ディー グレイマン 最新 話: 247話

ディー グレイマン 最新 話

『D.Gray-man』は2004年に週刊少年ジャンプで連載が始まり人気を博した。2006年頃から休載が相次ぎましたが、今でも国内外に根強いファンがいます。

ディー グレイマン 最新 話のあらすじとネタバレをまとめた記事になります。

D. Gray-man 概要

D. Gray-man 概要

何千年も前に神の権威を与えられた人もいました。 彼らの使命は、闇に潜む恐るべき悪「悪魔」を滅ぼすこと。 ミレニアム伯爵が率いるアクマは、伯爵とその軍隊に損害を与え、1世紀前の大洪水を引き起こすことができる唯一の兵器である「イノセンス」の残党を破壊しようとしている。

この惨事を回避するために、伯爵に対抗するための組織として黒の教団が設立された。 彼らは、アクマと戦うために、イノセンスに適応する能力を持って生まれたエクソシストを募集します。

左腕全体の形をしたイノセンスと悪魔を見ることができる呪われた目を備えた白髪の若者、アレン・ウォーカーは、19世紀後半に黒の教団に送られる。 アレンはそこで、気まぐれなカンダ・ユウ、心優しいリナリー・リー、陽気だが好奇心をそそるラヴィなど、オーダーの仲間たちと出会う。 彼らの異なる特性にもかかわらず、彼らは同じ目標を共有しています。それは、アクマの魂を救い、伯爵による世界の破壊を防ぐことです。

ディー グレイマン 最新 話: 247話

ディー グレイマン 最新 話: 247話

マナの死因

アレンとカンダは古典物語のコレクションを完成させました。

「マナは本当に死んだのか?」と疑問を抱く神田に、アレンはマナの死因を説明する。

アレンによれば、旅をするうちに魔法の才能が衰え、ついには旅ができなくなり(動けなくなった?)、眠ったまま亡くなったという。

マナが亡くなったのは事故ではなく衰弱していたようで……。

マナをイノセンス(1回目の死亡)で殴って弱ったと思い、AKUMAを作ってイノセンス(2回目の死亡)で殺した。

彼女の行為の結果、マナを二度も死に追いやったことを考えると、彼女の苦悩は明白であった。

彼女はマナが本当に死んだのか疑問に思っている

神田は、おそらくアルマがカルトによって生かされていたため、マナの死(墓を掘った)を証明できるかどうか尋ねます。

アレンの拒否反応は予測可能ですが、現在の現実は、マナがこの聖なる争いにまったく無関係ではないということです。

かつて、クロス・マリアンが〈赤い腕〉だった頃、アレンを殺そうとしても守ろうとしたマナとは何者だったのか? おそらく、今にして思えば、アレンには「マナ」の存在が戦争と関係があるとは信じられないのかもしれない。

また、アレン達は気づいていないが、彼はアレンと共に旅をしたマナ伯爵であり、既にクロスやロードも彼らの旅を見守っており、これは紛れもない事実である。

墓には何も入っていないはずだし、マナが千年伯爵であるという兆候もないはずだが、いずれにせよ、アレンは十字軍とは何の関係もないと思っていたマナのことを徐々に知っていく。 ついに彼は、自分が千年伯爵であるという事実と向き合わなければならなかった。

久しぶりに参加する

アレンはジョニー、ティエドール、そして長らく隠れていたリンクにアポクリフォスについて知っていることを話す。

教団にはアポクリフォスに関する情報がないため、イノセンスキューブも怪しいのではないかと誰もが疑う。

次に、今後の動向についてお話します。

カンダとティエドールは枢機卿に変装して教団に戻り、アポクリフォスとマナの墓を調査する。

一方、アレンはジョニーとリンクをキャンベルの邸宅へ移送する。

神田の尋問により、リンクの復活にル・ベリエが関与していることが判明するが、リンクはル・ベリエがアポクリフォスについて知っていることを隠していた。

現時点でアポクリフォスの存在を知っている教団メンバーはルベリエとレニーだけのようだ。

なぜ彼らはそれを知りながら弾圧したのか、なぜ教団結成のきっかけとなった立方体にアポクリフォスが書かれなかったのか。 ここにカルトの真実が隠されているかもしれない。

余談ですが、現在背景はUnreal Engineという3DCGソフトをベースにしているようです。

ページ数は少ないですが、中身はとても丁寧に描かれています。

聖戦の真実を知るために

プロットは次のエピソードで本格的に始まります。

聖戦の真実は隠蔽され、ブックマンは身を隠すことになるのか? キャンベルハウス。

長い間謎に包まれていたこの邸宅をついに訪れることができて大変嬉しく思います。

この勢いならラヴィを描くのもそう遠くはないと思います…。

キャンベル邸にはどんな秘密が隠されているのでしょうか? ノアが誘拐したアポクリフォスはどうなったのでしょうか? , ティム・キャンピーは生き返ることができるのか? 多くの謎が未解決のままです。

徐々に謎が解明されていくのが楽しみです。

ディーグレイマン第247話の感想

今回は、星野先生と編集者の皆さんが本当によく頑張ってくれました。 今号のSQ.RISE紙版にはポストカードが付録として付いており、恒例の図書カードプレゼントもございます。

アレンとマナの旅はしばらく続くのかと思いきや、マナとの弔いのシーンが2ページほど描かれて、その後現代に戻るのにはちょっと驚きました。

また、アレンとマナのウォーカー家の出自も明らかになるのでしょうか?

神田はマナが本当に死んでいるのか墓を調べるべきだと言い、アレンと大口論になった。

あれ、マナは心臓が死んで体は千年伯爵に乗っ取られたんじゃないの?

アレンとカンダの真剣な戦いは、彼らがカルトにいた頃を思い出させました。

アレンは、私たちが会うのは本当に偶然だったが、間違いなく計画的だったと言いました。

この一連の出来事はアポさん単独で行われたのか、それともロードら他の勢力も関与していたのか?

アレンはついに神田とジョニーを巻き込むことにした。 死んだと思っていたリンクとの感動の再会。

リンクの顔を見るとお腹が空いたと言っていたので、ようやくアレンらしさを取り戻したのでしょう。

リンクたちの記憶が改ざんされるだけでなく、教団創設のきっかけとなったキューブも改ざんされる可能性がある。

なぜミスター・アポはアレンたちを執拗に追うのでしょうか?

ちなみに、第24話でアポさんはジャスデヴィに捕らえられましたが、神田達はそれを知りません。

アポさんがいない今、もっと学ぶ良い機会ですか? カンダとティエドールは教団に戻り、アポさんとマナの墓を調査する。

アレンはジョニーとリンクとともにマスター・クロスのメッセージを信じ、カテリーナを捜すことを決意する。

とにかくティエドールさんは良い人で信頼できる人です。 リンクは14番目であるだけでなく、アレンの同盟者であると信じて間違いないようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *