ボルト ネタバレ 70: あらすじと感想

物語の舞台は、アニメ「NARUTO」の主人公、うずまきナルトが火影となった木ノ葉の里。

【BORUTO-NARUTO NEXT GENERSTIONS】には、ナルトの子供たち、うずまきボルトをはじめとする次世代の忍者たちが登場します。

アニメBORUTO第70話は「緊張の向こう側」というタイトルで放送されました。こちらが「ボルト ネタバレ 70」です。

ボルト ネタバレ 70

ボルト ネタバレ 70

ガイ先生は変わらない

何も変わっていません! 何も変わっていません! ガイ先生とカカシ先生はセットだと思っていましたが、今回は登場しないと思います。 カカシ先生と組むと「ライバルを倒すために頑張る」ガイ先生になります。

イワベエさんは大戦の英雄についてよく知っているようですね…ガイ先生の逸話を知っているのはすごいですね。 なんか忘れてた笑 確か…鬼鮫…? そうだったような…。 ガイ先生のことも忘れてたし、まあいいか! ! 笑

自分と向き合うとはどういうことなのか

メタル・リーはもう八門遁甲を教えることができるのでしょうか? 早いんじゃないですか? ロック・リーより速いんじゃないの? 金属の質がすごいということですか?

でも…ペンダントに頼って緊張を解くことはできませんでした。 大切なのは緊張を「解消する」ことではなく、緊張しているという事実を受け入れることだったということでしょうか?

自分の弱さを受け入れて、それに対して何ができるかを考えてください。 自分の弱点をなくすということは、自分ではない何かになろうとしているだけということでしょうか?

メタル・リーとロック・リーの親子対決は驚きだった。 まさか対決することになるとは思いもしませんでした。 そしてメタルは意外と戦えるんです! !

かなり強かったですね! ! それは驚くべきことです! !

彼は自分で扉を開くつもりです、そして彼にはたくさんの才能があります! ロック・リーもびっくり!

「みんな見てるよ!」 泣いてしまいましたが、それが快感に変わってしまったら、また変態です。 メタル・リーの秘められた可能性は大きい…

遠い昔のことのように感じます

凱先生の言葉に泣く親子…そしてそれを見ていた観客…。

久しぶりにこんな気持ちになりました笑 この懐かしい気持ち

メタル・リーは「みんなに見られると恥ずかしい」と言っていますが、ガイ先生が教え受け継いだ服を着るのに恥ずかしくないので、勇気は十分にあると思います。

もう恥ずかしい服着てるよ! ! !

しかし、国宝輸送のミッションが次から次へと来ます笑。 メタルが狙われている! !

過去のボルトのインプレッションは下記をクリックしてください。

ボルト70話のあらすじ

ボルト70話のあらすじ

デンキ達5人組は国宝級のプレートを持ち歩くように言われ、メタルは緊張を解くと言われるネックレスをしていた。

急いでお皿を割ってしまったことを詫びながらも、これから大事な修行があるとも言い……。

メタルは父ロック・リーから「八門遁甲」の説明を受けるが、アミュレットの話になると修行は任せられる。

メタルが修行が途絶えてしまったと心配していると、車椅子に乗ったガイ先生が現れ、「朝から気持ちは若いですね」と言う。

ガイはアカデミーに練習に行くと言い、短期間なら以前より動けるようになるだろうと言う。

メタルはガイを抱き上げて動き始め、周囲を笑わせ、メタルは別のネックレスを買おうとする。

イワベエはガイの大ファンのようで、彼の体術はチャクラやシールを必要としないため、すぐに反撃できます。

ガイは私の教えを聞くだけで強くなれると言い、忍界大戦での戦いについて話すはずだったが、相手の名前を忘れてしまった。

現状を嘆くだけではなく自分と向き合うことで強くなれるらしく、ガイはイワベエとメタルの2人を相手にすることになる。

イワベエはガイに一撃で倒され、メタルもイワベエを投げつけられてダウンした。

メタルは歴戦の英雄の凄さを実感しながらも、父親に見捨てられたのではないかと疑問に思う。

「自分と本気で向き合うとはどういうことかを考えなさい」と言われ、一人で練習したものの、やはり悩んでいるという。

リーは自分なりのやり方でメタルと対峙するつもりだと言い、メタルはたくさんのネックレスをしているが、それでも緊張しているという。

メタルは父親から「戦え、一撃でも当てられれば勝つ」と言われていたが……。

ガイは自分自身と真に向き合うとはどういうことかを尋ね、メタルは緊張と向き合うことを誓った。

メタルはネックレスを引きちぎって父親に立ち向かい、ガイは鼻血を出しながらもメタルが父親に立ち向かう姿を見て泣きます。

極度の緊張のためメタルは凄まじい動きを見せ、ついには不規則な動きから父親に打撃を与えてしまう。

メタルの一撃で第一門が開いたらしく、最後にはガイ、リー、メタルが抱き合う。

緊張する自分と向き合うメタルだったが、国宝の壺を運べと言われると真っ白になってしまい……。

前作で全力を尽くした結果、車椅子になってしまった凱先生ですが、それでもここまで強いのは天才なのかもしれません。

緊張をどうすればいいのか、自分と向き合うとはどういうことなのかを考えさせられました。

メタルの予測不能な動きがとても気に入りました、次回は元土影オオノキが登場するようです!

Leave a Comment