OUT 最新 話: 第232話

先日ヤングチャンピオンに掲載された漫画『OUT』第232話の感想と確定速報です。

最新話のネタバレを含みますので閲覧される際はご注意ください。

阿部要vs三浦祐也の一騎打ちが決着。

三浦裕也が刺され、阿部要がKOされる。

両組織の副会長は退任する方向のようだ。

OUT 最新 話」についてさらに詳しく知りたい方は、以下をお読みください。

第232話あらすじ

第232話あらすじ

怒り狂う鬼も斬人も、三浦祐也の死に唖然とする。

アスラの穂咲は、穂咲の用事と思われる仕事で友人3人と飲んでいる。

保崎は酩酊して、三浦を欲しがらないと愚痴をこぼす。

穂崎氏によると、三浦裕也氏は、問題が解決したらバーと同じ場所にタトゥースタジオとパルクールジムを作ることを目指しているという。

どちらも三浦裕也さんの才能に依存しており、彼女なしでは成り立たないお店のようです。

穂咲は三浦が紛争で死ぬのではないかと心配するが、友人たちは三浦は滅びないと安心させる。

むしろ昆虫は優秀な仲間なので聞いて安心する。

ひさきはお酒を飲みすぎて嘔吐してしまいます。

虫からのメッセージだと主張する穂咲は、仲間たちから一蹴される。

狂乱の悪魔であるマミヤが指揮を執り、三浦祐也の願いを守るために安倍要をアフマドのもとに連れて行こうとする。

間宮は国王とマルコを見つめながら、三浦祐也の遺志を継ぐことを決意したようだった。

斬り手側も、キングとマルコを連れて行くと喧嘩になるから残るように言った。

場面は変わり、保崎が吐いて酩酊がさらに深まり、三浦裕也の死を嘆く。

友達が彼女が誇張していると指摘すると、彼女は恥ずかしさを隠すための嘘だと冗談を言った。

彼女は、穂崎ではなく、前任者と同じように三浦祐也が問題を解決していることを喜んでいるようだ。

穂咲は「早く一緒に遊びたい」と本音を吐露する。

場面は再び変わり、阿部要と三浦祐也が担ぎ上げられる。

それを見た国王とマルコは力を失い、刃を地面に落とした。

後ろからは、三浦祐也とマヌクの幽霊が見守っていた。

OUT 最新 話: 第232話

タイマン大会に引きずり込んだことに腹を立てる楽崎海。

楽崎快の登場に喜ぶのは井口達也だけで、鶴巻良樹と丹沢篤史は絶句する。

井口達也の本当の目的は楽崎甲斐の暗殺だから。

井口達也と楽崎快に近づきたいが、あまり早く近づくと拳銃で撃たれてしまうかもしれない。

楽崎海の怒りは鶴巻良樹に向けられており、全員が団結すれば丹沢篤志を即死させることができる。

井口達也は、楽咲海との戦いに参加しないという誓約を破った自分をなぜ責めなかったのか疑問に思った。

丹沢篤志は壁、楽崎海は動揺して冷静さを失っている。

その結果、井口達也が楽咲会を訪れることになるようです。

井口達也は兵士達の背後に回り楽崎の海に近づけば現状のシナリオでも頭角を現せると信じ、突破口を探っている。

楽崎改の銃がいかに偽物であるかについて部隊が議論していたとき、楽崎改は彼らの足元に向けて3発発砲した。

本物を巡って大騒ぎする兵士たちの背後に井口達也は忍び寄った。

鶴巻良樹さんは、背後に怯える兵士たちがいたので、落ち着くために口を開いたと明かした。

鶴巻良樹は誰もが納得できる形としてタイマンを選んだと明かした。

丹沢篤史が井口達也がいなくなったことに気づき、楽崎快はさらにイライラする。

井口達也は楽崎海にどんどん近づいていた。

OUT 最新 話: 第232話

安倍要とマミヤ

阿部要選手が三浦祐也選手に勝利したが、惨敗。

三浦祐也を殺さなかったのには理由があった。

安倍要と間宮は争いを止めることを約束した。

条件付きで三浦を殺さないという保証だ。

三浦裕也が刺され、約束は破られたようだが、阿部要は意識不明の重体。

キングとマルコ

ワンとマルコはマヌク族の敵である三浦祐也を暗殺する機会を狙っていた。

彼らは安倍要と間宮の約束を知らないが、たとえ知っていたとしても三浦祐也を許すことはできない。

三浦祐也は安倍要の治療に行こうとしたところ、キングとマルコに前と後ろから刺されてしまいました。

キングとマルコも命懸けで駆けつける。

キングとマルコは追い詰められているように見えるが、三浦祐也は逃れられそうにない。

手引きについては言及されません。

天野礼二と黒金冬馬

五代目副会長・天野礼二と故・五代目会長・皆川陽介から「アイスマン」と呼ばれた黒鉄冬馬も参戦する構えだ。

丹沢と鶴巻の勝者を殲滅するつもりのクロガネ。

天野礼二も下原賢三と関係があり、ルキアの墓の血痕を知っている。

なぜ丹沢がいるのかは分かりませんが、皆川丈介や福山嵐とは何の関係もないので、天野零司の先輩の顔なのかもしれません。

特に興味をそそられたのは、黒鉄冬馬のブレスレットが、皆川丈介に殺された丹沢の母親の恋人である南田康介のブレスレットと一致するという事実です。

ブラックゴールドの登場シーンではブレスレットが強く強調されています。

原作では、安倍要の弟であるアイスマンが助けに来てくれるかもしれない。

井口達也の真の目的

斬人と狂人の争いに巻き込まれた井口達也の本当の動機は、狂人の頭脳・楽崎快を殺すことだった。

井口がなぜ楽崎を殺害しなければならなかったのかは不明である。

井口は楽崎の誘いを断った。

彼はその時点ではその問題には関わらないと約束する。

達也は借金のある叔父と叔母を襲うと宣言した。

戦いに巻き込まれた井口は叔父と叔母を守るために楽崎を暗殺するかもしれない。

井口は斬人将・丹沢と練鬼将・鶴巻良樹の最後の戦いを見届けると誓っているが、どうやら傍観するだけではないようだ。

怪物レベルの戦闘力を持つ二人による、どちらかが死ぬまで終わらないタイマンが始まった。

鶴巻は丹沢の蹴りを左手でブロックし、顔面に打撃を与えた。

鶴巻が守っていた丹沢の左手小指は骨折し、口からは血を流しているが、どちらも動かない様子だった。

銃声が聞こえます。

タイマンをされたことに腹を立てた楽崎が撃ったのである。

タイマンはこのまま終わるのか?

丹沢は剣豪・長島圭吾率いる特攻隊が到着するまでの時間を稼ぐため、一対一の勝負で使用した。

タイマン後の乱闘を防ぐために楽崎と駆け引きをする必要があるようだ。

楽崎が乗れば成功だが、難しそうだ。

楽崎の海

丹沢と鶴巻の連携を止めた楽崎は、大観衆の前で丹沢らを袋に出すことを狙う。

彼もそのグループと繋がっており、鶴巻達を密かに殺害する。

彼は狂乱した同胞たちから恐ろしい秘密を隠しているようだった。

それを仲間たちに隠しているということは、楽崎が本郷ルキアの死に関わっているという証拠になるかもしれない。

鶴巻が楽咲が本郷ルキアの死に関与しているとしたら許さないだろうし、必死に隠蔽したいのも無理はない。

三浦裕也さん死去

三浦祐也の死は、やがて楽崎海にも届くはずだ。

鶴巻良樹と狂乱鬼のメンバーに三浦祐也の死を知らせ、丹沢篤との繋がりを理由にリンチの方向に誘導すべきだ。

丹沢篤志と井口達也はプレッシャーにどう立ち向かうのか?

楽崎会にとって増援が到着するまでの時間を稼ぐという選択肢はないようだ。

当面は丹沢篤志と井口達也は団結して逃げるしかなさそうだ。

下原健三率いるナムシ

健三は楽先の差し向けた刺客から逃れることに成功する。

暗殺者は関東暴力団連合の兼平虎拳。

事実を考慮すると、ケンゾーは血判と死体と一緒に埋められた何かを収集したことから、命を狙われた可能性が高い。

血の手紙のありかを教えてくれたのは五代目殺し屋の副社長・天野礼二だったことが知られている。

ヤードへ向かう天野零士と黒鉄冬馬も参加する可能性があるが、ケンゾーの車の後ろに潜んで隙を伺う兼平虎剣と衝突することになりそうだ。

関東暴徒連合

兼平コウケンはギャングを率いる。

  • 庭で外国人3人を即死させたリナ
  • サングラス 秀英
  • 黒い肌のツヨシ
  • 茶髪のまひろ
  • 一刀缶ようらい

兼平光賢のみ登場しており、別行動で下原健三の車に隠れている。

狂乱した楽崎海から血判、SDカード、箱の中身を集めるよう依頼され、争いよりも下原賢三を追うことを優先することになる。

結論

斬撃者と狂人の戦いはまだ終わっていない。

楽崎会が隠していることとは?

天野礼司さんと下原賢三さんの裏の活動にも興味があります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Leave a Comment