ホジュン 65 話 あらすじ

ホジュン 65 話 あらすじとネタバレを見ていきましょう。

皆が恐れていたヒ素を治療薬として使うジュンと、ジュンを信じてヒ素入りの薬を服用する皇太子。

今度は王が瀕死の危機に直面した。

危うく死にそうになった2人を巻き込んだ新たな陰謀が勃発する。

ホジュン 65 話 あらすじ

ホジュン 65 話 あらすじ

「正式に永章大君を後継者にすべきと言うのか?」

国王は強行進入してきた二人に尋ねた。

コンニャンは

「今の皇太子のお母さんはキョーマ様です。

永昌大君という嫡男がいるにもかかわらず、側室の息子に王位を譲るなど言語道断である。

考え直してください。」

私が彼に控訴したとき、裁判所の裁判官はこう言いました。

『皇太子は私生児であるため、未だに明国の承認が得られない。

それは国家と王室の将来のためです。

私たちの忠誠心を感謝してください。

私は英祥大君に王位を継承し、王家の正統を守ります。」

私はアドバイスします。

王様は

「永祥大君が生まれた時から、私も彼のことが心配でした。

皇太子を廃して栄照に帝位を譲ることも考えた。

しかし、栄翔はまだ3歳。 彼は若すぎる

若き英照が即位すると王権は揺らぎ、朝廷では政争が勃発した。

ご心配はわかりますが、皇太子を廃位するつもりはありません。」

そう言って、事前に用意していた王令書を黄曹播州に手渡した。

そして、しっかりと指示を出します。

「王位は皇太子に引き継がれます。この文書を公開してください。」

まだ納得がいかない裁判所職員たちに、

「下がってくださいと言っているのです!」

王は叫んだ後、胸を押さえて痛みを感じた。

ジュンとセヒはすぐに駆けつける。

「……もう終わりだよ」

そう言うコンニャンに警察官はこう言った。

「完成するのが待ちきれません。 後戻りはできません。

このまま国王が亡くなってしまったら、国王の命令を知るのはその場にいた医師と医師だけになってしまいます。」

「聞いてください、この文書は存在しませんでした。」

国王の容態悪化は廷臣たちのせい以外にもさまざまな理由がある。

皇太子派は国王の委任状を知らず、皇太子が同日に即位した前例を持ち出して準備するよう皇太子に進言した。

医官たちはジュンを心配し、医女たちは自分たちのことを心配し、オグンは妻のホンチュンを心配する。

警官らはまずセヒを呼び出し、脅迫した。

彼は、王の宣言書について彼女に話したら、その瞬間に命を失うだろうと彼女に言いました。

ジュンを訪ねたとき、ウォン・カオ・バンシューとキョンニャンは、皇太子が王位に就いたらジュンの処罰を止めることはできないだろうと語った。

しかし、永昌王が王位に就けば無罪が免れてしまうため、王の使命を忘れるようジュンに促す。

ジュンは興奮していました。

「王様の命令ですよ! 王様の命令に背けというのか?」

彼は叫び、二人を追い出した。

そしてコンニャンは不器用な男に目を付けます。

ジュンを駐屯地に呼び出したコンニャンは、ジュンが永昌王に即位すれば斬首を免れるだけでなく、医師としても安全になると不器用な男に告げる。

コンニャンの願いに従い、不器用な彼はジュンに医学書を編纂するという夢を諦めるよう説得する。

しかし、警官らがセヒを脅迫したことを知ったジュンの決意は固い。

ジュンは冷静に、そしてぎこちなくそう言った。

「確かに、医学書の編纂は私にとって人生を捧げた大事業です。

でも、その夢がどんなに大切だとしても、それを実現するためにわざわざ苦労したくないんです。」

その瞬間、内務担当官が飛び込んできた。

「大変ですよ!王様…」

…王の命が長くないと知ったジュンは、王妃と皇太子に使者を送ります。

王妃は王の枕元で泣いています。

息子は女王に言いました。

彼女は「人々は『男女の前で死ぬな』と言います」と語った。

女王が彼を見守るのは礼儀に反する。

ちょっと下がってください。」

最高宮殿が王妃を迎えに来たが、王妃は泣きながら王妃にしがみついたままだった。

ようやく王妃が立ち上がって立ち去ると、皇太子は王の枕元に近づき父親の手を握ります。

そこで皇太子が涙ながらに「お父さん」と話しかけると、国王はうっすらと目を開いた。

「皇太子殿下。 皇太子さま。

皇太子さま……英翔、英翔……」

そう言って彼は永遠の眠りについた。

王の目からは涙がこぼれる。

……宮殿にいた者は皆、王宮に向かって頭を下げ、涙を流した。

ドルチェはジュンの屋敷に土下座するが、同時にジュンが医師として死刑に処されるのではないかと誰もが不吉な予感を抱く。

さらに、ジュンの母親は記憶喪失(この場合は認知症)を患っていた。

王后の面前で、王曹播州と公允は永昌に王位を継ぐよう懇願する。

一方、ジュンは診察室で物思いに耽っていた。

そこへ、不器用な人がやって来て話しかけてくる。

『鄭大監は王后に謁見し、永昌王の即位を懇願したようです。

朝廷も黙認する。

教育長(ジュン)は黙っていればいい。

英祥大君が王位に就けば、すべてが安全になります。」

ジュンはぎこちなくそう宣言して立ち上がった。

『ゆうちいしょう。

先王は、若い王子の王位継承が王の権威を危険にさらし、政争を引き起こすのではないかと懸念していた。

チョン大監は、大太子は直系の子孫であるため王にふさわしいが、自分の権力を守りたいだけだと言う。

王室と朝廷のためには、国王の意思に従って皇太子が即位することが適当である。

私利私欲に満ちた謀略を許して良いのか?」

ジュンはソンに全てを話した。

ソンと彼の友人たちは、警官たちが勝利したと喜んでいる部屋に入ります。

驚いた法相ハンショウは何の用かと尋ねます。

息子は

「王様が残した勅命はどこにあるの?」

それを聞くと、イソハンショウもコンニャンもトウダイチョも真っ青になって顔を見合わせた。

息子は続けて、それを吐き出すように言いました。

「朝廷や王室のためと言いながら、あんなに悪いことをしたのですね。

王の意志、王の意志を隠すとは。」

反乱だという声にコンニャンは反対した。

「黙れ!今から女王に謁見して事実を報告し、今後の対応を決めるつもりだ」

そこで孫氏はそう宣言し、皇太子一行を率いて出て行った。

……ジュンは科挙に合格して内科に入ってからのことを簡単に回想した。

そしてオグンに漢方薬倉庫の管理と母親とダヒの世話を頼む。

そこにミョンウォンが報告に来た。

「女王は皇太子に即位を命じました。間もなく即位の礼が執り行われます。」

ジュンはうなずき、医官を集めるように命じた。

医官たちが集まり、ジュンは全員を気遣い、励ました。

「戦時中に医学書編纂の許可を受けて取り組み始めてから十数年が経ちました。

皆様のご尽力のおかげで、完成にかなり近づいてきました。

しかし、達成すべき課題はまだたくさんあります。」

勇知一翔、ぎこちない声が叫んだ。

「みんなの前に立って完成まで導く。」

李本籍(コンニャン)では、

「小児疾患の研究は不十分だ。

小児疾患に強い関心を持つ李先生にぜひお任せしたいと思っています。」

マンギョンは涙ながらに尋ねる。

「私にも指示をお願いします。」

ジュンの声も徐々にかすれていきます。

「ソン判事と協力して覚書を整理し、その他の病気の章を完成させてほしい。」

そこに、義金部の役人が到着したとの知らせが入った。

「少しお待ちください」とジュンは医官全員の顔を見回しながら答えた。

「全員が完成させると信じています。

この本を編纂中に悲劇的に命を落とした人々のことを考えてください。

今でも適切な治療を受けられずに命を落としている人たちがいます。

彼らのことを考えてみてください。

私たちが作った医学書は後世に受け継がれることを忘れないでください。

そうすれば絶対に諦めないよ。」

…皆がジュンを呼んでいる中、ジュンは逮捕され連行された。

ハンショウハンショウ、コンニャン、トウダイチョウの3人は斬首されたが、ジュンの刑罰はまだ決まっていなかった。

考え

ホジュン 65 話 あらすじ

人間には寿命が限られているのに、国王を死なせたとして厳しい罰を受けるのはどんな感じでしょうか?

みんなが医者になろうとしたら、やめろって言うじゃないですか。

しかし、さすがのジュンも、やると決めたら忠誠を尽くす。

でも元々はお菓子を配った至高の尚宮のせいかもしれないし、病床で騒いでいた黄曹漢書が原因かもしれない……。

ついに警察官の悪行に天罰が下された。

定明事件と世子毒殺未遂事件はついに終結した。

しかし、不器用さはまだ甘すぎる。

もし永昌王が即位して王子達を統括する権限を持っていたら、ジュンだけでなくドジっ子達も死刑になっていたでしょう…。

まとめ

王の死の責任を問われたジュンは死刑に処されるのか?

ジュンさんの母親の状態も見逃せない。

次回、ついにジュンに運命の審判が下される!

Leave a Comment