夏目 アラタ の 結婚 最新 話

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

『医龍』『幽霊塔』を手がけた乃木坂太郎による新作長編漫画『夏目アラタの結婚』。 児童相談所職員・夏目アラタが獄中で死刑囚と結婚する衝撃の物語が注目を集めている。

本作の見どころは会話の駆け引きと心理戦。 「連続バラバラ殺人事件」の容疑者・品川真珠の不気味な発言と、それに伴って登場人物たちの仮面が剥がれていく様子は緊張感に満ちている。

『夏目アラタの結婚』は、読者に狂気と嫌悪の現実を体験させる物語です。 この記事では、主な登場人物や物語のあらすじ、夏目 アラタ の 結婚 最新 話まで徹底的に紹介していきます。

夏目 アラタ の 結婚概要

夏目 アラタ の 結婚概要

凶悪連続殺人事件の被害者の孤児・山下拓人は、児童保護施設で働く夏目アラタに、父親の殺人犯との代理で話をしてほしいと依頼する。

拓人は行方不明になった父親の首を捜すため、アラタという偽名で殺人犯の品川真珠と手紙のやりとりを続けていた。

アラタはタクトを助けることに同意し、暗殺者から刑務所への面会を受ける。 風変わりで奇妙な真珠は、アラタが手紙の真の作者ではないと推測すると、立ち上がって立ち去ります。

アラタは会議を続けたいと切望し、彼女に結婚したいと怒って叫ぶことにしました。 これに興味を持った真珠はその提案を受け入れ、無実を信じる弁護士の宮前に訴訟を注意深く監視するよう指示する。

アラタは恋をしていると公言し、プロポーズを進めたいと思っているが、特に真珠が態度を変えて正義に協力することに熱心であるように見え、同じく発見されていなかった別の被害者の腕の位置を明らかにしたためである。

宮前は、真珠が犯人ではないと疑う真珠の記憶が戻り無罪になるよう、アラタに事件の捜査を続けるよう依頼する。 アラタは、真珠が殺人犯であり、自分も殺したいと思っているかもしれないと信じているにもかかわらず、結婚の意図が本物であることを彼女に説得し続けることにしぶしぶ決めた。

主人公

夏目アラタ

夏目アラタは児童相談所に勤務する30代男性で、本作の主人公です。 高身長と猫背が特徴で、見た目は「目つきの悪いヤクザ」。

乱暴な言動が目立つが、虐待を受けている子供たちを助けたいという強い思いを持ち、場合によっては脅迫や暴力行為も辞さない型破りな人物。 彼は自分自身を「たとえ相手を半殺しにしてでも子供を守りたいときのショットガン」と表現しています。

品川パール(品川ピエロ)

品川真珠は3人の被害者が確認された「連続バラバラ殺人事件」の容疑者である21歳の女。 逮捕された際にピエロの格好をしていたことから、世間では「品川ピエロ」と呼ばれるようになった。

明るい色のショートヘアと痩せ型の体型は中性的だが、虫歯でボロボロの歯が可愛らしい顔立ちに不気味な印象を与えている。 洞察力に優れ、迫真の演技で周囲の心を掴むのが得意で、本心がどこにあるのか分からない人物。

宮前幸一

宮前幸一は品川真珠の個人弁護士。 真面目でお人好しな性格で、真珠の無実を信じている。

宮前さんは真珠の幼少期を知っており、当時8歳だった真珠が両親から無視されていたことも知っていた。 国選弁護人の一人としてパールと再会する運命を感じた彼は、自費で彼女を弁護する。

真珠に結婚を申し込んだアラタは内心では疑惑を抱いているが、表面上は真珠の無実を勝ち取る味方として接している。

桃山かおり(ももちゃん)

桃山かおりは児童相談所に勤める新の先輩。 ぽっちゃりした体型と童顔で母性を感じさせる彼女は、新曰く「理想のタイプ」。

アラタの相談相手であり、聞いた話から真珠の真意を見抜くなど洞察力に優れた人物である。 しかし、彼女は心の中で彼を自分の真珠の中に深く入れてしまったことを後悔しています。

死刑囚との獄中結婚という衝撃的なテーマを描いた『夏目アラタの結婚』。 品川真珠の人心掌握の巧みさとそれに振り回される性格が物語全体に緊張感を与えている。

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

夏目 アラタ の 結婚 最新 話

5巻

アラタはパールに最も近い存在として、パールの過去を探り始める。 調査が進むにつれ、アラタはパールがすでに父親を殺害しているという結論に達した。

いつものように真珠に会いに行くと、真珠に父親のことを聞かれる。 しかし、新は小学3年生の時に父親を事故で亡くしており、当時の幼い父親のことしか覚えていない。

新は真珠に「一緒に歳を重ねてくれませんか?」と尋ね、運命を感じ始める。

6巻

法的な緊張感が漂う重苦しい雰囲気の中、いよいよ第3回控訴審が始まる。 真珠は二度目の公判で「真犯人は父親だ」と衝撃的な発言をするが、実は父・三島省吾とは血のつながりがない。 わかりました

裁判が進むにつれ、真珠の有罪の証拠が次々と明らかになり、彼女は少しずつ追い詰められていく。 一方、本当の事件の鍵は母・品川環にあると考えたアラタは、既に亡くなったパールの母の心臓を探ろうとする。

7巻

品川環の出身地である石川県で、品川の指示のもとに向かったアラタは、真珠を裁判で有利にする物的証拠を発掘することに成功する。

さらに、石川県を訪れた際には、真珠の母である環が何から逃げようとしていたのか、真珠が何を抱えているのか、そしてなぜ真珠のIQが上がったのか、疑問を抱いたという。 私も全て理解しています。

事件の真相を知ったアラタは、今自分に何ができるかを真剣に考え、結婚相手である真珠に率直に話し合うつもりだった。

8巻

新は真珠の数々の供述を総合することで、起訴当時彼女が実は未成年だった可能性を発見した。 彼女の真珠と法廷で争う検察もまた、彼女が成人であるという証拠を提出できず、裁判は中止され、裁判は最初からやり直しとなった。

パールは再逮捕される直前にバイクで迎えに来たアラタの後ろに乗り、刑務所には行かずに逃走を始める。 彼女の親族は隠蔽罪で無罪となることが多いが、それは裁判官の裁量による。 アラタとパールはどこへ行くのか?

9巻

裁判中、アラタは一瞬の隙をつき、真珠を持ってこっそり法廷を抜け出した。 ようやく外の世界へ出ることができた真珠は、彼女が住む藤田の家で初めてアラタを誘惑する。

そこでは一線は越えなかったが、真珠を撫でたあと、アラタは「殺人事件も全部夢で、普通に一緒に暮らせたらいいのに」と夢を膨らませた。 。

アラタは検察に追われる中、なぜ真珠が外に出たのか、真の目的を探ることを決意する。 発見できなかった拓人の父親の首の在り処を教えられ、同時にアラタは自分が真珠の実の父親かもしれないことを知る。

10巻

弁護士の宮前が真珠の実の父親ではないかと考えた新は、真珠殺害の動機がなんとなくわかったと宮前に告げる。 同時に新は宮前に「もう首を突かないほうがいいよ」とアドバイスする。

新の発言を聞いた宮前は、「なぜ自分が真珠母であることに気づいたのですか?」と尋ねた。 You can そこで、環がこっそり会いに来ていたことを知り、宮前は泣く。

一方、真珠はサナに兄との肉体関係を追及していた。

『夏目アラタの結婚』のみどころ

タイトルからは平和な物語を想像するかもしれませんが、真珠を巡る事件の真相が徐々に明らかになっていく本格ミステリーです。 この作品の見どころは、主人公である夏目アラタと真珠の歪んだ関係です。

最初は勢いで真珠にプロポーズしたアラタだったが、お互いを知るうちに徐々に惹かれ合い、お互いのことを知りたいと思う部分があった。 これから物語や二人の関係がどうなっていくのか楽しみです!

死刑囚との獄中結婚という衝撃的なテーマを描いた『夏目アラタの結婚』。 品川真珠の人心の掴み方が巧みで、彼女に振り回される人間模様が物語全体に緊張感を与えている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *