キン肉 マン ムダスレ

ゆでたまご原作漫画『キン肉マン』のあらすじや登場する超人たちをネタバレありでまとめていきます! 超人たちが多数登場する伝説のバトルギャグ漫画として誰もが知る大人気漫画『キン肉マン』。「キン肉 マン ムダスレ」の詳細については、以下をお読みください。

キン肉マンとは?

キン肉マンとは?

ゆでたまごさんの漫画『キン肉マン』はプロレスを題材にした作品で、リング上で人間の限界を超えた超人格闘家たちが登場する。 1979年に『週刊少年ジャンプ』に連載が開始された格闘漫画。

主人公のキン肉マンことキン肉スグルは、悪の超人や悪魔超人たちと戦いながら、正義超人たちと絆を深めていく。

リングでは超人たちがルールに従って戦い、ライバルの超人たちも同じことをする。

当初は『ウルトラマン』のパロディであるギャグ漫画としてスタートしましたが、徐々に純粋な格闘漫画として読者に受け入れられるようになりました。 途中から終盤にかけてはほぼ完全にギャグ漫画になっていました。

コメディ要素のないシリアスな漫画になりました。 さらに、物語に登場する超人のほとんどはファンによって募集されています。 毎月、読者からの数万件の投稿が、300 を超えるさまざまな超人を生み出すために使用されます。

キン肉マンアニメ情報

キン肉マンアニメ情報

『キン肉マン』は1983年にテレビアニメが制作され、1986年まで全137話が放送された。 しかし、第106話以降は原作が不足したため、一時休載となった。

一部のキャラクターの配色など原作とは一部変更しておりますが、見やすくするためのものです。 子どもたちの清潔さへの懸念から、一部の超人の名前が変更されることもあった。

『キン肉マン』はアニメ化されて絶大な人気を博し、その後7度の映画化とテレビスペシャルが制作された。 1991年、ファンの要望に応えて『キン肉マン キン肉星王位』が発売。 すでに「コンテスト編」全46話が放送され、番組が再開された。

各超人にキャラクターソングが存在し、アニメ業界におけるキャラクターソングの原型を確立したことも、アニメの人気が原作に匹敵する大きな要因となった。

キン肉 マン ムダスレのあらすじネタバレ

キン肉 マン ムダスレのあらすじネタバレ

怪物退治編

田園調布に住むキン肉マンは、平和を守るために怪獣と戦うダメ超人。 キン肉星からの来訪者・ミートが、後継者と称されるキン肉マンを取り戻すためにやって来た。

地球に愛されたキン肉マンはキン肉星に戻ることを拒否する。 代わりに、彼はキン骨マンのようなモンスターと戦い、ミートやテリーマンのような友達を作りながら地球を守ります。

超人オリンピック第20弾

地球を守るキン肉マンはロビンマスクから『第20回超人オリンピック』が開催されることを知らされる。 キン骨マンの妨害にもかかわらず、キン肉マンは予選を突破し、決勝に進むことができた。

優勝決定戦でカレークックとラーメンマンを破り、キン肉マンはロビンマスクとペアになった。 キン肉マンは「メキシカン・ローリング・クラッチ・ホールド」を極め、最後の決戦を制した。

アメリカ遠征編

第20回超人オリンピック王者・キン肉マンがアメリカを皮切りに世界各地で戦う。 そこでプリンス・カメハメに敗れた彼は指導を受け、「48の殺人術」を習得する。

その後、キン肉マンは超人タッグマッチに出場し、テリーマンと組んで勝利する。 しかし、キン肉マンはロード試合にトラブルで遅刻したため、王座からはずれとなった。

宇宙のサムライバージョン

アメリカから帰国したキン肉マンのもとに、ラッカ星からビーンズマンという使者が助けを求めにやってくる。 彼の故郷はスペースサムライに蹂躙された。 キン肉マンは7人の仲間とともにラッカ星へ向かうが、圧倒的な数のスペースサムライが同時に襲いかかる中、生き残るために戦わなければならない。

しかし最終的には、キン肉マンと7人の仲間たちがビームを発射してコズミックサムライを破壊し、合体して巨大な怪獣となった。

第21回超人オリンピック ビッグファイト編

キン肉マンが再び優勝を目指して出場する「第21回超人オリンピック」という大会が開催される。 両方の競技者がマスクを使用していたという事実により、最終試合はマスクをめぐる戦いではなく、ロボットのスーパーヒーローであるウォーズマンとの戦いとなった。

ベアークローはキン肉マンを苦しめたが、試合は長引き、ウォーズマンはショートを始めた。 その状況を利用して、キン肉マンはキン肉バスターを決めて再び勝利した。

7人の悪魔超人

キン肉マンの前に現れた7人の悪魔超人がミートの体を引き裂く。 ミートの体を元に戻すため、キン肉マンは「7人の悪魔超人」と戦うことになる。 キン肉マンは二人の悪魔超人にたった一人で立ち向かい、満身創痍を負ってしまう。

テリーマンと彼の仲間が現れた後、キン肉マンと七悪魔超人のリーダーであるバッファローマンの間にライバル関係が生じ、一対一の戦いに達します。

一度、バッファローマンがキン肉マンの力を吸収しすぎて死亡してしまう。 しかし、バッファローマンが力を取り戻すと、キン肉マンも復活し、「キン肉バスター」を決めて勝利する。 その後、バッファローマンも同様に心変わりし、ミートの体は元に戻る。

黄金のマスク編

「悪魔六騎士」がキン肉星の富「黄金マスク」を奪った今、キン肉マンは再び戦いに臨むことになる。

血みどろの死闘の末、キン肉マンはなんとか「黄金のマスク」を取り戻すが、それは偽物であり、本物の「黄金のマスク」は悪魔超人たちを束ねる悪魔将軍のものであることが判明する。 キン肉マンは魔将と戦うが、存在しない魔将の前には無力だった。

しかし、悪魔将軍の体はなんと「黄金のマスク」であることが判明し、そのマスクを被って現れたバッファローマンにキン肉マンの新技「キン肉ドライバー」が有効に発揮される。 それは成功しました。

夢の超人タッグ編

超人タッグ戦が行われることになったが、キン肉マンは仲間たちとの仲が悪くなり始めており、テリーマンは彼を拒絶する。

その結果、キン肉マンはキン肉マングレートに扮したカメハメとともに大会に出場することを決意した。 しかし激闘の末、カメハメは命を落とし、テリーマンが後を継いでキン肉マングレートとなった。

チャンピオンシップイベント中、キン肉マンとテリーマンは激しいタッグマッチで宣教師と対戦しました。 最終的には「マッスル・ドッキング」として知られる複合技を実行し、試合に勝利した。

キン肉マンの最終回ネタバレ

アニメ化

最終回でキン肉マンとキン肉マンスーパーフェニックスの王位争奪戦が描かれたアニメ版『キン肉マン』のネタバレあらすじを紹介します。 その後のライスボウル祝賀会では、皆さんとても楽しい時間を過ごしていました。

漫画版

あらすじでも触れましたが、『キン肉マン』の最終話ではキン肉マンとキン肉マンフェニックスの戦いはキン肉マンがフェニックスに抱きつくシーンで決着します。 しかし、2019年現在キン肉マンの新シリーズが連載されているので続きを読むことができます。

Leave a Comment