下剋上 球児 原作 ネタバレ – 結末は原作と同じですか?

下剋上 球児 原作 ネタバレ

2023年秋、鈴木亮平主演【下剋上球児】がTBS日曜にて放送予定。

この物語は、低迷する野球部が甲子園を目指す3年間の道のりを描く。

ノンフィクション本『球児の降臨 三重県立白山高等学校 甲子園への奇跡』を原作としており、三重県立白山高等学校野球部がモデルとなっている。

今回は「下剋上 球児 原作 ネタバレ」についてお伝えしていきたいと思います。

下剋上 球児 原作 ネタバレ – 「下剋上球児」の原作はあるのでしょうか?

下剋上 球児 原作 ネタバレ - 「下剋上球児」の原作はあるのでしょうか?

ドラマを見ているとオリジナル作品なのか疑問に思う人もいるかもしれません。 私も常に調べたり調べたりしています。

『下剋上球児 三重県立白山高校から甲子園への奇跡』とは、『下剋上球児』の原作のタイトルである。 菊地崇裕さんが記事を書きました。

このドラマはこの原作をもとに作られています。

『下剋上の九時』に登場するあらすじ、学校、組織、人物等は完全に創作です。 これはインスピレーションに基づいて意図されたものと思われます。

このドラマは、県大会1回戦で10年連続敗退した下位校・白山高校の実話をもとにした作品。

白山高校の愛称は「リアルルーキーズ」。

白山高校という非凡な小学校が甲子園に出場していることをご存知ですか?

この番組では、崩壊寸前の野球チームが奇跡を起こす様子も描かれている。

すべてがどうなるのか心配になり始めています。

作品がたちまち大ヒットとなった鈴木亮平が、約2年ぶりに日曜劇場ドラマ『下剋上の休日』で主演を務める。

【下剋上球児】のネタバレ

主人公の南雲修司は三重県立越山高等学校の3年社会科教師。

彼は大学まで野球を続けたが、怪我により引退した。

大学中退後、スポーツトレーナーに転身。

32歳で学校に再入学した彼は、教師になるという夢を諦めきれずに追いかけることを決意した。 その結果、熱心な指導者というイメージを与えてしまった。

地元の地主の孫の入学をきっかけに教師としての生活が一変し、廃部寸前の弱小野球チームの顧問を務めることになる。

子供が2人おり、妻と義父は共働きで、義父と同居しているため私生活でも家事をこなしている。

この物語は高校野球を題材にさまざまな形の愛を描いているため、ハッピーエンドが予想されるかもしれません。

それがどのように進んでいくのかを見ることに興味があります。

第1話

【下剋上球児】のネタバレ

2018年夏の甲子園地方予選。 春夏連覇の伊賀商業と越山高校の対戦。

3-5で越山高校が2点リード。 7回にはチーム最大の守備の課題を併殺打で解決した。 ここからです、と南雲修司(鈴木亮平)が大きな声で言う。

3年前、卒業式直後の2016年の春。三重県立越山高校野球部の唯一の選手は、3年生の日置誠(すがお・しんき)だった。

定年間近の横田(生瀬勝久)と入社3年目の丹羽校長(小泉孝太郎)は、南雲修司(鈴木亮平)に野球部の監督兼顧問を打診した。 しかし、南雲は断固として拒否した。

横田から新しく採用された家庭科教師・山住加奈子(黒木華)を紹介されるが、南雲は「そんなことはできるわけがない」と断る。 犬塚翔が名門・青葉高校の入学試験に不合格だったことを受け、地主の犬塚騎生(小日向文世)は翔の越山入学を決めた。

犬塚曰く、独自のグラウンドが生まれるという。 翔は熟練したプレーヤーであり、有名クラブの元エースです。 山住が他の応募者と連絡を取っていると主張すると、南雲は躊躇する。

南雲の恋人の妻・美香は、南雲に電話で「なぜ断ったの?」と尋ねる。 (井川遥)。 彼の断固たる反対の理由は何でしょうか?

第2話

【下剋上球児】のネタバレ

夏の大会を前に、南雲(鈴木亮平)が3か月の短期間の任命で野球部の監督に任命される。 山住(黒木華)の勧めで部員の実力を測る身体検査を行うことに。

翔(中澤元樹)やなる(生田峻平)など、すでに才能を発揮している新入生もいるが、気軽に野球をしたい部員たちは興味を失い始めている。

新入生の根室智広(兵頭功海)は、お金のかかる野球を続けると姉の柚希(山下美月)を怒らせるのではないかと心配し、授業を頻繁にサボる。 そんな中、嘉門(松平健)率いる強豪・聖馬高校との練習試合が決まった。

【下剋上球児】最終回のネタバレ(予想)

【下剋上球児】最終回のネタバレ(予想)

最終回の結末の予想ですが… ドラマに登場する越山高校野球部は当初の作戦を実行し、県大会で優勝し、甲子園デビューを果たすと思います。 6年目の東監督の活躍は、ドラマの3年間の傾向とは異なる。

ドラマには原案のエピソードが多数盛り込まれるかもしれない。

『花より男子』の「F4」ではなく、野球チームの問題児4人組「M4」の友情です。 伊藤くんはM4を離れるつもりだったが、仲間たちが彼に抵抗し、引き戻した。

伊藤さんも東監督から「今辞めたら一生仕事になる」と言われたという。 少なくとも高校は卒業してください。

東監督が1年生に部活動への参加を勧めた結果、参加率が上がった。 混乱していた学校も落ち着きを取り戻し始めた。

「ファーストミート事件」は、ソフトボールを使った試合でボールを落としてしまい、ミスをしたことがきっかけで起きた。

視力が悪く裸眼でプレーしていた強打者が守備の限界を理解し、コンタクトに切り替えた「コンタクトレンズ事件」。

「ピッチングマシン」事件では、顧問らがマウンド前で故障したピッチングマシンを交換しながら速球に対応しなければならなかった。

実は白山高校の目的は、甲子園で優勝することではなく、菰野高校を倒すことだった。 2018年春と夏に予選に出場したが敗退したため。 それが白山が乗り越えなければならない壁、菰野高校だった。 両チームは夏の予選3回戦で対戦し、白山が勝利した。

菰野選手との試合には興味深いエピソードがありました。 8回表1死満塁で三塁ゴロを打ったが、三塁走者の伊藤君は本塁に行かずに三塁に戻ってしまった!? 夏の暑さで彼は気を失ったようだった。

しかし、相手の三塁手は当惑してボールをミスプレーし、ボールを左翼側のファウル領域に飛ばした。 白山は突然Uターンした。

原作者によれば、このシーンは「誰もが終わったと思った瞬間」であり、「邪魔な三塁走者」が登場したという。

8回、9回と菰野の猛攻を止めて勝利することに成功した。 2018年夏の予選では、白山が菰野に“3度目の正直”で勝利したことが決定的となった。

ドラマでは松平健演じる我聞英介監督率いる干場高校野球部が越山高校と対戦することになりそうだ。 おそらく彼は「3度目の正直」で勝利するまでに2度負けることになるだろうか? 私はそれを予見しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *