夏目 友人 帳 ネタバレ – 30巻

9月5日、緑川ゆきさんの漫画「夏目友人帳」第30巻が発売された。 この記事では最新刊の『夏目 友人 帳 ネタバレ』を紹介します。

次巻(31巻)の発売日の予想も掲載しています。

夏目 友人 帳 ネタバレ – 30巻

夏目 友人 帳 ネタバレ - 30巻

第120話

箱崎紅子が夏目の幽霊に関するアドバイスをする。

彼女は廃墟となった箱崎邸で音楽や騒音を聞いたと主張する。

夏目は幽霊のことは知らないと主張していたにもかかわらず、屋敷で何が起こっているかについていくつかのことを予言することができた。

続いて夏目は紅子が誰かを見た穴から中を覗き込み、声が聞こえます。

そこにはモンスターたちが集まり、集団遊びをしていた。

今日は紅子の亡き祖父・源蔵の誕生日を記念して全員が集まった。

夏目は箱崎家を出るが、そこに祖父の姿を見た紅子が感極まって箱崎家を出る。

第121話

夏目は紅子の骨董愛好家の展覧会への招待に応じるかどうか迷っているとき、再びクララと出会う。

賀修羅の会のことは知っていたので参加したいとの申し出がありました。

会場である邸宅に着くとクララから変わっていく。

興奮しながらも何かが違うことに気づいた夏目。

自分は何者なのかと悩む中、女装オカルト作家・忍と出会う。

彼女はここが悪魔祓いに関する人々が集まるオークション会場だと告げる。

夏目は家に帰りたいと思っていますが、悲しいことに盗難があり、しばらく戻ることができません。

選択肢を検討していると、夏目は現場に伴と思われる男性がいることに気づきます。

その後を追って見失ってしまうが、その後田沼と遭遇する。

さらに、如月荘で夏目を心配していた黒峰ミサ(芸名「黒ミサ」でよく知られている)が現場にいるようだと告げる。

第122話

夏目は伴の主人がミサだと推測する。

田沼は友人からの届けに来ただけだったが、夏目とともにミサのことをもっと知ろうと決意する。

しかしバンはニャンコ先生を自分に不利な手術道具とみなしているため、田沼に預ける。

そこで、黒ミサの格好をした的場が夏目と会い、彼の妹がバンのマスターであり黒ミサであることを告げる。

田沼とニャンコ先生はバンの木偶からなんとか逃げ出し、自分たちの身に何が起こったのか調べ始める。

第123話

もともとこの邸宅は、著名な政治家である中臣家が所有していました。

噂によると、彼は骨董品の収集が趣味で、珍しい道具を使うことで成功したという。

的場に悪魔が迫るが、的場は率先して話し合いを始め、その最中にイベントの盗品の中に独楽があったことを知る。

さらに的場は、風車を奪われた以上、中臣コレクション5冊が目標だと推測する。

二人は見つけたバンの木偶を追った。

しかし、所有物を保管してほしいという協会の管理人の要求を拒否したため、田沼の行動は変化し、最終的に意識が消えてしまう。

夏目は田沼が所持していたものはコレクションの一部ではないかと推測する。

辺りを見回すと屋敷内に黒ミサの肖像画を発見する。

彼は誰かに見覚えがあると信じていました、そしてそれは忍でした。

30巻の感想

30巻の感想

箱崎家のエピソードは懐かしくて落ち込むし、紅子の顔を見ると全てを感じずにはいられませんでした。

しかし、中臣家のエピソードは長編小説にふさわしい緻密さと不気味さがあり、ワクワクしながら読み進めました。

次巻に続く物語であり、これまでの物語に散りばめられた断片的な情報もまとめられているので、続編が楽しみです。

夏目友人帳31巻の発売日はいつ?

近年、最新版は 7 ~ 8 か月ごとにリリースされています。 次巻(31巻)はこのままだと2024年4月か5月の発売予定です。

Leave a Comment