話 を 聞い て くれる 人: より良い聞き手になる方法

話 を 聞い て くれる 人は親しみやすく、男性にも女性にも好かれやすいです。 今回は、聞き上手の特徴やモテる理由、聞き上手になる方法、気を付けるべきNG行動などを詳しくご紹介します。

Table of Contents

聞き上手になるとはどういう意味ですか?

あなたの話をよく聞いてくれる聞き上手。 聞き上手な人は仕事や恋愛でもその能力を発揮でき、相手の気持ちに共感することができます。

聞き上手とは、「話している人が話しやすいように受け答えすること」です。 最近では「傾聴力」とも呼ばれています。 この方法の特徴は、話者の気分を害することなく会話を楽しめることです。

また、聞き上手な人は、自分の話よりも相手の話を優先します。 相手に気持ちよく話してもらうことが、スムーズなコミュニケーションにつながります。

話 を 聞い て くれる 人の特徴は何でしょうか?

話 を 聞い て くれる 人の特徴は何でしょうか?

聞き上手になりたい人のために、まずは聞き上手の特徴をご紹介します。 聞き上手な人は、相手の会話を遮ることなくスムーズにコミュニケーションをとるのが上手です。

聞き上手な人にはどんな特徴があるのかチェックしてみましょう。

彼はどんな話題についても喜んであなたの話を聞いてくれるようです

聞き上手な人は、話している相手に不快な思いをさせません。 興味のない話や知らないジャンルの話も楽しく聞くことができます。

その結果、話している相手にも「もっと話したい」「話していて楽しかった」という印象を与えることができます。

彼女の特徴は、相手の気持ちを傷つけずに最後まで笑顔で話を聞くことができることです。

相手に共感して話をさせることができる

聞き上手な人はただ聞くだけではありません。

実際、私は話者のペースに合わせて、テーマに合った質問をするようにしています。

たとえば、旅行に行くという話なら、

「うわー、本当にいいですね!」

そして相手に共感する方法でのみ応答してください。 そうすれば、相手はあなたに伝えたかったことを伝えるでしょう。

何も質問しなくても、共感するだけでスムーズに相手の話を聞くことができました。

相手に共感するだけで、伝えたいことを相手に気持ちよく伝えることができます。 聞き上手の特徴は、共感するだけで「自然に」話を引き出せることです。

理解力が高く、相手の言いたいことを瞬時に察知するのが得意

コミュニケーションがうまく取れなければ、聞き上手になることはできません。 聞き上手な人は、相手の言っていることを理解する能力があります。

話すのが苦手でも、言いたいこと、要点は理解できます。

そのため、仕事中でも鋭い質問やアドバイスができるので、相手も「何を言っているのかわからない」と感じることがなく、会話も弾みます。

いつも笑顔で明るく話せて楽しいです

聞き上手な人には、相手に自分の話を聞きたくなるという利点があります。 話しにくい人や話を聞くのが苦手な人とは、わざわざ話したくありません。

そのため聞き上手な人は、話を聞いているときの表情が明るく、楽しい会話ができそうな印象を与える人が多いです。

自分の声のトーンやボリューム、相手に話すテンポやスピードを調整できます

人は自分と同じような話し方をする人に親近感を抱きます。 親しみを感じる相手には、何でも気軽に話せます。

聞き上手な人は、相手に合わせて声の大きさやトーンを調節するのが上手です。 声が低い場合は、同じ音量でゆっくり話すようにしてください。 また、相手のペースに合わせて話すことができるので、ストレスを感じることなく会話を楽しむことができます。

相槌を打つのが得意

あなたが話しているときに誰かがあなたに同調すると、あなたが私の話を聞いていて共感してくれているという印象を与えます。 逆にフィードバックをしないと「興味がないのでは?」と思われてしまい、相手にストレスを与えてしまうこともあります。

聞き上手な人は、最適なタイミングでフィードバックを与えるのが上手です。 そのため、仕事の打ち合わせ中であっても、相手は気持ちよく会話を進めることができます。

他人の悪口や不満など、ネガティブなことを言わないでください

聞き上手な人は、相手が楽しく話せるような話題や内容を選ぶようにしています。

そのため、悪口や愚痴などネガティブな内容は避け、できるだけ楽しい会話を心がけましょう。 ですので、たとえネガティブなフィードバックを受けても、できるだけ巻き込まれないようにしましょう。

だからこそ「楽しかった」「もっと話したかった」という印象が残るのです。

相手が会話に困っている場合は、無理に話そうとしないでください

会話を続けることができず沈黙が続いてしまった場合、無理に会話を続けようとするとさらに気まずい状況になる可能性があります。

相手が話そうとしている場合は、話を中断しても構いません。 聞き上手な人は、たとえ話すのが苦手でも、無理に話そうとしません。

相手が話すまでゆっくり待つことができ、相手のペースで快適に会話を楽しめるのも特徴です。

相手の話に興味があることを示す

誰しも、自分の話に興味がある相手ともっと話したいと思うものです。 したがって、聞き上手な人は、相手の話に興味があり、聞く用意があることを示します。

たとえば、相手への信頼を示すためにアイコンタクトをしたり、相手に誠実であることを示すために体を向けたりします。 聞き上手になることも重要なポイントです。

より良い聞き手になる方法

より良い聞き手になる方法

聞き上手になるための7つの方法をご紹介します。 聞き上手になるためには、相手の話を聞く姿勢とサポートが重要なポイントとなります。

どれも聞き上手ではない人でも簡単に実践できる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

話している相手に興味を持つ

ただ笑って聞いているだけでは共感や反応は得られません。 聞き上手になるには、まず相手の話に興味を持つことから始めましょう。

広い視野を持って、今まで知らなかった事や興味のなかった事にも「楽しそうだからもっと知りたい」と前向きに耳を傾けます。 そうすれば、聞きたいことや聞きたいことも自然と出てきます。

適切なコメントやリアクションで会話を盛り上げる

一方通行で、相手の話を聞くだけでは会話が成立しません。 話を楽しいと感じてもらうためには、コメントやリアクションが欠かせません。

ポイントは、相手が言いたかったことや共感してほしかったことに、できるだけ応えることです。 まずは一言でもいいのでコメントに返信してみましょう。 それだけで、自分の話を聞いてくれているという印象を与えることができます。

相手の話を否定しない。 相手の意見を受け入れてから、自分の意見を述べます。

一生懸命話していることを否定されると、「もう話さないほうがいい」「つまらない」と感じてしまいます。

聞き上手になるコツは、相手の話を否定しないことです。

違うと思っても最後まで話を聞いてください。 意見を言う前に話を最後まで聞くことで、よりスムーズなコミュニケーションが可能になります。

オウムを上手に活用する

注意深く話を聞いていることを示す方法の 1 つは、オウム返しをすることです。

オウム返しとは、相手の言ったことを同じように繰り返すことです。

例えば、

Aさん:「昨日は焼き肉に行きました。」

Bさん:「焼き肉に行きました。」 それは素晴らしいことです! 美味しかったですか?」

重要なのは、このような質問をすることです。 広まりやすく、取り入れやすい方法なのでぜひ試してみてください。

常に笑顔で明るい表情を心がけましょう

聞き上手になるもう一つの方法は、相手が話しやすい雰囲気を作り出すことです。 できるだけ明るい印象を与えて、楽しく会話ができる雰囲気を作りましょう。

また、話の内容によっては、「真剣に聞いている」という印象を与えることも大切です。 たとえば、深刻な話題について話すときは、真剣な表情をして、真剣に聞いている雰囲気を作ります。 相手が話したくなるように努めてください。

5W1Hなど、相手が話しやすい質問ができるようになる。

会話を活性化するには、適切な質問をすることが不可欠です。 お互いの意見が一致するだけではコミュニケーションが成立しない場合があるからです。

誰かに尋ねる質問が思い浮かばない場合は、5W1Hを聞いてみるのがおすすめです。 「どこに行きましたか?」「誰と行きましたか?」「楽しかったですか?」などの簡単な質問から、驚くほど幅広い話題が生まれます。

相手の目を見て話を聞くようにしましょう

アイコンタクトも重要なコミュニケーション手段です。 目をそらしてしまうと「信用していない」「つまらないと思われている」と思われてしまう可能性があります。

そのため、相手の目を見て話を聞く習慣をつけましょう。 相手の目を見て話を聞くだけで、真剣に聞いてくれている、私の話を楽しんでいるという印象を与えます。

聞き上手になりたいならやってはいけないこと

聞き上手になりたいならやってはいけないこと

続いては、聞き上手を目指す上で気を付けるべきNG行動を紹介します。

相手の話を遮ったり、自分のことを話そうとしたりするのはよくありません。 聞き上手になるために注意すべきポイントを押さえてみましょう。

相手が話しているときに話を中断する

相手が気持ちよく話しているときにさえぎるような行動は避けてください。 たとえば、会話を中断したり、話題を変えたりすると、話す意欲が失われます。

また、相手の話の内容からずれた質問をするのもNGです。 そのため、「話を聞いていないのではないか」「話に興味がないのではないか」と思われてしまいます。

すぐに自分のことを話してみる

聞き上手な人は、自分の意見や話をできるだけ言わないようにします。 話したいことがあるからといって、いつ話せるかを尋ねる必要はありません。

特に共通の話題がある場合、会話の中でそれを話題にしようとすると相手の機嫌を損ねてしまう可能性があります。

自分の話は後回しにして、できるだけ聞き手に徹することが大切です。

相手の意見を尊重せず、自分の主観を相手に押し付けようとする

話している相手は、自分の意見を聞いてほしい、理解してほしいという気持ちを持っていることが多いです。

しかし、自分の主観や意見を他人に押し付けられると、「この人にはわかってもらえないだろう」と思って、話すのをやめたくなってしまいます。

特に、自分の主観をことごとく押し付けられると、言いたいことが言えなくなり、相手の機嫌を損ねてしまうので注意しましょう。

相手の話を聞いても「なるほど」という反応がありません

話を聞いているときに同じ反応を繰り返す人が驚くほど多いです。 「うん」「なるほど」「ふーん」など、同じ言葉を何度も言い続けると、「つまらない」「聞きたくない」という印象を与えてしまいます。

同様に、トピックが何であってもフィードバックのみを行うと、そのトピックに興味がないという印象を与えてしまうので注意が必要です。

Leave a Comment