大蛇にとついだ娘 ネタバレ – 第15話~第29話

大蛇にとついだ娘 ネタバレ』を最新話から最終話まで、感想や見どころを含めてお伝えしていきます。

大蛇にとついだ娘のあらすじ

大蛇にとついだ娘のあらすじ

主人公は表紙右側の「美世」という女性です。 左の蛇は美世が嫁ぐ「大蛇」。

村では傷物扱いされ、拒絶された美世は生贄として大蛇との結婚を命じられる。 彼女は恐怖と不安でいっぱいになりながら、蛇と結婚します。 恐ろしい見た目とは裏腹に、オロチは美世に対して紳士的な態度で接します。

最初は大蛇から逃げたいほど憎んでいた美世ですが、物語が進むにつれて大蛇への愛が増し…いつしか二人は真実の愛を確かめ合うことになります。 他の。 ナカへ。

異種族間のアンバランスなラブストーリー。 物語が進むにつれて世界観が広がり、深まる奥深いストーリーが魅力の作品です。 ほのぼのとしていても不気味な影や足音が二人に迫り、読者を引き込む物語の描き方が秀逸です。

大蛇にとついだ娘 ネタバレ

第15話

大蛇にとついだ娘 ネタバレ

人々と交流することで悪影響を受ける蛇。 しかし、彼にはキヌの存在を否定する力はなかった。 いつものように、キヌはなけなしのお金で食料を買い、体を売る。

ある晩、縁側で満開の梅の木を眺めながら、ご住職とお話をさせていただきました。 私のお気に入りの場所は、最近梅の木がたくさん芽吹いている場所です。

思いやりのあるまともな人たちだけど、そこには怖い人たちも住んでいる。 明日は約束があるので、キヌは早く寝るように努めます。

第16話

彼は蛇から、僧侶を殺したことに気づいていないことを知らされました。 この発言に激怒した僧侶は、腰からナイフを抜いて大蛇に向かって振りかざします。 まさに短刀が蛇の皮膚に触れようとしたその時、美世が僧侶を止めた。

美世は僧侶と蛇がぶつかり合うのを本気で止めようとしている。 「オロチ様、それも止めて下さい。」 彼女の主張を聞いて大蛇は戦いを諦めた。 私は美世を屋敷に連れ戻すことにした。 それにも関わらず、僧侶は蛇に抵抗しようとしますが、逆に口を開いて蛇を脅します。

第17話

ワタルは断崖絶壁の頂上に登る。 旅の途中で出会ったのが八兵衛。 香りだけで渉が美世の弟だとすぐに分かる。 もしかしたら何か気になるものを発見したのかもしれない…ワタルは八兵衛にミヨの元へ案内されることになる。

大蛇と暮らす屋敷に、美世が姿を現す。 彼は本当に幸せそうだった。 妹の姿を見つけるとすぐにワタルはミヨに駆け寄る。 久しぶりに再会した二人は泣きながら抱き合います。

美世は渉の体に触れながら、食事がうまくいっていないことに気づきます。 そんな二人のもとに大蛇がやって来ます。

第18話

蛇は喜助の羽織から徳郎の匂いを感じたと告白する。 このことから、喜助が死んだ夜、村長の藤九郎と争っていたという驚くべき可能性が浮上した。

美世と源治は藤九郎が真犯人であり、美世の父清之助が無実の罪で告発されたと信じている。 その直後、ワタルは疲れから眠りから目覚める。 美世たちはこの件についての話し合いをやめ、しばらくモトユニの家を離れることにする。

娘たちが去った後、源氏は喜助の羽織を眺めながら落胆した表情を浮かべた。 ワタルが海外にいる間、ミヨは帰国中に先ほどの件を認めます。 彼女は蛇から、彼女の香りが紛れもなく徳郎であることを知らされる。 美世は一人になりたいと告げて立ち去る。

第19話

源氏は美世に、母・美智が失踪したことを知らせる。 源治は美世の腕を掴み、ミチを探して外へ引きずり出そうとする。 それはまさに蛇が観察したものでした。 美世は、彼が彼女を誘惑しようとしていると思い、急いで前に進みます。

すれ違いは解消されるが、誰もがもういないミチに注目する。 「私は義母の居場所を知っています。」 ミチの香りは、彼女の鋭い鼻を彼女がどこに向かっているのかに導きました。

ゲンジとワタルが駆け寄る。 美世は立ち止まって考える。 そこで彼女は、母親を支えるために苦労したことを思い出します。

第20話~第21話

大蛇にとついだ娘 ネタバレ

ミヨと巨大な蛇が高原を散歩しているのが最初に見られます。 匂いを嗅ぎながら道を進みます。 気がつくと私たちは神殿にいました。 「あれですよ、開けてください。」 山の麓にある寺院。 僧侶が現れると、大きな蛇が現れました。

大蛇に追い返された彼は、山のふもとにある寺の住職に、しばらく滞在させてほしいと頼みます。 彼は目的を達成するために留まった。 そして、自分の名前を蛇に知らせる修道院長。

第22話~第23話

美世は人間と蛇の双子を産んだ。 ヘビの性別を調べてみると、男の子だった。 その人は女性でした。 彼の体には鱗が見える他の場所もありました。 私が彼を何と呼ぶべきかを尋ねたとき、オロチはすでに候補を念頭に置いていました。 時太郎は蛇です。

人なら伊那になるかと聞いてみた。 名前の由来を知った美世は説得される。 私は自分の子供に蛇の名前を付けることにしました。 一方、オロチは時太郎に関する悩みを美世に打ち明ける。

第24話~第25話

冬が終わり、山の上にある屋敷に戻ってきたミヨとイナ。 さらに、私の家族は私を途中で降ろしてしまいます。 アンヒョンも道中で出会った人物です。 彼はイナのことを懐かしく思い出した。

屋敷に着くとオロチと時太郎が待っていた。 こうして家族4人は再会し、山で新たな生活を始めることになる。 ある日、伊奈と時太郎が外に出たいと言い出したとき、美世はドアを開けて二人を行かせます。

第26話~第27話

大蛇にとついだ娘 ネタバレ

時太郎は自分の人生に閉塞感を感じ、自分の立ち位置を見つけることができなかった。 美世は、時太郎と伊奈が寺に通い始めてから笑顔が減った事を心配していた。

オロチは神社に行くのをやめるようアドバイスするが、ミヨはこれが夫婦として成長するチャンスだとオロチを説得する。 美世が帰宅した後、オロチは美世の考えに理解を示し時太郎に話しかける。

後を追うイナは、蛇に問題のある人物である早苗を処分してほしいと依頼する。 ヘビは彼らに、自分たちで対処できるように自分を強化するようにアドバイスします。

第28話~第29話

アンキの父、勇蔵は、村一番の魅力的な女性、ルリを誘拐し、結婚する。 彼女と彼の間には一瞬の静けさが訪れる。

最初はヤスンにとってすべてがうまくいきました。 それにもかかわらず、ルリの人生は流行病で亡くなり一変する。 それを彼女にもたらしたのは、父親の雄三だった。

彼女は仕事もせず、ルリの死後、酒を飲みながら日々を過ごしていた。 祐三はいつの間にか酩酊し、彼女の喜びを瑠璃と勘違いしていた。安憬の身体に手を出していく事へ。

Leave a Comment