本当に やっ た 復讐 話

本当に やっ た 復讐 話をまとめました。

スカッとするような復讐系の話もあれば、不安になる話もあります。 読みながら考えさせられる瞬間があり、時間を忘れて読んでしまいます。 これで完了です。

本当に やっ た 復讐 話

本当に やっ た 復讐 話

いじめへの復讐

私は生まれつき肌が白く、髪が茶色でした。 (両親とも日本人です)

それはどんなに努力しても変えることができなかったのですが、そのせいで中学の3年間、陰湿かつ執拗ないじめを受けていました。

まれに靴を隠されたり、教科書を切り刻まれたり、体操服などの私物を投げ捨てられたり、シカトや男子生徒から暴力を受けたりすることもあった。

まあ、私は昔から孤独で本の虫だったので、あまり気にしていませんでした。

やっぱり私物を壊される=親に経済的負担がかかるし、殴られるのは痛いしイライラします。

だから主犯のA子に罪を10倍にして返した。

母親は「主犯を潰せば終わりだ」とアドバイスした。

Aの上履きを隠されればAの上履きは便器に浸かり、教科書に落書きされればAの教科書はズタズタに引き裂かれ、Aの机には赤いペンキで「呪い」の文字が刻まれる。

もし私がA君の机におもちゃのヘビを置けるなら、裏山から調達してきたヘビの死骸や昆虫をA君の机に置きます。

小突かれたらフルスイングでやり返すし、ビンタされたらビンタのフルスイングでやり返す。

そんなこんなで、私は仕返しをしながら学校生活を楽しんでいたのですが、Aさんは2ヶ月ほどで登校拒否になり、精神を病んでしまいました。
いいやつ。

10年経った今でも自殺未遂を繰り返すメンヘラヒキニートだそうです。

Aが鬼になった時、私の復讐は完了すると信じています。

弟がDV彼氏から救ってくれた話

スペック

  • 24歳、社会人2年目です
  • 弟 21歳、大学生、イケメン
  • DV男 25歳 元彼

就職を機に家を出て一人暮らしを始めました。 しばらくして、職場に彼氏ができたので、一緒に住むことになりました。

彼氏も親切で丁寧だったので、正直もったいないくらい良い物件だと思いました。 しかし時間が経つと彼の本性が出てきて、家事や料理を私に押し付けてくるようになります。
それを指摘すると暴言、暴力の嵐。 それを知ってからは彼氏が怖くて仕方がありませんでした。

1ヶ月ほど彼の恐怖に怯えながら暮らした結果、ストレスで胃潰瘍になってしまいました。

彼氏と別れたいと思っていても、別れを決意した理由を話したら彼氏が暴力をふるうのではないかと怖くて別れられませんでした。

耐えられなくなった私は、頼りになる弟に相談しました。 弟は彼氏の家庭内暴力に悲しみながらもかなり怒っていました。 ハタから見ている相手は恋人なのでしょうか? 弟は仲が良かったのでかなり落ち込んだようだ。

私は別れたいと思ったんですが、どうすればいいのかと聞いたら、兄が「それならお姉ちゃん、いつも行くお店があるからそこで別れたらいいよ。怖がる必要はないよ」と言いました。 , 彼氏に素直に自分の気持ちを伝えてください」「日時が分かり次第教えてください」と伝えてください。

理由はよくわかりませんでしたが、とにかく兄の言うとおりにしようと思いました。

その日、私は兄の指示に従い、行きつけのレストランで彼氏に別れを告げました。 一言もごまかさずに本当の気持ちを伝えた。 すると案の定、彼氏は激怒してしまいます。

激怒した彼氏が私の胸をつかもうとしたとき、誰かが後ろから彼の肩をたたきました。 彼女が振り向いた瞬間、フルスイングのカウンターが彼氏の顔面に直撃した。 それはものすごい力でした。 彼氏の顔が飛びそうになり、自然と椅子から落ちました。 よく見ると、それは私の弟だった。 一番奥のテーブルにそれっぽいものが見えました。 まるでこの瞬間を待っていたかのようだった。

彼氏が立ち上がって「ねえ、どうしたの?」と言おうとしたとき、弟が彼氏の胸を掴んで鼻が触れそうなほど顔を近づけて、「それは私のセリフだよ。そうだよ」と言いました。 「あなたがこれまで他人のお姉さんたちにちょっかいを出してきたことを知らなかったのですか?実際、あなたは今、そのお姉さんたちを殴ろうとしたことさえあるのです。女性はいじめられるべきだと教えられてきたのですか?もしそういうタイプの人がいるなら」 根性があるならやります。パートナーになっていただけますか? ああ?」 彼は低い声で言いました。

さっきまで強気だった彼氏が、強面の弟に怯えて泣き顔に。 正直、姉として、周りのお客さん全員が私に注目する中、瞳孔が開いたまま彼氏を見つめる弟の姿が怖かったです。彼氏はおそらくその場で嘔吐しました。 攻撃されることによるストレスと緊張。

店員さんは心配してタオルを持って駆け寄ったのですが、弟は店員さんからタオルを奪って彼氏に投げつけて「自分で拭いたほうがいいよ」と言いました。 拒否したら殴るよ。 妹にこんな面倒なことを押し付けているんですね』 そうじゃないですか。 二度と我々の前に現れるな。 余計なことをしたら今度は本気で殴ってやるから覚えておいてね」

弟は自分の会計を済ませ、請求書を彼氏に渡し、嘔吐の真っ最中の彼氏を見ながら私の手を引いて店を出ました。

後日、弟に「よく頑張ったけど、ちょっとやりすぎたね…」と言うと、「家族は精神を病むほど傷つけられた。家族は精神を病むほど傷つけられた」と力強く言いました。 黙ってられるわけがない…』 でも、なぜか… 弟は恥ずかしそうに言う。

それ以来、本当に怖かったのか、彼氏は私たちの前に現れませんでした。 ちょっと強引だけど、本当に兄のことを誇りに思ってます…。

いじめへの復讐

いじめへの復讐

高台の上から

私が小学5年生の時、転校して半年ほど経った頃、クラスの何人かが私にまとわりついてきました。
一般的なことでも深刻なことでもなかったので、まったく気にしていませんでした。

ある日、私は丘の上から夢中で下を眺めていたのですが、粘着集団を発見して日頃の恨みを晴らしたいという思いでいっぱいでした。
なんだか、怒りに火が付くと、あっという間に燃え上がってしまうような気がした。
でも、丘から飛び降りるには高すぎて逃げ切れる気がしなかったので、背後にある石垣のような家の基礎に近づきました。
高さでいうと2mくらいあったと思います。

結論から言うと、飛び蹴りをしようとする直前に転倒し、頭から落ちて駐車中の車に衝突してしまいました。
幸い車が凹むほどのダメージはなく、意識はありましたが、大変なことをしてしまったという思いで涙が溢れてきました。
このような状況だったのですぐに警察が来ましたが、そもそも反撃したかったのは私だったので、私は泣いて謝ることしかできませんでした。

しかし、全く話せないほど泣いて謝った私の様子がおかしいらしく、後日学校で粘着グループに脅されて学校に飛び込ませたというとんでもない噂が流れました。 車。
というのは、友達が結構いた私が粘着グループからいじめを受けていたのは周知の事実でしたので、私に十分な信用があると思われていたようです。
嘘をつくのは悪いことだと親に教えられていたので、これはヤバいと思い、また泣きながら噂を否定しました。
その結果、粘着グループは親を呼び出されて大騒ぎになった。

今思えば、私がしたことは当然の復讐だったのか、それとも暴動や器物損壊だったのだろうか…。
運転手さんには謝りましたが…

いじめの証拠を集める

もしかしたら復讐ではないかもしれない…

高校1年の秋、2年のクラスにハーフの男子が転校してきた。
彼は俳優のように見えて(当時)、背が高く、野球チームに入部しました。
彼はすぐに女の子たちの間で人気者になった。 ここではAとしましょう。

当時、私は野球部のマネージャーをしていましたが、
1年生の中でA君と接点があったのはほぼ私だけでした。
家が近いことと練習で夜遅くまでいることが多いので一緒に帰ることが多いです。

それを妬んだのか、年が明けた2月頃から突然クラスでいじめが始まりました。

後で知ったのですが、テニス部の女子達が先輩後輩のコネを利用していじめていたようです。
その中心となったのが、新3年生となる2年生のB子だった。

Aさんとは特に恋愛感情はなかったのですが、Bさんにそのことを話しても信じてもらえませんでした。
物事が隠されている
私の弁当が盗まれて廊下に散乱した
クラスの女子に無視される
私の名前で偽造されたラブレター
あなたが教師またはあなたの知らない誰かと付き合っているという誤った噂が広まる
古典的なスタイルでは、画鋲を靴に差し込みました。

私が2年生、A君とB君が3年生の時、我慢できなくなってA君に相談しました。

私からの相談はこんな感じで続きました。
Aとは距離を置きたい、一緒に帰りたくないという内容でした。
Aさんはとても親身になって話を聞いてくれたので、そんな必要はないと言いました。
彼らは私に、それは自分たちのせいだと言いました。

そこで私とAさんは電器店に行き、カセットレコーダーを買いました。

Aさんは「あと3ヶ月我慢してくれる?必ず何とかしてやる」と頭を撫でた。
彼女は喜んで泣きました。

それから3か月間、私は日常の出来事をカセットに記録し続けました。
無視をカセットに録音することはできませんでしたが、先輩に罵倒されているシーンは録音しました。
散乱したお弁当や破壊品を証拠(?)として保存し、写真に撮りました。

AはBに不満を持つ女子学生と、BにうんざりするBの取り巻きグループだった。
そういった場面を録画したり写真を撮ってもらったりします。

新学年になり、クラス替えがあったので、
B子の噂に惑わされない友人を二人作り、一緒に過ごしました。

そして、推薦試験が始まる8月頃から動き始めました。
まずは優しい教頭先生と学年主任さんへ
私はカセットテープ300本と証拠写真100枚を持って相談に行きました。
いじめられても何もしなかった担任が最後だった。
今思えば、この担任に相談した部分を録音しておけば復讐できたかもしれないと思います。

その結果、Bさんの推薦は取り下げられ、自主退学となりました。
グループの中心人物8人が停学処分となり、うち4人が自主退学した。
ソフトテニスで国体に出場した選手もいた。

その後、B子さんは親のコネで地元の企業に入社した後、結婚し子供も生まれました。
側近8人のうち2人はひきこもりになったと言われているが、残りは分からない。

二人は3年生の時に親友になり、今でも親友です。

Aさんは理系の大学に進学し、卒業後に再度試験を受けて医師になりました。
そして、どういうわけか彼は私の夫です。

彼はブラッド・ピットのようだった
今では桃姫を助ける配管工の兄のような姿になっている。
それでも彼は私の王子様です。

私は文学部に入学し、卒業後はAさんの妻になりました。

先日帰省したところ、B子がうつ病で自殺してしまいました。 彼女の原因は夫の家庭内暴力だったことが分かりました。
彼女はあまりにも嬉しくて不遜だったので、それを書き留めました。

家族への復讐

家族への復讐

元夫にDVされて子供連れて離婚

彼女は元夫に飼い慣らされ、子供たちとともに離婚した。

夫は結婚当初は優しかったが、次第に暴力的になり、ひどい場合には目玉焼きの焼き加減が気に入らないというだけで彼女を殴ることもあった。
彼女は子供ができれば状況が変わるかもしれないと期待していましたが、結局は失敗しました。
最初は「自分の力不足」と思って我慢していたが、ある日、息子を殴る姿を見て「これ以上は無理」と息子を連れて実家に帰った。 逃げた。

実際、両親や兄弟は反対しましたが、駆け落ち同然に押し切って結婚しました。
だから彼女は私を受け入れてくれないかもしれないが、私にはもうそれができなかった。
必死で実家に到着すると、姉が出迎えてくれた。
姉は驚いた声で「お父さんたちは今いないよ」と言い、家に入れてくれた。
彼女は私が侮辱されてもおかしくないと思っていましたが、何も言わずにパンケーキを作ってくれたので、それを食べると安心して泣いてしまいました。

彼女は子供かと思うほど大泣きしており、息子も泣いていました。
しかし妹は何も言わず、泣き止むまで待った。

泣き疲れた息子を布団に寝かせると、妹が紙とペンをくれた。
彼女は、「何が起こったのかを言いたくないこともあるので、箇条書きでもいいので、何が起こったのかを書き留めてください」と言いました。
彼女は言いました。
彼女が書いたものを見て、彼は彼女を抱きしめ、「大変だったね」と頭をたたき、彼女はまた泣いた。

その後、彼女の両親が帰宅します。 彼女は驚いた様子でしたが、理由を話すと受け入れてくれて、また泣きました。
両親は「これからどうしたいの?」と尋ねると、「離婚したいだけ」と答え、「分かりました」とだけ答えた。
離婚を決意したとき、彼女は病院に行って診断書をもらい、弁護士を探さなければなりませんでした。

元夫は「誤解だ」「意見の相違だ」「しつけの一環だ」などと言っていた。
「でも、殴ったの?」
「それではなぜ私を殴ったのですか?」
「大人の力で子供を殴るとどうなるか知っていますか?
すると妹は無表情で無感情に聞き返した。
元夫は容姿も言葉遣いも良いので、ほとんどの人(私も含めて)は騙されたり的外れだったりしますが、彼女はとにかく姉に殴られたという事実だけを聞き、上記のことを繰り返します。
思うように点が進まず、彼女がますますイライラを募らせているのがわかりました(この間、両親は何も言いませんでした)。
「焼き方が気に入らないからといって目玉焼きを叩くのは愚かだ。子供も叩かない」。
そう言った瞬間、元夫は妹を殴りました。

殴られた妹は何事もなかったかのように立ち上がり、「殴った」と言った瞬間、引き戸が勢いよく開いた。
襖の向こうには兄二人と弁護士がいました。
元夫は警戒を怠ったのでしょう。 テーブルには父、母、妹、私、元夫だけで、私が結婚の挨拶をしたときは兄二人はいませんでした。
その後は家族にも言い出さなかったので知らなかったと思います。

背が低く礼儀もあまり良くない高齢の父とは違い、年齢もそれほど離れておらず、仕事の関係で体力もあり、身長も10センチほど高い二人の兄の姿に私は怯えていました。 元夫よりも。
「あなたはよく私を傷つけましたね。」
「私も(妹を)殴ったので、これは完全に責任ある離婚です」
私の元夫はとても青ざめていました。 二人の兄弟は元夫の両側に座っている。 逃げられないようにする。
議論で口論になった後、彼女の妹が私にニードロップを与えました
「法廷で議論して調書と前科を取得するのと、ここに座って離婚届に判を押すのとどちらがいいでしょうか?」
今まで聞いた中で一番冷たい声で耳元でささやくと、彼は何のためらいもなく印鑑を押してくれた。
弁護士が賠償金などについて頑張ってくれて、ほぼ私の意見が通りました。

ニードロップに関しては「さっき打たれた瞬間」に一発だけあり、その後の暴行はない。
しかし、それが功を奏したのか、元夫は私に連絡せず、すぐに慰謝料を渡してくれました。
姉いわく、「DVをする人は自分より弱い人ばかりを狙う」とのこと。

今は家族に協力してもらいながら息子を育てています。
長文ですみません。
ご協力ありがとうございます。

花子さんの復讐

以前、老人ホームで働いていたのですが、70代のおばあちゃんがいました。
鈴木花子としましょう
花子は病気の後遺症を抱えており、高齢で足腰は弱っているが、それ以外は健康である。
ブレのない「手抜き」の研修医で、穏やかな人柄だった。
スタッフからも人気があり、空き時間にはよく話しかけていました。

彼女がよく話していた話題の一つが「意地悪な姑を殴った話」だった。
鈴木家はこの地域の名家と言われる女系で、珍しい生まれの息子がいる。
義母は結婚した花子さんに怒鳴りつけたという。
「意地悪だ」という表現を使いましたが、食べ物が足りなかったのは自分だけだったそうです。
わざと重いタンスを足元に落とされたり、治療と称して爪を剥がされたり……。
かなりひどいことをやられたようだが、花子は「昔の話だよ」と軽く言った。

長い間我慢してきた花子は、いつか自分だけでなく娘もなると言った。
からかわれているのを見て、ついにカッとなって義母を殴ってしまいました。
「義母がバタンと仰向けになって倒れました!」と。
花子さん! 彼女は私に向かって叫び、鼻血を出しました。」
笑いながら面白い話し方をする。

彼女が「その後は大丈夫ですか?」と尋ねると、 義母だけが大騒ぎした。
当時、花子は娘だけでなく跡継ぎの息子も出産し、義父の介護も行っていた。
義母のいじめが行き過ぎていることは分かっていたので、何も考えずに終わった。
それ以来、義母からは刺々しい嫌味を言われたようだが、殴られて得したのだろうか?
彼女はもはや直接の関わりはなく、結局花子が看病する間に息を引き取った。

それから長い年月が経ち、花子はついに施設で亡くなった。
彼女は病気でも怪我でもなかったが、死亡したが病院には行かなかった。
彼女の息子、娘、そして配偶者には仕事の理由があります。
彼女は花子と一緒に住んだことはありませんでしたが、とても仲良くしていました。
「苦しまなくてよかった」と涙を流しながら別れた。

数か月後、彼女は花子の部屋の大きな棚を移動しました。
影から、彼女の手に乗るほどの大きさの宝石箱が出てきた。
海外製の細かい柄と「hanako.s」の文字が入っています。
彼女は「何か忘れたようです。電話しなければなりません。」と言いました。
中には古い紙、髪の毛、人間の歯や爪が入っていました。
彼女の古い紙は義母から花子への謝罪の手紙で、これもかなり珍しいものだった。

「花子様、1945年10月、私はひどいことをしてしまいました。
私はひどいことをする野郎です。 彼は野郎なので、生きる価値はない。
本当にごめんなさい。 ○○(地名)から飛び降りて死ぬ。
死ねないなら百章でも飛び降ります。 鈴木**(おそらく義母の名前)」

施設の職員に相談したところ、花子さんが家族に知らせずに、
施設からお寺に引き取られ供養を行った。
花子さんの歯は揃っていたので、その歯と爪はおそらく義母のものでしょう。
私が長年いじめられていて、たった一度殴っただけで彼女は許せなかったのだと思います。

彼女は義理の娘に怒鳴るだけではありません。
深く感じます。

Leave a Comment