夏目 友人 帳 ネタバレ 祖父: 夏目の祖父は誰ですか?

夏目友人帳には多くの謎が残されています。 その中には夏目貴志のおじいちゃんに関する話題が全くないことも挙げられます。

今回は『夏目 友人 帳 ネタバレ 祖父』に隠された謎を解き明かしていきます。

『夏目友人帳』あらすじ

『夏目友人帳』あらすじ

主人公・夏目貴志は幼い頃から人間には見えない鬼が見える体質でした。 毎日、悪魔が彼を追いかけます。

両親が亡くなった後も、苦労や周囲からの異様な目で親戚を転々としていたが、遠縁の寛大な藤原家に養子として引き取られ、ようやく自分の居場所を見つけた。

祖母の遺した『友人帳』の存在を知った彼は、その町で招き猫を与力とする妖怪マダラ、ニャンコ先生と出会う。

これは、人間と悪魔の出会いと別れを描いた、甘くてハートフルな物語。

夏目 友人 帳 ネタバレ 祖父

夏目友人帳に斑貴の祖父は登場する? それとも定命の者?

夏目 友人 帳 ネタバレ 祖父

タカシの祖父については言及されていないが、祖母のレイコについては言及されていない。 玲子は未婚の母だったので、玲子と直接話したことはなかったのだろう。

玲子は若くして亡くなったが、死因は不明。 彼女の死亡現場についてわかっていることは、それが「ある木」だったということだけだ。

アニメ第5期の第1話「木には登らないで」で、玲子は「ある木」についての話を聞かされる。 こんなところに留まっていては手遅れだ。

この大きな木を見ていると、かつてあなたに対して卑劣な発言をしていた人物を思い出しますよね。 たぶん。

どうやら玲子もその人の到着を心待ちにしていたようだ。

もしかしてこの人がタカシの祖父でレイコのパートナー? おせっかいなまでに関わり、玲子に対して偏見を持たない。

玲子さんは孤独で、誰かから連絡を受けたのは初めてだったと思います。

レイコは妖怪に対して何の好色性も感じていなかったことが示唆されている。 愛を求めるのではなく、単に生き物たちと会話する相手を探していたようだ。

結局のところ、モンスターは戦いの目的です。 マダラはレイコの闘いの申し入れを断ったようだ。

その後もレイコは何度もマダラに戦いを挑んだようだが、最終的には戦いを棄権したようだ。

私たち二人がそのような人を好きになる可能性はないと思います。

でももしかしたら相手は独身ではなく家族がいたのでは? というか、玲子さんくらいの年齢の人が、興味津々に話しかけたり、父親のように気を配ったりするのは難しいんじゃないでしょうか?

玲子が残りの人生を孤独になることが予想され、父親との思い出がほとんどないことを考えると、玲子が父親のような支配的な人物と恋に落ちたということはあり得るだろうか?

夏目貴志の祖父の肖像

碁の第1話「変わらぬ姿」では、祖母である夏目レイコが未婚の娘を産んだことが判明する。

本作の主人公である夏目貴志はその息子である。

タカシの両親は既に亡くなっているため、レイコに関する詳しいことは分からない。

タカシの祖父については未だに謎が残っているが、レイコが友達になった悪魔たちの話や、友人帳に載っている有名な悪魔たちから少しずつ入ってくる記憶を通じて、レイコについてさらに詳しくわかってきた。

これは、ドングリが大好きな悪魔から聞いた思い出の話に似ています。

「最近、変な男に出会ったんです。人間なのに話しかけてきます。もう遅いなら外に出ない方がいいとか、木登りは危険とか言います。男のイライラ癖はこれです」 」

玲子はめったに笑ったり、他人のことを話したりしないので、そうするのは彼と、最近紹介された彼の祖父だけだと思います。

男の口調から察するに、玲子よりも年上で、とても思いやりのあるいい人だということが分かりました。

かつてのタカシと同じように、レイコも他人からの優しさを切望している。

たかしさんが藤原さんと出会って心から大切に思っているように、玲子さんもこのいい人に心を捧げて大切にしていたのでしょう。

夏目貴志の祖父の肖像

祖父の職業

タカシは、リク第10話と第11話「密室」と「大切なもの」で、亡くなったエクソシストの秘密の部屋を突き止める名取の努力を追った。

箱崎屋敷をさまよっていた彼は、祓い屋の式神(青龍)と出会う。

あの青い服を着たドラゴンから

「たぶん、私の懐かしさは私の想像の産物にすぎませんでした。坊や、その顔は前にも見たことがあります。」

「それはおそらく私のおばあちゃんです。レイコが誰であるか知っていますか?」

「いいえ、男がいます。あなたに似た男に出会ったと思います。」

悪魔が昔のことと言っていたことから、この男はタカシの祖父であり、タカシに似た顔をしていることが示唆される。

祖父が祓い屋をしていたということは、箱崎家に以前から通っていた可能性もある。

そして、藤原茂と麗子の幼少期の物語。

幼い頃、茂となぜか会話が弾んだ玲子は、茂から邸に問題があることを聞き、藤原邸を訪れる。

それまで玲子は知識や言葉、あるいは力で対処してきたのに、 しかし、このエピソードでは、彼女は魔法と口の中にブラシを使って、エクソシストのように状況を追い払いました。

崇さんの祖父である祓魔師もこの術を麗子に教えたと考えられている。

なぜ大妖魔は夏目を危害から救ったのか? 式神のマスターは誰ですか?

なぜ大妖魔は夏目を危害から救ったのか? 式神のマスターは誰ですか?

箱崎邸の二匹の龍は、主が亡くなった後も屋敷に残り、思い出を残して秘密の場所をこっそり守りたいと願うようになったことから、主に対して深い愛情を持っていたようだ。

寿命の長い悪魔にとっては、人間との短い交流が長期にわたる感情的な絆を引き起こすことが多いようです。

リク 第4話「異眼」 第5話「束縛」 悪魔が見えなくなった祓魔師を題材とした、3人の式神の物語。

主が突然見失ったため、儀式が迷走し、契約を終了するという正しいことが行われなかった。

祓い屋の結界により、他の二人のシキは屋敷に入ることができなかったが、中にいたシキだけは滞在を許可された。

追い返されて入場を拒否された式神は、災難を叫び、落胆した口調で中に入れてほしいと懇願した。

追放された後も、悪魔の最大の願いは主を助けることです。

タカシの行動により契約は解除され、外にいた2人は解放された。

タカシたちが悪魔たちにもう会えないこと、主が解放されることを願っていることを告げると、悪魔たちは互いに意思の疎通ができず単独で向かう。

しかし、主が亡くなるまで、屋敷に飼われていた式神は主の傍にいた。

式神は主の記憶や香りを大切な存在としてそばに置きたいと考えます。

大妖怪について

複数の証言から、タカシとマダラの間には深い絆を感じます。

タカシの祖父が祓魔師なら式神がいるのも頷けます。

このことからマダラは祖父の式神であると推測しました。

グレートユースポットを式神に変えるほどの魔術師に成長すれば、危険な任務もこなすことができるだろう。

マダラの配偶者は仕事中に亡くなったので、レイコには未婚の子供がいたのはそのためかもしれません。

マダラの孫であるタカシが、マダラを招き猫として封じ込めていた封印を打ち破り、喪失に絶望して暴れ出したのだと思います。

それは偶然ではなく運命でした。

マダラはかつての主の血を引いているため、タカシを庇っているようだ。

さらに、麗子は夫を簒奪したのは自分であるという理由で、夫を批判することもあるだろう。

タカシを守るのは祖父の血であり、タカシを大切にするのはレイコの血だと思います。

まとめ

一説によると、夏目貴志の祖父はマダラである可能性があります。 そうでなければ、それは人間かもしれません。

この2つの仮説は興味深いですね!

彼の祖父がニャンコ先生だったら、レイコに呼びかけるのと同じように、タカシに名前で呼びかけるのではないでしょうか? 彼はタカシが自分の孫であることを知っていたので、ボディーガードになったのだと私は考えました。

タカシの両親が何なのかは本当に不明です。怪物、半妖怪、それとも普通の人間ですか?

タカシの父親についてはほとんど知られていないが、レイコの娘が彼女の母親であることはわかっている。

この先、物事がどのように進んでいくのか、とても楽しみです。

Leave a Comment