ヒロアカ 最新 話 ネタバレ:第398話

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ

2023年8月28日(月)発売の週刊ジャンプに掲載予定のヒロアカ 最新 話 ネタバレ398話をお届けします。

ヒロアカ第397話の概要

ヒロアカ第397話の概要

前回のヒロアカではオールマイトとオールフォーワンの対立が描かれていました。

オールマイトはオールフォーワンの怒りを糧にすることで現在の戦争を確立した。

彼の怒りと不器用な戦闘技術にもかかわらず、オール・フォー・ワンは壊滅的な攻撃を放ちます。

この衝撃でオールマイトの左上腕骨と鎖骨が粉砕された。

そんな状況でもオールマイトは戦いを挑む。

果たしてどんな結末が待っているのか!?

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ: 398話

ヒロアカ 最新 話 ネタバレ: 398話

アーマードオールマイトの攻撃は学生からインスピレーションを得たものなのでしょうか?

オールマイトはサポートアイテムであるアーマーを身に着けて戦いに挑んでいます。

オールマイトが繰り出す攻撃名にはおなじみの言葉がある。

  • セロファン:瀬呂範太のヒーロー名
  • シュガーマン: 砂糖重量挙げのヒーローの名前
  • シュートスタイルスマッシュ:緑谷出久の攻撃の一つ。
  • ダークシャドウ:常闇フミの人格名

どれも1年A組の生徒に関係する言葉であることがわかります。

生徒の個性を応用したサポートアイテムの能力と攻撃名のようです。

また、セロとシュガーの戦闘はまだ描かれておらず、今後の戦いの伏線となるかもしれない。

また、常闇に関しては生存状況や人格の有無などは不明です。

しかし、オールマイトは攻撃の一つとして「黒影」という言葉を使っているので、常闇の人格はAFOに奪われていない可能性があります。

オールマイトの原点

オールマイトはオール・フォー・ワンと戦っています。

その戦いの中で、オールマイトと志村菜奈の出会いが描かれた。

オールマイト自身も元々は無個性でしたが、志村菜奈と出会ったからこそ平和の象徴への道を歩み始めたのです。

あのシーンはオールマイトにとってどれほど重要だったのでしょうか?

今後は志村菜奈さんとの出会いも掘り下げられていくと思います。

サーナイトの予言

オールフォーワンの前にオールマイトが一人立ち向かう。

しかし、サポートアイテムらしきものは持っているものの、何の特徴もない状態だった。

塚内警部の必死の叫びが、事態の無謀さを物語る。

そんな状態のオールマイトを発見したオールフォーワンの表情が怖すぎました。

たとえ優秀なサポートアイテムであっても、巻き戻しによる意味不明なオールフォーワンの攻撃を止めるのは難しい。

個性はなく、因縁があるためオール・フォー・ワンは本気で殺そうとします。

ナイトアイ卿の予感により、このままでは真の平和の象徴が消滅してしまう。

しかし、将来はその予測と異なる可能性が十分にあります。

その理由は、かつてデクがサーナイトの予言を覆したことと、オール・フォー・ワンによる予期せぬ死柄木の覚醒にあった。

そしてオールマイト自身も自らの腕で運命を捻じ曲げると言っています。

これらは予測に大きな影響を与える可能性があります。

映画のキャラクターも参戦するのか?

最終決戦の様子を見た人々に興味を持った者が数名いた。

映画『ワールド・ヒーローズ・ミッション』に登場したロディの兄ロロと妹のララ。

映画「ヒーローズ ライジング」にシンホロとカツシンが登場。

映画「二人の英雄」のメリッサ。

そして再び始まったオールマイトとオール・フォー・ワンの戦いを見守るモニターにメリッサが現れた。

メリッサの父親はオールマイトの元パートナーであり、メリッサ自身は無個性ながらサポートアイテムの開発を行っている。

彼が今使っているアイテムはメリッサが用意したものなのだろう。

メリッサの登場により、他の映画キャラクターも登場する可能性が高いと思います。

ロディ自身は強い性格ではありませんが、映画の中で語った夢を叶えるために飛行機に乗って登場することになると思います。

世界の英雄も参加するのか?

報道記者の中継により、決戦の様子がさらに多くの人に届けられる。

スターアンドストライプスの出場と敗退後、共に戦った仲間たちも声を上げた。

各国政府が死柄木やOFAを恐れる中、スターのように自発的に戦争に参加する世界のトップヒーローも出てくると思います。

世界の英雄のほとんどは本誌には登場しませんが、映画には何人か登場します。

そして今、無個性の状態でありながらオール・フォー・ワンと戦うオールマイトの姿も。

オールマイトの言う「縁」が繋がり、本誌や映画に登場したプロヒーローたちの共闘が見られる。

家族に見守られながら亡くなった

荼毘自身の爆発は凍結によって止められた。

この時点で炎はほぼ消え、エンデヴァーと冷凍は倒れてしまう。

意識はあるようですが、描写の状況から荼毘自身は下半身が燃え尽きていない状態のようです。

この状況での治療は困難になる可能性があります。

せめて轟家全員が荼毘の痛みを聞いて燈矢として最後の時間を過ごして欲しいと願っています。

フローズンは戦線から一時離脱

闘翔は荼毘の爆発を全力で止めることに成功した。

最大のピンチを切り抜け、その場に倒れ込むこともあった。

現在も横たわった状態が確認されており、意識はないと思われる。

個性を限界を超えて利用したため、一時的に戦場から離脱することになるだろう。

同じ場所にいるエンデヴァーもボロボロの状態で、負傷の度合いも尋常ではないため、今後の戦いには参加しない模様。

セロとガシュリーの戦いが描かれる?

現在、瀬呂、佐藤、尾代は国立タコバ競技場にいるが、この3人の戦いはまだ描かれていない。

国枝とともに名前が挙がったガシュリーという悪役は、3人の敵対者として考えられるだろう。

ガシュリーの詳細はまだ不明です。

おそらくこの組み合わせでの戦いが見られるでしょう。

轟の火葬確保の情報が共有された時の瀬呂の反応も気になる。

爆豪が復活して参戦

死柄木との戦いで心臓に穴が空いて戦闘不能になった爆撃機。

エッジショットの緊急治療により、おそらく最悪の事態は終わったでしょう。

さらに救命措置として回復少女とエリちゃんの個性により治療を受けたと思われる。

爆豪の体に飛び込んだエッジショットの存在と、デクの幼馴染であり永遠のライバルである爆豪の立場が死ぬとは考えにくい。

また、爆豪はかつて死柄木に誘拐された因縁の相手でもある。

死柄木とデクの戦いでは、デクがピンチになった時に爆豪が戦闘に復帰する可能性があると思います。

トガヒミコの性格は苦しみから生まれたのか?

トガは子供の頃から性格も感性も違っていた。

特に血への執着は今も変わっていなかったようで、両親はトガを「普通の子」と矯正していたらしい。

しかし、トガには皆が普通だと言うことが理解できなかった。

トガをありのままに理解することができず、結果的に自分ではないものになろうとしたのだろう。

このことについて、蛙吹を攻撃する描写でキリオスがトガの背後から囁く。

自分を隠して自分以外の何かになろうとしたことが、今の彼女の人格の「変容」につながったのだと思います。

ホークスは個性を剥奪されたのか?

オール・フォー・ワンに敗れたホークスの様子について最新情報を入手した。

彼の体は打ちのめされ、意識を失い、武器を手に持って立っているだけです。

彼の足元には黒い人影が横たわっていた。

ここで二人の人格の行方が気になります。

常闇の個性を奪うと宣言したオール・フォー・ワン。

ホークスも首を掴まれて人格を奪われそうになった。

その状況と現状から見て、人格を奪われている可能性が高いと思われる。

雄英高校ヒーロー科2年生も登場?

過去に相沢さんの担当で全員退学・復学したヒーロー科の二年生が城に来る可能性も考えられます。

26巻で相沢先生、ミケ、白雲朧の過去が描かれた際、おまけページで不破真綿という生徒が紹介されました。

ヒーロー科2年生は今回が初登場です。

そして今後の出演については「あります!!」とのこと。

現在の戦いでは、英雄たちは疲弊した状態で戦い続けています。

そんな状況を打破する方法として、これまで描かれていなかった2年生ヒーロー部の活躍が描かれることになると思います。

デクの父親登場

現在、海外ヒーローへの支援要請や日本で繰り広げられる戦いの様子が海外に発信されている。

影響は徐々に出てくる可能性がある。

その一つが、海外出張中とされるデクの父・緑谷久の登場だ。

本作ではこのキャラクターに関する情報はほとんどないが、出張中でもこの戦闘に関する報告はあるはずだ。

そして息子がすべての中心にいると、彼は行動を起こす可能性が高くなります。

クローラーは戦いに参加しますか?

海外ヒーローの登場に期待が高まる中、ザ・クローラー(灰廻光一)の存在もある。

スピンオフ作品『ヴィジランテ』の主人公として活躍し、その後アメリカに移住したと言われているキャラクターです。

元々は日本で活躍していたヒーローであり、教師になる前の相沢先生やエンデヴァー、ベストジーニストとの繋がりもある。

『ヴィジランテ』で最強のキャラクターとして戦った主人公が参戦すれば、厳しい戦況を一気にひっくり返すことも可能かもしれない。

スタインも参戦

オールマイトが期限付きで復活することも考えられますが、その際にはステインも参戦すると思います。

オールマイトはステイン自身が認める唯一の真のヒーローです。

さらに、力を失い自分の無力さに打ちひしがれるオールマイトを、ステインが励ますように励ました。

彼はスタインで、現在は行方不明ですが、彼が唯一認識している男であれば、再び現れると思います。

アンチヴィランとして、血のつながった性格を持つトガヒミコとの戦いが見られる可能性もある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *