ドラゴンボール 超 漫画 最新 話 – 第96話『サイヤマン参戦!』

ドラゴンボール 超 漫画 最新 話

この記事では「ドラゴンボール 超 漫画 最新 話」を提供します。 ネタバレを含みますので漫画版をまだ読んでいない方はご注意ください。

ドラゴンボール 超 漫画 最新 話 – 第96話『サイヤマン参戦!』

ドラゴンボール 超 漫画 最新 話 - 第96話『サイヤマン参戦!』

悟天とトランクスは気の感知が苦手になる

彼女はブルマからレッドリボン軍について学び、戦いに参加することに興奮しているようですが、おそらく本格的な訓練が不足しているためか、気を感知するのが非常に苦手であるようです。

悟天とトランクスがピッコロの気について言い争う中、二人とも「そういうことじゃないの?」と言う。 「いいえ、こういうことです。」

小さい頃はもっと感覚が鋭かったのでしょう。

悟天とトランクスはスパーリングをして楽しい時間を過ごすかもしれないが、おそらくあまりトレーニングをしていない。

ドラゴンボール前回の悟空の握力で悟天はボロボロになってしまいましたが、彼の態度は修行という感じではなかったのでしょう。

地球人との混血の若者が強くなるのは不思議ですが、地球人の血が入っていることで良くも悪くも全体的に平和になると思います。

孫家の修行観を例えるなら、悟空は楽しいから修行する(ライフワーク)、悟飯は責任感から修行する(苦行)、悟天は楽しいから修行する(遊び)。

辺道博士の肌は昔の悟空のレベルまで強化されました

セルマックスの活性化を阻止するために、マゼンタとヘド博士は戦い、ヘドは銃創を負ったものの、強化された皮膚のおかげで無傷で逃げました。

さらに、悟空の体は箱から出してすぐの銃撃にうまく反応しませんでした。 しゅごいサイヤ人。

Hedo は技術的にも科学的にも信じられないほど進んでいます。 その一例は、武器が通らないサイヤ人レベルの皮膚を有機的に複製する彼の能力です。

ちなみに、クリリンのような地球人は非常に強いにもかかわらず、悟空のようなサイヤ人は銃撃に無縁ではなく、怪我をしているようです(これはすべて冗談の一部かもしれません)。

ついでにクリリンと亀仙人をマシンガンで撃つというジョークもあった。

マゼンタがかっこ悪く見えるのは私の体型のせいです。 さらに、マゼンタはヘドのスーパーヒーローのライバルのコスプレをします。

正直、安っぽい気がしますが、これが私の身長なのでしょうね。

赤紫色

彼女の身長が少なくとも170cm、つまり人権を享受できる身長であれば、デザイン的には素晴らしいことだっただろう。

彼の非常に強力な遺伝子構成のせいで、私はコマンダー・レッドに同情します(コナミの感情)。

セルマックス新登場! 「ブルァァァァァァァァァァァァ!!!」 は適切ではありません。
兵戸の蜂の形をした武器であるハチマルがマゼンタに毒を与えたので、マゼンタは残った残りの力を使ってセルマックスをトリガーします。

至近距離で見ると、Cellmax は印象的な外観を示します。

…怖くて不気味だけど、どことなく漫画太郎っぽい味わいです。

悟飯のキャッチはあまり良くありません。
ピッコロはセルマックスと戦うために仙豆を悟飯に投げつける。

悟飯は捕まえられず落としてしまう。

…毎回落としてしまう…

魔人ブウ編では悟空が投げたポタラも落とした。

もしかして私の視力が悪いのでしょうか?

実際のところ、投げるのが望ましいかどうかはわかりません。

仙豆とポタラを捨てないでください。 どちらも重要です! 笑

彼らはあらゆる種類の並外れた戦士でした。

悟天&トランクス参戦! 次回はサイヤマン版ゴテンクス(またはトランテン)が誕生します! ?

ドラゴンボール 超 漫画 最新 話 - 第96話『サイヤマン参戦!』

悟天とトランクスが現れるとセルマックスと対峙するようだ。

劇場版ではサイヤマンの設定がまだなかったため定期的に戦闘を行ったり合体を試みたりしていたが、今回はサイヤマンX1&X2に変身して戦闘するようだ。

まず、二人だけでは戦闘で勝つことは不可能なので、団結する必要があるのではないでしょうか?

ゴテンクス版も当然見たいですが、トランテンのサイヤマンも見たいです。 そこにはある種の退屈さを感じます。

悟飯がサイヤマン二人と会うのはおそらく初めてなので、悟飯の考えを知りたいです。

悟飯がグレートサイヤマンとしての活動を完全に諦めていないことを考えると、孫悟飯のジュニアスーパーヒーローとしての立場についてはどう思いますか?

変態感についてもどう思いますか?

まとめ

Cellmax は最終的に動き始めました。 ここからがクライマックスです。

今後、サイヤマンと悟天、トランクスのやりとりを描いたオリジナル漫画版が見られることになりそうだ。 これまでのプロットは、いくつかの小さな変更はあるものの、ほぼ映画版に準拠しています。

トランテンやゴテンクスのサイヤマンバージョンは私が興奮しているものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *