な が たん と 青 と ネタバレ – 10巻

な が たん と 青 と ネタバレ

以下、「Kiss」に掲載されていた『ながたんと青と』最新巻のあらすじ(ネタバレあり)と感想・考察です。 「な が たん と 青 と ネタバレ」についてさらに詳しく知りたい方は、以下をお読みください。

な が たん と 青 と ネタバレ – 10巻のあらすじ

な が たん と 青 と ネタバレ - 10巻のあらすじ

修は桑野木の成長を助けるため、修行のため東京へ向かう。

イチヒは、兄・栄の陰謀で桑野木を助けることになった田島にシュウへの恋心を打ち明ける。 その後、イチヒは田島の助けでシュウの家族である川島家に会うために東京へ旅行する。

川島家に引き取られた一一は、乃子のお願いで台所に立つことになる。

シュウは家に帰るとその日の料理を久しぶりに味わい、その後二人は夜の東京を散歩しながら会話する。

これまでシュウへの気持ちを表現できなかったイチヒは、美しい公園のベンチに座りながらついに表現する。

彼女は最初、夫の戦死から前に進むのが難しいと感じ、周との関係は完全に政治的なものだった。

シュウは当初、少年時代の友人で兄の花嫁である鈴音に愛情を抱いていた。 イチヒとの結婚はシュウが山口家から離脱するための手段に過ぎなかった。

しかし、桑野木の復興に向けて一日中奮闘するうちに、二人の距離は広がり、イチヒとシュウは認めずとも互いに惹かれ合うようになる。

周さんはすごいと思います。
今が大事なんだよ…

市日さんがいつも私のやりたいことをやってほしいと言っているのは知っていますが、市日さんがいる限りは大丈夫です。

伝えられなかった思いを伝えた二人は川島の家に戻り、料亭「くわのぎ」の今後について話し合いながら不安を和らげる。

な が たん と 青 と ネタバレ – 10巻の感想

な が たん と 青 と ネタバレ - 10巻の感想

今回の物語は、イチヒとシュウが今まで言えなかった感情を共有するところから始まり、イチヒの帰宅とシュウの三色そぼろ弁当、山口家と壊れた鈴音、そして2号店の方針を巡って争う慎太郎(サカエとシュウ)と続きます。 慎太郎と結婚と離婚の相談、待つのをやめた栄と乃子、栄と鈴音とかき氷、乃子の2号店訪問などが描かれた)。

今回は兄の円と鈴音、栄と乃子ですれ違ってしまいましたが、イチヒとシュウがお互いを思いやる姿が印象的でした。

鈴音は山口家を継ぐ息子の母親候補としてのみ価値があるという考えが鈴音を歪める。

乃子は待つことを諦め、栄は仕事を口実に形だけの夫婦のままだ。

鈴音の周囲の誰もが、彼女に親しくない人々も含めて、彼女の性格を無視し、彼女の後継者を産むことだけを気にしていたので、彼女のエピソードで鈴音の精神的に追い詰められているのを目撃するのは苦痛でした。

しかし、乃子のエピソードでは、栄は自分の結婚を家族に対する義務だと考えている。 乃子が栄に近づくにつれ、戦略家でマイペースを崩さなかった栄が衝撃を受ける瞬間が目に浮かびます。 わたしはそれを楽しみました。

鈴音が差し迫った離婚を発表し、乃子が妊娠したことで、2組のカップルが前に進んだ。 次に彼らに何が起こるのか興味があります。

まとめ

本編では事業や家財を重視する山口家ですが、破綻に向かう鈴音の表情が印象的でした。

店を続けるためにイチヒとシュウも政略結婚した。 しかし、イチヒの性質が、恋の衝動を脇に置くことなく、お互いへの愛情を表現することを可能にしたのだと思います。

しかし、イェンは山口のマナーを真似しようとする試みが非常に大きいため、彼は頻繁に鈴音について悪く言います。

自分の感情をオープンで正直になることが重要です。 それがこの本を読んだときの私の最初の考えでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *