キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

キングダム 漫画 最新 話

2023年8月3日(木)発売の週刊ヤングジャンプ(2023年35号)に掲載しているキングダム 漫画 最新 話ネタバレの最新話確定速報をお届けします。

キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

李斯はヤオ・ジアを許す

キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

765話で姚嘉は自殺すれば秦の天下統一が遅れると言っていました。

そして李斯は姚佳を許す決心をするのではないだろうか?

韓非子の死は許せないが、姚佳の情報を馬鹿にすることはできない。

したがって、下手に懲らしめてしまうと、今後の行動に支障をきたすことになります。

だから姚佳を許すしかないと思います。

リー・シーがヤオ・ジアを殴る

765話で姚嘉は自殺すれば秦の天下統一が遅れると言っていました。

李斯はヤオ・ジアを許すと思うが、同時に彼を殴ると思う。

秦上層部の李斯の立場からすれば、姚賈も許せると思います。

しかし、韓非の友人である李斯が許せるとは思えません。

だから、知っていることは言わないが、お腹の虫は治らないと言って殴るのだと思います。

ヤオ・ジアは心の中で微笑む

765話で姚嘉は自殺すれば秦の天下統一が遅れると言っていました。

李斯はヤオ・ジアを許してくれるだろうが、ヤオ・ジアはありがとうと言って喜んで心の中で微笑むだろう。

姚嘉は趙だけでなく、多くの国とのつながりを持っています。

そして彼は趙について多くの情報を持っており、李斯はそれを取り除くことができないでしょう。

だから李斯は許すしかないと思っている姚佳はほくそ笑むことになる。

信は韓非子の死を知る

765話で韓非は命を落としました。

韓非子の死は信の耳にも届くと思います。

彼はまだどこにも行っていないので、すぐにそれについて聞きます。

そして、韓非子の死を悼むとき、私は韓非を気の毒に思うと思います。

さらに韓国との戦争の可能性を考えると本当に悔しいと思います。

ハンが怒る

764話で韓非子が死亡しました。

これを知ったハン氏は激怒したに違いない。

盛大に秦の使者にどんな仕打ちをしたのか、と漢は怒るべきだと思います。

特に韓非を慕っていた寧は特に激怒するだろう。

だから彼は戦争の準備を始めるべきだと思う。

漢は趙と同盟を結ぶ

764話で韓非子が死亡しました。

私は漢が秦と手を切って趙と同盟を結ぶと信じています。

趙は多くの国民が桓騎に殺されたため秦を憎んでいたため、両者の利害は一致するはずだ。

趙も韓の情報能力を尊重していると思いますので、渡りに船という感じでしょう。

したがって、両国は手を組むことになると思います。

李牧、今後の方針を語る

キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

761話で李牧は武安城に入りました。

そして部下のカイネと今後について話し合うことになると思います。

もちろん問題は秦軍をどうするかということだと思います。

桓騎軍を倒した勢いで攻めるか、防御を固めて秦軍の撤退を待つかのどちらかだと思います。

これはかなり難しいテーマであり、議論はかなり白熱するだろう。

李牧は彼らの意見を聞いてから意見を言うべきだと思います。

イ・モクを排除する運動が起こる

761話で李牧は武安城に入りました。

しかし、邯鄲では李牧を排除しようという動きがあるのではないかと思います。

李牧は桓騎を殺害したことで多くの人の信頼を得ました。

しかし、そんな李牧の躍進に嫉妬している人も多いはず。

だからこそ、自分の弱点を把握し、それをなくそうとするのだと思います。

李牧は守りを固める

761話で李牧は武安城に入りました。

李牧はカイネの意見を聞いて守りを固めることにしたのだと思います。

桓騎軍が壊滅し、信を含む一部の兵が撤退しているので、秦軍はそう簡単には動けないと思います。

李牧はそれを察知し、より守りを固める方針をとります。

そして土塁を敷いたり罠を仕掛けたりして攻撃を難しくしていると思います。

李牧、攻勢に出る

761話で李牧は武安城に入りました。

カイネの意見を聞いたら、一気に攻撃的になると思います。

桓騎軍を含む秦軍は多大な損害を被った。

このままでは膠着状態になってしまうので、一気に追い出す攻勢に出ると思います。

秦軍が攻めてくるとは思えないので、落ち着かず被害が拡大しそうで怖いです。

信は再び趙へ向かう

760話で信は韓非子の説得に成功しました。

秦に戻ったら再び趙に行くことになる。

信は李牧を説得しながら倒すと言いました。

そのことから李牧の待つ趙で生きたいという強い思いがあるのだと思います。

したがって、この任務が終わったら政府に直訴して趙に出撃すると思います。

秦と趙の戦いは趙が勝利

760話で信は韓非子の説得に成功しました。

この間に行われる秦と趙の戦いは、趙が優勢になる可能性があります。

多くの兵を犠牲にしてでも桓騎軍を破ったことで趙は勢いを増したはずだ。

そして秦軍を追い払う勢いで攻めていると思います。

したがって、秦との戦いでは趙が有利になる可能性があります。

チューが猛攻を仕掛ける

秦が趙に敗れた後、楚が秦に侵攻しました。

勢いを止めることなく猛攻を仕掛けることができると思います。

秦は強国であったが、李牧の策により趙に敗れ、桓騎を失った。

これはChuにとって攻撃の良い機会であり、実際に攻撃を行っています。

そこからさらに攻めて少しでも領土を奪うという考えで攻めてくると思います。

趙は秦の動きを知る

756話では、秦軍が代表団を率いて漢へ向かいます。

この動きは趙に知られるのだろうか。

気にしない人も多いでしょうが、李牧は何かを感じ取ったのではないかと思います。

李牧は桓騎との戦いで意識を失いましたが、この頃には目覚めているはずです。

だからこそ、秦の動きを知り、その意図を探るべきだと思います。

信達離脱後の戦況が明らかになる

第755話で信達は一旦戦場から撤退することになった。

とりあえずは信達が去ってからの戦いの様子が分かるだろう。

秦軍は現在王翦を中心に戦っていると思いますが、前回の敗戦の影響で思うように攻めることはできないと思います。

趙も李牧が負傷して意識を失ったため攻撃できずに守りを固めたはずです。

だからこそ行き詰まりが生じているのだと思います。

昌平はイ・モクを排除する計画を立てている

秦は李牧のせいで大変な思いをしました。

改めて李牧を厄介な敵と判断した昌平は李牧を排除する作戦を立てる。

李牧は民からは慕われていますが、上層部からはあまり好かれていません。

そのため、上層部が李牧を少しでも怪しむと排除されてしまいます。

昌平君がこの事を知ったら上層部を利用して李牧を追い出す作戦を立てると思います。

秦は戦略の練り直しを余儀なくされる

キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

753話では李牧が桓騎を殺して世界に広めようとしています。

このニュースを受けて、秦はおそらく戦略を練り直すだろう。

桓騎が殺されたという事実は衝撃的です。

秦はまさか桓騎が負けるとは思っていないでしょうし、それをやった李牧を警戒しているでしょう。

そこで、もう一度戦略を練り直そうと思います。

司馬尚の能力

キングダム710話で司馬久の側近について描かれました。

その中でもジ・アガ将軍に関しては、武力だけで言えばハタ王国第6代将軍と言っても過言ではないでしょう。

ジ・アガ将軍が支える司馬久とはどんな人物なのか?

側近らの証言から少しずつ明らかになってきた。

まだシルエットしか出ていませんが、体格は他の将軍と比べても遜色ありません。

また、ジ・アガ将軍よりも強力な将軍であると言われています。

現在の趙国の三大神の一人と評されるのは間違いありません。

総合的な強さで言えば龐煖を上回っているのは間違いありません。

これだけ優秀な側近を育てて集めれば十分だ。

李牧一人が必死に奮闘している中、司馬尚が出てきたら実質敗北です。

李信はすでに将軍並みの軍事力を持っている

キングダム 漫画 最新 話: 766話ネタバレ

キングダム707話では、李信がまず剣一本で龍伯公を斬り、その後攻撃を交わし、王騎の槍で瞬く間に倒しました。

前回の武伯卿との戦いで馬から降り、異様な武術に翻弄された。

飛信隊は徐々に大規模化し、李信は歩兵時代とは異なり騎馬戦が多くなった。

昔の感覚を思い出しながら戦い、岳白に勝利した。

しかし、馬上での戦いに関しては実戦経験からもかなりの実力があることが分かる。

実際、かなりの武力を持つと言われていた龍伯を危なげなくわずか二撃で破った。

多くの武将との実戦経験を積むにつれ、李信の実力は秦国内でもトップクラスになりつつあると言っても過言ではありません。

その龐煖を倒した後も李信は活躍を続けています。

個人の武術だけでいえば、すでに大将軍の地位にある。

|新三大天の司馬翔

趙瑜将軍の敗北により、李牧は再び大将軍となり、趙国軍を率いて戦いました。

趙の三大天の一人である龐煖はすでに李信に敗れています。

残りは李牧と司馬尚で、オルド将軍のヤンの猛攻撃をなんとかかわした。

歴史家は司馬尚がどのように戦ったのか詳しく述べていない。

しかし、この司馬尚の子孫は、後の『三国志』に登場する司馬忠達です。

名軍師・諸葛亮孔明と互角に戦い、魏の曹操亡き後も活躍し中華統一を成し遂げた男の先祖です。

キングダムでは史書では詳しく描かれていないキャラクターたちが強烈な印象で描かれていることで有名です。

王琦将軍と楚の満羽将軍もそうでした。

三大天の一人として司馬久の大活躍が描かれることは間違いない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *