君と世界が終わる日にネタバレ: 【君と世界が終わる日に4】5話

【君と世界が終わる日に4】5話のネタバレと感想。続編でまさかの結末を迎えるニュース。「君と世界が終わる日にネタバレ」の詳細については、以下をお読みください。

クライマックスの人間同士の殺し合いはゴーレムやゾンビよりも恐ろしい。 誰がユートピアにたどり着き、生き残れるでしょうか? 衝撃的なクライマックスで、予期せぬ人物がその場を去ることに向けて。

【君と世界が終わる日に4】最終回のあらすじ

【君と世界が終わる日に4】最終回のあらすじ

加州の裏切りとミライ誘拐の理由

明日葉(玉城ティナ)は、ユートピアへ向かう直前に他の受刑者らの待ち伏せに遭い、大地(大西利作)を失ってしまう。

「ここまで来たか」と加州(溝端淳平)が言うと態度が一変し、明日葉を陸人に差し出す。 新山財団の娘は、これまで明日葉の主な信者でした。

彼に近づくことはもはや有利ではありません。 リクトに加わると宣言して出て行くと、数人の男たちが追いかけてくる。 明日葉は5人の女性を選び、弱いものを優先します。

カナエは響に皆を守るための協力を求め、ユートピアに行く気はないと宣言する。

唯織(桜井日奈子)は一人になって帰りたがるが、代わりに響に驚くべき事実を告げる。 ミライを誘拐したのはシンジ(須賀健太)だった。 首藤教授の息子であるシンジは、ミライのワクチンを人体に投与する実験を行っていた。 ユートピアへ行かなければならないのであれば、彼は尋ねます。 パニックになるヒビキ。

伝説によれば、ユートピアからの使者である反町(村杉千草介)が明日葉を迎えに来たという。 明日葉がこのままでは続けられないと述べた後、彼女は彼に拳銃を手渡します。

加州と内海を含む他の人々はリクトに行き、あきらめます。 ロクトが信じないとは、土下座するなど従順な態度を取る。

響は伊織と生存者から「助けて、彼は私の未来だ」という言葉と研究塔の場所が書かれた紙を見せられ、やはりユートピアに行かなければならないと決意する。

残った男と、彼らと話したい日浦さえも、由良(佐野ひなこ)らによって拳銃で殺されてしまう。 ヒビキがヒビキを殺そうとするとき、彼は弓の準備も整えますが、カナエが彼の前に立ちはだかります。

「あなたは隣人を愛さなければなりません。」

明日葉が言ったように、私が今も生きているのはたくさんの人のおかげです。 カナエによれば、響はそんな行動をするために明日葉と一緒にいたわけではないという。

明日香は人を救うことを諦めないところが来美と似ているので、響は「わかったようなことを聞いてはいけない」と返す。 それでもアスカを放っておけない。 響を殺すと誓い立ち去る。

囚人たちとの最後の戦い

カイトは財団メンバーを殺すよりも人質にする方が明日葉の気を引くとリクトを説得しようとするが、リクトは受け入れられない。

受刑者と女性たちは拳銃を交換する。 明日葉に呼び止められ、止まるように指示される。 なぜ彼らは彼女の弟を殺したのでしょうか? しかし明日葉に人を殺す権利はない、と伊織は反論する。 このような社会では誰かが声を上げるべきだと彼は主張する。

囚人たちが集まる。 そのうちの一人、カシュは囚人たちの虐殺を開始する。 “そうですか?” 響も加州の本当の動機に気づいて明日葉を助けることにする。 明日葉に加州を観察するよう指示する。

明日葉が5人の間で揺れていたため、加州は彼女を裏切ったかのように見せかけた。 「彼の決意を無駄にしてはいけません。あなたは生き残ってユートピアに到達しなければなりません」と響は言いました。

リクトが明日葉に近づく中、カナエは剣を手に奮闘する。

伊織は、明日葉に降伏して謝罪しようとした内海と他の裏切り者たちを射殺する。 最初から彼を連れて行きたくないのに、彼を生かしておくことを選択した場合、問題が生じるだけです。

リクトがカナエを攻撃したとき、カイトが介入して彼女を守り、カナエを攻撃します。 リクトは驚いて、何をしているのかと訝しむ。 リクトとともに加州と響が戦う。 リクトから死んだ加州を殺害するように指示されたカイトだが、実行できなかった。 加州と響に前後を刺された六斗。

結論が出たのでしょうか? 自分たちだけが理想郷に行けるようになったと思われたユラとモモコが突然現れる。 桃子は六藤に捕らえられ、拳銃を渡さなければ殺すと脅される。 しかし、桃子は明日葉に謝罪し、感謝し、六兎の剣を首にかける。

伊織とカナエの別れ

リクトは周囲をもじもじする。 カイトはリクトにせめて助けてほしいと懇願する。 明日葉から姿を消すよう命じられる。 この男たちは我々が信じているような人物ではない、とカイトは言う。

同じような行動をとる者が他にもいると主張するカイトを伊織は射殺する。 カナエは、発砲を続けるカイトを守るために自分自身を盾として配置します。

伊織はカナエとユートピアへ旅行中だと叫ぶ。 なんでわたし? かなえは「好きだから」と答える。 私が初めて優しさを感じたのはかなえさんからでした。

幸せになってほしいのはかなえさんです、彼女を満足させられるように私は全力を尽くします。 カナエさんによれば、一人でも多くの人を助けることが自分の存在目的だという。

伊織を連れて帰るという響の主張に明日葉は反対する。 唯織は由良を殺害しようとする。 明日葉は伊織に銃を向けるが、響は弓で伊織の胸を撃ち抜く。

君と世界が終わる日にネタバレ -【君と世界が終わる日に4】最終回

君と世界が終わる日にのネタバレ -【君と世界が終わる日に4】最終回

ユートピアを訪れたのは明日葉、加州、由良、カイト、カナエ。 ヒビキも。 しかし、推奨ルートではみらいのいる研究塔にたどり着けない響は、単独行動を決意する。

響とカナエは別れを後悔する。 彼らは自動車整備士と大学生だけでした。 「君は強くなった、私よりもずっと強くなった」と響はカナエを抱きしめながら言う。 響はカナエが自分は全然強くないと主張することを理解していると認めます。

カナエは目に涙を浮かべながらみんなに感謝し、響もそれに応えた。 明日葉たちに頼むと言う響に、かなえは「生きてください」と最後のお願いをする。 響は一人で研究塔へ移動する。

加州を迎えに来た反町は、明日葉にこれまで一緒にいられたのは「君のせいで…」と告げようとするが、響はかなえから死亡を宣告される。 その後、4人は反町とともにユートピアへ旅立つ。

ユートピアに入った一行の前に謎の男・冬馬(柿澤勇人)が現れ、武装した兵士を引き連れて明日葉に「待ってましたよ、明日葉」と叫ぶ。

感想と考察

最新のエピソードはこれまでで最高のものですか? このような死亡事故も発生しています。 ある意味、彼らの後に到着しない人は全員排除されたことになります。 キミセカの容赦のなさと倫理観の誠実さはその良い点です。

伊織の殺人には驚きましたが、明日葉の手が血まみれになるのを望まなかった響が犯したのだと今になって気づきました。 伊織は頑固だったので、殺してはいけないと思いながらも殺してしまった。

伊織は嘘つきで悪いことをしてきたのは間違いないが、カイトやリクトと同じように、彼を騙そうとした者たちに裏切られた可能性もある。 最後はかなえに抱かれながら居眠りすることに満足したのだろう。 しかし、私は伊織の過去についてもっと知りたいと思っていました。

シーズン4の続きになると思っていましたが、すでにシーズン5の制作が始まっています。

明日葉は冬馬(柿澤勇人)と婚約している? 由良は冬馬に求愛するようで、両親が選んだ結婚相手は加州の敵となることになる。

Leave a Comment