オチ が 面白い 話: 印象的なストーリーを作るためのヒント

オチ が 面白い 話

笑いは、あらゆる年齢の人々に喜びと幸福をもたらす世界共通の言語です。 面白いオチのある物語には、私たちの面白い心をくすぐり、大笑いしてしまう魔法のような力があります。

この記事では、オチ が 面白い 話の魅力と、オチの作り方に迫ります。

笑いの科学

ユーモアのある物語の世界に飛び込む前に、笑いがなぜそれほど重要なのかを理解しましょう。

科学的に言えば、笑いは体の自然な気分を良くする化学物質であるエンドルフィンの放出を引き起こします。 また、ストレスホルモンを減少させ、免疫システムを高め、血流を改善します。

さらに、笑いは社会的な絆を育み、人々を近づけ、他者との関係を強化します。

オチ が 面白い 話物語の魅力

面白いオチのある物語には、他のユーモアとは一線を画す独特の魅力があります。 彼らがとても楽しい理由は次のとおりです。

オチ が 面白い 話物語の魅力

サプライズ要素

優れたオチの本質は、予想外の展開や機知に富んだ結論にあります。 面白い話を読んだり聞いたりするとき、驚きの要素が私たちを不意を突いて、オチをさらに面白くします。

普遍的な魅力

ユーモアは文化や言語の壁を超えます。 面白いオチのある物語には、さまざまな背景を持つ人々が楽しめる普遍的な魅力があり、つながりを感じ、笑いを共有することができます。

応力緩和

笑いは優れたストレス解消法であり、面白い話は日常生活のプレッシャーから逃れるのに最適です。 心から笑うと、気分がすぐに高揚し、緊張が和らぎ、気分がリフレッシュされ、元気が湧いてきます。

思い出に残る体験

私たちは、面白いオチが付いた物語を、通常の物語よりも鮮明に記憶する傾向があります。 ユーモアと賢さの組み合わせは、私たちの心に長く残る永続的な印象を生み出します。

オチのある物語の作り方

周りで面白い出来事があると、誰かに話して共感を分かち合いたくなるものです。

しかし、「それでオチは何?」と聞かれたことはありませんか?

ストーリーを伝えられないのは辛いし、「面白いと思ったのに」と落ち込んでしまいます。

ここで、そもそもオチのある物語とは、
オチのあるストーリーの作り方を解説します。

オチのある物語とは何ですか?

「オチのある物語」というと何を想像しますか? 最後のオチで爆笑するトーク?

実は「オチ」の本来の意味には笑いは含まれていません。

元々は落語で、物語の終わりを指す言葉です。

つまり、「オチがある物語」とは、「伝えたい結末が明確な物語」であると言えます。

「伝えたい結末=オチ」を相手に伝える方法

オチのある話の構造を理解し、話し方を工夫することがポイントです。

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

面白い話の作り方

オチのある物語の作り方

笑えるオチのある物語には、フェイクとオチの構造があります。

フリーとパンチの構造とは…
「○○[フリ]だと思ったら○○[パンチ]だった」
⇒ フリの内容とオチにギャップがある

オチのある話になるように、次の話を例にしてみましょう。

コンビニで外国人店員に「100円でリベンジします」と言われました。

面白いストーリーを作成するための 4 つのステップ

  1. オチを明確にする
  2. ふりを考える
  3. 話す順番を考える
  4. 最後に感想やコメントを述べます。

①オチを明確にする

まずは「オチ」=伝えたい部分を明確にします。

【フリとパンチの構造】

「100円返します」って言われるかと思った【無料】
100円で復讐すると言われました【オチ】

後半はそのままにしておきます。

【エンディング】
100円でリベンジすると言われました。

②ふりを考える

次に、無料について考えてみましょう。

まず、何が起こったかを書きます。

その時に感じたことなど、時系列にできるだけ詳しく書きましょう。

仕事の帰りにお弁当を買いにコンビニに行きました。
レジに行くと店員さんは外国人でした。
レジでの会話
→『お箸いりますか? 「いらないです」「400円です」「500円でお預かりします」など。
私は日本語が上手だと思っていました
おつりを渡されると、100円返しますと言われました。【オチ】
最後はオチになるので割愛します。

【フリとパンチの構造】

「100円返します」って言われるかと思った【無料】
100円で復讐すると言われました【オチ】

フリパートでは「『100円返します』と言われます」
また、聞き手に期待を抱かせる必要があります。

上記の箇条書きの以下の点に基づいて
必要なものを追加し、不要なものは省略します。

オチで日本語の間違いを伝えるには店員が外国人であることを書かないと面白さが伝わらない。

コンビニのレジでの会話は大体同じで誰でも想像できる。

1 つか 2 つの単語だけにしましょう。

人々の注意力はそれほど長くは続きません。

オチのある物語は短いほうがいいので、省略できる部分は省略した方が良いです。

【演じる】
・仕事の帰りにお弁当を買いにコンビニに行きました。
・レジに行くと店員さんは外国人でした。
・レジでの会話
→「お箸いりますか?」 「いらないです」「400円です」「500円でお預かりします」など。
・日本語が得意だと思っていた

③話す順番を考える

オチのある話をするときは、オチがバレないようにすることが重要です。

まずは①と②で作ったフリンジとオチをフリンジ→オチの順で取り付けます。

コンビニに行きました
レジに行くと店員さんは外国人でした。
レジでの会話
→『お箸いりますか? 「必要ないよ」
私は日本語が上手だと思っていました
100円でリベンジすると言われました。
②では時系列に並べてありますので、この順番で話すと理解しやすいと思います。

自分で読んだら嘘っぽい部分はあるでしょうか?

この例ではオチが露出している部分はないのでそのままでOKです。

例えば「店員さんが日本人だと思った」といった話であれば、
先に「店員が外国人だった」と言ってしまえばオチがバレてしまいます。
このような場合、「店員が外国人だった」という話をする命令は最後に渡されます。

④最後に感想やコメントを述べます

③までで話の内容はほぼ決まります。

最後にオチに自分の感想やツッコミを加えます。

話の最後にコメントを入れることで、相手に話が終わったことを伝えることができます。
「だから何?」という質問を避けることができます。

最後に感想を加えたオチ付きの話はこちらです。

パンチのある物語【完成版】
先日コンビニに行った時の話ですが、
レジに行くと外国人の店員さんでした。
「お箸いりませんか?」「いらないです」日本語は上手だと思いました。
そして最後に「100円で復讐してやる」と言いました。
一文字間違えただけで急に不安になって、日本語って難しいなと思いました(笑)。

③までで考えたストーリーの内容が入っていれば、内容は随時変更しても大丈夫です。

面白い話の伝え方

面白い話の伝え方

オチのある会話ができると日常会話も弾み、笑いやすくなります。

会話を盛り上げ、オチを付けるためのポイントを紹介します。

オチのあるストーリーの作り方と伝え方を学べば、「オチがない」と言われることはなくなります。

オチのある話し方のポイント
物語のオチがないと言われる場合を改善するために、
ポイントは、何を話しているのかを明確にし、相手が反応しやすいように話すことです。

  1. 一文の後に一時停止する
  2. 感じたことを言う
  3. 話し終えた合図をする

一文の後に一時停止する

面白い話をしたいと思うと、ついつい調子に乗って長く話してしまいます。

一言話した後に一呼吸置くことを意識するだけで、相手がうなずいたり、言い返したりするスペースを作ることができます。

感じたことを言う

起こったことを報告書のように淡々と話す人、
その時に感じたことを話してみてください。

オチのある物語の作り方も解説しましたが、特に物語の最後に感想を添えてください。

このように最後にコメントがあると相手は何を言っているのか分かりますが、
共感や反論をしやすくなります。

話し終えた合図をする

話し終わったら、相手に「終わった」の合図をすると話しやすくなり、会話がスムーズに進みます。

まとめ

フリとオチの構造を意識して話を作り、相手が返答しやすい話し方をすることができれば、オチのある話で笑わせることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *