ハンター ハンター 350 話 無料: 感想とあらすじ

この記事ではハンター ハンター 350 話 無料の感想とあらすじを紹介します。

ハンター ハンター 350 話 無料:ここまでの簡単なあらすじ

ハンターハンター350話無料:ここまでの簡単なあらすじ

カキン王国の王子たちは全員暗黒大陸へ向かいます。
一方、クラピカは十二支んミザイストムへの加入と引き換えに、カキン王国第4王子ツェルドニヒが緋の瞳の収集家であるという情報を得る。

クラピカはゼルドニヒから緋の目を取り戻すべく動き出す。

暗黒大陸への進出を目論むカキン王国の王子6人は、保護のためにプロのハンターを募集した。

プロハンターになるための応募ルール

  • 教会登録番号を入力
  • 重複応募は即失格とさせていただきます。

ということです。

正体を隠して登録するとレベルが下がり、王子の命から遠ざかってしまう。

クラピカが協力者を募るのは、自分のターゲットであるツェリードニヒが六王子の中にいる可能性がわずかにあり、たとえそこにいなくても最も近づくことができる可能性があるからである。 彼らは各王子の保護の下に潜入することにしました。

クラピカの協力者は上記画像の人物たちですが、右から説明していきます。

イズナビ クラピカの念能力者ですが、(一応)師弟関係だったそうです。

旅行のわずか1か月前に行われた安全保護の要請が遅れたことに疑問を感じています。

ハンゾー「ハンターライセンスをクラピカと同期させてます。」 当時ゴンを倒しているので実力はあると思います。 中には私兵もいるし、わざわざ徴兵するわけでもないのでゼルドニヒはいないだろうと予想していました。

芭蕉:ノストラード派。 報酬のために釣りをする者は素人であり、ベテランのツェルドニヒはいないというハンゾーの意見に同意する。 彼の予測は、経験の浅い若妻の番号 5 ~ 8 が来るだろうということです。

センリツ:ノストラード派。 彼は芭蕉や半窓の意見を肯定的に捉えていた。 彼らが簡単になだめて信頼を得ることができれば、上の王子に近づくことができると彼は信じています。

ビスケ:キルア経由で依頼。 ビスケ氏は相続問題が絡むと困難を感じており、危険因子を排除することに懸念を抱いている。

クラピカは「第四王子(ゼルドニヒ)をできるだけ近くで見るために有益な情報」とだけ述べ、その他の判断はここに置いておく。

「できるだけ」とは具体的には「連絡が取れる程度に近づく」という意味で、使える能力やシステムが増えるそうです。

極端な話、前夜祭でクラピカが第四王子と握手できたのであれば、このメンバーは搭乗キャンセルしてもいいのですが、ビスケはキャンセルは安全のためであり、クラピカの要望ではないと認めています。

これでクラピカの目的は達成されたことになるので、この時点で成功報酬をもらえるようにしました。

ここまで読んで、話の深さに驚きましたが、それ以上に絵が鮮明に描かれていました。

各キャラクターの背景パターンがとても凝っていて、このペースで続けていたら力尽きてしまうのではないかと心配になりました。

ビスケットはとてもかわいいです! ! クラピカの相性とキルアの提案

ビスケの紹介からも分かるように、ビスケがどんどん可愛くなっているように感じました。

GI編では目の大きさに謎がありましたが、今回はそれがありません。
いかにも少女っぽい(中身は筋肉質だけど…)ので、妻が描いたらネットで話題になったのもうなずけます(私は全然違うと思ってましたが) 。

クラピカとの会話で急に危険な雰囲気になるビスク。
クラピカの天然煽りとは合わないようだが、キルアの不気味な秘密は「細い!! 壊れやすい!! 女の子!!」で、最終的な答えは「ボディーガードよりお姫様の方が向いてる」 」。 私はその線に落ちました。
うーん、このチョロインは…

最後には元気に挨拶して「何でもします」とまで言いました。

クラピカの憧れの王子ハルケンブルグとは?

クラピカの憧れの王子ハルケンブルグとは?

クラピカが守りたい王子はハルケンブルグ王子。
私たちが彼について知っていること

  • 15歳で飛び級して世界最高峰の大学ミワル大学に入学した。
  • 物理学を勉強する
  • 学生時代に世界アーチェリー大会で銀メダルを獲得。
  • 王子の中でも際立ったスペック
  • 私は母親と二人の姉との関係が悪く生まれました。
  • 率直な批判をする
  • おそらく追放か暗殺から逃れたためか、彼は小学校から寄宿学校に転校した。
  • アースクエイクのフェイスボックス(おそらくSNS上)には「王子の中で唯一認めているのは彼だ…」と書かれている。
  • 「ツェリードニヒだけ

クラピカはハルケンブルグが船に乗っていればツェリードニヒでの再開の可能性は無いと予想していました。

クラピカの予想と選抜結果

王子様の護衛依頼の内容や条件は6件とも同じですが、ちょっとした違いがあり、本命に近づけます。

諸事情によりキルアはハルケンブルグ王子の二択に絞られる。

この二人の候補者に王子が直接面接するという条件で、クラピカのプロフィールに最も当てはまるのはハルケンブルグ王子であると予想しました。

お相手は第6王子タイソンか第10王子カチョと予想されます。

クラピカは二人とも女性であり、見た目で選んでいることやプライドが高いことがSNS上で知られていると分析している。

しかし、いずれにしてもゼルドニヒとの繋がりは薄そうなので、クラピカは何が何でもハルケンブルグを引き付けようとします。

クラピカは最初の直感に従って、自分にも他人にも厳しい依頼人に背を向けた。

他の協力者は、エスコート申請を提出した直後に返信を受け取りました。

ハンゾーはおそらく王子のものと思われるホイホイホテルへ向かう。

芭蕉にも説明会の呼びかけがあった。

クラピカからも返事が来たが、どうやら二人は別の場所にいるようだ。 しかしそこはホイコーロ家が経営するホテルだった。

クラピカがホテルへ向かうと、結果は第14王子ワブル王子でした

面接のためホテルに向かったクラピカが目にしたのは、第14王子・ワブル王子だった。

ワブル王子はまだ赤ん坊で、母親のオイトも一緒だ。 オイトはがっかりしたようだと言うが、クラピカはそんなことはないと言いますが、どう見てもがっかりです笑
しかし、彼女が望んでいるのは大糸さんだろう、と彼女は言う。

オイトが求めていた人物は、要件を検討し、依頼人がハルケンブルグ王子であることを推測し、わずかな手がかりから目的地に到達できる人物だった。

リクエストアイテムのルールは、

  • どの王子か特定できる書き込みは禁止です。
  • 報酬額のみ変更可能
  • あらかじめ決められた形式から選択するだけです。

このルールは暗殺を防ぐため、また人気のある王子の周りに人が集まらないようにするためのもの。

この時、クラピカはハルケンブルグ王子がそのことを知っていて、そもそも依頼を出していなかったことを知りました。

ハルケンブルグ王子に成りすますなら報酬額をゼロにするのが正解だし、支援研究会を通さずにハルケンブルグ王子に近づこうとする奴らのほとんどは偽暗殺者か偽支援者だと思われる 。

しかし、この状況はオイトにとって好都合であり、ハルケンブルグ王子の命を狙う者はオイトを守りながらチャンスを保つことができ、彼を操ろうと企む者は弱点を突くことができるのでギブアンドテイク。 それは真実だと私は言いました。

これに疑問を抱いたクラピカは、なぜ一般応募者が認められないのかと尋ねた。

クラピカは、下心で近づく者よりも報酬を重視するプロフェッショナルが任務を全うすると説明した。

それに対して大糸は、プロの護衛は大切な人を守るのが専門だが、積極的に人を殺す訓練を受けていない、と説明する。

これは危険因子を排除することの問題でした。

旅行中の危険因子の排除と殺し合い

旅行中の危険因子の排除と殺し合い

大糸は今回の旅が王子だけになるまで殺し合う旅だと告げる。

赤ん坊のワブル王子も例外ではないようだ。

ツェルドニヒやベンジャミンなど、ある程度の権力と財力を持った上級王子たちは軍事施設も備えており、周到な準備を整えており、この後継者争いを歓迎している。

オイトはこの争いから抜け出したかったが、ホイコーロ王は王の子供たちを育てるのが妻の役割だと説明し、妻子には王家にふさわしい振る舞いをするよう主張した。

彼は最終的には王になることに何の疑いもありません。

国王は「王の息子」と言われています。

王になるチャンスを諦めることはできず、敗者には「王の息子」ではなくなった悲劇的な末路が待っているようだ。

うーん、ホイコーロさんの言い分は分かりますが、王子の年齢によって軍事力に明確な差をつけるのは間違っているとも思います。 彼は本当にこの劣勢を覆そうとしているのだろうか?
これにより、クラピカは協力者たちと何らかの疑似戦闘を行わなければならなくなる可能性があります。

オイトの切り札、ハルケンブルグ王子

最弱立場にあるオイト&ワーブルの切り札はハルケンブルグ王子のようだ。

王になった時に後継者戦争があったことが発覚すれば、最も被害を受けるのは彼だろう。

目撃者が彼を脅迫するので、彼には彼らの安全を買う以外に選択肢はありません。

大糸はその要求を受け入れ、無事に船から脱出できたら10倍の金額を支払うことと、たとえ話を秘密にして去ったとしても提示された金額を支払うことを約束した。

これに対しクラピカはハルケンブルグを暗殺したり操ったりする立場にはないと言い、クラピカの条件に応じるなら全力で守ると約束した。

おいとの後悔と娘ワブル抱く

今回は殺し合いをしながらも表面上は平穏を保っており、他の要人たちと食事会や宴会を行っている。 すれ違う機会は十分に作れそうだ。

しかし、表面上は対等であっても、裏では妻と王子の間には厳しい違いがあり、それを打ち破るのは非常に困難なようです。

クラピカはそれを念頭に置き、無理をしないようにオイトとワブルの無事を祈った。

お糸は貧しい家の出身で、国王が初めて見た時は正妻にこだわりがあり、無敵を目指していた時期に、富と名声に囲まれて浅はかで贅沢な暮らしをしていた。

しかし、わぶるが生まれたとき、彼女は自分にとって何が大切だったかに気づき、心の底から後悔しました。

この時、私はクラピカにワブルを抱いてはどうかと提案しました。

驚いたのは、ワーブルの性別が男の子ではなく女の子だったということ。
どうでもいいことで気になったのですが、なぜ男の子は王子様、女の子はプリンセスと呼ばれないのでしょうか?

お糸さんも今回の旅にとても気を使っていて、知的なキャラクターという印象を受けました。

というか、この状況は彼にとって難しすぎるようでした…

協力者たち、それぞれの守護者たち、そしてヨーケシンのあの壺!?

クラピカの協力者は全員護衛として同行することができた。 かなりの数の応募があったと思いますが、全員が合格したということは、優秀な人材なのでしょう。

各ガードの紹介と感想を少し書いていきたいと思います。

イズナビ:第6王子タイソン
採用された王子の中で最もランクが高いらしい。
エスコートは見た目で選ばれると言われていますが、イズナビはその基準に当てはまりそうです。

ビスケ:マラヤム第13王子
彼はモバイルゲームをしている少年です。
ウォブルよりワンランク上のようです。
何なのか分かりませんが、生ゴミのような臭いがします。

芭蕉:第7王子ルズルス
どう見てもワンマン王子だった。
芭蕉の貞操は守られるのか?

センリツ:第10王子カチョウ
課長が女性であるセンリツを選んだのは意外でした。

ハンゾー:第12王子モモセ
根暗な印象の女の子だった。

こんな感じです。

最後に花瓶が登場しますが、ヨークシン編のフリーマーケットに登場した花瓶に似ていることから伏線として話題になっていますが、実際のところはまだ分かりません。

Leave a Comment