御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻

御手洗 家 炎上 する 最終 回・8巻(35話~39話)についてお話します。

京子は、13年前の火災は御手洗真紀子の仕業だと信じて状況を調べる。

京子は最終的に真紀子を追い詰めるが、このシナリオの本当の悪者は誰だったのか?

事件の真相は最終巻で明らかになります。

御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻 – 第35話

御手洗 家 炎上 する 最終 回 - 8巻 - 第35話

御手洗牧子は証拠不十分で逮捕されなかった。

警察は他にも放火犯がいるとみて調べている。

そんな中、京子は貴一に誘われデートすることに。

お互いこのデートに慣れていないので、緊張して落ち着かないんです。

以前京子が拾った店は混んでいて入れず、京子は自分の実力のなさに落ち込んでいた。

京子は長女らしい性格で、喜一は「私のことはそんなに考えなくてもいいよ」と笑顔で言う。

冷静に考えてみると、喜一は今、家もお金もなく、先人たちと同じように働けるかどうかもわからない。

それに、基一はまだ京子に隠していることがあった。

14年前のこの火災と同時期、不良グループが富裕層の住宅に侵入して金品を盗む事件が多発しており、御手洗邸も事前に盗難被害の届けが出ていたため、当時の警察は私はその犯罪はその非行グループによって行われたのではないかと思います。

当時中学3年生だった希さんもそこにいた。

直接の関与はないかもしれないが、喜一が事件に近いコミュニティに属していることは事実だ。

火事の前、喜一は真紀子に、彼女が御手洗家から物を盗んで借金返済のために売っていることは知っている、たとえ盗難が発覚しそうになっても燃やせば証拠隠滅になる、と話した。 彼はそれができると言いました。

警察は真紀子の様子から、息子の貴一が14年前の火災に巻き込まれたとみて、貴一の行方を捜し始める。

一方、喜一は京子の手を山奥へと導く。

もう暗くて誰も行かないので、京子は少し怖さを感じていました。

基一の異変を察知した京子は「何かできることがあれば言ってください!」と言うと、基一は「大切な家族も名誉も捨てて私と一緒に逃げるつもりですか?」と言いました。 「私はあなたに近づきます。

到着した場所を見上げると、満天の星空が見えました。

「京子ちゃん、愛してるよ。ごめんなさい。」

そのとき京子には、なぜ基一が謝ったのか理解できなかった。

翌朝、京子たちが寝ている間に基一は家を出て警察に出頭しに行く。

「14年前、この近くの御手洗邸で火災が起きたのは、私が火事を起こしたのです」。

御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻 – 第36話

御手洗 家 炎上 する 最終 回 - 8巻 - 第36話

京子たちが喜一さんから話を聞いたのは、喜一さんが失踪した日の午後だった。 喜一が現れた市原。

ユズは訳が分からず先生の話を遮った。 何度も市原に言いましたが、京子は黙って話を聞き、話し終わると「なるほど」と言うだけでした。

響子たちが真紀子の家を訪れると、そこはゴミ屋敷と化していた。

そこへ、酔ってハイになった真紀子が現れ、あの日のことを打ち明けた。

火事の日、真紀子さんは盗んだ服や宝石を返すためにクローゼットにいた。

質入れたものは返せないが、せめて持っていたものは返してほしいとサツキが病院に行くのを見越して家に入った。

途中、京子とゆずが帰宅するが、真紀子は気づかれないように宝石などを元の場所に戻していた。

彼女は自分のことが知られるのではないかと心配していた。

なんとかすべてをクローゼットにしまい込んで家を飛び出し、夕方に自宅に戻りました。

しかし、少し冷静になってみると、こんなに無造作に場所を置いていていいのだろうか、途中で来た京子たちに見られたかもしれないと思うと、真紀子は急に不安が押し寄せてきた。指紋などを拭いていなかったため、真紀子の周囲は暗くなっていた。 私は交番の前に一人で立っていた。

どうせ逮捕されるなら自首すべきだと思ったが、それができなかった。

正直、皐月に全てを話して許してもらおうと思っていたところ、皐月が家事の話をしているのを聞いてしまった。

彼らが到着すると、御手洗家は炎上していた。

この状況に真紀子は「助かった」と笑顔を見せる。

同時に、真紀子は喜一の言葉を思い出し、火を起こしたのは喜一だと確信する。

真紀子はしばらく生きた心地がしなかった。

彼女の周囲の悪友を徹底的に排除し、彼女を再出発させるために進学までさせた。

麻紀子はその時そう誓った。

彼女は希美を命がけで守ると言う。

そのとき、真紀子のライターがウィスキーの中に落ち、小さな火事が起きた。

響子たちは急いで火を消そうとするが、火は勢いを増して燃え広がってしまう。

帰宅した信次がその日の様子を見ると、火の上に体をかぶせて火を消すことができた。

シンジはただ土下座して何度も謝る。

「悪いのは兄ではありません…あの日京子の家に火を放ったのは私です」。

御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻 – 第37話

御手洗 家 炎上 する 最終 回 - 8巻 - 第37話

真司は幼い頃から真紀子に「下手だ」と言われながら育った。

母親は要領の良い兄にだけ優しくしてくれたので、家では退屈で、学校でもみんなにからかわれて居場所がなかった。

彼の唯一の居場所は皐月のいる御手洗家だった。

サツキはいつも母親に内緒で美味しいものを食べさせたり、欲しいものを買ってあげたりしていました。

シンジは、仕事が苦手で、貧しい家の出身で、どうせいい人生は送れないと悲観していたので、この家にいる間は夢のような気分を味わいたいと思っていました。

ある日、家に帰ると母は不在で、真紀子はさつきの服を返すのを忘れていた。

信次は御手洗家に服を返しに行くが、家には誰もいない。

お菓子を食べながら待っていると、厨房からカレーの美味しそうな匂いが漂ってきます。

カレーがとても美味しそうだったので、シンジは温めて食べます。

その時、ストーブの火がミトンに燃え移り、シンジは誰かに助けを求めようとするが、母親に怒られたくないと逃げてしまう。

きっと誰かが気づくと思います。

時間を潰して御手洗家を見に行くと、家全体が炎に包まれていました。

その時、シンジはサツキを見かけたが怖くなって逃げてしまった。

シンジは何も知らないと言い張るが、毎晩あらゆる可能性を考え、自分の将来に絶望している。

しかし結局、警察はシンジの元には来ず、真紀子は再婚を決意し、シンジの人生は思わぬ方向へ転がっていく。

シンジの気持ちとは裏腹に、周りは皆優しく、シンジは「お金があると人生はこんなに楽になる」と実感する。

そんな中、シンジは偶然参加した飲み会でユズと再会する。

放火が発覚すれば、彼の努力も今後の人生も全て終わってしまう。

シンジはゆずが火災についてどれだけ知っているかを尋ねる。

御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻 – 第38話

御手洗 家 炎上 する 最終 回 - 8巻 - 第38話

ユズと話しているうちに、あの飲み会に来たのは本当に偶然で、シンジのことを何の疑いもしていなかったことが分かる。

シンジは恋人があまり変わらないことに不安を感じる。

その後、私は理由があって無理して彼女に会ったのですが、家族と疎遠になった以外は彼女の生活に何の変化もないようでした。

もしかしてあの火事は大した事なかったのかな?

シンジはユズの笑顔に救われた。

彼らが喜ぶことをしてあげたいし、彼らに足りないものがあるならそれを補いたい。

火災で失われたものは決して元には戻りませんが、少しでも復興に貢献できればと考えていました。

そんな中、真紀子から「あの子が騙して私たちを捜させた」と聞き、不安になる。

彼女は会って確かめようと必死で彼を探し、見つけたとき、自分が犯した罪の重さを悟った。

それでもシンジは真実を隠し続ける決意をしていた。

シンジからすべてを告白されショックを受けるユズ。

響子は慎二ときちんと向き合ってもらうため、母親が入院している病院へ向かう。

その際、希美は取り調べを受けていたが、慎二の自白により釈放された。

喜一は、あの日真紀子が売った皐月のジュエリーの代金を補うために、密かにアルバイトをする。

バイトの帰りに火事のことを知り、最初は母親の放火ではないかと疑ったが、慎二の様子がおかしいことに気づき、犯人は慎二ではないかと疑い始める。 思うとおり。

火事に巻き込まれたのが母なのか弟なのか、どちらにしても耐えられなかったため、私は考えることを避けてきました。

しかし、被害者遺族の心情を考えると、この状況を続けるわけにはいかないと感じます。

そして熹一は、もし弟が犯人なら、失うものの多い慎二の代わりになれると考えた。

一方、シンジはついにサツキと出会う。

シンジは14年前のことをサツキに土下座して謝罪する。

サツキは、あの日シンジと目が合った事を思い出した。

他人を疑ったり恨んだりすることが嫌いなサツキは、真紀子や真司のことを忘れようとして生きてきた。

しかし、数年後、真紀子のSNSを見つけ、真紀子の生い立ちと真司の医学部合格を知ったとき、溢れる感情を抑え込み、心は真っ暗になった。 。

「今だから言えます。私はあなたを決して許しません。私は一生あなたを憎みます。」

サツキにとって、彼女を憎むということは、その人を心の中に永遠に住み続けることを意味します。

きっとサツキはこれからもシンジを想いながら生きていくだろう。

「たとえ周りの人があなたを批判したり、面白い話を書いたりしても、あなたのことを真剣に考えている人がいることを忘れないでください。」

その後、火事の原因が皐月ではなかったと「私じゃなくて良かった」と泣きます。

そして、ずっと自分を信じてくれた京子に「ありがとう」と言いました。

御手洗 家 炎上 する 最終 回 – 8巻 – 第39話

御手洗 家 炎上 する 最終 回 - 8巻 - 第39話

当時12歳だったシンジさんは刑事責任を認められ、何の罪にも問われなかった。

シンジさんの過去の放火事件は一部週刊誌で報じられたが、刑事告訴はなかったため、サツキほど大きな問題は起こさなかった。

しかし、過去に犯罪を犯しながらも気ままに暮らすシンジの姿は当然周囲の反感を買い、シンジはどこへ行っても孤立してしまう。

臨床研修が始まっても、シンジに対する視線は冷たかった。

シンジが風邪で寝込んでいると、誰かがドアノブにプレゼントを置き忘れてしまう。

そこにはシンジを励ますユズからの手紙が入っていた。

ユズの言葉を思い出し、シンジはどんな困難があっても医師になることを決意する。

真紀子と修が離婚した後も、信次は土下座して御手洗家に残りたいと願う。

御手洗家を捨てて逃亡した信次は、今度は御手洗家をきちんと立て直したいという強い思いを抱いていた。

真紀子はというと、喜一を見つけて「私から離れないで」と取り囲もうとする。

しかし、京子に見つかりシンジを奪おうとする。

京子の説得に心を動かされた信次は、真紀子の代わりに京子の元へ向かう。

1年後、シンジは研修医として懸命に働き、サツキはドイツの学校に留学し、マキコは動画配信サイトで有名になり、ユズは派遣社員として働いていた。

京子はクレアとともに会社を立ち上げ、社会復帰に成功した貴一と幸せに暮らしていた。

Leave a Comment