後味 の 悪い 話

読み応えのある「後味 の 悪い 話」をまとめました。

たとえ後味が悪くても、よく練られたホラー作品や皮肉たっぷりの短い物語など、素晴らしい作品はたくさんあります。

特に読み応えのあるものを厳選して集めました。 機会がありましたらぜひご覧ください。

後味の悪い話が多いので、苦手な方はご注意ください。

後味 の 悪い 話

後味 の 悪い 話

イタリアの脳疾患

脳に関する特別番組は脳の奇妙な病気についてでした。
インタビューを受けた女性は30代のイタリア人主婦。
彼女の家族のほとんどは、致死的家族性不眠症と呼ばれる奇妙な病気で50代で亡くなった。
彼女の病気は突然不眠症になり、発症から約1年以内に亡くなった。

しかも意識はあるのに眠れず、半狂乱となり拷問のような苦しみを味わいながら亡くなってしまうのです。
実際の動画もありますが、最初はただ居眠りしているだけですが、
最後には、彼女は別人のように衰弱し、ベッドの上で舌を出したまま痙攣しました。

治療法はなく、イタリアではこの素因遺伝子を持っている人はほんのわずかです。
彼女は、遺伝子検査によって自分がこの病気にかかることがわかったが、自分の恐ろしい将来については知りたくないと言います。
彼女は検査を受けることを頑なに拒否していましたが、子供が欲しかったので、プログラムで遺伝子検査を受けることにしました。
結果はどうなるでしょうか? ? 彼女の運命はどうなるのか? ?

プログラムは終了しました。 おそらく黒人だったのでしょうが、後味が悪すぎました。
そして、この病気の原因はプリオン症、つまり血族を食べることから来ている可能性があるようです。
(死者の脳を食べる一族=クル・ヤコブ病、
牛の群れが食べる=狂牛病=ヤコブ病はすべてプリオン異常)
したがって、彼女の先祖が未知の理由で人間の脳を食べた可能性があります。
(彼女は彼女の先祖の神官だったに違いない)

ウルルンの藤原竜也

後味は悪くなかったですが、印象的でした。
ウルルンは日曜日に遊びました

藤原竜也が8年前に番組収録で滞在したネパール人家族のその後を放送する。
5人の娘さんご家族へのインタビュー。 最後に、藤原と同い年の次女が登場。
両親によると、彼女は公務員と結婚したという。
「結婚すると大変なこともあるよ」と言い、藤原がまだ独身だと聞いたとき、彼女はこう言った。
彼女は「藤原さんと結婚したかった。ずっと一緒にいる運命だと思っていた」と言い、泣き始めた。

娯楽があまりないネパールでは、王子との思い出が残りの人生を縛り付けることになるだろうと彼女は想像している。
彼女が自分の番組を録画しただけで彼女を不幸にしたのではないかと思わずにはいられません。

あと、持ってる奴はどこに行っても手に入るって知った時は後味悪かった笑

後味の悪いマンガ

後味の悪いマンガ

顔のない人

かなり前にオカ板か喪板に投稿しましたが、こちらにも投稿させていただきます。

藤子・F・不二雄「ノスタルジア」

主人公は戦後30年間も孤島に取り残された日本兵。
ようやく発見され、無事日本に帰国するが、主人公の故郷はすでにダムの底に沈んでいた。

軍隊に送られる直前に結婚した妻の聡子はすでに亡くなっており、叔父によれば、
沙都子は主人公の戦死の知らせを聞いた瞬間、生きる気力を失い、再婚を拒否し、衰弱したように亡くなったという。
同時に、主人公の家の土蔵に閉じ込められていた狂人の老人も、沙都子の足跡を追うかのように死んでしまったようだ。

明日出兵を控えた主人公と沙都子との結婚式の夜、道三の老人が主人公に「沙都子を抱いて!」と叫び、主人公はその老人を「馬鹿者!」と罵倒する。 」 た。

道三の爺さんは最後まで悔しかったと叔父は言う。 少なくとも、主人公との間に子供ができていたら、沙都子は生きる気力を失わずに済んだかもしれない。

主人公は叔父に別れを告げ、ダムに沈んだ故郷を見るためにダムへ向かう。 主人公は、生きて帰れないかもしれない沙都子となぜ結婚したのか疑問に思う。

主人公は里子との思い出を思い出しながらダムに降りるが、いくら下りてもダムにはたどり着けない。 主人公は不審に思いながらも、同時に奇妙な興奮と不安を感じ、森の奥へ逃げ出す。

そこには、すでにダムに水没したはずの生まれ故郷の村があった。
主人公は自分が狂ってしまったのではないかと自問するが、たとえ夢であっても狂気であっても目覚めてほしくないと感じている。

主人公が村を歩いていると、一人の少女が道を渡って行きます。
それは幼い頃からの彼女の里子であり、主人公は目に涙を浮かべながら里子を抱きしめます。

主人公の家族の男性はいつも特徴的な顔をしており、彼女の父親は幼い頃の主人公の顔を見て「誰だか分からないけど、間違いなくこの中の誰かの顔だ」と認識したそうです。 家族」彼女の主人公を保護してください。
父親は主人公に金を差し出し、「うちの家族には傲慢な人は要らない」と告げる。 出て行ってください」と言うが、主人公は「失ったものをもう一度失いたくない」と拒否する。

しばらくして、幼い主人公が幼い里子と庭を歩いていました。
主人公が「蔵に幽霊が出た」と言うと沙都子は恐怖のあまり泣き叫び、主人公は里子に「幽霊が出ても私が守る」と告げる。

主人公は蔵の中でひざまずいて幼い二人の会話を聞いており、彼女は幸せそうに微笑んでいた。

藤子・F・不二雄「なつかしいおやじ」

主人公は戦後30年間も孤島に取り残された日本兵。
ようやく発見され、無事日本に帰国するが、主人公の故郷はすでにダムの底に沈んでいた。

軍隊に送られる直前に結婚した妻の聡子はすでに亡くなっており、叔父によれば、
沙都子は主人公の戦死の知らせを聞いた瞬間、生きる気力を失い再婚を受け入れられず、衰弱したかのように亡くなったという。
同時に、主人公の家の土蔵に閉じ込められていた狂人の老人も、沙都子の足跡を追うかのように死んでしまったようだ。

明日出兵を控えた主人公と沙都子との結婚式の夜、道三の老人が主人公に「沙都子を抱いて!」と叫び、主人公はその老人を「馬鹿者!」と罵倒する。 」 た。

道三の爺さんは最後まで悔しかったと叔父は言う。 少なくとも、主人公との間に子供ができていたら、沙都子は生きる気力を失わずに済んだかもしれない。

主人公は叔父に別れを告げ、ダムに沈んだ故郷を見るためにダムへ向かう。 主人公は、生きて帰れないかもしれないのに、なぜ沙都子と結婚したのか疑問に思う。

主人公は里子との思い出を思い出しながらダムに降りるが、いくら下りてもダムにはたどり着けない。 主人公は不審に思いながらも、同時に奇妙な興奮と不安を感じ、森の奥へ逃げ出す。

そこには、すでにダムに水没したはずの生まれ故郷の村があった。
主人公は自分が狂ってしまったのではないかと自問するが、たとえ夢であっても狂気であっても目覚めてほしくないと感じている。

主人公が村を歩いていると、一人の少女が道を渡って行きます。
それは幼い頃からの彼女の里子であり、主人公は目に涙を浮かべながら里子を抱きしめます。

沙都子が泣き叫ぶと、村人や駐在の警察が駆けつける。 主人公は徹底的に殴られ縛り上げられ、顔つきから主人公の実家に連れて行かれる。

主人公の家族の男性はいつも特徴的な顔をしており、彼女の父親は幼い頃の主人公の顔を見て「誰だか分からないけど、間違いなくこの中の誰かの顔だ」と認識したそうです。 家族」彼女の主人公を保護してください。
父親は主人公に金を差し出し、「うちの家族には傲慢な人は要らない」と告げる。 出て行ってください」と言うが、主人公は「失ったものをもう一度失いたくない」と拒否する。

しばらくして、幼い主人公が幼い里子と庭を歩いていました。
主人公が「蔵に幽霊が出た」と言うと沙都子は恐怖のあまり泣き叫び、主人公は里子に「幽霊が出ても私が守る」と告げる。

主人公は蔵の中でひざまずいて幼い二人の会話を聞いており、彼女は幸せそうに微笑んでいた。

後味の悪い小説

後味の悪い小説

小説「王様の肉」

突如村に現れた異星人の王と王妃が人間を喰らい始めた。
ある男性はなんとかコミュニケーションをとり、一度にすべてを食べませんが、
彼は自分を牛のように育てるべきだと提案した。
王と王妃は男に斧を与え、人体から肉を切り取り、その場で傷を治した。
王たちの命令で、男は片方の腕、もう片方の脚、尻、胸を切り落としました。
人々は彼を羊飼いと呼び、恐れ、憎みました。
この村で完璧で美しい体を持っているのは羊飼いだけだった。

数年が経ち、ある日男たちは宇宙船に乗って現れた。
その船の船員たちは大量繁殖し、さまざまな惑星の住民を食い荒らしていた。
彼らは王と女王の種族を追いかけ、絶滅させていました。
この村の王と王妃は逃げられないと悟り自殺し、人々は解放されました。
その場合、人々の憎しみは王の代理人として働いていた人々によって引き起こされました。
兵士、料理人、羊飼いに誰よりも適しています。
船員たちは羊飼いの記憶を調べ、彼が人類を滅亡から救おうとしていることを知る。
彼は王たちに、体の一部を切り落とすことで生き残る方法を選択するよう強制しました。
やがて彼は、この日のように自分が救われるなら人に殺されてもいいと思っていたことを知る。
船員たちは人々に、羊飼いは赦免されること、殺されることはなく、できるだけ長く生かしてもらうことを誓わせます。
船員たちが別の惑星に向けて出発した後、そのうちの一人が突然…
「ひどいことをしてしまった」と彼は言う。

船員たちが去って数年後、健康な子供たちが生まれ育った村。
人々は年に一度羊飼いのところへ花とごちそうを捧げに行きます。
しかし、羊飼いの体には美しい頭、背骨、内臓だけが残っています。
人々は、この羊飼いをできるだけ長く生かし続けなければならないと言います。

森鴎外「踊り子」

主人公は幼い頃に父親を亡くし、母親一人で育てられました。
逆境をバネに、19歳の若さで大学法学部を卒業し、某省庁に就職した。
3年後、彼女はドイツへの留学を命じられた。

留学から3年ほど経ったある日、ドイツの教会の前で泣き叫ぶ少女を見つけて声をかけた。
彼女によると、父親は亡くなったが、お金がないので葬儀もあげられないという。
彼女の同情的なヒーローは彼女の葬儀代を払ってくれた。

それをきっかけに彼はエリスという少女と付き合うことになる。
留学生仲間が彼女を妬み、上司は「もし今ドイツから日本に帰国するなら旅費を出してやる」と彼女を叱責した。
彼女は、もしここに留まるつもりであれば、もはや公的援助を求めることはできないと言われている。

主人公は悩みながらもドイツに残り、エリーゼと暮らすことになる。
語学が得意な主人公は大学への進学を諦め、特派員としてわずかなお金を稼ぐ日々を過ごしていた。
エリスが妊娠したことを知り途方に暮れていたところに、大学時代の親友・藍沢から手紙が届く。

彼女が仕えている大臣があなたに会いたがっているので、すぐに来るべきです。
これは名誉を回復するチャンスです。 そう言われました。
すぐに立ち去ろうとする主人公に「たとえ偉大で高貴な人になっても、
私を見捨てないでください」とエリスが言うと主人公は笑う。
「もう政治には興味がない」と彼女は答えた、「ガールフレンドの親友に会いに行くだけ」。

大臣のところに着くと、ドイツ語の文書を翻訳するように頼まれました。
書類を受け取った主人公は相沢からランチに誘われる。
相沢さん、あなたと同じくらい知識が豊富で才能のある人です。
いつまでも女性の愛にとらわれて、怠惰な人生を送ることはないでしょう。

彼女はなんとか牧師に取り入り、信頼を得ることができた。
すぐに彼女との関係を終わらせてください。 彼女は主人公を説得します。
主人公は相沢の言葉に同意し、必ずやると約束する。
しかし結局、家に帰ってもエリスには何も言えなかった。

翻訳は一晩で完了しました。
翻訳の仕事で大臣を訪ねて約一か月後のある日、
大臣は彼女に、一緒にロシアに来ないかと尋ねました。 彼女は招待されています。
主人公は、逆らうわけがないと答える。

ロシアではエリスからの手紙が毎日届く。
手紙の内容:「あなたがいないととても寂しかったですか?」 あなたの旅行代金を支払うことができます。 すぐに戻ってくることを願っています。」

主人公は彼女の手紙を見て、初めて彼女の立場を理解する。
英雄の約束を信じ、エリスとはもう別れたと思っている藍沢。
1か月後、ベルリンの自宅に戻ったエリーゼは階段を駆け下り、ヒーローに抱きつきます。

彼女の迷いは消え、主人公はエリスを抱き締める。
エリスに手を引かれて部屋に入ると、机の上にエリスが作ったおむつが山積みになっていた。
エリスは喜びの涙を流しながら言いました。
「生まれてくる子は、あなたと同じ黒い目をしています。その美しい目は、夢の中でも見ました。
悲しくても笑わないでください。 教会に行くと本当に幸せです。」

二、三日後、彼女は牧師に呼び出される。
大臣、一緒に日本に帰ってください。 あなたの語学力は本当に役に立ちます。
長く居たので面倒な関係になるのではないかと心配していたが、
藍沢に尋ねると、そんなことはないと言われて安心する。 彼女は主人公に言います。

主人公は戸惑いながらも彼女の申し出を受け入れます。
主人公はその帰り道、罪悪感から精神が不安定になり、帰宅すると倒れて数週間意識を失います。
それを知った藍沢は主人公の家に遊びに行く。
主人公の相沢の裏切りを知ったエリスは、ついに狂ってしまう。

目覚めた主人公は変わり果てたエリスを抱きしめ、彼女の目からは涙がこぼれる。
エリスに何が起こったのかを告げて精神的に殺した藍沢を憎んでいる。

主人公は大臣を追って日本に帰国した際、エリスの母親に大金を渡し、
彼女はエリスに、お腹の中に残した子供が生まれたら世話をしてほしいと頼む。
彼女は主人公には藍沢のような良い友達は決していないだろうと思っていますが、それでも彼に対して憎しみを感じています。

Leave a Comment