キングダム 田 有 死亡: 田 有死んだのか?

皆さん今週のキングダム第731話は読みましたか? 事態はかなり熱くなり始めています。 今回はキングダム 田 有 死亡についてお話します。 さらに詳しく知りたい方は読み続けてください!

キングダム 田 有 死亡

キングダム731話

キングダム731話

龍泉さん頑張ってます! 味方も奮起する熱い展開

ジャイアン城を攻撃する際、シン達は高周という手入れの行き届いた乗り物を使って城壁に登った。

信率いる飛信隊、田有、流河、忠鉄の三人が立ち上がって城門を開いた。

730話ではそこで終わりましたが、731話ではこの3人が大きな役割を果たします。

達川は初めて男を魅了した。 槍で刺された田有と中徹を見た龍川は、状況の悲惨さを実感する。 そして

“任せなさい”

顔の血管が浮き出るほどの力で敵を投げ飛ばす。 その破壊力は死んだ寛明を感動させるほど。

この瞬間、達川の初陣の時を思い出した。 流川の顔も行動も決まっている。 かっこよかったですね。

しかし、それも限界に近づいています。 目の前の階段から落ちそうになる。 しかし、流川の快進撃はまだ止まらない。

階段にスーパーダイブ。 敵もパニックになった。 流川の巨体が転がる。 そこへ達川が降りていった。 彼が眠っている間に、趙軍の兵士が小刀で彼の首を刎ねようとした。 その時・・・

「てぃーっ、出た」

中鉄スーパーセーブ

流川の首が切り落とされそうな瞬間。 中鉄が敵の腕を切り落とす。 彼は間一髪で逃げ出す。

彼女を攻める姿は、まさに男の姿を彷彿とさせる。 中鉄いいですね! 案の定、中鉄はすぐにピンチに陥る。

彼の槍を2本腹に入れることができます。 そして、それは…

「ルアー」

我らの将軍イ・シンが現れ、太夫は感心する。中鉄の危機を信がカバーすることになる。 ノブが援護している間、太夫は呆然と立ち尽くしていた。

後輩達川の決意に感銘を受け、葛藤する彼の姿から、今後の行動が見えてきます。

やっぱりターリも男の中の男だ。 この後、彼は非常に活発になります。

ゲートが開く直前。 しかし、ここは敵が徹底的に守らなければならない地点であるため、しっかりと塹壕を固めている。

“任せなさい。”

一言で開閉室前の敵を一人で倒します。 彼は歩兵指揮官の崇源を先に行かせ、門を開けることを託した。

スゲンも「ターリ君に任せるよ」と入り口を託す。

答えるターリの声には覇気がなく、何かを諦めているようにも見えた。

ついにオープニングルームに到着し、城がオープンしました! 秦軍突入!

しかし同時に…

ターリ…槍を放して死んだのか?

キングダム 田 有 死亡

城は降伏し、味方がその地域に入ることができたにもかかわらず、目を閉じて槍を放したターリの姿。

誰もがこの描写を見て死について考えると思います。

ターリはノブの家も建てた。 長年の味方でしたが、死亡したのでしょうか?

タアリはおそらく死んでいる

多くの人が推測しているように、ターリ氏は死亡した可能性が最も高い。

理由は彼が笑っているからです。 ノブと長く一緒にいて亡くなった人のほとんどは笑いながら亡くなった。

疲れたような笑みを浮かべているが、確実に笑っている。

槍の描写から判断すると、まだ生きている可能性は低いと思われる。

ターリとシンは最後に話すのでしょうか? 達川に何かを託したいですか?

槍を手放したターリだが、最後にもう一度ノブと話すことができるだろうか?

同じくノブと長い時間を過ごした松左は何とかノブと会話することができましたが、ターアリは最終的にノブと話すことができるのか、もし話せたとしたら何を言うのか気になります。

できれば何かお話していただければと思います。 また、龍川はおそらく生きているので、「ついて来るのは任せた」という会話もあるかもしれません。

ターアリの今後が気になる731話でしたが、ネット上ではどのような意見が出ているのでしょうか?

キングダム732話

キングダム732話

田有、中鉄、達川の3人。

生きててよかった! ! !

砂鬼が回復ユニットだったとは知りませんでした。

懐かしいケイレイメディカルグループを見てびっくりしました。

いや、でも前半は本当に驚きました。

ターリ、意識不明。

達川と中哲も体温が下がった。

シンも完全に失望した様子で、高原は不可抗力だと言い訳するが……。

開門以降の戦いの描写はなく、あっという間に燕城を完全制圧した描写はありましたが、飛信隊の重鎮3人を一度に犠牲にするのはヤバかったです! ?

そう思った瞬間、再び砂鬼一家が現れた。

驚くべきことに、3名全員の命が助かりました。

いやぁ、素晴らしすぎます。

しかし、死ぬふりをしてもターリたちは死ななかった。

砂鬼たちが助けて窮地を救えたなら、まだ復活の理由があって嬉しいですし、彼らの予想外のショーを楽しむことができました。

もうサンドニが大好きです

まあ、でも…

一方でシンの戦闘指揮は貧弱で、ターアリたちにとっては余計な災難であったことは間違いない。

シンにはしばらく話すのをやめてもらいたい。

そう、今週もシンは船長が悪いだけでなく、余計な一言や一言が多すぎるのだ。

加部さんが戻ってきて殴るしかないでしょう。

それでは今週のキングダム本編を振り返ってみましょう。

まあ、太夫たちが生きていて良かったです。

Leave a Comment