相棒 22 7 話 キャストとあらすじ

ドラマ『相棒 Season22 第7話』では、マネージャー沢村かのんのちょっとした行き違いからとんでもない事態に。

今回は「相棒 22 7 話 キャスト」の紹介とあらすじをご紹介します。

相棒 22 7 話 キャスト

相棒 22 7 話 キャスト

  • 水谷豊が演じるのは特命係の監視官・杉下右京。
  • 相棒シリーズ初の杉下右京の相棒・亀山薫を演じるのは寺脇康文。
  • 花の里の初代女将で杉下右京の元妻・宮部環を益戸育江が演じる。
  • 亀山薫の恋人・奥寺美和子を鈴木砂羽が演じる。
  • 石坂浩二演じる甲斐峰アキは甲斐亨の父親で警視。
  • 大河内警部を神保悟志が演じる。
  • 片桐竜二が演じるのは、特命係の意義を理解するようになった警察署長・内村完司。
  • 内村完二の側近で警視正・中園輝雄を演じるのは小野了。
  • 亀山薫と犬猿の仲の捜査官・伊丹憲一を演じるのは川原和久。
  • 山中崇は伊丹賢一の後輩社員・芹沢啓二を演じる。
  • 山西惇が演じる角田六郎は、防犯五課の係長の名言として有名です。
  • 伊丹や芹沢と協力する巡査部長・出雲玲音を演じるのは篠原ゆき子。
  • 手作り食堂「こてまり」の店主・小出真理を森口瑤子が演じる。
  • 矢崎:路上で亡くなったミュージシャン(金子昇さん)。
  • ディープクルーのマネージャー・沢村花音を演じるのは木村葉月。

相棒 22 7 話あらすじ

相棒 22 7 話あらすじ

4人組ロックバンド、ディープクルーが再加入することになったが、ボーカルの矢崎(金子昇)が路地裏で死体となって発見される。 警察は酒に酔った男性2人が喧嘩をして殺し合ったものとみて捜査を開始した。

矢崎の妻は元アイドルで時折テレビにも出演するタレントだが、2年の別居を経て離婚していることが知られている。

事件に興味を持つ二人の人物、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が事務所を訪れる。 マネージャー、事務所の社長、バンドメンバーの話を聞いてください。 誰もが信頼できる説明を欠いているだけでなく、いくつかの不安な話を聞きます。

矢崎はうぬぼれ屋で、22年前に一度別れ、再び一緒になることを自分で選んだようだ。 彼とメンバーは最近、練習に関して意見が対立している。

さらに、当時矢崎と恋愛関係にあった女性メンバーもいる。 それにもかかわらず、彼女は物事を円満に終わらせたようで、彼の顔には最近あざができたようです。

さらに、矢崎容疑者は事務所社長から多額の金を借り、メンバーが過去に作った曲をコピーした疑いもある。 言い換えれば、関係者全員が殺人を犯した理由は同じだったということだ。

【相棒22】7話ネタバレ

【相棒22】7話ネタバレ

人気バンドのボーカリストが不可解な死を遂げる

4人組ロックバンド、ディープクルーが再加入することになったが、ボーカルの矢崎(金子昇)が路地裏で死体となって発見される。 死因は脳挫傷だった。 酔ってるから喧嘩してるの?

このグループは22年前にデビューしました。 彼らはわずか2年間の活動の後、名声の頂点で解散しました。

その後、矢崎はアイドルと結婚し、ソロ活動を開始。 それにもかかわらず、彼らは最近再結成し、古いビデオが人気を集めた後、ツアーの準備をしています。

かつてのヒーローだった妻との別居から2年後、差し迫った離婚の噂が流れた。

矢崎は同窓会ツアーの根拠を友情だと説明した。 40歳を過ぎた大人にとって友情は非現実的なものに思えるが、杉下右京(水谷豊)はアリストテレスによれば、友情はゆっくりと熟す果実のようなものだと主張する。

寺脇康文の亀山薫は「熟すと腐るのか?」と言う。

右京さんは「亀山君は時々哲学的なことを言いますね」と感心した。

メンバー全員から嫌われている

所属事務所により記者会見が予定されていた。

ベースは安本早苗(細野京子)。 ギターは林田幸治(江頭裕也)。 ドラムは左光龍吾(川野直樹)

前日の夜、矢崎と3人はスタジオで練習していた。 矢崎のマネージャーである沢村花音は、矢崎がスタジオを去るのを最後に見送った(木村葉月)。

安本さんのサングラスの下にはあざがあった。 彼女は元矢崎のガールフレンドだった。

この部屋にいる人は皆苦いです。 朔さんは「別れを切り出したのは彼で、昔から自己中心的だった」と述べた。 彼らの大統領は彼らに一人で行くよう勧めたため、彼らは別れた。 しかし、独り立ちした結果、社長に5000万円の借金を負い、うつ病を発症したとされる。

林田の盗曲だった。

安元の後を継ぐアイドルの伝統があった。

でもツアーが始まったら彼を殺すわけにはいかない。

沢村監督によると、矢崎選手はパワーハラスメントに近い行為を受けることが多かったという。

また、沢村によると矢崎は「飲んで帰る」と誰かと会う約束をしていたようで、リハーサル中に衝突が多発したという。 他のメンバーもアルバイトをしていました。 一人では飲まないよ。

2か月前、矢崎さんから再会の打診があった。

矢崎は本名のほかにKOH名義でのソロ曲もある。

配偶者が午後11時過ぎに家を出たことが判明した。

矢崎の部屋にケーキ屋のレシートがあり、それを右京が発見する。

再会は単にお金以上のものです

KOHは右京に林田であることが明かされる。

矢崎は彼に作曲を依頼し、作曲して印税を受け取った。

それでも、矢崎が歌を改良すると、林田は彼らに才能の違いを証明することができた。

矢崎はお金に興味がなかったので、稼いだお金をため込んでいました。

林田さんは、たとえ経済的利益のために同窓会に参加するという動機があったとしても、古き良き時代をもう一度味わいたかった。 バンド「ディープ クルー」は、彼らの親しい仲間にちなんで名付けられました。

現場に残された物の中には補聴器もあった

矢崎がインタビュー中に古い映像に関する質問に答えることを避けたため、右京は心配する。

補聴器も捨てられたものの一つでした。

大きな騒音で彼は聴覚に問題を抱えていました。

安本が浮気し、矢崎が彼を振ったと嘘をついていたことが発覚し、二人の関係は終わった。 彼女の同伴者は彼女を攻撃し、その結果、目の側面に打撲傷を負いました。

安本は矢崎の右耳が聞こえにくいと聞いていたが、矢崎の左耳に補聴器のようなものがあることに気づかずにはいられなかった。

妻のアリバイは、彼女が国会議員と不倫関係にあったことが雑誌に暴露され、それが犯行時に外出していた理由であることが明らかになった。

矢崎さんの妻は、3年前に右耳の聴力を失ったと主張している。 最近左耳が効かなくなってしまいました。

ある音楽家が難聴を経験しました。

彼のバンド仲間さえ知りませんでした。

さらに、犯人は

右京はケーキ屋のレシートを確認し、誰かが嘘をついていると主張する。

右京と薫は事務所の社長と面談する。 彼は自分が聴覚障害者であることをまったく知りませんでした。 沢村マネも同様だった。

沢村は証言の中で、矢崎が飲みに行くためにスタジオを出たことを知ったと述べた。

しかし、彼はその時点で補聴器を外していたので、耳が聞こえませんでした。

矢崎の能力をより発揮するために、沢村が監督の役割を引き受けた。

しかし、再会について相談されることはなく、むしろ雑用扱いされた。 私は同窓会のことで頭がいっぱいで、常に怒りを感じていました。

彼は心が折れたと主張している。

スタジオから出てきた矢崎を追っても振り向かない。

それを理解して補聴器を差し込もうとしたとき、その反動で矢崎が沢村を殴る。 激怒した矢崎さんに押し倒され、頭蓋骨を打ち死亡した。

沢村は「聞こえなかったなんて信じられない」と叫んだ。

矢崎は沢村の誕生日ケーキを注文した。

「このようなご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Deep Crew の再結成の理由はあなただけです。

最高の監督は彼だ。」

誕生日ケーキと一緒にメッセージカードを送る予定だった。

まとめ

今回、歌手の原因不明の死はグループの再結成ツアーの直前に起こった。

バンドメンバーが怪しいとほのめかしながら、

彼はアーティストにとって難聴という難病を抱えていますが、それでも本物の音楽を作ることに専念しています。

そしてそれを隠した結果、悲劇が起きた。

私の意見では、それは最高のプロットを持っていて、今見てもクールです。

SNS上でも落胆の声が多数上がった。

Leave a Comment