ブラッシュアップライフ 4話

ブラッシュアップライフ4話1月29日に第4話が放送されました。

麻美(安藤サクラ)の3度目の人生を描くバカリズム脚本の第4話。

ミタコング(鈴木浩介)の痴漢事件はどうなる?
三田つながりのエンディング曲「優しくなりたい」が話題!

塚地武雅、臼田あさ美出演!

ドラマ「ブラッシュアップライフ」(2023) あらすじ

ドラマ「ブラッシュアップライフ」(2023) あらすじ

近藤あさみ(安藤サクラ)は、地元市役所に勤める33歳独身。 彼女は両親と妹とごく普通の生活を送っていた。 ある日、麻美はいつものように市役所の窓口で市民に怒られストレスを感じていた。 このまま平凡な日常が続くと思っていた。

しかし、その夜、麻美はトラックにはねられ死亡してしまう。 気が付くと麻美は真っ白な空間にいた。 彼女は「…え?…死んだ?…嘘でしょ?」と言いました。 戸惑うあさみに、死後の世界への案内人(バカリズム)は「近藤あさみです。33年間お疲れ様でした。これから新しい人生をご案内します」と告げる。 休みなく宣告された死後の世界に失望したのは人間ではなく麻美だった。 しかし、もう一度近藤あさみと同じ人生をやり直して徳を積むと、再び人間に生まれる確率が上がると聞く。 こうして麻美生活の二週目が始まった。 麻美の平凡な日常がゼロからスタート! 彼女は徳を積みながら、自分と周囲の人々の人生を少しずつ変えていく。 ?

ブラッシュアップライフ 4話

二度目の人生を33歳で亡くした麻美あさみ(安藤サクラ)。 かなりの徳を積んだはずだったが、告げられた次の人生は人間ではなかった。 彼女が人生を歩み始めるのはこれで3回目。

大学に進学した麻美は、初週目と同じ文学部を選択し、元カレの田辺(松坂桃李)と再びクラスメイトになった。 彼とはいい思い出がないのでもう付き合わないと思っていたが、優しい性格だったのでまた付き合うことにする。

麻美さんは大学を卒業し、たくさんの人を楽しませて徳を積みたいと思い、日本テレビに入社しました。 東京で一人暮らしを始める。 入社してすぐに『24時間テレビ』に携わり、終了とともにドラマチームに配属された。 『Woman』ではキャストの臼田あさ美さんと仲良くなり、「いつか私がプロデューサーになったら主演をお願いします」と大きな約束を交わした。 麻美は、就職したばかりの同級生のゴンちゃん(野呂佳代)と再会する。 もちろん夏樹(夏帆)や美穂(木南晴夏)とは今でも仲が良い。

麻美は突然大事なことを思い出した。 私の記憶が正しければ、今日はミタ・コングが痴漢冤罪で告発された日だった。 しかし、3週目、麻美さんは東京にいて夜まで仕事をしていました。 彼女が故郷に戻って彼女を助けることは物理的に不可能です。

ブラッシュアップライフ 4話

3回戦:中学生 麻美

あさみの夢

ラウンドワンで「生まれ変わったら」について語る美穂(木南晴夏)と夏樹(夏帆)と麻美(安藤サクラ)。
ミタコング(鈴木浩介)が台車を押す。 ミタコングは警察に連行される。

麻美(安原竜奈)は中学生。
父・博(田中直樹)に対する嫌悪感は何とか抑えられている。
なっちとみぽんとドラマの話をしながら学校へ。
まだ見ていないトリックを台無しにしないでください、と彼女は言います。 ドラマとは関係ない話をしようと思い、朝青龍について話さないかと誘った。
実はこれが3回目の会話です。

手紙のやりとりにミタコングが怒る授業となる。 アサミは今度はミタ・コングを説得しようとする。 しかし、彼女はミタコングに共鳴しませんでした。 彼女は結局職員室に電話をすることになった。

2回戦から学力が下がり、うのまりちゃん(滝七海)に突き放された。

大学時代にマサルと付き合っていた

高校は同じ女子高に進学した。 楽しく過ごして、2008年に大学(文学部)に入学しました。

勝(松坂桃李)は同級生だが、巻き込まれないように友人たちは微妙に変化していく。 それにもかかわらず、彼女はマサルと関わってしまいます。
マサルにカラオケに誘われ、友達も参加する。 帰りはマサルに送ってもらう。 ちなみに車はカツさんのご両親のもの。
彼女は1周目の車の中で交わした言葉を覚えている。
帰宅した彼女は赤外線で連絡先を交換する。
その後、マサルのグループと頻繁に遊ぶようになり、マサルから告白された。 勝とは付き合わないと思っていたが、2回戦で知った年収10億の勝と付き合うことを決意する。 今度は彼が退学しないように、パチンコには行かないよう注意しました。 しかしマサルは大学にも行かず、家でゲームばかりしていました。 結局、勝さんから「別れよう」と言われました。

成人式は暴力ヤンキーがいて、その後カラオケに行く。 福ちゃん(染谷将太)をサポートし、粉雪を歌う加藤。 前世から何も変わっていない。

テレビ局に入社

2012年、ドラマ好きの麻美(安藤サクラ)はテレビ局に入社し、東京で一人暮らしを始める。 彼女は多くの人を幸せにし、大きな徳を期待している、と彼女は思った。

彼女はこのドラマにアシスタントプロデューサーとして参加した。 現場APのあさみです。 ドラマ撮影をスムーズに進めるのが麻美の仕事だ。 女優の臼田あさ美(本人)とも仲が良く、クランクアップしたら「いつか食事に行こう」と約束するほど。

彼女の実家に戻る。 母の久美子(中島ひろ子)は麻美の食生活を心配し、妹の遥香(志田未来)は一人暮らしをしたいと言う。
なっちとみいぽんに出会う。
彼女は懐かしい無料のノートを持ってきました。 彼女は私たちが演劇部を設立していた頃の出身です。 ASAMIはこうしてエネルギーを補給する。

連続ドラマに出演してから1年半が経ちました。
『花咲舞が黙ってない』を担当する。
主人公はアンズ。 原作は池井戸潤。 スタッフ一同、何とかヒットさせたいと意気込んでいます。 麻美は、お金に余裕があるときは自分がヒットすることを知っています。 そこでゴンちゃん(野呂佳代)と出会う。 ゴンちゃんはメイクアップアーティストとして働いています。 彼女はブロンドの髪を持ち、喫煙し、タトゥーを入れています。 それ以外は、彼女は変わっていません。

三田コング痴漢デー

そんな中、ヒロシの誕生日がやって来た。 春香さんからの連絡で毎年このことを思い出します。 この日はミタコングが痴漢に間違われた日でもある。 麻美さんは仕事で東京にいます。 彼女はミタ・コングをどうやって救うか考えています。

撮影がスムーズに進むように麻美さんは仕事をする。 彼女は時間の無駄を潰してくれる。 彼女の最後の写真は塚地武雅さん(本人)が撮影したものです。 本来は19時からの撮影だが、麻美さんはマネージャーに連絡して早めに来てくれた。 ところが、事故が起きた。 塚地の車は渋滞にはまって抜け出せない。 そこで彼女は東京の街に詳しい宇田川に抜け穴を聞き、電話で教える。
塚地さんも無事到着。 塚地さんは当初2時間後に到着する予定だったが、なんとか早めに到着した。 おかげで3時間を見事に終えることができました。

アサミはミタコングが北熊谷駅から乗車するというので、そこから合流しようと画策する。 そこでしーちゃんと偶然出会う。 しーちゃん(市川由衣)はふくちゃんと付き合っている。 福ちゃんは今も音楽を目指しています。 しーちゃんは結婚するので子供が欲しいと思っています。 彼女はなんとか物語を終わらせることができた。

その頃、ミタコングは駅にいた。 麻美はミタ・コングに話しかけ、電車に乗ることを阻止する。 彼女は彼をお茶に誘いますが、ミタコングは忙しいため断ります。 麻美は困惑する。 私は何をすべきか? とりあえずミタ・コングを追って同じ電車に乗ると告げる。 痴漢の原因となる車を避けるため、「あっちに行こう」と隣の車に移動する。 隣の車で痴漢事件が勃発し、ミタ・コングは痴漢から逃れた。

ここで斉藤和義の「優しくなりたい」が流れる。

ブラッシュアップライフ 4話

第4話エンディング

実家に行き、ヒロシに誕生日プレゼントを渡す。 お風呂では使わない頭皮マッサージです。
彼女は麻美を遥の車で東京に送り届ける。 ヒロシもクミコも乗っています。 家族と一緒に時間を過ごしましょう。

ヒロシさんは頭皮をマッサージしながら「最高の誕生日になった」と喜ぶ。
実はミタコングの待ち時間を潰すために頭皮マッサージを購入しました。
偶然とは言えないと麻美は独り言を呟いた。

Leave a Comment