雪 の 女王 韓国 ドラマ あらすじ

雪 の 女王 韓国 ドラマ あらすじ」です。

「雪の女王」は友人の死に負い目を感じるボクサーと病に侵された絶望的なヒロインのラブストーリー。

雪の女王ってどんな物語?

ハン・ドッグは、自分が親友を自殺に追いやったと信じており、家族や名前すら捨てて、どんなに困難なことがあっても周囲を責めずに受け入れる心優しい男だ。

一方、キム・ボラは、裕福な家の娘として生まれながら、不治の病を患い、家族の愛に恵まれず、常に周囲を攻撃するお嬢様。

まさに悲しくも美しい純愛です。

二人はアンデルセンの絵本『雪の女王』を通じて知り合った。

説明

雪の女王ってどんな物語?

雪の女王:アンデルセン童話。 これが本作のメインテーマであり、このセリフも引用されている。

この物語はカイという名前の少年と雪の女王ゲルダについての物語であり、物語の舞台はフィンランドのラップランド(現実)です。

キム・ドク:1982年、遠くアメリカで世界ボクシング大会に出場したボクサー。

彼は14ラウンドの早い段階でノックアウトされ、リング上で意識を失い、4日後に死亡した。

3か月後、キムさんの母親は自殺した。

翌年には審判も自殺した。

これが世界選手権が15R制から12R制に移行するきっかけとなった。

数学用語: これらはほぼ実際の用語です。 また、フィールズ賞や国際数学オリンピックも実在します。

バッハのゴルトベルク変奏曲:バッハを形容するのに「天才」「数学的」などの表現が使われますが、この曲は代表的な曲で、日本のドラマ「アルジャーノンに花束を」でも使われました。

この難曲を一躍有名にしたのは、デザイナーのイヴ・サンローラン、チェスのボビー・フィッシャーと並び「20世紀の三大天才」と呼ばれたピアニストのグレン・グールドだ。

雪 の 女王 韓国 ドラマ あらすじ

雪 の 女王 韓国 ドラマ あらすじ

数学が好きで、明確な目標もなく超難関理科高校に入学したハン・テウン(ヒョンビン)は、IQ180の天才と謳われるキム・ジョンギュ(イ・ソンホ)と出会う。 幼い頃。

授業中、二人はジョンギュの間違いを指摘し、言い争う。

ある日、テウンは図書館で廃盤になった絵本を買いたいと主張し、店員とトラブルになっている女の子(子役コ・ジュヨン演じる)を見かける。

絵本も買えず、財布の入ったバッグを盗まれてしまう女の子。

テウンが通りかかる頃にはすでに夜遅く、無一文の少女はテウンからタクシー代を借り、ポケベルを担保に預ける。

少女のポケベルが鳴り、高校の制服を着て空港に駆けつけたテウンを見て少女はがっかりする。

彼女はテウンを大学生だと勘違いし、海外旅行の保証人になってほしいと考えていた。

訳も分からない少女を連れて空港の滑走路を走り回るテウンたち。

心優しい「兄」テウンは、家出した「少年」に同行し、家出の事情を聞く。

少女は母親を探すためにラップランドへ行こうとしていた。

彼女は次の土曜日にもう一度会う約束をし、次に会ったときに名前を教えると言って立ち去った。

一方、テウンとジョンギュの誤解は解け、切っても切れない友人となった。

天体望遠鏡の下で夢を語り合う二人。

ジョンギュは、自分の夢はフィールズ賞(ノーベル数学賞)を受賞することだと言いましたが、それは父親の夢であり、ジョンギュ自身の夢はフィールズ賞(ノーベル数学賞)を受賞することであるとすぐに気づきました。 。 そうなるはずだった。

しかし、父の期待に応えるために、

「ドクの目標は世界選手権だが、私の目標はフィールズ賞だ」。

ジョンギュは再び言う。

国際数学オリンピックの試験当日、メディアの注目はジョンギュに集中する。

ドクは古本屋に行き、アンデルセンの『雪の女王』を見つける。

それは女の子が図書館で欲しかった絵本でした。

しかし、彼は少女と再会するという約束を果たせなかった。

ジョンギュではなくテウンがオリンピックで金メダルを獲得したため、二人の間に亀裂が生じる。

テウンに罪はないのに、ジョンギュは「あなたのせいだ」としつこく言い、テウンはついにこう言いました。

一生後悔するとは思わないでください。

「あなたのような友達は必要ありません。」

そしてジョンギュは自殺してしまう。

8年後、テウンは自分を「ハン・ドク」と名乗り、寂れたボクシングジムの2階で暮らしていた。

彼は今でも心に傷を負っています。

彼は病院の廊下で少女と再会する。

自殺だと騒いでいた患者は、すっかり大人になった少女キム・ボラ(ソン・ユリ)だった。

これ以上自殺者を目の前で見たくない心優しい青年ドクは、ボラがあの時の少女だと気づかずにボラを救う。

ボラも気づいていない。

ボラが彼女の周りを振り回した後、彼女は「遠くへ行ってしまう」と言って墓の前の崖から飛び降りようとしたが、ドクが止めた。

テウンの脳裏にはジョンギュの自殺がよぎる。

ドクは母親の借金を返済するためにボラ引きの仕事を始める。

ボラに虐待されても頑張る犬です。

一緒にいるうちに、二人はお互いが「お兄ちゃん」であり「ちびちゃん」であることに気づく。

徐々に明らかになる真実。

ボラは孤独のせいで他人を傷つけます。

ドクは自分の優しさを責め続けます。

この二人は自然に愛し合います。

しかし、残酷な運命が迫る。

最終回

ドクは彼女に愛情を持っているにもかかわらず、それが彼女を傷つけると考えて会わないことにしました。

その間、会長はドクが誰であるか、そして彼に娘がいることを知り、ドクに連絡すると、彼に空中に消えるように命じます。

その頃、ゴヌはガールフレンドの家に監禁されていたボラを助け、父親に会いに行く。

彼女は兄の代わりに留学し、ドクの死とは何の関係もないと泣き言を言う。

ポケベルでテウンの思いを聞いたボラは、留学計画をキャンセルして韓国に残ることを決意する。

彼女はスンリの家でアルバイトを始めるが、怒った会長に家を追い出される。

テウンは、教授が提供する難しい課題を学び、準備するために毎日一生懸命働いていました。

デートには行かないものの、友人の勧めでテウンとその仲間たちはスキー場へ行くことにする。

ボラが突然の胸痛でゴヌを訪ねると、医師はすぐに治療が必要な病気だと診断する。

この間、テウンはボラの苦境に気づいていませんが、数学の問題に集中し、彼女の話した言葉の中に解決策を見つけます。

彼は翌日ボラに会い、解決策が見つかったら教授に電話するという彼女の約束を果たしました。

そうこうするうち、パートナーのテウンから婚約指輪を贈られたボラは、テウンに思いがけない言葉を口にする。

ボラは、化学療法の副作用に耐えているにもかかわらず、テウンの負担になっているのではないかと心配している。

その後、彼女は容態が急変し、意識不明の状態が続いた。

一方、テウンはボラが意識を取り戻したら一緒に旅行に行こうと誘い、ボラは充実した経験をする。

その後、彼女はテウンが夢の中で落ちるのを見て亡くなった場合、彼はどうなるのか心配になり始めました。

考え

韓国ドラマといえば勧善懲悪の歴史ドラマやドロドロした復讐劇が多いですが、このドラマには悪役が登場しません。

しかし、時間と病気のいたずらで、善人同士でも、善人だからこそより深く傷つけ合うことも……。

人間って本当に悲しいですね。

もしジョンギュが(ボラのように)遺言を残していたら、テウンはテウンとして人生を生きていただろう。

悪い奴がいないから誰も憎めず、ただただ感動しか残らなかった。

まとめ

事前にハンカチをご用意ください!

中途半端に始めると間に合いません。

いつまでも心に残る逸品です。

脚本は「冬のソナタ」と同じキム・ウニとユン・ウンギョンのコンビが執筆しており、とても泣ける作品だ。

主に冬を舞台にしたノスタルジックな雰囲気の作品です。

純愛好きな方に自信を持ってオススメします。

涙と鼻水で顔がグニャグニャになってしまうので注意してください!

Leave a Comment