ダンジョン 飯 最新 話

最近ダンジョン飯95話が公開されました。 この記事ではダンジョン 飯 最新 話のネタバレと感想を紹介していきます。

ダンジョン 飯 最新 話の感想: 95話

一人ひとりがやりたいこと

ライオスは王になるよう強制された

ダンジョン 飯 最新 話の感想: 95話

デルガルの体と化したヤアドは、ライオスに新たな誓いを立てる! ライオスには王になる気はないが、ヤアドは、犯罪者である魔術師を討伐した者たちに国全体を与えるという祖父デルガルの願いに従い、この地のすべてをライオスに与えたいと考えている。 そうであることを心から願っています。 カブルーは、長命の動物ではなくライオスがそれを受け取るべきだと信じて同意します。

ヤアドは仲間のイヅツミに王になりたい気持ちをライオスに伝えてほしいと頼むが、イヅツミは別のことに気を取られて聞く耳を持たない。 しかもライオス達はイズミと友達ではなかった。 彼らは自由になるために集まっているだけだった。

イヅツミはライオスと付き合うよりも、好きなところに行って、好きなものを食べることを好みます。 これからは自由に恋愛してもいいと思っているいずみだが、よく考えるとどうすればいいのか迷ってしまい、センシにどうするつもりなのか聞きに行く。

センシはミートパイを作っています

ダンジョン 飯 最新 話の感想: 95話

センシはミートパイを作り、大量の野菜を準備しようとしていた。 ミートパイに野菜が入っていることを知った井筒は、センシに野菜抜きのミートパイを作ってほしいと頼むが、センシは今回は食材や調理器具の配分を綿密に計画したと答える。 私は何も譲りません。

オークの族長であるゾンが到着し、センシに肝臓を与える。 センシが行くことを知ったゾンは、島かカカブルックに留まるように言う。

一方、センシは、しばらくこのあたりは騒がしいだろうし、当分は一人で食事したいと言い、今から行きます。

しかし、鍾氏は、予期せぬ部外者を受け入れてくれる場所はほとんどなく、物事をよりスムーズに進める方法があると主張する。

ライオスが島の王となる。 センシは島の人々が自分を受け入れてくれるだろうかと悩むが、ゾンは島の外のドワーフやエルフが認めれば、現在の島主が何と言おうとライオスが次期王になると言う。

そして、ゾンの妹であるリドがライオスの将来の王女の一人になれば、オークたちもこの地の民となるだろう。 リドがライオスの妻となることを嫌っているようだが、一族の礎となるのなら本望だ。

そこでゾンはセンシにライオスを助けて欲しいと考え、センシを説得し始める。 ライオスが島の王になれば、センシはこの島で一人で食事を楽しめるようになるそうですが、センシはどうするのでしょうか?

チルチャックがソーセージを作っている

ダンジョン 飯 最新 話の感想: 95話

センシはゾンに説得され始め、話すことができなくなったので、イズミはチルチャックに今後どうするのか聞きに行きます。 チルチャックは血液と腸からソーセージを作っている最中で、材料の準備をしていました。

チルチャクは当初、冒険から引退してカカブルックに店を構える予定でした。 年齢を理由に迷宮探索を引退しようかと考えていたが、ライオス達が目指す深層に行けるハーフフットが他にいないという理由でライオス一行に同行していた事から、自ら迷宮探索を引退することを決意する。 できるだけ早く鍵屋を開きます。

彼はそれをやりたかったのだと思います。 しかし、迷宮が埋められたら多くのハーフフットが職を失うことを彼は心配しており、ハーフフット組合の組合長でもあるチルチャックは、食料に困っている友人たちのために働いているようだ。 当分の間。

そのため鍵屋を開くのはまだ先になりそうだが、イズミは自分の好きなことをせず他人のために働こうとするチルチャックに不満を抱いているようだ。

チルチャクとイヅツミの会話はライオスに移り、ライオスは島の王になれるよう告げる。 チルチャックは、ライオスが冒険者たちを止めても他にできることはなく、ここに研究者を呼んで迷宮や怪物の調査をしてもらうこともできるかもしれないと言う。

王になるのはめんどくさいから好きなこともできないとイヅツミは言うが、チルチェクは全てが思い通りにならないと言う。

マルシルはすね肉と尻尾の肉を煮込んでいます

ダンジョン 飯 最新 話の感想: 95話

次にイズミはマルシルに話を聞きに行きます。 マルシルはファリンのドラゴンのすねと尻尾の肉を使ってシチューを作っている最中だった。

マルシルはパタドールと今後のことを話しており、マルシルが古代魔法を使った事実は消せないのでカナリア軍団に同行し、しばらくカナリア軍団に残る? 西方エルフの国?

マルシルの管理下で暮らすことになるようです 合意だったと納得しているようで、そうしなかったらもっと後悔していたと思いますが、みんなに会えなくなるのは寂しいようです 期限によっては長期間。

しかし、マルシルらの功績を考えると酌量の余地はあるようで、マルシルはパタドールから手紙のやり取りができるかもしれないと勧められる。

マルシルは井筒に「うるさすぎると長く生きられない」と告げる。 井筒が気ままに一人暮らしをすると、毎日お菓子と肉を食べ、好きな時間に寝て起きて、運動もしないことになる。

井筒は本当に余計なお世話だと嫌がるが、マルシルは頑張って700年くらい生きろと無茶な要求をする。

皆の今後の計画を聞いた井筒は、出所した今ではやりたいことが達成できないことに苛立ちを募らせる。 センシは料理してくれないし、チルククは誰かのためにどこかに行ってしまうし、マルシルは会いたいときに会えないし、一緒に冒険する予定だったのに、結局ライオスを王に指名してしまった。

ヤアドと井筒では自分の思い通りにならない理不尽さを感じます。 あの時、翼のある獅子に食べられた方がよかったのではないだろうか? 泉は思った。 いずみは本当にやりたいことを絞り込み、今一番やりたいことは何かを考え、結論を導き出します。

ライオスを訪れたイヅツミは料理について語る。 ライオスは骨と皮をどうするか考え、煮汁をできるだけ抽出した後、細かく砕いて熱を通した後、森に撒くことを考えた。

そして、ファリンの復活が失敗したら、人々はファリンが食べたくないものを食べた、役に立たない、だまされたと考えるだろうと心配していました。

一方、イヅツミは、誰でも食べたくないものを食べなければならない日が来ると言ってライオスを慰めます。

そしてイズミは、食べるか食べないかは自分で決めたのだから、たまには食べたいものを食べられなくても大丈夫だとライオスに告げる。 私はこう言います:

あなたの将来の計画は何ですか? イツツミが尋ねると、ライオスはファリンを復活させてくれた人々に感謝したいと答える。

ライオスは、好きな人たちと好きなものを食べられるレストランを開くという野望について語ります。 いずみさんはこう言われました。

イヅツミが翼獅子を貪り皆を苦しめたとライオスを責めると、ライオスは責任を負わなければならないと答える。

“今からどうするの?” ライオスはイヅツミに尋ねる。

まとめ

ファリンのドラゴン部分の準備は順調に進んでいます。 センシはミートパイを作り、チルチャクはソーセージを作り、マルシルはドラゴンの材料を消費するためにすねと尻尾の煮込みを作っています。

自由に生きたいイヅツミはヤアドと一緒に海を渡り、黒魔術師を倒す旅に出ようと(一方的に)考えていたが、ヤアドはライオスを王にしたいと躍起になっていた。 , ヤアドと一緒に旅行に行くのは難しそうです。

いずみは自分一人ではできないことにイライラするが、みんなと話すことで生きていくためには好き勝手にやってはいけないことを知る。 そしてイヅツミは今、センシが作ったミートパイを食べるという、自分が一番やりたいことに集中することを決意する。

いよいよ食事の時期が来たようですが、ファリンはいつ復活するのでしょうか? ドラゴンの部分を全部食べたら、かなり時間がかかります…。

Leave a Comment