ダイヤ の A ネタバレ – 秘密を明らかにする

2006年より週刊少年マガジンにて『ダイヤのA』を連載開始。

ここでは、登場人物たちに隠された謎や秘密を暴露し、「ダイヤ の A ネタバレ」を共有していきます。

ダイヤ の A ネタバレ

沢村に明かされる衝撃の秘密とは?

ダイヤ の A ネタバレ

ダイヤのAの主人公、沢村栄純は卓越した技術を持つ天才投手です。

「自分に敵はいない」という沢村の主張にもかかわらず、これまで明らかにされていなかった驚くべき秘密が明らかになったので、以下に説明する。

実は沢村は青道に入学するつもりはなかった。

前の章で明らかになったように、沢村は中学生の間に野球の能力を向上させたいという願望はありませんでした。

逆に言うと、野球は趣味でやっていれば十分だと思っていました。

しかし、御幸や高島礼との出会いをきっかけに青道に入部し、野球の才能を伸ばすことを決意する。

これが起こったという事実は驚くべきことです。

深雪の経験した過去はあまりにも悲惨だった

ダイヤ の A ネタバレ

この物語の主人公は、全国的にも有名なみゆきです。

彼は物語の中で多くの読者の人気を集めましたが、実際には悲劇的な過去を持っていることが判明します。

以下、みゆきのこれまでの体験についてのネタバレが含まれますので、閲覧にはご注意ください。

みゆきの母親は彼が幼い頃に亡くなったか、両親が離婚したかのどちらかであることが判明した。

ダイヤモンドより 別バージョンでは、みゆきの家族は父親と一緒に小さな工場に住んでいるのが見られました。

母親が姿を現さなかったため、離婚により亡くなったか、死別した可能性が浮上した。

普通の深雪からは考えられない壮絶な過去を持っていたことから、たちまち話題になりました。

降谷に降りかかる悲劇

ダイヤ の A ネタバレ

沢村のライバルである降谷は圧倒的な才能の持ち主。

最速150キロの速球を軽々と投げ込み、野球勘も優れている。

周囲を驚かせる技術力を持つ彼だが、実は恐ろしい悲劇を経験していたことが判明する。

以下、ネタバレを含みますので、降谷の悲劇をまだ読んでいない方はご注意ください。

降谷は高校時代、野球が上手すぎて仲間外れにされる苦しみに耐えていた。

彼が投げたボールをキャッチする人が見つからないので、彼はどんどん近づき始めます。

そのため、一人で壁に向かって投げの練習をするという微笑ましい場面も。

降谷は今では友達にも恵まれているが、中学時代の悲惨な境遇を思うとなおさら応援したくなる。

倉持は何を隠しているのでしょうか?

ダイヤ の A ネタバレ

倉持は青道野球部で一番機敏で足の速い選手です。

彼は盗塁ができて1番打者なので、簡単に先制点を奪えると思われる。

倉持がみんなに隠していることがあるのをご存知ですか?

実はこの秘密が正式に公開されたので、以下にネタバレを紹介します。

倉持は中学時代、金髪で喧嘩っ早いヤンキーだった。

高校への入学を推薦されていたが、素行不良により推薦が取り消された。

この結果、彼は最終的に青道に入学しましたが、これは読者を驚かせました。

小湊春市の驚くべき秘密が明らかに

ダイヤ の A ネタバレ

この作品の主人公は、3番打者として攻守のバランスを保つ小湊春市です。

彼は非常に頭が良くて運動能力があり、青道の主人公を演じています。

小湊春市が公開した、これまで埋もれていた意外な謎について解説します。

小湊春市は「根が人見知りで人と話すのが苦手」という性格が判明。

試合中は性格が一変し、険しい表情を浮かべることも多い。

でもフィールド外では照れて愛想が良いので面白いです。

ダイヤのAの結末をネタバレ「第1部」

ダイヤ の A ネタバレ

ダイヤのAの第一部が終了し、第二部が始まりました。

パート 1 がどのように終わったか知りたいですか?

まだ第 1 部を読んでいない場合は、この後の段落で結末が明らかになりますので、注意して読み進めてください。

甲子園に進出できず、監督辞任の危機に瀕していた青道ナイン。

選抜甲子園出場を目指してたくさん練習して頑張っています。

秋の大会で優勝した彼らは、優勝を目指して薬師高校へ向かう。

1点ビハインドで迎えた9回表、無走者なしで最強のエース・真田峻平と対戦した。

突然すべてが変わり、9回裏に降谷が満塁本塁打を放ち、甲子園出場を決めた。

選抜甲子園では沢村の救援登板で第1節に終止符が打たれた。

第1節が心温まる終わり方だったので、後半戦への期待が高まりました。

漫画『ダイヤのA』最終回の見どころ

見どころ①

圧巻は、球場を訪れた青道野球部OBたちが振り返ると、現メンバーがずらっと並んでいるのに気づき、会話を交わす場面。 感情があるのです。

卒業生と現役会員が集まると、驚くほど多くの人が集まりました。 青道野球部のメンバーの層の厚さは改めてすごいなと思いました。

みゆきさんは卒業生に別れを勧めたのでしょうか? 荒れた顔の前園が泣いていたのにはびっくりした。 良介が春一におそらく使っていたであろうミットを投げたときは、大きな世代交代を感じて少し戸惑いました。

見どころ②

アメリカチームと東京代表チームの試合に関わるシーンはこのシーンの最高点だ。 読みながら夢中になって止まらなくなりました。 各チームの広報担当は稲実の成宮氏、監督は国友氏。

聖道みゆきの代表? これを読んでいると、誰が相手チームの代表になるのか、東京代表チームはアメリカ代表と競争できるのか、誰が投手として先発するのか、誰が捕手になるのかなど、たくさんの疑問が湧きました。

普段は敵対関係なのに今では仲間になっているのがすごいですね! 御幸は打撃練習や試合中に成宮や他の投手から投球されるかもしれない。

御幸がこの経験から学んで、結果として青道チームが前進することを期待しています。

まとめ

ダイヤのエースでは、ネタバレを明らかにし、プロットに直接関係する秘密や謎に焦点を当てました。

物語の登場人物の中には、知られていないことがたくさん隠されています。

これらの点は今後さらに明らかになっていくと思われるので、注目して読み進めていきたい。

Leave a Comment