ハンター ハンター モモゼ: 容姿、性格、死因

ハンター ハンター モモゼ

漫画の暗黒大陸編でカキン帝国の王位争いの中で登場する「ハンター ハンター モモゼ」について深く掘り下げていきます。 ここでは、モモセの生い立ちや性質、愛らしい念獣、そして亡くなった理由について詳しくご紹介します。

ハンターハンターの概要

ハンターハンターの概要

1998年に週刊少年ジャンプにて冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』の連載が始まり、現在も連載が続いている。 20年以上連載されていますが、何度か休載がありました。 2019年1月現在、単行本は36巻まで刊行されており、同時期に連載が開始された『ワンピース』の半分にも満たない。

ハンターハンターはアニメ化もされていました。 1999年10月から2001年10月まで、シリーズ62話が放送された。 2011年には二度目のアニメ化もされた。

ハンターハンターの主人公ゴン=フリークスはくじら島の住人で、会ったこともない父親を捜す旅に出ます。 父親と同じように、彼は仲間たちとともに冒険に乗り出し、困難に遭遇します。

ゴンが父親と出会った後に起こる物語は、モモセ王子が登場する物語です。 物語の主人公はゴンではなくクラピカですが、これは二人がハンター試験を受けることで友情を深めたことからです。

ハンターハンターの暗黒大陸編ではモモセ王子が登場します。 暗黒大陸は危険であり、悲劇と引き換えに巨大な力を提供するため、国家間で不可侵協定が締結されています。 しかし、条約から免除されているカキン帝国が暗黒大陸を訪問。

船内ではカキン帝国の王位を巡る争いが起こる。 王位継承争いに参加するモモセ皇子を紹介します。

ハンター ハンター モモゼとは?

本名:百瀬ホイコーロ。 彼はカキン帝国の恐るべき支配者ナスビー・ホイコーロの子孫です。 ナスビー・ホイコーロには14人の王子と8人の女王がいます。 モモセ王子は、第7代王妃セヴァンシとの間に生まれた第12王子です。

モモセ王子は第13王子マラヤーム・ホイコーロの弟で、第12王子という立場のため他の王子たちよりも若く見えます。

ハンター ハンター モモゼとは?

モモセ王子の登場

モモセ王子はその容姿のせいもあって他の王子たちから人気があった。

巻き髪と端正な顔立ちを持ちながらも童顔な育ちの良い女性。 可愛い洋服も着ていますよ。 柔らかな気質と上品な顔立ちに気品が漂い、つぶらな瞳が愛らしい。

モモセ王子の人柄

彼は彼らに甘い手を振ることで彼らに反応し、明らかに恩着せがましい態度をとることはありません。

態度は控えめで、感情を見せずに編み物に熱中し、周囲の警備員を警戒している。

彼は自分が王位にふさわしいと考えているにもかかわらず、人々を疎外することについては考えておらず、紛争を望んでいないように見えます。 彼は他の王子とは異なり、優しい人です。

モモセ王子は母親に嫌われていた?

ある瞬間、モモセ王子の母であるセヴァンシ王妃が彼を嫌っているような気がしました。

サバイバルゲーム「ファイト・フォー・ザ・クラウン」では護衛が付いているが、護衛の数は最大15名。

自分の安全を守るために、上位の女王は部下に下位の女王の子孫を見守らせることもありました。

母のセヴァンシ王妃はモモセ王子を訪問すると、第13王子マラヤームを守ることがより重要だとモモセ王子の護衛隊員9名をマラヤーム側に移送する。

彼女はマラヤム王子の愛する王妃、セヴァンシです。 百瀬皇子の母親が彼を軽蔑していたわけではない。 むしろ彼女はマラヤム王子が王になることを望んでいた。

モモゼの念獣

王位継承をめぐる意見の相違の際に、彼らの安全を守るために、超自然的な獣(念獣)が各王子に取り憑いていました。 王子たちは守護霊モンスターが自分たちの思考に気づいており、自動的に守ったり攻撃したりしていることに気づいていません。 では、モモセ王子の念獣の姿は何だったのでしょうか?

モモセ王子が作った巨大ネズミの念獣は、NHKのどーもくんに似た容姿をしている。 口は四角く、歯はノコギリのように尖っています。 その目は円形です。

モモセ王子は壁に背を向け、かさばる体を立てて座って編み物をしています。 「時間はありますか?」と聞いてくる寄生型です。 それを制御し、寄生させようとします。 あなたが「時間がない」と答えると、「時間があったら連絡してください」と追いかけてきます。

百瀬の死因と犯人は?

カキン帝国では男女問わず王の子孫を「王子」と呼び、モモセ王子は14人の王子の一人です。 王子たちは王位を巡って争いますが、モモセ王子が最初に倒れて滅びます。

モモセ王子の死については、複数のもっともらしい説明が存在する。 彼の死の主な原因は、カキン帝国皇帝の後継者をめぐる争いである可能性が高い。

百瀬の死因と犯人は?

カキン帝国王位継承戦

すでに指摘したように、王位をめぐる争いが百瀬皇子の崩御の主な原因である可能性が最も高い。 この物語では、14人の王子がカキン帝国の王位を争う。

王子同士が直接戦闘を行うことは許可されていません。 代わりに、この紛争を無傷で切り抜けた王子が王位を継承します。

カキン帝国に伝わる儀式によって手に入れた守護霊獣(念獣)を活用することで、この王位争奪戦において間接的にその才能を発揮することが認められる。

他の女王の護衛も王子の命を狙っており、下位の女王の子孫ほど狙われて死亡する可能性が高くなります。 この王位継承争いの最初の犠牲者は百瀬皇子であった。

クラピカの偵察

クラピカはワブル王子の護衛として、オイト女王の後継者を巡る王位争いに参戦する。 ワブル王子が任務に就いていた7人の兵士のうち5人は、亡くなった前女王の護衛だった。

さらに念獣は味方のセイルドを操り、最後まで一緒にいた衛兵とハンターを殺害してしまう。

そこでクラピカはセイルドを捕まえ、念能力の全てを使ってセイルドを消耗させます。 自分の念能力がスパイに使えることに気づいたクラピカは、自分の能力で吸収した力をオイト女王に与え、他の王子をスパイできるようにする。

大糸王妃は百瀬の寝室を見た

オイト女王の念能力がクラピカに与えられた後、彼女はそれを利用して昆虫を制御し、第13王子の部屋である彼女の部屋から調査を誘導しました。

その部屋はモモセ王子の寝室で、換気口からは黒ずくめの男に覆われたモモセ王子の姿が見える。

するとどこからともなくオイト女王が泣きながらクラピカにモモセ王子の死刑を告げる。

百瀬はもう手遅れの状態だった

オイト女王を落ち着かせた後、クラピカはモモセ王子を訪ね、彼女の念能力で症状が確認される。 しかし、モモセ王子はすでに亡くなっていました。 彼は黒い布をかぶせられ、担架で運ばれていた。

百瀬王子のボディーガードが窒息死させた疑いがある。 百瀬皇子が亡くなると、大糸王妃は顔を覆い泣きながら「止められた」と宣言する。

百瀬を暗殺した人物

モモセ王子の死に激怒したハンゾーは暗殺者を探し始める。

ハンゾーはモモセ王子の念獣が消滅したことと、部屋に入らずに犯行に及んだことを確認し、犯人が分身を使える念能力者であるという結論に達する。

彼は、自分の念能力が限られているため、休憩中の2人の警備員のうちの1人であると推測しました。

ハンゾーは自分自身が念能力を使ってクローンを生成し移動したため、モモセ王子暗殺の容疑者が拘留されている部屋にクローンを使って行きます。 タハディとマゴヌムは、モモセ王子が亡くなったときに眠っていた二人の衛兵でした。

ハンゾーは初めてターディーを見たとき、ちゃっかり彼を殺す方法を尋ねました。 タハディーから幽体離脱という超能力を使ったことを聞いたハンゾーは、選択肢は2つあり、モモセ王子を打ち負かしたと述べた。

まとめ

モモセ王子の死亡について解説しましたが、物語は複雑に絡み合っていて、ハンターハンターらしい心理戦があります。

ホイコーロ大王はモモセ王子がカキン大樹の根幹になると主張しているので、モモセ王子が死んでもその後の展開がとても気になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *