呪術 回戦 ネタバレ – 最新240話

呪術 回戦 ネタバレ

2022年10月23日(月)放送の週刊少年ジャンプ『呪術廻戦』240話の最新確定ネタバレをお伝えします。「呪術 回戦 ネタバレ」について詳しくはこちらをご覧ください。

前章のあらすじ

前章のあらすじ

呪術廻戦の鳳作編は番組の第239話から始まりました。

晋作は猛スピードで結界内のプレイヤーを消し去っていった。

初期の黄色い樫の木もその一つでした。

さらに、豊作は自分に危険が及ばないことを保証するための観察手順を確立しており、いつでも逃げる準備ができていました。

続いて登場したのは高場文彦氏。

久作が包囲され、鷹羽が現れる。 一瞬悔しそうな表情を浮かべるが、鷹羽はターゲットではないため一撃で追い払う。

それでも鷹羽は襲われたが生きていた。

異例の事態に戸惑う豊作だが、今後はどうなるのか?

呪術 回戦 ネタバレ – 240話

鷹羽 vs. 晋作

ついに檜山に到着しました。

弘作もかなり強いですが、宿儺の戦闘レベルは五条悟との最後の遭遇以来大幅に成長しています。 彼の感覚は麻痺しているのかもしれない。

自分が他の多くの魔術師に比べていかに劣っているかを改めて思い知らされました。 (九十九由紀もヘンサクが演じました。)

鷹羽文彦は突然、甚作に会うために派遣された。

鷹羽は型破りなスタイルで自身の望む「スーパーマン(コメディアン)」像を実現する。

猿ぐつわは攻撃を無効にする可能性があります。

彼は他に類を見ない魔術師ですが、彼の成長を見守るのは非常に興味深いです。

呪術 回戦 ネタバレ - 240話

鷹羽はストッパー?

信作のもとに派遣されたのは、意外にも鷹羽文彦だった。

鷹羽の「スーパーマン(コメディアン)」というアプローチがいかに珍しいかを考えると、豊作でも使いこなすのは難しいかもしれない。

鷹羽が自分のスキルに自信を持ちすぎていないことも注目に値する。

鷹羽には日社に匹敵する実力があると思いますが、それでも単独で豊作を倒すチャンスはまだあります。

ということは甚作が止められたということでしょうか?

鷹羽と豊作の戦いだけでなく、その後の登場人物たちも楽しみです。

乙骨はしばらく動けなくなるのでしょうか?

豊作包囲網が見えてきました。

そこには晋作の期待感が込められている。

これにより、乙骨はしばらく動けなくなることが確認されました。

しかし、乙骨は宿儺を相手にすることは最初から分かっていたようで、豊作が包囲されることは事前に予想していたと思われます。

それが鷹羽を送った理由なのだろう。

そうなると宿儺の問題が解決するまで乙骨は稼働しないだろう。

本作の実力を踏まえて、最終的に本作を倒すのは誰でしょうか? もう、ワクワクしてきました。

ニチシャ&ユヒトの戦略とは?

紫雲一の敗北後に悠仁と日社が現れる。

両者は以前にも衝突したことがあるにもかかわらず、非常に幸せなタッグマッチでした。 しかし、もし別の状況で出会っていたら、きっと素晴らしい友人になっていただろうと思います。

この二人がどのような戦略を立てるのか、非常に興味があります。

太陽を賭けて領土拡大を巡って訴訟を起こすと思われますが、宿儺はこれにどう答えるのでしょうか?

五条との戦いで受けた脳の損傷により世界拡張能力を失ったが、その後本来の姿を取り戻した。

それは、新しい地域への成長が可能であることを意味しますか?

勝てるとしたら誰が勝てるでしょうか? しかし…

スクナにとってはニチシャのフィールド拡張が楽しい気分転換になることを願っています。

ユヒトの変形した手はどうなるのでしょうか?

悠仁さまが参戦することはすでに明らかになっている。

悠仁といえば、最初は宿儺の器として仕えていました。

しかし、その地位はその後排除されており、彼らの関係は否定できません。

スクナが言ったように、ユウジンがどのような能力を持っているのかに興味があります。

悠仁さまが登場したときに注目したのは悠仁さまの手ですよね?

人間の手で作られたものではないようなので、何かが植えられているのは間違いありません。

悠仁が宿儺の器として進化したことを考えると、その中に何らかのフェチが植え付けられていても不思議ではない。

宿儺に対するユヒトの戦略は興味深いものとなるだろう。

スクナのボルテージは上がるのか?

悠仁が軍隊に入隊したとき、スクナは最初に懸念を表明した。

宿儺は悠仁を器として利用しており、宿儺を拘束した変わり者である。

宿儺の計画はうまくいかず、さぞかし悔しかったことでしょう。

それはある意味スクナにとって唯一無二の存在でもある。

スクナは狡猾で凶暴な男なので、ユジンと何をするのか楽しみにしていることが想像できます。

紫雲紫華の瞬殺術を使うとは思えない。

彼が彼らをどのように殺すかは興味深いものになるだろう。

浦梅と圭の対決の行方は?

宿儺と五条悟の決戦を黙って見守っていた浦梅がついに動き始める。

このスケールを待っていました。

鱗は浦梅を包み込むことに成功し、その領域を一気に拡大する。

スケールの領域拡張「必殺ヒロト」は、大勝利と無敵モードをもう一度見るチャンスを提供します。

彼が裏梅戦でこの無敵モードをどこまで押し進めることができるかは興味深いでしょう!

浦梅の能力については不明な部分も多いが、かなり長い間宿儺の側近を務めていたと思われることから、何らかの能力を持っているはずだ。

スケールに達すると、自分が才能のある人であることがわかります。

彼らの対立がどのように展開するかを見るのは興味深いでしょう。

伏黒の人生はどうなるのか?

物語の終わりが見えてきたようだ。

この状況で気になるのは伏黒の存在です。

五条悟は伏黒について「宿儺を殺してから考えるべきだ」と発言していました。

この発言は悠仁の一度死んで生き返った体験を元にしているようですが、フクロを生き返らせるための作戦とは一体どのようなものなのでしょうか?

悠仁と宿儺が取引をしたので悠仁は生き返ったけど、その手を使うことは許されないですよね?

しかし、五条悟は彼の大切な弟子を忘れることはないだろう。

彼は何か計画を考えているに違いない。

無事に伏黒の魂が目覚めますように。

伏黒復活の可能性は?

五条悟は戦いの中で伏黒を一度殺すことを考えると宣言した。

これは伏黒救出の可能性がまだあることを示唆している。

この展開には本当に興奮していますし、本当に励みになります。

しかし、これは五条悟の結末を前提とした物語です。

伏黒が負けたら復活の可能性はかなり低くなるんじゃないでしょうか?

彼は主要な主人公の一人なので、うまくいけば生きて帰れるでしょう。

伏黒が戻ってくることを願っています。

誰が総監部を破壊したのか?

呪術廻戦223話で起こった衝撃的な事件で、落巌寺がパンダの秘密を明らかにします。

五条悟はさすがに面食らったが、その後のカットには意味があった。

監察総監部では深刻な整備不足があった。

そして誰によって? 少し考えずにはいられません。

物語の進行からすると、どう見ても楽巌寺は怪しいように思えます。 どう思いますか?

五条悟と楽巌寺はしばらく対立していましたが、これは彼らが最終的には仲直りすることを暗示していますか?

あるいは、楽巌寺が何かトリックを隠しているかもしれません。

謎は深まるばかりだ。

乙骨は何を受け取ったのでしょうか?

癒しキャラの乙骨と狗巻の2枚の絵が秀逸でした。

スクナが狗巻の腕を切断したことも明らかになった。 (ユジンにとって一番の心配は二人の問題でした。)

乙骨は狗巻から何かを得たようだが、それが腕を失ったことと関係があるのか​​は不明。

よく見てみると、スピーカーのようですが、最終的にどの程度実用になるかはわかりません。 (以前にも使ったような気がする?)

しかし、狗巻が乙骨に何かを与えたのは間違いない。

もう一度二人が一緒にプレーするのを見るのが楽しみだ。

死の旅路の果てが最終回?

クエストの結果、死と死のサイクルを断ち切るためのルールが作成されました。

これは豊作の死のサイクルが終わりを迎えることを意味するが、そのために必要な条件は厳しい。

最終章は「甚作と宿儺以外の呪術師の死」ではないでしょうか? それは感情です。

呪術廻戦があと1年で終わると言われていることを考えると、デス・リターンが最終章だと考えるのが妥当でしょうか?

主要キャストが最初から大幅に減ったので、死と死の航海の後にもっと出てくると信じていると精神が保てないかもしれない。

死へ向かう旅が無事に幸せに終わることを祈ります。

呪術廻戦の楽しい結末は考えにくいですが、それが私の希望です。

これ以上死者が出ないことを祈ります。

釘崎野薔薇死亡説が強い?

久しぶりに釘崎野薔薇の写真が出てきました。

でも同時に悠仁さまは大事なことも言いましたね。

悠仁の「釘崎の代わりみたいになるのが怖い」という発言は釘崎の死を裏付けたのだろうか。 ささやき声が聞こえます。

実際、悠仁の発言を聞いた伏黒も同様に苦い表情を浮かべていたことから、釘崎が生きているとは考えにくい。

しかし、現在の魔法界の激動の状況と釘崎の死に関する具体的な証拠が不足していることを考慮すると、遊人たちが状況を誤解している可能性は十分に考えられます。

したがって、現時点では釘崎氏の死亡は確認されていないと思います。

チャン・サンは人間として生きる決意をするのか?

チャン・サンは自分の人生を最大限に活用するつもりだったが、九十九には別の考えがあった。

九十九の心境は、若い才能に自分の未来を託すということなのだろうか。

チャン・サンは将来ある時点で外見を変えるかもしれない。

しかし、張相にとってそれは悲惨な結末だったに違いない。

しかし、張尚は九十九のアドバイスに従って「人間」として生きることを決意するのか?

張相は何よりもまず自分の人生を弟たちに捧げており、これは将来も変わる可能性は低い。

何よりも、常に弟たちを気遣う姿は、本当に人間らしいなと思いました。

これからはこの九十九の言葉を思い出しながら、人間として生きていくことを選択し、悠仁さまに近づいていくのだと思います。

本当に素晴らしい兄弟です。

虎杖に宿儺を引き取らせたのは甚作なのか?

張相と彭索の会談から、彭索が今後胡周に何かを迫るつもりはないことは明らかだった。

正直に言って、これには驚きました。

豊作は好奇心旺盛なので虎杖に興味を持つのかと思っていましたが、どうやら虎杖を器としてしか見ていなかったようです。

あるいは、甚作はかなり前から虎杖が宿儺のパイプ役になることを知っていたのではなかったのか?

豊作がさまざまな戦略によって千年以上生き延びてきたことを考えると、彼の経験値を考慮すると宿儺として活用できる器を見つけることは不可能ではないでしょうか?

さらに、虎杖に宿儺の指を受け入れるよう説得できなかったのか?

前述の説が正しければ、古城の魔術師への変身は偶然ではなく、強制されたものということになる。

むしろ、最初から手のひらの上で踊るように設計されていることを示しています(かなり不気味です!)。

健樹の信念は解けるのか?

重傷を負いながらも健樹は一命を取り留める。

「そんなことないみたいよ」というマキさんの言葉がとても心に残りました。

賢樹は自分が王位に就けなかった自分に価値がないと感じているが、母方は彼をひどい名前で呼んでおり、すぐに戻ってくることを期待していたことを示している。

双方の感情は分かれていますが、これは適切なコミュニケーションによって解決できる可能性のある問題です。

マキさんは素晴らしいアドバイスをくれました。

私は、健樹君がいずれ母親と有意義な会話をする時間を設けることができることを願っています。

家族を導くことができなければ自分には価値がないと考えるのはとても憂鬱です。

野薔薇が復活する可能性はあるのでしょうか?

渋谷事変で野薔薇に重傷を負わせたマサト。

彼女の頭を打ったことが彼女の死の原因でしょうか? ただし、死亡者は確認されていない。

しかし最近、野生のバラが戻ってきているかもしれないという報告を聞きました。

私のお気に入りのキャラクターの一人はノバラです。彼女が存在し続けることを願っています。

その結果、私も劇的なカムバックに興奮している一人です。

それぞれのキャラクターが異なるため、野ばらも特殊な能力を持って登場する可能性があります。

野バラの復活に興奮しています。

次の章はいつリリースされ、いつ延期されますか?

次の呪術廻戦は延期されません。

10月30日発売の週刊少年ジャンプ48号に掲載されます。

まとめ

最新話速報として呪術廻戦240話のネタバレをご紹介してきました。

呪術廻戦第240話では、最後の戦いの作戦会議のシーンが掲載されました。

久作をいつ出すか、誰を送るかが議題となっている。

そこで鷹羽は天使からアドバイスを受けた。

鷹羽と本作が激突するも、序盤は鷹羽が本作の攻撃を反撃。

しかし、後半に入ると豊作の分析が光り、完全に逆転することができた。

すでに窮地に立たされている鷹羽だが、果たして前進することはできるのだろうか?

『呪術廻戦』が今後どのように進化していくのかにも興味があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *