。

カルネ村の暴動

賢王ハムスケが森から消えたあと、カルネ村の魔物たちが勢力を拡大しようと動き始める。

カルネ村の森では、エンリが角で呼び寄せたゴブリン、集落に逃げてきたオーガ、そして村の自警団が連携して魔物撃退作戦を練っていた。

一方、モモンガはナザリックを叱責した。 カルネ村の総括を担当するプレアデス星人ルプスレギナ・ベータは「社会人として頑張ろう」と語る。 東武の森とカルネ村で起きた奇怪な事件について、「報告する価値がない」とモモンガに報告していなかった。

カルネの人々が森の怪物に怯える中、モモンガたちは策略を講じ、エンリと彼の仲間たちは大きな被害を与えることなく怪物の危険を撃退することができた。 村の結束力が高まり、エンリとンフィーレアの距離も縮まった。

ナザリック地下大墳墓への侵入者

ナザリック地下大墳墓を攻略するのは、冒険者ギルドに所属しないワーカーと呼ばれる独立した冒険者たち4チーム。 結果はというと…まあ、言いたいことは分かるでしょう。

そしてモモンガは皇帝をナザリックに呼び出し、裏で労働者を送り込んでいたバハルス帝国を代表して謝罪する。

一般に鮮血皇帝として知られる皇帝ジルクニフは、数百人の部下とともにナザリックからの使者によって暗殺された。

同盟を結んだことに安堵するも、宮廷魔術師フルーダ・パラディンに騙されていたことを知り驚愕する。

「ああ、人類に参加しなければ、私たちは死んでしまう」とジルクニフは考えた。 彼は王国に戦争を仕掛けることを決意する。

王国の戦士は長く死ぬ

ジルクニフは考えた。 「人類が力を合わせてあの獣を倒さなければ未来はない。」しかし一度同盟を結んだ以上、帝国が主導権を握るわけにはいかない。 そうです、王国にあの怪物の脅威を見せて恐怖を植え付けましょう。

だからこそ、人類統一のための生贄として君主制が選ばれたのである。

ジルクニフは盟友アインズにそう告げた。 「魔法を使って王国軍を粉砕してください」 モモンガの魔法は帝国と王国の争いが始まった直後に解き放たれ、7万人の王国戦士が殺された。

そしてモモンガは恐怖に身動きが取れなくなった帝国兵に変身し、最前線へと向かう。 彼の目標は、王国の戦士長であるガゼフをスカウトすることです。

残念ながら断られてしまいます。 知っていました。

ガゼフはモモンガとの一騎打ちの末死亡する。

アインズ・ウール・ゴウンは王国を打ち破り、エ・ランテル(後の魔法国の首都)を掌握し、喜んで王国を建国した。

まとめ

魔王の目を通して世界の脅威を描く『オーバーロード』。 この作品の特徴は、軍事力だけではなく、各国や人物の重なり合う野望や政治戦略が緻密に描かれていることだ。 外交においてアインズの軍事力は選択肢の一つに過ぎない。

アインズたちがこの世界で何をするのか、そしてプレイヤーキャラクターがアインズと同じような存在なのかという秘密を解き明かしていくのも本作の楽しみの一つです。

Leave a Comment