離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後をお探しの場合は、この投稿をお見逃しなく。 そのあらすじと最新話のネタバレを紹介していきたいと思います。

登場人物

登場人物

翔子:専業主婦。 彼女は夫を憎んでいますが、それを見せずにいつも笑顔です。

翔子の夫:ちょっとモラハラ。 彼は翔子をからかっている(実際、仕事のストレスを彼女のせいにしている)。

離婚してもいいですか 翔子の場合 全話 5年後

これまでは2ページずつの連載だったが、最終話は96ページで一挙掲載された。

最終回までのあらすじ

登場人物

夫の心ない言葉や態度に徐々に追い詰められていく祥子は、ついに精神科へ行くことを決意する。

そこで医師から「仕事をしなさい」と勧められる。 さらに、彼女は幼い頃に父親が怖かった経験から、夫に文句を言えないことに気づいていると医師に指摘されました。

翔子がパートを始める

翔子は介護のアルバイトを始める。

褒められたのは初日だけで、その後は怒られたが、「絶対に離婚する」と諦めなかった。

この職場にはバツイチやシングルマザーが多いことを知り、先輩の勧めもあって資格取得を決意する。

しかし、彼女は夫に対する不満をまだ言い表すことができません。

お母さんみたいにはなりたくない!

資格を取得して仕事にやりがいを感じている翔子。

子どもたちを遊ばせるために実家に戻った彼女は、自分に厳しかった父親が孫たちには優しいことに気づく。

彼女の母親に「離婚したいと思ったことはなかったの?」と尋ねると、「離婚したいと思ったことはなかったの?」と答えました。

翔子は自分が嘘をついていると思っていて、自分は不幸ではない、母親のようになりたくないと言っているのだと思います!

彼女は幼い頃、すぐに手を出してイライラする父親に振り回されていました。 母親はただ微笑みながら、「お父さんが嫌な思いをするようなことはしないでね」と言うだけだった。

夫に思っていることを言えない今の自分を作ったのは、若い頃の自分の人生にあったと翔子は気づく。

夢の中で、父親に怯える幼い翔子の代わりに、成長した翔子が「お父さんなんて大嫌い!」と叫ぶ。

翔子は家を出る

ある日、翔子は帰宅途中、マンションの駐車場に夫の車が停まっているのを見つける。

子供たちを兄に預け、翔子は勢いでアパートに飛び込む。 離婚されたらまた困る! そんな気持ちで。

玄関から出てきたのは、エプロンを着て皿を洗っている夫だった。

「あなたはいらない!離婚!」

翔子の口から出た言葉は、私にとっても予想外だった。

翔子は、夫が他人の家で皿洗いをしたことがないにもかかわらず、他人の家で皿洗いをしているのを見て、離婚を選択しました。 それから彼女は荷物をまとめて家を出ました。

父親に心を打ち明ける

翔子は兄の家にしばらく滞在することにした。

誰かが彼女を訪ねてきた。 もしかして夫? 彼女を訪ねてきたのは彼女の父親だと思いました。

翔子の家出を責める父親。 そこで翔子は初めて父親に心からの叫びをあげる。

「良い子とは、父親の言うことを聞くのに都合の良い子だ!」

「こうやって笑っただけで、私がこんなに空虚な人間になってしまったのは、お父さんのせいなんです!」

それを聞いた父親は謝った。 予想外の反応に、翔子の胸のもやもやが流れ出た。

祥子は「もし私がこのように夫に怒りや恨みをぶつけていたら、こんなことにはならなかったかもしれない」と思う。 「もう遅いよ」と翔子はつぶやいた。

翔子の怒りに驚く夫

一方、彼女の夫は、彼女が初めて彼に見せた怒りに驚き、そして面白がっていた。 翔子を騙すいつもの笑顔しかなかったからだ。

彼女自身の姉が彼女を訪ねてくる(彼女の翔子と同様に、家族への不満から家出してきたようだ)。

姉の発言から「翔子はアパートだけでなく家を出たのかもしれない」と考え、家の掃除を始める。

祥子が離婚宣言

翔子が荷物を取りに久しぶりに帰宅すると、家はきれいに片付いていた。

そこに現れた夫。 「あのアパートはシングルマザーの彼女の家で、たまたまその日は指を怪我した彼女の代わりに私が皿洗いをしたんです」

しかし翔子は「それはきっかけだった」「いつも私を見下していた」「食べ物で採点されるのが嫌だった」「そんな生活はもう限界だ」と言い放ち、 「だから離婚したいんです。」

夫は「離婚したくない」「悪いところは直す」と謝った。

なぜなら、夫の「子供たちには(友人のシングルマザーのような)生き方はさせたくない」という言葉に、頑張っているシングルマザーを馬鹿にする夫の心の浅さが透けて見えたからです。 は。

私はもう夫のことは知りません、私は自分のために生きています。

登場人物

翔子は結局離婚しなかった

住む場所を見つけるのが難しく、正社員になったものの、夜勤があるため子供を預ける場所がないことがわかりました。

翔子の弟は「お母さんは昔家出して帰ってきたんだよ」と告げた。

彼女は家に戻ってきましたが、以前の彼女ではありません。 彼女は働き始め、夫に対する怒りをぶつけました。

寝る前に「私、頑張ったね」と布団の中で泣いた。

翔子は正社員になった。

彼女は今まで、不満があってもいつも笑っていた。

夫は家事や育児を手伝ってくれるようになった。 以前のように「今日のおかずはこれだけ…」と時々言うことはあっても、翔子は「文句があるなら食べないでください」とサラリと言える。

仕事と子育てに忙しい翔子には、夫にイライラしている暇はもうありません。

愛はないけどこれで幸せ

彼女の家族4人は公園に行く予定です。 私は彼女のソフトクリームを家族に分けて食べますが、夫の後には食べたくないのです。 夫への愛がない。

生活のために家族を持つのは問題ありません。

夫と子どもたちが一緒に遊ぶ姿を見て「これが本当に幸せ。ここに愛があればもっと幸せだろう」と語った。 私はあなたがうらやましい。

「でも、もしかしたらあの奥さんも私たちを見てそう思っているんじゃないでしょうか?」 翔子はそう思った。

有名な言葉:「恋は長くは続かないみたいだ。」

翔子は、体が痛くて疲れ果てているのに、周りのすべてが輝いていて羨ましかった。

彼女が持っている何かが私には欠けています。 周りの人たちはみんな満足しているようでした。 では、なぜ私はそれを言えないのでしょうか? 翔子は、周囲の人たちに楽しそうに見せなければならないというプレッシャーと闘った一人だ。

でも結局のところ、周りの人たちが満足しているかどうかはわかりません。 憧れていた青い鳥が本当に青い鳥なのかどうかも分からないことに気づき、翔子の心は少し和らぐ。

「どうやら恋は長くは続かないらしい」と彼女は思う。

愛情はまだ欠けているにもかかわらず、平和に共存できているので、それが彼女の幸せなのかもしれません。 でも愛があれば彼女はもっと幸せになれると私は信じています。

この一文を読んで、結婚生活とはそういうものなのかと疑問に思いました。

ロマンチックではありますが、永遠の愛とは、むしろ夫婦の絆とそこで育まれてきた感情だと思います。 それは伝統的な意味での愛ではないかもしれませんが、愛の代わりとなるものです。

たとえば、夫は私にとってパートナーであり、同志でもあります。

人生のパートナーとなる可能性があるようです。

そして、私は夫に対して今でも大きな愛情を抱いていると信じたいし、実際にそう信じています。 そうしないと同棲できない…私の作ったものを夫が食べてくれない…洗濯物も干せない! 掃除も苦手です!

そのことを改めて認識することができたと思います。

関連記事 – 「離婚したいと思うことはあるけれど・・・」

この映画では、それほど劇的な出来事は何も起こりません。

彼女の夫も決して困っているわけではありません。 離婚に関する最後の言葉はどこにも見つかりません。

しかし突然、離婚を考えてしまいます。 私はこの作品を見て、主婦なら誰しも同じような状況を経験するのではないかと思いました。

それがあなたがニヤニヤしているあの人であっても、隣人であっても、隣に座っている電車の乗客であっても、関係ありません。

皆が笑っていたにもかかわらず、何かを隠していたのだと思います。 ただ気づいていなかっただけです。

周りの人はみんな幸せそうに見えますが、彼らから見れば私だけかもしれません。

女性の敵意やマウンティング心理など、よく知られた題材を題材にしているので、共感しやすい漫画でした。

子供がいなくても繋がれます。 お子様がいる場合は、これを考慮する必要があるかもしれません。- 日本の物語

結論

この物語のテーマは夫婦の関係ですが、人生は100%幸せというわけではありません。

翔子の頑張りを知ると悲しくなります。 最終話まで読んでいて、「仕事をすれば自分に自信が持てるし、そうすれば夫も認めてくれる」と思いました。 しかし、そう簡単な展開ではなかった。

ほのぼのとした絵柄の中に隠されたリアルすぎる描写
特に印象に残っているのは、「子供の頃、父親に叱られて我慢していた自分が嫌いだったのに、大人になった翔子の代わりに『自分が嫌いだ!』と叫ぶシーンです」というシーンです。 若い頃は頭を悩ませていました。」

そこだけ背景が真っ暗で反転していて、グッと心に引き込まれます。

ほのぼのとした可愛い絵柄のこの漫画ですが、実は羊をかぶった狼が心臓をえぐり出しているんです。

翔子のそわそわした性格も、夫のモラハラも、親子関係も、すべて本物。

ラストシーンで翔子は隣のキラキラ家の奥さんに「もしかしたら私と同じことを考えているのでは?」と疑問を抱く。

結婚生活が怖いと感じた漫画です。

Leave a Comment