青 の 祓 魔 師 し えみ 正体

青の祓魔師』の主人公・奥村燐と双子の弟・雪男は、作中に登場する祓魔用品店の娘・森山しえみに恋心を抱いている。

しえみはリンとの出会いをきっかけに聖十字学院・祓魔学校に志願するが、試験直前に突然祓魔師を諦め、家業の会社を立ち上げる。

この記事では、森山しえみの経歴、エクソシストを断念した理由、そして青 の 祓 魔 師 し えみ 正体について解説します。

青 の 祓 魔 師 し えみ 正体さんのプロフィール

青 の 祓 魔 師 し えみ 正体さんのプロフィール

植物や花言葉に精通した優しい性格の美少女で、『青の祓魔師』では着物を着た姿もよく登場する。

彼女はまた、生まれつき足が不自由で、体が弱く、内気な性格のため、他の人と交流することが苦手で、学校をよく休みました。 それに苦労する一面もある。

聖十字学園入学後は制服姿でよく目撃されていた。

森山しえみさんのプロフィールは以下の通りです。

  • 誕生日:3月6日生まれ、B型、15歳
  • 所属:聖十字学園高等部(1年B組/祓魔学校/祓魔師候補生)/手騎士志望
  • 身長:165cm・49kg
  • 趣味:ガーデニング、ハーブティー作り、日光浴植物や花の名前付け、クッキー作り、花言葉(カスミソウ)
  • 好きな食べ物:おばあちゃんのハーブクッキー
  • 家業:エクソシスト用品店の経営
  • 欲しいもの:園芸用噴霧器(容量4L)

祓魔道具屋の娘 森山しえみ

奥村雪男は、森山しえみの恋人の実家が経営する祓魔用品店を気に入っており、しえみも母親から店番を頼まれる。

幸夫がしえみの店主として働くしえみを訪ねるシークエンスがあり、幸夫とは昔からの知り合いであることが判明する。

さらに、しえみさんは現在、祖母が手入れしていた家の裏に大きな「庭」を手入れしており、そこに花を植えたり、水やりをしたりしている。 確かに、そうなりました。

しえみの祖母の庭の植物は、彼女が祖母の死の原因であると信じ始めたときに「山のお守り」で呪われました(デック・アルプ)。

そして、おばあちゃんが死ぬのではないかというしえみの恐怖を山見がつけ込み、しえみは足が動かなくなってしまう。

その後、リンとユキオの助けで歩くことを学び、緊張関係にあった母親との関係を修復し、リンとユキオがともに祓魔師を目指す聖十字学園に途中入学する。

森山しえみが着物姿で魅力的に登場

森山しえみが着物姿で魅力的に登場

森山しえみさんは『青の祓魔師』でデビューして以来、着物を着ている姿が頻繁に目撃されています。 着物姿は学校や祓い屋の勤務時だけでなく、実技講習に袴姿で現れ先生に叱責されるシーンでも見られる。

ガシエミの典型的な服装として描かれています。 聖十字学院の制服を着ることもあるが、しえみが入学するまでは着物以外の服を着たことがなかったことが判明。

森山しえみの聖十字学園入学の動機

山の魅力から解放され、歩けるようになったしえみは、リンとユキオのおかげで性格を変えようと、学年の途中から聖十字学園高等部に入学する。

エミは高校には通っていなかったが、ユキオが勉強を指導してくれたことで聖十字学園に転入することができた。 エミさんは中学校にはあまり行かなかった。

彼女は人を助けたいという思いに加え、憧れの幸夫を教師として見てみたいという理由から祓魔学校に志願する。

しえみは祓魔師として人々を助けたいだけでなく、入学当初は「友達」を作りたいと考えていた。 それにもかかわらず、彼女は生来の内気な性格に問題を抱えており、当初は近づくことさえ難しいと感じることがよくありました。

手を貸したことで出雲との距離はかなり縮まることができた。

森山しえみの能力

森山しえみの能力

彼女はハンドナイト、つまりテイマーを目指す退魔師候補であり、妖精のグリーンマンは彼女の使い魔(通称:にーちゃん)である。

普段はしえみの肩に乗り、敵をブロックしたり、味方を守ったり回収したり、攻撃時には後方からのサポートをすることが多い。

アマイモンとの戦いで魔法陣が破壊されたため、にーちゃんはしばらく召喚できなくなる。

しえみは、困っている出雲を救い、その後の「京都不浄王編」で仲間と一緒にいたいという決意により、再び出雲を呼び出すことに成功した。

さらに、手騎士としての力が成長するにつれて、にーちゃんを大きくできることが示されています。

森山しえみが『エクソシスト』を諦めた理由

しえみは悩んだ末、凛たちのように正式な祓魔師になるための試験を受けるのではなく、家業を継ぐことを選択する。

しえみさんの秘密の正体が、彼女が家族の会社を継ぐ決断をしたのに一因となったのではないかという噂がある。

森山しえみの正体が原因?

しえみは学校卒業後、不可解なことにバチカンの保護下に置かれることになった。 彼女は現在記憶喪失に陥っているようで、しえみの正体に関係があるのではないか、あるいは記憶を失う前はバチカンと密接な関係にあったのではないかと推測されている。

なお、その後のしえみの行動から、実母はしえみとは遠方に住んでおり、祓魔用品店を営む母親とは血縁関係がないと思われる。

森山しえみの正体

森山しえみの正体

森山しえみの正体は、聖十字騎士団最高顧問である創造皇帝シェミハザと関係している。 しえみが名前が似ているという理由で祓魔師になることを諦めた理由もここにある。

あるかもしれないという噂もあります。 さらに、しえみが退魔学校を辞めたきっかけとなった「できることなら、なりたいものになってあげたい」というしえみの母親の血筋からも、シェミハザがしえみの正体に関わっていることが示唆される。 このことが原因の一つとして挙げられています。

シェミハザの子孫

三賢者ことシェミハザは、『青の祓魔師』に聖十字学園の最高顧問として登場しました。 シェミハザの正体について現時点でわかっているのは、女性を思わせる特徴的な髪型をしているということ。 シェミハザは着物のような衣装や人間と悪魔の混血、ルシファーに同意しない描写などからサマエル派に属しているのではないかと示唆されている。

さらに、作中のシェミハザの絵が「植物」だったという事実も、シェミハザとの絆を強めるのに役立っている。

なお、作中のシェミハザの容姿からシェミハザはシェミの母親であると推測されており、シェミハザは確かにシェミハザの娘である。

しえみの実家は学校の七不思議「決して近づくことのできない屋敷」の象徴であり、しえみのセリフから物理的に近づくことはできないと推測されている。 それはシエミの亡き祖母が語った「天空の庭園=創造主シェミハザの宮殿」を表している。

堕天使シェミハザをモデル化した画像

さらに、本物の創造主シェミハザ皇帝であると思われるしえみの母親は、日々の行動に不可解な特徴を示します。

しえみの母親は、さまざまな理由から頻繁に外出します。 しかし、そのときはシェミハザであることを隠し、サプライヤーやバイヤーとの意見の相違で帰宅が遅れたかのような説明をすることが多い。 彼がそうした可能性はある。

Leave a Comment