頭 が 悪い 人 話 が 通じ ない

「この人はバカなのかな?」と思ったことはありませんか? 疲れ果てて、「あなたのことを理解できません。」 愚かな人たちと効果的につながるのは難しく、私たちは用心深くなりすぎて疲れ果ててしまう傾向があります。自分の主張をどれだけうまく説明しようとしても、人々が理解するのが難しいと感じたら、 あなたに、彼らは「もう十分だ」と結論付けるかもしれません。

まず第一に、なぜ人は愚かな人たちと話すことができないのでしょうか? そこで今回は、頭 が 悪い 人 話 が 通じ ない7つの理由をわかりやすく解説していきます。

頭 が 悪い 人 話 が 通じ ないのはなぜ?

愚かな人たちがあなたの言っていることが理解できない理由は7つあります。

頭 が 悪い 人 話 が 通じ ないのはなぜ?

バカな人は言うことを聞かない

愚かな人は、そもそも他人の話をほとんど聞きません。 例えば、「ここはこうしてほしい」「ここは気をつけて」と注意しても、聞く耳を持たず、アドバイスを無視して続けてしまうのです。 仕事。 そうです。

その結果、「ああ、ここをこうするように指示したんだ」「ここに注意するように注意したんだ」と思われてしまいます。

彼は時々話を聞いているように見えますが、そうではありません。

彼は聞いていますが理解していません

何度同じことを言っても、愚かな人には理解できないかもしれません。 頭の中で物事を組み立てることが苦手な人は、一度に複数のことを言われたり、難しいことを言われたりすると理解が追いつきません。 その結果、私たちは徐々に離れていきます。

本当はすぐに話を聞いてほしいのですが、相手の気持ちを汲み取りながら理解することが大切です。

わからないのにわかったふりをしてしまう

理解できないことを説明できない愚かな人が多いと思います。 それは小さな子供に「わかる?」と尋ねるのと同じです。 そして「分かりました!」を繰り返しました。

人は自分が理解していないことを認めるのが恥ずかしい、または理解した場合、時間が取られたり、怒られたりするのではないかと心配します。 普段はわかっているかのように振る舞っています。

しかし、このように考えてしまうとコミュニケーションができなくなります。

彼らは会話を想像することさえできません

正気でない人は、思考の中で物事を視覚化することが困難です。 言葉だけでは想像するのが難しく、頭の中でパニックになってしまうこともあります。 言葉だけで頭の中にイメージを構築する創造性のない人は、このような花のような認識で終わってしまいます。

知識を整理できなければ、ジグソーのように思考の中で知識を構想し構築することはできません。 その結果、私たちはお互いに通信できなくなり、お互いに関与できなくなる可能性があります。

論理的に考えることができない

愚かな人は論理的に考えることができません。 これはコミュニケーションを困難にするだけでなく、仕事の効率にも影響します。

一方、明確に考えることができる人は、優れたストーリーテラーです。 プレゼンテーションで長々と説明しても、頭に残るのはほんの少しだけだと言われています。 そのため、相手に伝えやすくするために、聞き手が思い出しやすいように、終わりから始めると記載されています。

愚かな人が話すとき、結論は簡単には出ません。 「結局この人は何が言いたいんだろう?」と思ってしまいます。

情緒不安定

多くの愚かな人は自分自身を非常に誇りに思っています。 私は自分が間違っていないという奇妙な確信を持っています。

自分の意見が拒否されると、感情的になり、さらに頑固になります。 その結果、コミュニケーションはますます困難になります。

正直に言うと、このタイプの人は非常に苦しみます。 すぐにすぐに怒ってしまうと相談に乗れなくなると思います。 その結果、あなたの周りの人たちはあなたを見捨て、「もういいよ」と言う可能性が高くなります。

やっぱり、いつでも冷静さを失ったらダメですね。

IQが低い

愚かな人はIQが低い可能性が高くなります。 軽度知的障害とは、IQが70程度のことを指します。実際、組織内でも、知的障害が軽度であるとされる70から、かなり高いとされるIQ130程度の人が数多く存在します。 天才。

IQ70の人とIQ130の人が会話したら、会話が破綻するのは避けられません。 無理に相手の認知レベルに合わせる必要はありませんが、知能レベルに大きな差があると、なかなか分かり合えない可能性が高くなります。

読み書きができず、意思疎通ができない人々にどう対処すればよいでしょうか?

読み書きができず、意思疎通ができない人々にどう対処すればよいでしょうか?

バカがコミュニケーションができない原因を7つの観点からお伝えしましたが、それを理解した上で具体的にどのような対策をとればよいのでしょうか?

  • 以下に簡単な方法をいくつか示します。
  • ストーリーが伝わっているか確認しながらストーリーを進める
  • 会話中に相手に理解したかどうかを尋ねる
  • キーワードを使って短く話す
  • テキストまたは文章でコミュニケーションする
  • 心を開いてアプローチする
  • 信頼関係を築き、相手が質問や確認をしやすくする

実際、「何を言っているのかわからない」「何を言っているのか想像できない」という人もいます。

ですから、そのような人には過度な期待を持たず、温かく見守ることが大切です。 まずは状況を客観的に分析して、その人に合った方法を考えてみてください。

Leave a Comment