進撃 の 巨人 最新 巻 – 34巻

進撃の巨人』34巻には第135話から最終話(第139話)までが収録されています。 『進撃の巨人』もこの34巻で最終巻となり完結となります。 第34巻には通常版に加え、「Beginning 特別版」「Ending 特別版」の2つの特装版が用意されています。 それぞれにユニークな小冊子が付属します。

進撃 の 巨人 最新 巻」の詳細については、以下をお読みください。

進撃 の 巨人 最新 巻

第135話 天と地の戦い

第135話 天と地の戦い

ライナーの鎧の巨人はエレンが生み出した「獣の巨人」をいとも簡単に倒すが、ジークの首筋が欠けている。

アルミンによれば、長さ1メートル、幅20センチのジークの体は、戦鎚の巨人と同様の方法で視界から隠されており、アルミンは腹部を縛らざるを得なくなっていることもジャンに告げた。

アルミンが準備を整え、超大型巨人の力を使ってすべてを爆破しようとしているとき、別の巨人が攻撃してアルミンを捕らえます。

さらに始祖の巨人はミカサたちに害を及ぼすために各時代の「九つの巨人」を召喚しようと画策する。 待ちきれなくなったピークは九つの巨人に背を向け、エレンの「進撃の巨人」の首を狙います。

第136話:心臓を捧げよ

第136話:心臓を捧げよ

多数の巨人に包囲され絶体絶命の危機に陥ったミカサたちは、鳥に姿を変えて助けに来た巨人・ファルコの助けでエレンの始祖の巨人からの脱出に成功する。

彼女の存在に憤るライナーに対し、ガビは「私だって戦えるよ!」と答える。 私は異論を唱えます。 アニーはアズマビット号が沈没したことをライナーに告げ、ガビを連れてきたライナーは激怒する。

ファルコは巨人化することに耐えられなかったようだが、アニーはキヨミが状況を承知していて飛行能力を裏付ける証拠がなかったにも関わらずファルコを離れることを許可したと主張する。

第137話 巨人

第137話 巨人

途中でジークに出会ったアルミンは、先祖ユミルと生命が始まった瞬間について話してほしいと頼む。 ジークは外の世界に戻る方法についてのアルミンの質問に、もうそれが可能だとは思えないと答えた。

ジークはアルミンに諦めないと言われているのに、なぜ負けられないのでしょうか? あなたもいつかは亡くなりますよね? ジークは言う。

第138話 長い夢

第138話 長い夢

地鳴らしはアルミンの超大型巨人によって止められるが、エレンの始祖の巨人と光るムカデはまだ生きており、アルミンたちを攻撃し続ける。

さらに発光ムカデが放つ煙によりスラテール要塞は崩壊し、アニの父、ジャン、コニー、ガビらは固体の巨人と化す。 アルミンとライナーは落胆した表情でその光景を観察する。

最終話(第139話)あの丘の木へ

最終話(第139話)あの丘の木へ

アルミンが記憶を回想すると、エレンは彼の問いに答える。 エレンはアルミンに、なぜ自分を殴ったのか、なぜミカサにひどい言葉をかけたのか、なぜ始祖ユミルがフリッツ王に二千年も従ったのかを説明します。

ミュラー長官はマーレの戦士たちにアルミンを、決戦の後に『進撃の巨人』のエレン・イェーガーを排除した人物として紹介する。

ミカサは慣例に従いエレンを埋葬するため、単身スレーター要塞を出発する。 ミカサは出発直前に始祖ユミルの幻を見る。 さらにミカサは始祖ユミルに別れを告げます。

物語はその後、「天と地の戦い」と呼ばれるその日から 3 年後に何が起こったかを説明します。 ミカサはパラディ島のエレンが居眠りしていた木の下におり、それぞれの出来事の余波が描かれます。

漫画では鳥が飛び立った後に何が起こったのかが描かれていますが、連載版の物語はここで終わります。 後ろから見ると誰だか分かりませんが、エレンのお墓には花が供えられていました。

丘から見える街は時が経ち、戦闘が始まり廃墟と化した。

時間が経つにつれて村は荒廃し、『進撃の巨人 完結編』では少年と犬が木の下を訪れるシーンが見られる。

よく観察すると、エレンの墓のある木は、第122話でユミルが脊髄に似た生物を発見したときの木と驚くべき類似点を持っています。

少年はこの木の有機体と再会し、巨人の力を獲得したと考えられる。

終了時のボーナスクレジット スクールカーストへの突撃

エレン、ミカサ、アルミンは映画を観て、おまけページで最終章について話し合う。 ミカサは映画の素材は素晴らしかったと主張するが、アルミンはその解像度に満足していないようで、2人の意見は異なっている。

最後にエレンに意見を求めると、彼女は自分のアイデアを共有し、ボーナス ページを完成させました。 最後の会話の内容によっては、ボーナス ページはメイン プロットの 100 年後に起こる可能性があります。

まとめ

最終巻となる第34巻の発売をもって、11年半にわたる連載に幕を下ろした『進撃の巨人』。

始祖の巨人と化したエレンとの頂上決戦から3年後を描く。 限定版には貴重なネームが掲載されたブックレットも封入される。

世界はまだ巨人の脅威から解放されていないのでハッピーエンドとは言えませんが、ハンジなど主要キャラが次々と死んでいき、ラスト近くでまた争いが始まりそうな雰囲気でした。

最終話までは丁寧に描かれていて素晴らしい仕上がりだと思いました。 1巻を読み返したらもっと好きになると思うのでもう一度読みたいです。

Leave a Comment