ハニー レモン ソーダ 最新 話: 91話(23巻)

ハニーレモンソーダ のあらすじ

『ハニーレモンソーダ』読者なら第91話(23巻)が気になるかもしれません。ハニー レモン ソーダ 最新 話のネタバレ含む感想です。

ハニーレモンソーダ のあらすじ

前回まで亜美はカイとキスしたと嘘をつき、真実を知らない羽花はカイへの不満を吐露。

カイは彼女への気持ちを取り戻すため、自分が作った作品の前に一輪のバラを掲げ、もう一度告白する。

一方、アミとカイの方が相性が良いのではないかと心配していた羽花は、カイと再び意思疎通を図り仲直りすることができた。

今回はこれで終わりです。

ハニーレモンソーダ のあらすじ

ハナカとアミ

亜美は偶然入学した矢水高校で初恋の人に再会する。

しかし、彼女はすでに自分の世界にいて、傷心しています。

さらに亜美は羽花に傷つけられ、周囲からも嫌われ、高校生活の意味を見失ってしまう。

そんな時、彼女から渡された手紙の中に亜美を中傷する手紙が含まれていたことを知り、亜美に謝罪しに行く。

亜美は、花花がもっと意地悪な人だったら嫌いになっていたかもしれないと言う。

この恋も終わりを迎える…

亜美は好きで事務所に入ったのではなく、仕事をセーブしていた。

彼女はついに事務所に入り、インフルエンサーとして頑張ることを決意した。

カイとハナカ

告白後、カイはみんなの前でまあまあになった。

自分の変身ぶりに「怒ってしまった」と後悔する羽花。

彼女はカイに謝罪する必要があり、ハバナがカイを探しに行くと、カイからカップルゲームに参加するように誘われます。

どんなに些細な変化でも相手の変化が分かると思っている二人。

本当に勝てるのか…

カップルゲームが始まるのを待っている間、ハバナはカイにあまりうるさく言わないほうがいいと言い、カイは一人で出かけると言いました。

彼女はハバナと再び笑えることを嬉しく思い、ハバナをどれだけ愛しているか伝えられることを望んでいます。

すれ違うことなく、自分の気持ちを素直に伝えられる世界。

それを聞いてエカテラは泣いた。

また、この物語は二人の強い絆についての物語でもありました。

ハニー レモン ソーダ 最新 話

ハニーレモンソーダ のあらすじ

文化祭も終わりに近づき、様々な誤解も解け、幸福感に満ちた第91話。

カイが羽花にはちみつをたっぷりあげていてドキドキ!

カイ・ウカの関係はキュンとするし、亜美の関係は泣きそうになるくらい温かい。
もちろん、違うと感じたシーンもたくさんありました。

この頃亜美は先輩たちにボコボコにされていたが、それも羽花の人徳パワーで穏やかな形で収まったかに見えた。

羽花は亜美を全面的に受け入れているというか、亜美の繊細な部分を助けてくれているようで、亜美も感動したのでしょう。

鉢水を離れる先輩としてのメッセージも感動的だ。
亜美だけに向けたメッセージではないはずだが、まるで亜美のために用意されたかのような完璧すぎる内容だった。

こうなると亜美ちゃんの性格も丸くなってきますね。
実際、この物語でも亜美が羽花に救われていることが分かるシーンが何度かあった。

カイのことで落ち込んでいたけど、別の意味で幸せを見つけられたかもしれないと思った。
今後の亜美の変化に期待したくなります。

世界の変化に関しては、羽花だけでなく友人たちも愕然とするほどの激変だった。

羽花を下の名前で呼び、ちゃんと名前も付けて呼ぶ。

しかし、世界の根っこは変わっていないのだと感じました。
表面に出ている部分は別人クラスです。

ここでカイと羽花の間に良い誤解が生じていますが、やはりカイと私はホッとしているようです。
世界観はそのままに、表現力豊かな世界になったと言えるでしょう。

その変化はハバナを想うからこその変化であり、ハバナは自分の気持ちに気づき涙が止まらなかった。
カイの素直な気持ちがわかって嬉しかったし、安心した気持ちもありましたが、羽花と同じように泣きそうになりました。

世界が自分の気持ちを表現しようとして、言葉を発するのがどれほど難しいかを見て、とても印象的でした。

ハバナも最初からそう聞いていたらカイを疑わなかったかもしれない。
アミ騒動のすべてが詰まった重厚感だった。

相手を貶めるために嘘をつかない誠実な姿勢は、甲斐だからこそと言えるでしょう。

高嶺と紡花がこんな状況ならカイと羽花もそうなるのは当然ですよね? そのアイデアはまさに応用されようとしていた。

しかし、二人ともそんなことには全く興味がなく、ただ心の奥底では相手のために働いていると感じているだけです。

櫂と羽花はお互いが大好きすぎて周りが引き離すのが当たり前なのに、それでも全く動じず、それが当然のことのように言っていた。

爪の先に恋人がいるのを見るのは驚きでした。

相手に与えたい気持ちは、自分のやりたい気持ちでもあり、それが相手の幸せ、そして自分の幸せに繋がるようです。

カイがハバナだけである理由、ハバナがカイだけである理由がどんどん明らかになっていく気がした。

最後の文化祭は最高の形で臨めそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *