面白い 話 寝る 前: 10 個以上の面白いストーリー

寝る前に読む面白い話を探しているなら、この記事をお見逃しなく。 絶対に大笑いできる「面白い 話 寝る 前」をご紹介します。

面白い 話 寝る 前:たろ吉

彼の家族はタロキチという名前の犬を飼っていました。

しかし両親が離婚し、太郎吉を捨てるか家を捨てるかの選択を迫られる。

迷った末、太郎吉は見捨てることにした。

昨夜は「ごめんなさい、太郎吉」と泣きながら過ごしました。

次の日、泣きながら太郎吉を連れて山へ行きました。

「太郎吉、いつもありがとう。山で元気に過ごしてね。」

太郎吉は会話の途中にも関わらず、見たこともないスピードで山に向かって走っていきました。

面白い 話 寝る 前: 連絡先

面白い 話 寝る 前: 連絡先

コンタクトレンズを5年間交換していませんでした。 ある日、5年ぶりに私に変わる機会が訪れました。

適切な連絡先を入手したときに世界が変わりました。

「世界はこんなに美しいのか?」

興奮して色々なところへ行きました。

しかし、洗面所の鏡に映った自分の顔を見て愕然としました。

「私ってそんなに醜かったっけ?」

ショックと同時に付き合っていた彼女が可哀想になった。

「こんな醜い私と付き合ってくれて、本当に感謝しています…」

彼女に対する彼の愛は爆発したかに見えた。

彼はすぐに彼女に電話して、「今すぐ会いたい」と言いました。

彼女は「急にどうしたの?私も会いたい」と言いました。

「1時間以内に車で家に帰ります」と彼女は言いました。

1時間以内に彼女に会います。

会ったらすぐに抱きしめたいです。 そして抱き締めましょう

過去最大級に恋が爆発しようとしていた。

1時間後にインターホンが鳴った。

笑顔で玄関のドアを開けると、

彼女は私が想像していたより醜かった。

面白い 話 寝る 前: 妻へ

子供が生まれて3ヶ月後、私はファザーコンプレックスを発症しました。

育児を手伝いたいけど、結局無駄で妻に迷惑をかけるだけ。

「なんてダメな父親なんだろう…」

彼は妻に自分のクールな一面を見せたかったのです。

ある日、妻は暗いキッチンで働いていました。 彼女はリビングルームにいました

「パリオーネ!!!!!!」 ガラスが割れる音が聞こえました。

妻がガラスの破片で手や足を切ったら大変なことになります。 彼女は素早く体を動かしました。

「待ってて!!片付けるから待ってて!!!」

私はチリチキンを手に暗いキッチンへ向かいました。

もう私を頼りにしてもいいでしょう。

キッチンに入った瞬間、

「バリッ」とガラスを踏んでしまいました。

痛いのが嫌いな私は動かずに叫びました。

「ああ、ガラスを踏んでしまった!痛い!!助けて!!!」

妻はすぐに駆けつけて部屋の電気をつけました。

自分の足元を見ると、それはガラスではなく煎餅だった。

面白い 話 寝る 前: PINコード

銀行の窓口係として働く親戚の話。

ある日、祖母が新しい口座を開設しに来ました。

「4桁の暗証番号を選んでください」と言うと、彼女はとても困っていました。

「おばあちゃん、もし決まったら、明日でもいいから教えてね」と言いました。

そして翌日、祖母が持ってきた申請書には「どんぐり」としっかりと書かれていた。

寝る前の面白い話: おばあちゃんの出産

小学生の頃、家族とともに田舎に帰った。

当時のマイブームはお年玉で買ったデジカメをいじることでした。

リビングで家族が話しているときも、私は応接室でデジカメをいじっていました。

おばあちゃんが「けんちゃんのご飯できたよ!」って言ったときも。

「もうちょっとデジカメで遊ぶから待ってて!」とわがままを言いました。

しばらくして、おばあちゃんが客室に入ってきて、

彼女は「これをデジカメさんにあげて」と言って、キュウリを私に渡しました。

面白い 話 寝る 前: 白い顔

私は兄と同じ中学校に通い、毎日同じバスに乗りました。

私の兄は中学生の頃はトップレベルでニキビがひどかったです。

私は寝る前に必ずベビーパウダーを白くなるまで顔に塗ります。

期末試験期間中はバスに一番乗りして後部座席に座り、勉強しながら出発を待ちました。

出発1分前になっても兄は来なかった。

「ああ、彼はテストに遅れました。」 バスは出発しました。

しばらく走っていると、外で何かが動いていることに気づきました。

寝坊して顔を洗う時間がなかったのかもしれません。

ベビーパウダーで顔を真っ白にして小梅太夫に似た兄がバスを追いかけて全速力で走っていた。

面白い 話 寝る 前: 礼儀正しい女の子

地方の営業所に行ったとき、カメラアシスタントの女の子と仲良くなりました。

でもとても丁寧に話してくれました。

「何飲んでるの?」と聞いても。

私は「我慢できない」と言います。

と聞くと「じゃあビールでいいよ!」と。

「じゃあ、お言葉に甘えてビールを一杯飲ませてもらいます」みたいなことを言います。

とにかくとても礼儀正しい子でした。

夜も更け、終電の時間も過ぎた頃、この後どうするかという話になりました。

私は思い切って「この後どこか泊まらない?」と聞いてみました。

礼儀正しい女の子は「私でいいですか?」と尋ねました。

私たちはモーテルに入った。

物事が始まり興奮が最高潮に達したとき

「あいつ、イクとき声出るの?!」って言ったら、

女の子は

彼女は「ん〜〜〜ゆ〜!!!!」と言いました。

面白い 話 寝る 前: 礼儀正しい女の子

面白い 話 寝る 前: 学校の朝礼

朝のテレビで校長の痴漢逮捕のニュースが流れた日の朝礼での担任の言葉が忘れられない

「校長先生はスターになりました。」

面白い 話 寝る 前: 大喜利

件名:新しいトイレにはどんな機能が搭載されていますか?

答え:全国大会です。

面白い 話 寝る 前: 田舎のコンビニ

私は田舎のコンビニでアルバイトをしていました。 夜の9時を過ぎると、本当に誰も来なくなり、ただ退屈していました。

先日、ドアをノックする音がして、「ああ、ここに来るのは久しぶりだ」と言いました。

と思ったら、窓にぶつかったのはカナブンだった。

面白い 話 寝る 前: ボーッとした

空の木製バットを手にコンビニに入ったとき

閲覧した大学生たちの勇気ある姿に圧倒されました。

面白い 話 寝る 前: 美容師の弟

「福山雅治みたいにカットしてください」って言いました。

美容師「わかりました」

私「ふぅ…」

美容師「あんちゅあ~ん あんちゅあ~ん」

面白い 話 寝る 前: アルファベットプリント

スーパーで並んでいたとき、目の前にいた素敵な女性のTシャツが、

「警察なんてクソだ」

英語で書かれていました。

面白い 話 寝る 前: 新しい配偶者

母の再婚相手がタイ人で、私の苗字はルマチャイ・ホマチャイになりました。

Leave a Comment