ブラクロ 最新 話: 第368話

漫画「ブラッククローバー」の第368話が公開されます。

最新話ではついに来たアスタの活躍が楽しみです。

ダムナティオに苦戦するとルシウスには勝てないのでセカンドキルを期待していましたが、どうやら瞬殺のようです。

ブラクロ 最新 話」の詳細については、以下をお読みください。

第367話のあらすじ

第367話のあらすじ

ダムナティオはアスタに解雇されて安堵する。

彼の脳は彼がパラディンとして戦うことを拒否した。

黒い雄牛は、適切なタイミングで魔女に届けられたようです。

回復すると力が尽きてしまうため、ヴァネッサに魔女王の統治を継いで欲しいと告げる。

ドロシーは話を中断し、魔女の王の後継者になることを決意する。

アスタが到着しても逆シナリオは残る。

しかし、太陽の国で、アスタは他者に反魔法を与える技術を習得しました。

彼はアンチをブラックブルの仲間に引き渡し、ブラックブルが地球を守るのを手伝う準備ができています。

ブラクロ 最新 話: 第368話

モーゲンはヤミとの戦いにあまり時間を費やしていないと言います。

モルゲンはルシウスから受けた闇魔法と本来の光魔法でヤミを一瞬で追い詰める。

闇の魔法自体がヤミの魔法を上回り、闇に飲み込まれそうになる。

さらにヤミは光魔法で斬り倒されて倒れる。

ユノはルシウス二人を相手に大苦戦。

ユノが負ければユノのネバーランドは解決し、勝ち目はなくなる。

ルシウスがもう終わったと言うと、まだ終わっていないといって黒い雄牛が現れた。

ヤミ側のモルゲンに一花が現れた。

アスタはユノに負けたのか? それを聞いたユノは嬉しそうな表情を浮かべる。

アスタとユノはルシウスを倒し魔法帝となりルシウスのもとへ向かう。

ブラクロ 最新 話: 第368話

黒い雄牛

ダムナティオを押さえつけていた闇の雄牛が破壊された。

フィンラルは一人で治療しているが、運命の扉を叩いた魔女たちも治療に来るようだ。

彼らは皆重傷を負っており、戦争に戻ることは不可能に見えますが、アスタの出現により、彼らは治療に集中することができます。

ダムナティオ

アスタの反魔法により何もできないダムナティオ。

アスタが全力で斬ったのでこのままの可能性もある。

ダムナティオを一瞬で倒した後、アスタが強くなりすぎたとも思う。

さすがに一撃では決まらないかもしれない。

ヤミvsモルゲン

灰色幻鹿の光と闇が混ざり合った二人の人間。

光と闇の戦いは、ヤミが自分が知っているモルゲンではないと言ったときに始まりました。

聖騎士として力は高まったが、提携以来ヤミも成長した。

モルゲンはヤミを灰色幻鹿の時と同じように、一緒に戦うよう誘う。

ヤミは現在の黒の暴牛を気に入っており、誘いを断ります。

共に戦ってきた戦友だから全てを知っているはずだ。

どれが一番成長が早いでしょうか?

アスタ

パラディンとなったシスターによって修行のため太陽の国に送られたアスタ。

太陽の国で絶対天国を会得したが、クローバー王国にはまだ戻っていない。

魔女たちがアスタを召喚する準備をしていると、ルシウスが襲撃します。

アスタは遠くにいて、多くの魔力が必要なので、ルシウスと戦いながらアスタを召喚するのは難しいでしょう。

早めに呼び出さなかったのは、ギリギリまで修行をしたがるアスタと連絡を取り合っていたからだ。

ならば、アスタは十分な訓練を終えている。

彼女はかなりパワーアップしていると思います。

果たしてアスタは召喚され、黒の暴牛の仲間たちを守ることができるのか?

アスタが魔法で帰れなくなったら太陽の国から船で戻るのでしょうか?

むしろルシウスは太陽の国に向かっている可能性もある。

太陽の国

帰り道にパラディンに襲われた可能性もある。

ユノのピンチにアスタが現れるようです。

太陽の国の将軍・龍堂龍哉も、ルシウスの存在は他人事ではないと語った。

竜頭龍也の指示により、竜禅七人衆の何人かが助けに来ると思われる。

アスタは魔法で召喚されるので、後から助っ人が船で来るのでしょうか?

アスタが会いたい人を呼び出すために、アスタが呼び出された後、彼女は再び電話をかけることになるかもしれません。

ユノVSルシウス

ユノは黄金の夜明け団のリーダーに任命されました。

ユノは魔法王になるためにルシウスを倒すと言い、ルシウスもユノを自ら倒さなければならないと言う。

ユノはネバーネバーランドで味方の力を上げ、敵の力を下げました。

なお、ネバーランドには時間の概念が存在しないらしく、ルシウスの時間の加速・老化能力は完全に阻止されている。

ルシウスにとってユノは手強い相手のようだ。

それでも、余裕の表情を浮かべるルシウスは、魔王を取り込んだことで身体能力だけでも十分な強さを持っている。

ユノを仕留めようとするが失敗する。

時間を操るルシウスは様々な未来のパターンを見てユノが強いことに違和感を覚える。

ユノだけでなく全体的にレベルが高かったのはアスタの存在が誤算だったと実感しました。

どうやらルシウスは誤算とは無関係だったようだ。

ユノが苦戦して倒したルシウスは、10人以上いるクローンのうちの1人だった。

1人で苦戦したルシウスなので何人相手にも勝ち目はない。

ユノのピンチを救えるのはアスタだけ。

クローン

ルシウスは少なくとも十数か三のクローンを持っています。

枠内に描かれた数字なので、もっとあると考えて良さそうです。

ユノが分身を1体倒したので、本体は今後さらに強くなるか成長すると思われます。

ユノ

ユノは二人だったら殺すしかないと確信していたが、膨大な数のクローンを見て落胆する。

まだ闘志はあると思うが、体力的に初手の勢いで戦うことはできない。

アスタが到着するまで生き残るために、理不尽な戦いをするかもしれない。

ユノは滅びるかもしれない。

ノーゼル

母親が鋼鉄姫と呼ばれるほど強いのに、同じ血を引く銀翼の大鷲のリーダーではどうすることもできないほどの違いがあるのだろうか?

ノゼルは胸に穴を開けられて亡くなったのでしょうか?

ノゼルが母親を攻撃することを嫌悪していることが、彼を弱らせているのかもしれない。

彼が実母を殺す目的で攻撃を仕掛けられるとは思えない。

たとえ彼の本当の力が母親よりも優れていたとしても、彼は自分の傾向に抗うことができないかもしれません。

ネビュラとソリッドは母親に危害を加える目的で戦うことはできない。

ノエル

ノエルはリヴァイアサンの力を得ることでパラディンである母親と同等以上の力を手に入れることができる。

ノゼルと違って親子の記憶がないため、アシエを止められるのは本気で戦うノエルだけ。

闘いはまだ始まったばかりですが、私たちは共に戦っています。

ノエルもアシエも戦いを楽しんでいるように見えて、真剣には考えていない。

本当の戦いは鋼鉄姫ことアシエの本気の時から始まるようだ。

ノエルは状況が絶望的であることを認識していますが、依然として楽観的です。

メロレオナ vs モリス

彼の宿敵モリスは、10本以上の触手に触れた瞬間に倒れてしまう。

メレオレオナは近づくにつれて触手によって分解され、魔法(マナ)によって形成される。

一方、メレオレオナは突進して攻撃します。

弟のフエゴレオンはモリスの体の再生には限界があると読み、メレオレオナもそれを察知して先を急いだようだ。

勝利のために、赤獅子王はメレオレオナの盾となり、命を落とします。

戦えば戦うほど火力が上がるので、火力が上がったところで煉獄火葬を始めました。

結論

多くの場所で戦闘が始まっており、1話でも見逃してしまうと訳が分からなくなってしまうようだ。

367話ではどのような戦いが描かれるのか楽しみです。

アスタの戦いを見たいですが、他の戦場も描かれるかもしれません。

他の戦場も黒の暴牛と並んで失敗しているようだ。

Leave a Comment