スカッ と する 話 修羅場

この記事では、スカッ と する 話 修羅場をいくつか挙げていきます。 ぜひ読んでチェックしてください!

Table of Contents

スカッ と する 話 修羅場

モラハラ彼氏と1年ほど付き合った時のこと。 「実は私、収入が低くてサラ金に○00万円の借金があって…」と告白されました。 彼女は驚きましたが、その時は彼との結婚を意識していました。

スカッ と する 話 修羅場

携帯から書いているので読みにくかったらごめんなさい。

モラと付き合って1年ほど経ったある日、実はモラは収入が低く、ローンで400万円を借りてしまった。 暴露されました。
びっくりしましたが、このままでは結婚も何もかも大変になってしまいます! モラさんのことを心配していましたが(当時はモラ八良さんのことは何も知りませんでした)、一緒に勉強してモラさんに転職してもらい、収入も増え、3年かけて返済することができました。借金。

次に会った人は、これまでクレジットカードを持ったことのない人で、「将来ローンを組むには信用が必要だから、今すぐ作ったほうがいいよ」と言われました。 今紹介すると8,000円分のショッピングポイントがもらえますよ? 明るく言っても結局は私のお金が目当てなんです! あなたのために何かを買うためにお金を借りたのに、あなたのせいで転職を余儀なくされたのに、給料を自由に使えなかったのに、あなたの買い物のためにカードを作らなければいけないのですか? あなたは狂っている! ! ! そして。
テメエが作って欲しいなら応募してくださいと電話で叩きつけられ、テメエが泣きながら代わりに応募したのですが、審査に通らなかったそうです。 (無職でも審査に通る有名なクレジットカード)
それは私のせいでもあります。 私は疲れている。 本当に。

いつも緊張していて、いつ急降下するかわからないジェットコースターに乗っているような気分でしたが、もう無理です。 連絡を拒否して削除し、ここに来ました。

【イライラ】義母も姑も完全に実家に依存しています。 嫁は仕事を辞めて家業を手伝っているが、本当に役に立っているのか? 私とあなたでは待遇に差がありすぎます!

マスターの妹。
義母だけでなく義母の夫も夫婦で実家に依存しています。
義母の夫は3か月も経たずに仕事を辞めました。
彼女は家業を手伝っています
義母が家事育児を主にやらないから
義母が専業主夫のような気がしますが、
私は時々彼女の家業を手伝います。
子供を乗せたママチャリに乗ったり、洗濯物を干したりしているお義母さんをよく見かけます。
義母は幼稚園の送迎や交通整理、お弁当の係などを担当しているそうです。
音楽関係の仕事をしている義母もいるが、フリーランスであまり頑張っているようには見えない。

義母が夕食を作っています。
彼女は用事で実家に行くと、ほぼ必ずそこで食事をします。

夫と私は楽しくレッスンの送迎を行っています。
義母と3人で予防接種に病院へ行きました。

夫は仕事が遅いのでワンオペでやっています。 子どもが小さかった頃、私たちは子育てが苦手だったので、自分に子どもができたとき、あなたは私に何と言っていましたか? そのように行動します。
近くにいるのに会いたくないと思い、実家の前を歩かないように遠回りしてしまいます。

下の子が病気になり、入院治療が必要になりました。 しかし、小学1年生以上の子供を見てくれる人がいないので、入院計画が立てられません。 しかし夫の反応はというと…。

スカッ と する 話 修羅場

子供は入院治療が必要ですが、兄弟の世話をしてくれる人がいないため、日程が決まりません。
私は小学1年生なので日中は学校に通っていますが、延長保育を利用しても夫の帰宅は間に合わず、頼れる親戚もいません。彼の代わりを務めるために。
上の子も一緒に病院に連れて行けたらよかったのですが、コロナとか関係ないので無理でした。
ただし、治療終了後の検査までは治療は進められません。
夫はいつでも有給休暇を使いたくない
私たちに何が起こっても、私たちは早く出発することさえしませんでした
実は従妹が一週間入院しているのですが、なんとか泊めても夫は全く手伝ってくれません。
むしろ「一晩何とかしてやる」。
子供の将来次第では仕事を辞める覚悟もありましたが、それは夫が稼いでくれる前提でした。
私は正社員だったので何の不満もありませんでしたが、夫は仕事以外のことをするつもりはありません。
子どものことも心配だし、収入が足りなかったら副業でバイトしよう! 謎の熱意がある
でも、私が助けてほしいと思っても、あなたは全く助けてくれません。

私の義母は、資格のある仕事でたくさんのお金を稼ぐスーパーウーマンです。 そんな姑と私を比べて夫が文句を言うのは自由です。 ある日、ノイローゼになったので彼女の義母のところに行きました。

夫の両親は共働きです。 義母は資格を持っており、現在頑張って働いています。 お金を稼ぐ◎。
私も働いていますが、仕事は簿記だけで、収入は義母の半分くらいです。
彼女の夫はそれに満足していなかったので、すべての家事を彼女に押し付けました。
「母はお金を稼ぎ、家事も育児もすべてやってくれました。 なぜそれができないのですか?
私にはまだ子供がいませんが、今は育児をすべてこなすのは無理だと感じています。
そのことについて話しましたが、夫は興味がないようです。
「育児の負担が増えても、家事は全部やらなければいけない。自分を甘やかしすぎてもいけない」。
「母はそれをやったのに、なぜ母は、それができる前からできないと決めたのでしょう?」
「仕事を辞めるなどは論外です。最小限の育休以外は認めません。すぐに仕事に戻りなさい。母がそうしてくれました。」
義母はスーパーウーマンなので、きっとできると思います。
この時点で、私は神経衰弱になっているように感じ始めました。
私は体調が悪く、休みの日に夫に内緒で彼女の義母を訪ねました。
「どうすれば義母のようになれるのでしょうか?そうなりたいのですが、コツを教えてください」と訴えた。
義母は目を丸くして「私、家事が苦手なんです…」と言う。

義母は夫が小さかった頃、夕食はおかずばかりだったと言っています。
掃除は普段はさっと擦るだけで、月に一度業者に頼んでいますが、
義父が「心配だ」と言っていたところを「自分で掃除しなさい」と突き放され、
小学3年生くらいまでは誰かにお金を払って個人的に子供の面倒を見てもらっていたとおっしゃっていましたね。
それは全く別の話です。
「洗濯は頻繁にしていましたが、やはり洗濯機ですし、洗わないと着るものがないので仕方ありません。」
「仕事も家事も育児も完璧にこなすなんて無理。誰と間違えたの?」
義母は困惑していました。
その後、夫と義母が話し合い、私はそれを横で聞いていました。
横で聞いていましたが、夫は嘘をついていたわけではなく、本気で義母のことを完璧だと思っていました。
「今でもダスキンにクリーニングをお願いしています。領収書を見ますか?」
「手作りおやつをくれたのは、富士山のおばちゃん(お世話になった人)です。」
私は仕事をしているので、昼間におやつを出すのは無理です。」
「お母さんほど稼がないと家事をしないって言うなら、お母さんも家事しなきゃいけないでしょ?」
あなたと奥さんの収入は大差ありません。」
夫は折り畳まれてぐちゃぐちゃになってしまった。
最後に「あなたの記憶の中の母親は本当の私ではない。気持ち悪い」と言いました。

私が神経質になったため別居し、今も別居中です。
一人の時はあまり家事をしないので、家に帰ったらダラダラとビールを飲んでいます。
夫からは連絡がありません。 ロミオからのメールはおろか、「調子はどう?」の一言すらなかった。 メッセージ、メッセージ。
こちらからも連絡が来ず、完全に回線が切れてしまいました。
離婚するんだろうけど、もう会うのはめんどくさい。
離婚届を郵送でやり取りして、早く離婚したいと思っています。 私には財産も子供もいません。

すごいですね、本当にあるんです。 この時期のゴールデンウイークについて。 休日を実家で過ごそうとしたところ、高速道路のSAでとんでもない不幸に遭遇してしまいました。 ああ…あの時、別のSAを利用していれば…。

スカッ と する 話 修羅場

カキコに来たのは、GWに人の車を盗んで事故を起こしたキチに出会ったからです。 書いてない&放置気味なので、まったり書いていきます。

仕事が長期休暇だったので、休日を利用して車で実家に行ってきました。 お土産と食事のためにSAに車を停めたのが始まりでした。

ご飯を食べ終わってお金を払おうと思ったら袋がありません。
店員さんに聞いたら、少し前に出た女子学生が持っていたとのこと。
(そういえば、私の隣に4、5歳くらいの男の子を連れた女の子が座っていた気がします。)
私の車(光)に乗り込む人影。
(お店の近くに停めてあったので、お店からも見えました)
慌てて追いかけると、車に乗り込むと追いついて運転席のドアをノックしました。
(その時は車上荒らしだと思いました。)
「人の車に何をするの?」と聞くと、彼は激怒した。
彼は「この車は私のものです」などと叫びました。
子供が助手席でジュースを飲んでいた。
私が運転席から降りるように言ったのですが、彼は聞きません。 議論しようとしていると大声で叫ぶので人々が集まります。
何が起こっているのか知らない人々は私を奇異の目で見ていましたが、私はチャンスと思って車の発進を誤り、かなりのスピードで駐車中のバスに衝突しました。

あなた! 私の○○に何してるの! ある日、友達と家で遊ぶことにしました。 みんなが私の部屋に入ってきたはずなのに、なぜかAがいない。 探してみると、そこには素晴らしい光景が広がっています。

学生時代に衝撃的な光景でした。

ある日、友達数人を家に招いて遊ぶことにしました。
訪ねてきた人たちを全員部屋に入れたのですが、一人(以下A)がいなくなっていました。
「どこに行ったの?」と聞くと、もう一人の友達は「一緒に家に入った」と言いましたが、分かりませんでした。

別の部屋に行くと、Aが飼い猫を蹴っていた!
しかもかなり強く何度も。

猫を溺愛しているので激怒しています。 “何してるの?!” 私は大声で彼女を呼び止め、理由を尋ねました。

「人間の方が私より優れている。自分の立場を理解してもらおうと思った」と意味不明なことを言った。

私はその場で彼を家から追い出しましたが、彼は最後まで謝罪もせず、何も悪いことをしていなかったような素振りも見せませんでした。

部屋に戻ってAがしたことを話すと
「彼はそういう人だよ。」 「生き物が嫌いなわけではないんですが、いくらでも痛めつけてもいいと思っているんです」
「あなたは人間がこの世で一番偉いと言いましたね。」

みんなが話していました。 他人のペットを襲ったり、他人の犬に石を投げたりすることも多かったそうです。
その考えは当時も理解できず、今も理解できず、それ以来Aとは縁を切りました。 中学卒業か、わかりません。

最近の少年犯罪では、動物に対する暴力的虐待が犯罪化を加速させている。
このようなことをよく聞くので、彼は本当に危険な状況にあったに違いないと考えると、今では恐ろしくなっています。

Leave a Comment