ガッシュ2 4話: 3015年以降の世界

ガッシュの続編。

100人の魔物の子たちが争った戦いの末に魔界の君主が決まり、魔界に平和の日々が訪れた……はずだった!

衝撃的に明かされる魔界の現状。 悲しみの中で、3 人のモンスターの子供たちはチャンスをつかみます。

この記事では『ガッシュ2 4話』の感想を述べていきます。

第3話のあらすじ

第3話のあらすじ

清麿は考古学者となり、世界中の遺跡を探索する日々を送っていた。

この間、ガッシュの住む魔界と繋がるエジプトに住み、学んでいた。

エジプト文化省からの遺跡調査費を活用して孤児院を作り、田畑を開発したため、村にはお金がなく、生活が苦しかった。

ガッシュと一緒に暮らしていた清麿は、モンスターについてよく知っており、たくさん食べてよく休むことでゼリーが驚くべき治癒能力を持っていることを認識していました。

魔界ではジェリーをはじめとする魔物たちは魔導書を使わずに魔法を行使できるが、どうやらウィッグの攻撃で魔法を奪われ、反撃できずに全滅したようだ。

ワイグと彼の仲間たちは、どんなに遠くまで逃げても常に彼を追いかけるので、彼は彼らと対決することを選択しました。 清麿はエジプトでゼリーたちが訪ねてくるのを待っていたようだ。

ガッシュ2 4話

またしても強敵

再びVSウィッグ&ギル。

シリアスな内容の中に、たくさんのジョークが散りばめられていると、まるで漫画を読んでいるような気分になります。

完全版16巻のおまけを見ると、ギルの言う「前」というのはガッシュの父親の世代との戦争のことなのだろうか。

敵対者は同じ道をたどらず、適切な対応を講じてきました。

清麿は生きているとはいえ、ワイグに対抗するにはあまりにもかっこよすぎる。

前作の目が回るのとは異なるが、目にトーンがかかるとアンサートーカーが作動していると思われる。

また、ジェリーへの言葉がガッシュの言葉と全く同じで、グッと来ました。 ガッシュのパートナーの活躍は予想通りだった。

ガッシュの手紙

ガッシュの手紙から最後まで、心が温かくなる物語でした。

単なる清麿のパロディかと思っていましたが、何か伏線があったのでしょう。

第1話同様、ゴマに色が付いているのが良いですね。

電子普及のメリットが最大限に活かされています。 紙の本も出版される予定らしいので、物理学のために読んでみたいと思っています。

「えっ!?」と思わず声が出てしまいます。 真剣に!??!?”

予想していた展開が思った以上に魅力的に描かれていて素晴らしい。

サブタイトルが「ペイジ」というのも不思議ではない。

弱体化してもワイグには勝てるはずですよね?

ストーリーが人間界で続くのか、それとも魔界に行くのか興味があります。

ミイラの謎

過去の人々は3015年後の未来に向けて遺跡を残しました。

ミイラと石化した魔法書の多さに驚きました。

3000年前とはいえ、魔界の知識が生かされれば現代を上回る技術があったことも考えられる。

「友達の世界」と言っているので、過去の怪物のパートナーだったのではないかと推測されます。

清麿たちのような人々は、化け物と対話し、戦ったに違いありません。

未来に繋がる希望のおかげで、魔界滅亡の脅威にも耐えられると思うと心が温かくなります。

悪魔の本とミイラを融合させると、モンスターの魔法の力を一時的に呼び出すことができますか?

ガッシュと清麿の再会という強力なカードが4話で届けられるとは予想外でした。

今回限りかもしれないが、捨てたライフを取り戻すと技が上がる! ?

これまでの取り組みの成果を踏まえて、できる戦略を一つずつ復活させていきたいと思います。

いつも期待を高めてくれるアイテムはズルズル…!

ガッシュ2 4話

3015年前にも怪物狩りが行われていた

扉には「3015年以降、友人の世界が再び大災害に見舞われた場合に備えて、私たちはこの扉の向こうに希望を残そう」と書かれている。

「再び」という言葉は、3015年前にモンスターハンターが魔界のモンスターを滅ぼそうとしたことを示しています。

モンスターハンターはモンスターの魔法に負けたのか?
ギル:「以前は、その本で苦労したようです。」

「以前」というのは「3015年前の怪物狩り」のことであり、「あの本にガツンとやられた気がした」。 これは当時の魔物狩りは魔導書と魔物を持った相手に敗北したことを意味する。 だったということだと思います

それを知ったギルは魔界の魔書を全て「復活不可能な業火で」焼き、魔物の魔法が使えなくしたと思われる。

ギルは魔法の本を全て燃やしたと言っているので、「炎」も扱えるようだ。

前回のエピソードでウィグに襲われた時のジェリーの回想にて

このことからギルは「魔物から魔力を奪った竜」ではないかと推測した。

ギルの「復活不可能な業火」で魔導書を燃やしたという発言から察するに、ギルが変身すると竜となって炎を吐くのではないかと思います。

3015年前にも怪物狩りが行われていた

扉には「3015年以降、友人の世界が再び大災害に見舞われた場合に備えて、私たちはこの扉の向こうに希望を残そう」と書かれている。

「再び」という言葉は、3015年前にモンスターハンターが魔界のモンスターを滅ぼそうとしたことを示しています。

モンスターハンターはモンスターの魔法に負けたのか?
ギル:「以前は、その本で苦労したようです。」

「以前」というのは「3015年前の怪物狩り」のことであり、「あの本にガツンとやられた気がした」。 これは当時の魔物狩りは魔導書と魔物を持った相手に敗北したことを意味する。 だったということだと思います

それを知ったギルは魔界の魔書を全て「復活不可能な業火で」焼き、魔物の魔法が使えなくしたと思われる。

ギルは魔法の本を全て燃やしたと言っているので、「炎」も扱えるようだ。

前回のエピソードでウィグに襲われた時のジェリーの回想にて

このことからギルは「魔物から魔力を奪った竜」ではないかと推測した。

ギルの「復活不可能な業火」で魔導書を燃やしたという発言から察するに、ギルが変身すると竜となって炎を吐くのではないかと思います。

3015年以降の世界

ガッシュの復活技

魔界で死んだジェリーとオルモの前にガッシュとジギーが現れる。

ガッシュ「命がけで一匹でも多くの魔物を救ってみせる。」

ここでガッシュは「自分の命と引き換えに死者に命の欠片を与える」という術でジェリー達を蘇生させた。

ガッシュは雷系の術に加え、「民を救う」術も使えた。

さらに、一度死んだジェリーとオルモがガッシュによって復活したのであれば、他の死んだモンスターも復活している可能性がある。

ウィグに殺されたと思われていたレイン、テッド、チェリッシュもガッシュによって復活しており、まだどこかで生きているようだ。

遺跡のミイラは怪物だ
ガッシュがミイラから蘇る

そのため、遺跡内のミイラは「すでに死んだ怪物」となる。

ただし、このミイラに「生命の欠片」を与えると復活するので、今後死んだモンスターも復活するようだ。

人型ではないミイラもいるので、「ウマゴン」のようなモンスターも登場すると思います!

ガッシュの賭け

ガッシュは自分の命と引き換えにジェリーズを復活させる際、「でも自殺ではない、僕は友達に全てを賭けている」と言う。

この時、清麿の肖像が描かれた魔導書の一ページをジギーに渡したガッシュは、自らの復活に賭けた。

しかし、彼を生き返らせるためには、人間界で清麿を探し出し、石積みの痕跡のある遺跡を発見する必要がある。

そして、『生命の欠片』を持つゼリーたちと『ガッシュの魔導書のページ』を遺跡に持っていくことになった。

清麿を見つけられないかもしれない、遺跡を発見できないかもしれない、そして途中でワイグ達に邪魔されるかもしれない、かなり危険な賭けだった。

結果、この賭けは成功し、ガッシュは「生命の欠片」と「魔導書のページ」を遺跡に持ち込み、魔導書とともに復活した。

Leave a Comment