僕 の ヒーロー アカデミア 最新 話 – 405話

10月30日(月)放送、週刊少年ジャンプ2023年48号(11月13日号)に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』第405話の感想・考察をまとめました。

あらすじや「僕 の ヒーロー アカデミア 最新 話」の詳細、キャラクターの活躍などを掲載しているのでぜひご覧ください。

ヒロアカ404話の内容考察

ヒロアカ404話の内容考察

爆豪とデクは協力する

  • オールマイトを破壊しようとするAFO
  • 世界中の人々が祈っている様子が描かれています。
  • メリルは空気の流れが異常であることに気づきました。
  • 「天空の棺」から爆豪はデクの方向へ移動する。 デクは爆豪の腕を掴んで振り向く。
  • デクは「シフト」を採用したことで二代目から責められる。
  • 二代目にはオールマイトの面影が見える。
  • 「シフト2nd」が発動すると、デクはAFOの方向に爆豪を発射する。
  • 死柄木は間に合わないと言う。
  • デクの中でオールマイトが形を成し始める。

爆豪がオールマイトを取り戻す

  • ため息と握りこぶしが注目されます。
  • ナイトアイは活力について語った。
  • スケッチされたフレームには、祈りを捧げる人々が描かれています。
  • 爆豪はデクとの戦いを思い出します。
  • 爆豪はAFOの腕を引き裂く。
  • 爆豪はオールマイトを助けることができる
  • デクの中に、支離滅裂にオールマイトの顔が現れる。
  • 額に血管が生え腕が再生するAFO
  • 各勢力は「爆豪少年…!」と叫ぶ。
  • 「勝つぞ!!!」と宣言。 爆豪。

僕 の ヒーロー アカデミア 最新 話 – 405話

僕 の ヒーロー アカデミア 最新 話 - 405話

ナイトアイの幻覚に話しかけるオールマイト

爆豪がオールマイトの命を救った後、エピソード405はデク、死柄木、その他のキャラクターの反応で始まります。

その時、オールマイトは亡くなったと思われていたサー・ナイトアイと会話する幻覚を見た。

「ここじゃなかったっけ…?」 オールマイトは不思議に思う。 「これが夢の終わりだった」とオールマイトは答える。 しかし、ナイトアイは自分の運命が変わったと主張する。

オールマイトの夢は終わったが、「先人が死んだ後は君に任せる」と自嘲気味に言うと、ナイトアイは「あれは架空の漫画だ」と答える。 彼は八木俊典と特定されています。

オールマイトが幻覚が何を伝えようとしているのか疑問に思う中、ナイトアイは「ヒーローでもあり人間でもあるんだから簡単には死ねないよ」とニヤリと笑った。

爆豪の演技に興奮する人々

画面が現在に戻ると、“爆発”という“個性”を持つ少年が現れ、オールマイトが救われたのを見た人々の反応が見られる。

爆豪の正体について、まほろと勝馬は「爆豪!!」と表情を明るくする。 一方、スポーツイベント中に彼が敵対的な悪党のグループに誘拐され、投獄されたことを思い出す人もいます。

デクは爆豪の右腕の装備に「シフト」を加え、それが空を飛んでいた。 オールマイトと爆豪は両方ともビルの屋上に転がりながら着地した。

息を切らして爆豪が立ち上がり、オールマイトが「爆豪…坊や!「大丈夫…?」」と叫ぶ。

爆豪が「それは俺のセリフだ!」と言いそうな瞬間だった。 無気力なジイさんだよ」と口から大量の血を吐き出すやいなや、彼はそう言った。

爆豪の体内からエッジショットが出現

「それも私のセリフ!?」 さらに吐血する爆豪の体内からの声が響く。 オールマイトは狼狽しながら答える。

次の瞬間、胸元から爆豪の体を細く薄く伸ばすエッジショットが飛び出した。

爆豪に「体内に溜まった血を吐かせた…少しは楽になったか…?」と尋ねた。 エッジショットは紐状に変形し、地面を転がります。

爆豪は、骨折した骨と臓器の周りに付けた秘伝の袴田風もやい結びは解けないと主張しているが、彼の体は動く必要があり、呼吸するたびに耐え難いほどの痛みを伴うに違いない。 それは真実ではありません、と爆豪に言います。

エッジショットが言及したように、爆豪は耐え難い痛みに苦しんでいますが、それでも彼は彼に感謝し、痛みを認めることを選択しました。 先輩、私を生かしてくれてありがとう。

爆豪が目覚めた理由に触れるエッジショット

爆豪は彼に感謝の意を表しますが、エッジショットは爆豪の呼吸法を手伝った瞬間を思い出しながら、「私は…接続しただけです」と答えます。

エッジショットが体内に忍び込み、心臓と肺を鼓動させ続けたにもかかわらず、爆豪は意識を戻さなかった。

自分自身の生命活動を削減することが『忍法錐』の仕組みであり、エッジショットは『自分』と『爆豪』を比較せざるを得なくなる。

しかしその瞬間、爆豪の血流は、亡くなる直前に彼の体から滴り落ちていた小さな汗の滴を運び始めました。

培ってきた「個性」が爆豪を目覚めさせ、エッジショットが汗の玉を爆発させながら叫び、爆豪を目覚めさせる。

オールマイトは爆豪に装備を渡す

爆豪はエッジショットが「状況からAFOだと思ったが、あの光る小さなものは何だ?」と言うのを聞いて話題を変えた。 「破壊してやるよ。」

オールマイトは冷静に「AFOだよ、坊や」と言い、血栓で動けなくなっている爆豪に手を握るように頼む。

オールマイトは「偉大、爆発的、殺人的、神聖なダイナマイト」と宣言し、すでにすべての機能を失っているにもかかわらず、副木しか使用できないと宣言しています。

オールマイトの左腕を覆っていた鎧はすぐに動き始め、爆豪の右腕に移り、ギアの形をとった。

オールマイトが「私があなたに与えられるのはこれだけです…」と言うと、爆豪はニヤニヤしながら右腕の鎧を調べているのが示されています。

AFOの前に立つ爆豪

失った両腕を取り戻したAFOは怒りの表情で爆豪とオールマイトを見るが、「いや…後回しにするよ!」と返す。 受かったら再考させていただきます。

AFOは、信楽喪の強すぎる精神を彼に「個性」を「与える」ことで提供しようとしている。

「最初から向こう側の『スピリチュアルな私』が主導権を握っていればよかったのに」と AFO は腹の中で沸騰するような感覚を感じながら、なぜ歯車が狂ってしまうのだろうと自問する。

行く手を阻む英雄たちを思いやるAFOに風が吹いていたはずが、次の瞬間には「ラスボスは俺だ、あいつがAFOだ!」と叫んだ。 爆豪は背後から出てくる彼女の顔を掴む。

「OFAがそれを一掃できないなら、彼は私と一緒にそれを一掃するでしょう!」 爆豪はそう言い、二代目のことが頭をよぎり、AFOはさらに激怒した。

まとめ

最新話速報として、ヒーローアカデミア405話のネタバレを公開しました。

ヒロアカ405話では爆豪の笑顔がとても良い感じでした。

オールマイトはこれまで緑谷に大きな期待を寄せていた。

爆豪はオールマイトに頼ることができなかったことに失望していたかもしれないが、それでもオールマイトに対する憧れを抱いていた。

でも今回は、オールマイトを与えられて世界一のヒーローになったような気がして、笑っているように見えたのだと思います。

ヒロアカの今後の展開も気になりますね。

Leave a Comment