ホジュン あらすじ 全 68 話

ホジュン あらすじ 全 68 話

まだドラマを見ていない人のためにドラマの紹介をします。

短くて読みやすいので飽きません! ドラマの予習に役立つあらすじを用意しました。

ホジュン あらすじ 全 68 話」の一覧です。

韓国ドラマ「ホジュン 伝説の心臓医」全話あらすじ

韓国ドラマ「ホジュン 伝説の心臓医」全話あらすじ

貧しい家庭に生まれたホジュンは医師の職を目指していた。 彼は数々の障害を乗り越えて国王の主治医となる。

努力を通じて成功への道を学んだホジュンの人生を描いたドラマ。

本作は大ヒットした韓国映画「ホジュン~王立内科医への道~」のリメイク作品です。

ホジュン あらすじ 全 68 話

ホジュン あらすじ 全 68 話

1話~3話

側室のホジュンは妻の子供のために一人ぼっちになってしまう。
ホジュンは寒さで倒れ、ある男に助けられる。

男はミヒョンという少女を連れていた。
ホジュンはミヒョンのことが心配で…。

ミヒョンとホジュンが盗賊に拉致される。
泥棒はホジュンの正体を知り、ホジュンの父親と取引をする。

ホジュンの父は上司の命令で盗賊との取引を断らざるを得ませんでした。
そのせいでミヒョンは命を落としてしまう。

ホジュンは深いショックを受け、父親を憎むようになった。

10年の時が経ち、ホジュンは大人になった。
ホジュンの母親はホジュンの荒れた生活を心配する。

一方、ホジュンはダヒと出会い、恋に落ちる。
ダヒの父親が急逝し、ホジュンはダヒを支えるために密輸業に身を投じる。

ホジュンはホジュンの父親に捕らえられてしまった…。

4話~6話

ホジュンは父親の配慮で脱獄する。
ホジュンの父親に対する誤解が解けた瞬間だった。

ホジュンは母親とダヒとともに逃亡生活を送ることになる。
しかし途中で役人に捕まり、再び刑務所で人生を送ることになる。

釈放された後、ホジュンはダヒの元には戻らず、手紙を残してしまう。

ホジュンの母親は腹痛を訴えて倒れる。
その後、ホジュンは名医ウィテの診療所を訪れる。

ホジュンはウイテの医療技術に魅了され、弟子入りを志願する。
ウィッテにスカウトされ、ホジュンは医学の勉強を始める。

イェジンはホジュンに治療に使う水について説明する。
イェジンは薬品棚で独学に励むホジュンにアドバイスをする。

そんな中、麻薬盗難事件が発生し、ホジュンが容疑を受ける。
ホジュンは真犯人を突き止めるが…。

7話~9話

ワイトの息子、クラムジーは、3日後に内科クリニックの試験を受ける予定です。
父親に仕返しするために試験に合格したい不器用な男。

ホジュンは不器用な相棒を任される。
彼は不器用な男で、頑張って試験を受けたが、落ちてしまった。

理由を聞いたドジっ子は…。

ドジが試験に落ちた原因は、ウィトとイェスの仲が悪かったためだった。

一方、ダーヘはワイトの診療所に運ばれる。
ダヘは肺炎を患っていたが、回復に向かっている。

一方、ダヘが診療所にいることを知らないホジュンは薬草を摘みに出かける。

ホジュンは薬草を採りに一人で険しい山へ向かう。
虎に追いかけられ、ホジュンは足を負傷してしまう。

ホジュンは友達に騙されたと知り激怒する。

一方、診療所に戻ったホジュンはダヒと再会する。
母ソンさんの許しを得て、二人は結婚することにした。

10話~12話

仕事に戻ったクラムシーはイェジンに結婚を申し込む。
イェジンは受け入れられないが、待ち続けると約束する。

一方、ホジュンとダヒの生活は困難だ。
彼女はダヒが困難に直面しているにもかかわらず、偉大な医師になってダヒの生活を安定させる手助けをすると約束する。

一方、ホジュンは山中で動物の内臓を切り出す男と出会う…。

山中で出会ったのは医学知識に詳しいグァンイクという人物だった。
ホジュンはグァニクから医学を学ぼうとする。

グァニクに拒絶されるが、ホジュンの情熱が伝わり弟子となる。
一方、イエジンは夫人からドジとの結婚を強要される。 ああ困惑している。

イェジンは診療所を去る。

一方、ホジュンはグァンイクの夢を叶えるために奮闘する。
グァンイクの夢は人間を解剖すること。

そんな中、瀕死の娘が運び込まれ、ホジュンは学んだ知識を活かして娘を治療する。
娘の命は救われ、ホジュンは一躍有名になった。

貧しい人々を無料で治療するホジュンに対して診療所内では不満が高まっている。

13話~15話

ホジュンはウィッテから薬品倉庫の管理を任されていた。
ホジュンの昇進に不満を抱いたプサンホはウィテを脅し、秘密の医学書を盗もうとする。

ホジュンはプサンホを捕まえるが、大事には至らない。

一方、ダヘは生活が苦しいため服を売ります。
それが誤解を招き、彼は泥棒に仕立て上げられてしまう。

この事件を知ったホジュンは、生計を立てるために診療所の仕事を辞めようとするが…。

ウィテの指示でホジュンは往診のためソン警視の家へ向かう。
ソン警視はホジュンを信用できない。

妻はホジュンの治療を受けるが、病状は悪化。
ホジュンが薬を飲ませようとすると、ソン警視は激怒しホジュンを捕まえる。

その後、ホジュンの熱意が伝わり、薬を飲ませた女性は回復の兆しを見せ…。

ソング警視は妻が回復したことに喜びを感じています。
ソン警視が賞金を渡そうとする中、ホジュンは謙虚に振る舞う。

ソン院長はホジュンに内科への応募を有利にするための推薦状を渡す。
また、ホジュンの家にも褒美が届けられた。

いつ夫人。 それを知ったオは、ホジュンの家から褒美のアイテムを全て盗みに行くが…。

16話~18話

ウイテに捨てられたソン長官への推薦状。
ホジュンはもう一度書いてほしいと頼んだが、それはソンが帰った後だった。

失意のホジュンは酒に溺れてしまう。
イェジンは困窮するホジュンの家族を養うために母親の形見を売ってお金を稼ぐ。

イエジンの行動を知っていたドジっ子…。

ホジュンは詐欺容疑でプサンボとともに投獄される。
ホジュンは自分の間違いに気づき、ウィテの診療所へ向かう。

しかし、ウィテはホジュンを受け入れたくなかった。
ホジュンは大使がいる寺院へ向かう。

そこで師であるグァンイクと再会するが…。

グァンイクはデシとサンファの過去を語る。
ホジュンはこの話を聞いて心が痛んだ。

一方、イェジンはホジュンがいる寺を訪れる。
同じ頃、村人たちに傷つけられていたサムファを救い、寺に戻る。

三花は大師に対する誤解を解き明かすことができたが…。

19話~21話

試験まであと10日。
ホジュンは家に帰り、ダヒに試験を受けることを告げる。

その後、ホジュンが試験の準備をしていると、患者が訪ねてくる。
試験の準備のため患者の診察を拒否する同僚。

しかし、ホジュンだけは貧しい患者の診察に忙しい。
試験当日、ホジュンの噂を聞きつけた病人が訪ねてくる。

ホジュンはギリギリまで患者の診察に追われる。
ホジュンは近道を教えてくれたドルセについていくことにする。

しかし、ドルセは母親の容態が良くないので看病してほしいとホジュンに泣きつく。
ホジュンはしぶしぶドルセの母親を診察し、彼女の回復を手助けする。

そのせいでホジュンはトラブルに見舞われ、試験に間に合わなくなってしまう。

試験を受けることができず、落ち込んで家に帰れなくなったホジュン。
母とダヒはホジュンの帰りを待ちわびていました。

一方、試験に合格したドジっ子は両親から祝福される。
しかし、ウィテはブランデラーが患者を見捨てて検査を受けたことに失望した。

ウイテに叱られたブランデラーは父親との確執から家を出てしまうが…。

22話~24話

ホジュンから県監察官の検査を任されたウィテ。
ホジュンは命を救うことに成功し、ウィテに認められユクリニックで働くことになる。

ホジュンの噂を聞きつけて診療所に患者が増える。
ダヒも診療所を手伝い、ホジュンをサポートする。

ウィテはホジュンに診療所を任せて旅に出るが…。

ドーセは診療所を訪れ、ドーセの母親が盲目であると不平を言います。
ドーセは母親の治療に集中するために他の患者たちを背に戻す。

ドルセの母の治療に専念するホジュンにウィテはある命令を下す。
しかしホジュンはその指示に納得せず治療を続ける。

そんな中、吐血して倒れているウィテを発見したイエジンは…。

自分の死期を悟ったウィテは、最後にもう一度ホジュンに伝えたいことがあった。
医者でも治せない病気はたくさんあります。

そんな中、ある村からペスト患者が現れる。
ウイテは自分の病気を顧みずに病気を治療します。

ようやく疫病も落ち着いてきたが…。

25話~27話

ウィテの病状を知ったホジュンはある決断を下す。
彼は必ず治療法を見つけてワイトを助けるだろう。

ホジュンは効果のある薬草を見つけるが、何者かに薬を盗まれてしまう。

イエジンはドジに行く。
彼女はドージにワイトのことを伝えたかったのです。

イェジンはついにクラムジーと再会するが…。

ワイトは息を引き取る。
ホジュンはグァニクの元に遺体を届ける。

ヴィッテさんの願いは、遺体を解剖して医療目的に利用することであった。

クラムジーも父親の死を知りショックを受ける。
ホジュンに遺体を託すウイテの決断に不満を持つ不器用な人物。

氏 そして夫人。 オは診察室を出るホジュンの前に到着する。

ホジュンはユクリニックを追い出される。
新しい医師マンスがユクリニックを訪れるが、彼は貧しい患者を門前払いにしてしまう。

送り返された病人がホジュンを訪ねてくる。
ホジュンは仕方なく診療所を開く。

これにはマンスも激怒…

28話~30話

ホジュンは成績優秀で病院の試験に合格する。
童子は義父に皇太子の侍医になってほしいと頼む。

ホジュンは内科の医師になったが、生活は依然として厳しい。
ダヒとホジュンの母親は、彼らの生活を支えるために一生懸命働いています。

ダヒは妊娠中の体に無理を強いられて倒れ、流産してしまう。
そのせいでホジュンは出勤初日から遅刻した。

ホジュンは遅刻の罰として宿直を命じられる。
ダヒが心配だが家に帰れない。
周囲はホジュンの仕事ぶりに圧倒される。

そこでマンギョンは、貧しい患者を治療しているホジュンにアドバイスをすることにする。
国民の苦しみだけに焦点を当てていては前に進むことはできないと彼は言う。
その言葉を聞いたホジュンは…

医師になったイェジンとホジュンは再会する。
さすがイエジン、両班の妻は妊娠していた。

一方、ホジュンの上司たちはホジュンの配属先を検討している。
そして発表された任務は…

31話~33話

ホジュンはヘミン警察署に配属され、キャリアの道から離れることになる。
一方、イェジンは医療材料を盗んだ容疑で逮捕される。

ホジュンは友人の協力を得て事件を捜査する。
そして真犯人が判明し、イェジンは釈放されるが…。

ヘミン警察署の不器用な女の子はイェジンを心配し、彼女を別の部署に配属させようとします。
しかし、彼は不器用な好意を断り、啓民警察署に留まると主張する。

クラムシーは、イェジンがヘミン警察署にいるのはホジュンのせいではないかと疑う。

一方、ホジュンは違法とされる院外治療を受けたとして厳罰を受ける。
彼は死に瀕しているにもかかわらず、千の刑罰を達成します。

彼女の臆病さは出産につながりますが、彼女の逆子は物事を困難にします。
ヘミン警察署のホンチュンは協力を求められるが、断られる。

ホンチュンは優秀な女性医だったが、汚名を着せられヘミン警察署にやって来た。
ドックムはホンチュンを必死に説得する。

そんな中、啓民警察署内に伝染病の感染者が現れて…。

34話~36話

ホジュンの骨の折れる治療から回復した使用人は、考えを変えることを誓う。

イルソとヤンテは横領の疑いで捕まってしまう。

そんな中、首吊り自殺した下級役人の死体が発見される。
当直医のホジュンの前に役人のソクが現れる。

ソクは母親のせいでホジュンを恨んでいる…。

ホジュンは使用人の死体に不審な点を発見する。
そんな中、童子とソクは出会い意気投合する。

そんな中、久頼が突然倒れて行方不明になってしまう。
ク・キョリの所持品から猛毒の麻薬「ハンミョウ」が発見される。

薬を渡した人物は自殺した使用人だったことが判明……。

ホジュンはハンミョウを入手するルートを探す。
そして明かされる使用人たちと九派の死の真相。

その首謀者がソンピルであることが判明するが、彼には何も出来ない。
ホジュンはがっかりした。

一方、ジョンミョンは突然捕まってしまう。

37話~39話

ソクはホジュンを追い詰めるため、ブラジャーズに助けを求めることにした。
ドジっ子はソクを説得して追い詰めるのを止めるよう説得する。

イエジンへのダメージを避けるためだった。
一方、ジョンミョンはソンピルの陰謀により汚名を着せられる。

ジョンミョンは最後まで無実を訴えながら悲劇的な死を遂げる。

同じ頃、ドジとホジュンは顔面麻痺の患者を治療する。

ホジュンが治療した患者は3日で回復する。
しかし、不器用な彼は回復予定日について嘘をつき、7日以内に直ると言いました。

それを知ったキョウヤの兄はホジュンに治療を任せる。
不器用な顔が台無し…

キョヒンの兄はホジュンの言うことを聞かず、薬も飲まない。
ホジュンはギョヨンの兄に反対されながらも薬を飲むよう説得する。

ホジュンはギョヨンの兄が初期の胃がんであることに気づいていた。
しかし、ドジとイェスはそれを見逃した。

不器用とイェスは自分のミスがバレるのを恐れ、その事実を隠そうとするが…。

40話~42話

王は京也の兄が胃がんを患っていることを知る。
ホジュンは国王からギョヨンの兄の治療を任される。

ただし失敗すると手首を切ってしまう。
これを知ったソクは、ホジュンが失敗するだろうと予想する。

一方、キョーマの兄の治療は一筋縄ではいかない。
期限が迫る中、周囲は不安そうに見守る…。

期限を過ぎても京也の兄は回復しない。
ホジュンは手首を切られ、足かせをはめられた。

しかし、その直前に京也の兄が回復。
ホ・ジュンは王から褒美を受け取り、喜びでいっぱいだった。

一方、ブランデラーはホジュンの成功に不満を感じていた。

ホジュンは昇進するが、クラムジーは医師としてミンに同行するよう命じられ、降格される。
これに不満を抱いたヘスは不器用に抗議するが受け入れてもらえない。

クラムジーとセヒのスキャンダルがイェスの耳に入る。
イェスはセヒから不器用な彼との関係について聞く…。

43話~45話

ホジュンはウィテの命日にドジの家を訪れる。
不器用な母親はホジュンを追い払ってしまう。

そんな時、ホジュンは不器用な母親が重病であることを知り、再び見舞いに行く。
しかし、不器用な母親はホジュンの治療を拒否し続け、ついには倒れてしまう。

ホンチュンはホジュンの治療を拒否する不器用な母親を診察するが…。

不器用な母親はついにホジュンの説得を受け入れる。
不器用な母親はホジュンの治療のおかげで回復の兆しを見せている。

そんな中、特使の相手にイェジンが選ばれる。
それを受け入れられないイェジンは自ら命を絶とうとする。

イェジンは生き残るが…。

チョンスは偶然見かけたホジュンに興味を抱く。
なぜなら、彼は私が以前に見たことのある人に似ていたからです。

しばらくして、チョンスはホジュンのことを思い出した。
密航や両班との結婚など、ホジュンが過去に犯した全てのこと。

それを知ったホジュンは罪を償おうと決意するが…。

46話~48話

マンギョンはチョンスにホジュンの罪を晴らしてほしいと頼む。
しかし、チョンスはそれを断り、ホジュンを迎えに行く。

ホジュンは流行病の治療法を調べている。
彼は自首したので、治療法が見つかるまで時間をくれと頼みました。

治療法が見つかるまで待たなければならないだろう…

ホジュンがドルセに復帰する。

その間、流行は一時的に沈静化しますが、その後再び拡大します。
主治医のチョソン氏も感染し、亡くなった。

その後、ドルチェの提案でペスト患者に梅ジュースを飲ませます。
すると効果が現れて疫病は落ち着きを取り戻す。

重臣のムン警視は疫病を終息させたホジュンを賞賛する。
彼は国王から褒美を与えられ、異例の医官昇進を果たした。

しかしホジュンはチョンスとの約束を果たさなければならない。
ホジュンの過去に関する噂が病院中に広まった。

ホジュンとダヒは捕らえられてしまう…。

49話~51話

ホジュンが逮捕されたことを知り、王に許しを請う者が現れる。
王様は葛藤するが、ホジュンの才能を認めて恩赦を与える。

しかし抗議が殺到し、ホジュンとダヒは有罪判決を受けた。

そんな中、キョヒンの容態が悪化しホジュンが呼び出される。
病状は落ち着いているが、まだまだ油断できない状況だ。

王はホジュンに治療を命じるが…。

ホジュンの熱心な治療のおかげで、ギョヨは回復に向かっている。
そしてホジュンは再び投獄された。

ホジュンに感謝する王は苦しそうな表情を浮かべる。
王様はホジュンに恩赦を与え、反対する者は懲らしめると凛々しい態度を示します。

その後、ホジュンはキョヒンの主治医として復帰した。

不器用な甲斐あってニンヤは無事妊娠した。
レンの野望は、彼女に男の子を産ませて王にすること。

彼女の王の関心も彼女の慈悲に向けられており、彼女は明らかにより優遇されています。
差別は内科でも同様で、京谷さんは適切な薬が受けられない。

ホジュンはギョヨンの病状悪化を心配するが…。

52話~54話

京谷の容態は再び悪化。
ホジュンは治癒薬草を探しに行く。

ホジュン不在中、キョビンの治療はクラムジーに任される。
しかし、一向に良くなる気配はなく、危篤状態に陥ってしまう。

そこに戻ってきたホジュンが治療し、キョビンの容態は無事回復する。

ギョヨンは自分の終わりが近いことを悟り、ホジュンにお願いをする。
その後、彼女は静かに息を引き取った。

数年が経ち、ホジュンは医学研究に没頭するようになった。
ホジュンの息子ギョムも父の影響を受けて勉強に励む。

ニンの息子・新庄くんの病気が治らないという理由で出禁になったドジっ子。
ドジっ子はホジュンに新庄の診察を依頼する。

ホジュンは失態の診断とは異なり、深刻であるとの診断を下す。
ドルセからヒントを得たホジュンは、すぐに新庄の治療を開始した。

しかし、ホジュンの無謀な仕打ちに周囲は大騒ぎに…。

55話~57話

シンジョ君の治療に成功したホジュンは昇進し、彼の主治医に任命される。
ドジっ子はまた敗北を感じた。

日本軍が朝鮮に侵攻していることを察知した光海は王に報告したが、王は聞く耳を持たなかった。
光美君と新庄君の後継者争いで派閥が分裂。

一方、日本軍の本格的な朝鮮侵攻が始まる…。

日本軍が押し寄せてきて、王は危険にさらされている。
火災が発生したヘミン警察署から医学書を持ち出そうとするホジュン。

ホジュンの家族もフェリーターミナルへ批判に行く。
一方、王一行もフェリーターミナルに到着し批判する。

しかし日本軍の追いつきを恐れた彼らは船を焼き払おうとした。

その告発により町は混乱に陥った。
サンファは日本軍の襲撃を受け重傷を負う。

サンファは傷ついた体を引きずりながらホジュンたちが待つ船へ向かう。
しかし、サンファは再び撃たれて船に乗れなくなる。

一方、ヤンテの妻は無事に男の子を出産する。

58話~60話

ホジュンはついに平壌城に到着する。
ホジュンの息子ギョムは、仕事を優先するホジュンにイライラする。

一方、日本軍の攻撃は続き、王たちは義州へ向かう。
途中、新庄くんの様子に異変が起きる。

治療はドジに任されるが、新庄の病状は悪化し……。

王の体調が悪いと聞いたホジュンは義州へ向かう。
ホジュンの配慮で、投獄されている不器用な者に王の治療を任せる。

王は復活し、不器用な男も解放される。
ホジュンの前で涙を流す不器用。

一方、ホジュンは医学書の編集のため王を訪ねるが…。

ホジュンは医学書の編集に忙しい。
チョン警視は国王から絶対的な信頼を寄せられているホジュンを良く思っていない。

チョン警視はホジュンを追い詰めるつもりだった。
その後、チョン警視の陰謀によりホジュンとイェジンのスキャンダルが発覚する。

この件でイェジンは国王から呼び出されるが…。

61話~63話

ホジュンは医学書の調査のため明国へ向かう。

一方、不器用な医師は妊娠中の王妃を診察する。
王妃が足の浮腫による痛みを訴えると、不器用な医師は女王は大丈夫と診断する。

しかし王妃の浮腫がひどくなり、心配した重臣たちは明の医官に診察を依頼した。

失態を犯した者は王の信頼を失う。
女王は想像妊娠のため妊娠していないことが判明した。

その後、王妃は無事に男の子を出産します。
王は大きな喜びで満たされました。

一方、オニョンはマンドクの家庭内暴力に苦しんでいた…。

医学書の編集予算が打ち切られ、ホジュンの研究に影響が出る。
一方、光海君と王妃の息子・英昭大君が同時に体調不良を訴えた。

権力闘争の真っ只中に混乱するホジュン。
ホジュンは危篤状態の光海君を救うために毒物ヒ素を投与する。

王はそのやり方に抗議するが……。

64話~66話

光海君の死を望むチョン室長はホジュンの治療に興味を持っている。
ヒ素の量を増やして古海の殺害を計画している。

チョンの計画は失敗に終わり、光海君は回復に向かっている。
そんな中、国王の死が近づいていた。

永昌大君を王の後継者とするため、鄭代官は……。

王は王の命令書を残して永遠に亡くなりました。

その後、チョン・デジュンは王命の存在を知り、ホジュンらを脅迫する。
彼は委任状が存在しなかったかのように振舞おうとした。

しかし、ホジュンは脅しにも動じず、王命の存在を告白する。
その後、王の死の責任を問われることになるが……。

ホジュンは追放される。
刑務所で医学に興味を持つ娘ウノクと出会う。

ウノクの亡き父親は医師だった。
村人たちは治療を受けるためにホジュンの元に群がる。

ホジュンは毎日診察に追われている…。

67話~68話

ウノクはホジュンの留守中に接待する。
ウノクの腕は確かで、ホジュンも感心した様子。

一方、ホジュンがいなくても医学書の編集作業は進んでいた。
ドジっ子の協力を得て、ホジュンに秘密裏に資料を送り、仕事を依頼する。

そして待望の医学書『東医法鑑』が完成します。
光海王は医学書を見てホジュンに赦免を命じる。

「東医宝鑑」の治療を受けた人々は苦しみに応じてヘミン警察署に押し寄せる。
周囲は緊張と不安でいっぱいだった。

しかし、原因は『東医宝鑑』を転記する際の誤字だったことが判明。
その後、「透視館」は多くの医療現場で患者の命を救うために使用されました。

そんな中、疫病が流行し、ホジュンは寝る時間がなくなり、治療を受けることになる。

ホジュンの人生は人の命を救うことだけだったような気がします。
そのせいでホジュンさんのご家族はとても苦しんでいると思います。

しかし、ホジュンのおかげで救われた命は計り知れない。
とても感動しました。- 日本の物語

よくある質問

ホ・ジュンは実在の人物ですか?

ドラマの中心人物であるホ・ジュンは実在の人物です。 彼の誕生年は1539年でした。

ホジュンの妻は誰ですか?

パク・ウンビン(イ・ダヒ)

彼女はジュンの地位がすぐに回復したにもかかわらず、ジュンを生涯のパートナーとすることを選択し、その地位を放棄して彼と結婚しました。 貧しさに耐えながらも、夫が偉大な医師になるよう、裏方として働き続ける賢明な女性。

その後ホジュンはどうなったのでしょうか?

彼女はそこで、保留されていた「東医宝館」の組み立てに時間を費やした。 翌年11月に釈放された彼は個人診療所に戻り、1610年に完成させた『東医奉還』を光海に渡した後、1615年に自殺した。 没後正一品に叙爵。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *