宇宙 を 駆ける よ だか ネタバレ: 最終回はどうなるのでしょうか?

「別冊マーガレット」に掲載されていた人気少女漫画『スペースランナーよだか』。

『宇宙を飛ぶアヒル』の最終回や結末はどうなった? すべてを簡単な言葉で説明します。 宇宙 を 駆ける よ だか ネタバレを含みますので、まだ漫画を読んでいない方はご注意ください。

『宇宙を走るダカ』あらすじ

『宇宙を走るダカ』あらすじ

比嘉はあゆみに想いを伝える

あゆみをずっと好きだった比嘉は、あゆみと恋人の然子が入れ替わっていることに気づく。

彼女は、あゆみを元の体に戻す方法を一緒に見つけるために、あゆみを励まし、サポートし続けました。

しかし、入れ替わった人間たちは元の体には戻れないことを知らされる。

本当の家を前に寂しさに涙するあゆみの前に羽賀が現れる。

芳賀さんも旅の辛さを思い涙を流した。

「戻る必要はありません。」

「あゆみの周りに一人でいたみんなと同じくらい、私もあなたを愛します。」

そう言ってあゆみを抱きしめた。

その後、学校では「比嘉は海根蓮子のことが好きだ」という噂が流れる。

クラスの男子たちからは「ただのブスだよ」と嘲笑されるも、「今、海根さんが一番かわいいんです、私にとっては」と言い放った。

今の容姿が芳賀と似ていないことに落ち込むあゆみに、芳賀は「私が好きなあゆみはこの人だけだよ」と笑顔で言う。

比嘉は人間の本質は自分の中にあると確信していた。

そんな彼の姿を見て歩実は何度も励まされた。

ゼンコの目的

これまで、容姿のせいにして何もうまくいかなかった然子。

彼女に心を開き始めたのは光士郎だけだったが、彼もまたあゆみの可愛い姿が気に入っていた。

「美しくなければ誰も彼女を愛してくれないでしょう!」

絶望した然子は、かつて神社の神主だった父から聞いた歌を思い出す。

「赤い月の日にやること」「なりたい人に見られること」「確実に死ぬこと」。

彼はその歌を覚えてビルから飛び降り、あゆみの体に乗り移った。

全てはコウシロウを手に入れるため。

そして然子は、自分が恵まれていることに気付かずにのんびりと暮らしていたあゆみの人生を破壊することに成功した。

また入れ替わる悲劇

授業中に加賀がうみね然子の容姿がかわいいと発言したところ、然子は「人は見た目がすべて」という人生観を否定される。

加賀が目障りだと怒る。

あゆみと同じように比嘉の人生を破壊したいと然子が言うと、光子郎は比嘉の体と海根の体を交換することを提案する。

その計画を知ったあゆみと比嘉は動揺するが、コウシロウには何か考えがあるはずだと信じて信じることにする。

赤い月の日、あゆみは光子郎に呼ばれて誰もいない教室に入ると、そこには然子がいた。

一方、比嘉はコウシロウとともに非常階段にいた。

光志郎はあゆみを奪ったと比嘉を責め、「あゆみちゃんが私に向いてくれてよかった」と比嘉を挑発する。

二人は喧嘩になる。

「……死んでください、加賀」

光子郎は保賀を突き飛ばすが、保賀が掴みかかり4階から共倒れする。

一部始終を目撃したあゆみと然子は駆けつける。

目覚めた比嘉の顔を見てあゆみはショックを受ける。

比嘉と幸四郎が入れ替わってしまった。

コウシロウの真意とは?

コウシロウは然子があゆみの体を奪ったのは自分のせいだと自分を責め続ける。

彼はどんな代償を払ってでもあゆみの身体をあゆみに返したいと決意しており、そのために然子の側に居られる機会を窺っていた。

あゆみさんへの愛は今も変わりません。

しかし、たとえ自分への想いを犠牲にしてでも、彼女を元の体に戻すのが自分の責任だと信じていた。

しかし、その方法は本当に命を脅かすものでした。

2人は芳賀さんに助けを求め、一緒に4階から転落した。

入れ替わりに成功してあゆみの前に現れ、光子郎はようやく誤解を解くことができた。

宇宙 を 駆ける よ だか ネタバレ – 最終回

宇宙 を 駆ける よ だか ネタバレ - 最終回

コウシロウの裏切りにより然子が行方不明になる

元の体に戻るために力を合わせるあゆみ、加賀、光士郎。

コウシロウは、入れ替わった人間は元には戻れないが、4人をシャッフルすれば元に戻れるのではないかという仮説を立てた。

しかし、そのためにはゼンコもあと2回交代する必要がある。

3人は無理強いせず協力するよう説得を試みる。

しかし、全てを知らされ光子郎に裏切られたことを悟った然子は泣き崩れてその場を立ち去り、そのまま姿を消してしまう。

あゆみたちは必死に然子を捜す。

然子の母親に事情を打ち明けると、彼女は「赤い月の森」にいるかもしれないと言う。

展望台に到着したあゆみは、大雨の中、手分けして山道を探索する。

そこには小さくしゃがんだ然子の姿があった。

最後の「赤い月の日」

あゆみは然子の元へ急ぐ。

そこにコウシロウと加賀も加わる。

コウシロウはゼンコに、誰の体の誰に対しても恋愛感情を持っていないことを明らかにします。

今ならまだ許せる、とコウシロウは言った。

あゆみと比嘉も然子の苦しみに同情する。

それでも然子は自暴自棄になり、あゆみたちの言葉を美しい言葉だと言って突き放そうとする。

そこに然子の母親が現れた。

「然子の悲鳴を自らの手で殺した」と。

そう言って然子を抱き締め、心の底から謝った。

然子の母親が父親と離婚した後、然子を女手一つで育てた。

自分のことに集中するあまり、然子の心臓の鼓動に気付かなかった。

「あなたはもう一人ではありません。」

あゆみの言葉に感動した然子は涙を流し、シャッフルへの協力を承諾する。

しかし、4人は「赤月の日」と呼ばれる現象があと2回しか起こらないことを知る。

悩む暇もなく、次の暁の日、あゆみと比嘉、然子と光子郎が入れ替わってしまう。

そして、最後の赤い月の日がやって来た。

あゆみと然子は屋上で手を繋いでいた。

コウシロウと比嘉もその様子を見守る。

あゆみと然子には深い絆がある。

空を飛ぶように飛び立った二人の日々は、赤月の日の終わりと共に終わりを告げた。

あゆみが選ぶ

元の体に戻ったあゆみは、光士郎、比嘉と一緒に学校に通っている。

あゆみは改めて二人に感謝するが、光子郎とも火賀とも付き合えないと告げる。

比嘉の気持ちを知ってしまったあゆみは、もう以前のように光士郎との関係には戻れなくなってしまう。

しかし、比嘉はあゆみ本人よりもあゆみの気持ちを理解していた。

「あゆみが本当に好きなのは誰ですか?」

そしてあゆみの背中を押す。

「ありがとう、加賀くん」

あゆみは光士郎に対峙し、「シロちゃん、好きだよ」と気持ちを伝える。

光志郎も「おかえり、あゆみちゃん」とあゆみを抱きしめた。

然子も新たな一歩を踏み出そうとしていた。

“おはよう”

然子が教室に入る。

私はもう一人ではありません。

心が変われば自然と表情も変わります。

然子は前よりもずっと可愛くなっていました。

Leave a Comment