リトル ガーデン ワンピース: 概要

ワンピース』の数ある人気エピソードの中でも、誇り高き巨人たちが来襲し、壮絶な争いが起こる「リトルガーデン編」。

今回は『リトル ガーデン ワンピース』を紹介します。 ワンピースのリトルガーデン編が何巻何話まであるのかを明らかにするとともに、リトルガーデン編のあらすじもネタバレしていきます。

リトル ガーデン ワンピース: 概要

リトル ガーデン ワンピース: 概要

『ONEPIECE』に登場する「偉大なる航路(グランドライン)」前半の島。

この島は、他の島では絶滅した恐竜、アンモナイト、ダニなどの古代種(ある時代の生態系がそのまま残っているわけではなく、トリケラトプスや始祖鳥など)の時代を閉じ込めた環境だ。

非中生代のサーベルタイガーや現在のトラもいます(ただし、この環境ではトラのニッチは比較的貧弱であるようです)。

さらに、隣接する海にはシマクイと呼ばれる巨大な金魚が潜んでおり、船員たちの出航を妨げている。

エルバフの巨人、ドリーとブロギーは 100 年前からここに住んでおり、島には彼らによって虐殺された 2 人の巨大な海王類の死体が散らばっています。

どちらの海王類が大きいか決めかねた二人は、エルバフの法則「正義の者は勝利に導かれる」に従って海王類が配置されたこの島で今後100年間過ごすことに同意する。

彼らはそのことを忘れていても、互いの誇りを賭けて決着のつかない決闘を続けている(勝者には恒久的な指針を持ってエルバフに戻る権利があると主張されている)。

さらに島の中央には活火山があり、巨人たちは周期的な噴火を合図に戦闘を開始する。

長期滞在するには過酷な環境ですが、最大の難関はこの島のログポーズデータを蓄積するのに1年かかることです。

つまり、普通に偉大なる航路を航海したいのであれば、1年間島に住まなければならず、それが嫌なら島を出て大航海しなければならないということだ。 生存者の遺体は巨人の手に委ねられる。

麦わらの一味は丸太をたどってウィスキーピークを出航し、アラバスタに上陸した。 ルフィはウィスキーピークに乗船していたアラバスタ王国の王女ネフェルタリ・ビビとともに島を探索し、巨大な「青鬼ドリー」と遭遇する。

一方、船を見守っていたナミとウソップのもとにも、巨大な「赤鬼ブロギー」が訪れ、二人の友情は深まる。

この島にはバロックワークスの命令を受けたミスター3とミス・ゴールデン・ウィークが潜伏しており、ウィスキー・ピークから彼らを追っていたミスター5とミス・バレンタインも合流する。

二人の巨人の賞金を回収するために、彼らはドリーのワインに爆発物を仕込んで戦闘を妨害した。 さらに、サンジとともに狩りをしていたナミ、ビビ、ゾロもブロギーとともに捕らえられ、ミスター3のドルドルの実の能力によって殺されそうになる。

この行為に激怒したルフィとウソップは、ビビのカルガモであるカルーとともにバロックワークスと戦いました。

私たちは最終的に、この島にいるバロックワークスの役員エージェントをすべて倒しました。

また、記録を蓄積するのに1年かかるのも別の行動をとったサンジの責任だった(乗組員はアラバスタの内戦を止めるためにビビを送り込もうとしていたため、生存を考える余裕はなかった) 。

それはアラバスタに永遠のポーズを与えることで解決されました。 アイランド・イーター号は乗組員の借金を返してくれた二人の巨人にも助けられ、乗組員は無事航行した。

ドリーとブロギーは2年経った今も戦い続けているが、気が付くと二人ともエルバフに戻っていた。

漫画とアニメのワンピースのリトルガーデン編とは何ですか?

漫画とアニメのワンピースのリトルガーデン編とは何ですか?

リトルガーデン版は何冊ありますか?

ワンピースのエピソードの中でも、巨人族の主要キャラクターの登場で特に注目と人気を集めているリトルガーデン編が何巻に収録されるのか紹介していきます。

ワンピース単行本13巻にはリトルガーデンのエピソードが収録されています。 リトルガーデン編は、第115話でルフィたちがリトルガーデンに到着するところから始まります。『ワンピース』13巻から15巻にはリトルガーデン編が収録されていました。

リトルガーデンってアニメ何話ですか?

リトルガーデン版には何冊の本が付属しているかについて触れました。 原作漫画『ワンピース』のリトルガーデン編は第115話~第129話で、単行本13巻~15巻に収録されています。 リトルガーデン編がアニメで何話になるかというと、70話から77話になります。

ワンピースの箱庭の感想・評価

ワンピースの箱庭の感想・評価

ラブーン、ウィスキーピーク、リトルガーデン、ドラム王国の物語は大きく成長しましたが、私のお気に入りはリトルガーデンです。

ワンピースのリトルガーデンのストーリーについての私の考えと感情を共有します。

ワンピースのリトルガーデン編で主要キャラクターとして登場する巨人がかっこいいという声が多くあります。

100 年にわたり、ドリーとブロギーという 2 人の巨人が、リトル ガーデン版で誇りをかけて戦ってきました。 この巨像は麦わらの一味の一人であるウソップに大きな影響を与えた誇り高きエルバフの戦士でした。

20年の連載の中で魅力的なエピソードが数多く描かれてきた『ワンピース』。 それでもグランドラインに入ってすぐのリトルガーデン編が一番面白かったという人も多いようです。

特にワンピースのアニメではアニメオリジナルエピソードも放送されており、原作とはまた違った魅力を発見することができます。

アラバスタはワンピースの中でも最も人気のあるエピソードの一つです。 グランドライン最初の島ウィスキーピークでルフィ達はビビと出会う。

彼女との出会いを経て、物語はウィスキーピーク、リトルガーデン、そしてアラバスタへと繋がっていく。

リトルガーデン編は、壮大なアラバスタ編につながる重要なエピソードとして評価が高まっています。

Leave a Comment