帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

この記事では、帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話を紹介します。

皇帝の娘スベクヒャン あらすじ

皇帝の娘スベクヒャン あらすじ

時は第24代東城王の治世末期、6世紀の百済。 カリム城の城主ペク・カの娘チェファは、王のいとこであるユンを密かに愛しており、彼の子を身ごもっている。 ユンはサフンとして戦いに明け暮れており、チェファが妊娠していることを知らなかった。

ある日、戦場から戻ったユンはチェファに、もし子供ができたら自分の娘なら「百済を守る花」という意味の「小白香(ソベクヒャン)」と名付けてほしいと告げる。

その頃、チェファの父ペクカは東城王に辱めを受け、怒りを募らせていた。 一方、ユン氏の側近ヘ・ネスクは「ユン氏も東条王の死を望んでいる」と東条王暗殺を迫る。 東城大王を疎んでいたかに見えながらも東城大王を愛していたユン氏はこれに激怒し、ペク・カを自殺に追い込んだ。 ネスクはチェファがユンの子を妊娠していることを知るが、ユンを王にするために事実を隠し、チェファが死んだことをユンに告げる。

ペク・カの邸宅が炎に包まれたとき、父の側を離れようとしなかったチェファは家臣のクチョンに救出された。 「ソベクヒャン」ではなくソルランと名付けた。 一方、第25代武寧王として即位したユン氏は、「息子を守りたい」という東城王の遺言に従い、自分の息子とよく似ていると言われる自分の息子をすり替えた。 彼を側に置くことで自分を守り、彼を王位に就かせようと考える。

チェファとグチョンの間に生まれたソルヒは、異母妹ソルランが武寧王の娘であることを知り、彼女になりすますことを決意する。

こうして、激動の時代に翻弄されながらも徐々に権力を握っていくスベクヒャンの激動の物語が始まる。

皇帝の娘スベクヒャン – キャスト

ソルラン(スベクヒャン) – ソ・ヒョンジン

彼女は、悲しい恋の子孫チェファと百済第25代君主武寧君の子供です。 彼女は、楽しい存在を持った率直な女性です。 彼女は夜遅くまで機織りをしている母親の隣で寝ています。 妹のソルヒは王女の地位を奪って百済の諜報部隊に入隊する。

ソルヒ – ソウ

月をも超える美しさを持つ女性だと言われています。 ソルヒの名前はカヤ村の誰もが知っており、ソルヒを一目見て恋に落ちずにはいられない男は誰もいなかった。 しかし、ソルヒは、憂鬱な加耶地域を離れたくて、いつか母親が夢で話した美しい百済へ旅行することを決意しました。

ミョンノン – チョ・ヒョンジェ

東城王の息子でありながら、幼い頃に父親から引き離され、武寧王として育てられた。 その後、第26代聖王として即位した。 ビジネスにおける彼の氷のように冷たい態度にもかかわらず、彼は大衆に対して信じられないほど親切です。 彼は名実ともに皇帝にとって素晴らしい人材である。 武寧王を支持し、百済の復興にすべてを賭ける。

ジンム – チョン・テス

武寧王の息子だが、神武を守ってほしいという東城王の願いを尊重し、武寧王がそれを叶えるため、東城王の息子として育てられた。 彼は、父親が殺され、そのせいで自分は一日で皇太子の座を追われたのだと思い込んでいる。

ユン/武寧王 – イ・ジェリョン

百済の中州時代を築いた君主。 官位16位の第一位であるチャピョンとして多忙な中、チェファとは秘密の関係を持ち、子供が生まれたにも関わらずチェファはそのことに気づいていなかった。 東城王の死後、武寧王として即位した。

チェファ – ミョン・セビン

ソルヒとソルランの母親。 彼女は武寧王の唯一の女性です。 しかし、彼女の恋人だった武寧王は彼女の父親を殺してしまいました。 彼女は武寧王への愛を止められず、武寧王を忘れられず、言葉の通じない九川とともに百済を離れ加耶に隠れる。 クチョンと結婚し、武寧王の娘ソルランを育てるが、武寧王を狙うチンムの陰謀によりチンムは両目を失い、命の危険にさらされる。

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話

ソルランは切ない涙を流しながら歌う。

それから王がやって来ます。

王は金門で育ったのに、なぜ百済の歌を知っているのかと尋ねます。

母親がよく歌っていた歌だと答えようとするソルランは躊躇する。

彼は、お姫様が歌っているのを聞いたと答えました。

お姫様のお母さんがよく歌っていた歌です。

ソルランは王様になぜハンスが大切なのか尋ねます。

王は、百済はもともと漢水のほとりに建国されたと語ります。

また、キムンがいれば民の繁栄と力が得られ、高句麗からハンスを取り戻すのに役立つだろうとも述べた。

スベクヒャンは王妃に、宮殿の外で人々が飢えているという噂を聞いたと話す。

そして彼は高価な宝石を贈り、「これを手放して国民を救いたい」と言いました。

女王とその高位の女性たち、さらには侍女たちも同様に、王女の好意に賛同し、寄付をし、国民にお粥を食べさせ始めました。

スベクヒャンはその善行を国王から賞賛される。

ソルヒは土下座して姉に許しを乞う。

ソルヒは両親が自分よりも姉を愛していて悲しかったと言う。

私は生きている。

傷ついたふりをするのはやめてください。 ソルランは、お父さんとお母さんがあなたを大切にしていたのは知っていると言いました。

ソルランはソルヒに言葉を尽くして考えを変えるよう必死に説得する。

しかし、ソルヒの耳には届かなかった。

それどころか、あまりにも無理をすると、世子に真実を話すかもしれないとソルランを脅迫し始める。

国王を含む誰もがこの慈善活動に満足しました。

彼女の妹は、自分がいなくてもみんなを幸せにできるから百済を出てほしいと私に言いました。

ソルランは痛みに胸を打ち、泣き崩れる。

父と母と叫びながら泣きながら、やがて決意する。

このままではミョンノンが怪我をしそうだ。

漢水を取り戻そうとする実父の武寧王。

ソルヒは王女の玉座を守りたいと思っていた。

ソルランが3人のためにできるのはキムンに行くという選択だった。

ソルランはトリムにそのことを知らせる。

喜楽殿の門番となったトルデとマングーは、ある夜王女が外出したと報告する。

門番に二人を選んだ理由。

ナウンが信頼できるかどうかを確認するためだった。

ナウンが王女の外出を報告に来れば、彼女が嘘をついていないと証明されるでしょう。

いつものようにナウンはお姫様のふりをして彼女の家に泊まった。

ナウンはスベクヒャンとソルランの関係が気になる。

彼が悪党を訪ねたとき、王女からソランを追跡するように頼まれたことも聞きました。

ソルランはソルヒにバクのことを話す。

悪夢を食べると言われる獏は、ずんぐりしていてかわいいですが、悪魔を見ると恐ろしい姿に変身します。

ソルランは自分が獏になってしまうのではないかと心配していると言う。

そこで彼は百済を離れることを決意した。

でももしカリンにそのようなことが起こったら、つまりソルヒの私欲で国王と王子が危険にさらされたら、彼は恐ろしい獣と化してあなたを傷つけるかもしれません。 ソラン。

王はまた、ソルランが自らキムンへ行くことを志願したと報告した。

ミョンノンの気持ちを知った王様はショックを受け、ソルランを呼び出す。

ソルランは、ミョンノンが自分を気にかけてくれることに応えたいと言う。

彼女は王に、自分は女性として考えられておらず、臣下としての忠誠だけを期待されていると嘘をついた。

王はそれを文字通りに受け取ったのでしょうか、それとも彼女の心の痛みを感じたのでしょうか?

そこまでは知りませんでした。

王の部屋を出るとミョンノンがいます。

ミョンノンはソルランが志願したことが信じられず、自分に何か隠しているに違いないと主張する。

彼女がマックムを探した理由と何か関係があるのだろうか。

ソルランはここでも虚偽を並べ立てます。

彼は知人から、探していた妹が実は亡くなっていたと知らされた。

だからこそ、故郷に帰りたいのです。

それでも彼は私を行かせようとしなかったので、私はひざまずいて泣きながら「私を憐れむなら行かせてください」と懇願しました。

ミョンノンは言葉を失う。

それぞれが愛する人を想う…。

結論

51話はこんな感じでした。

ミョンノンはソルランの目に切実で切実な感情を感じたに違いないと思います。

私がボランティアをしなければならなかった理由があるはずです。

ミョンノンが調べれば、ソルランの正体が明らかになる。

ソルヒはソルランを偽善者と呼ぶが、これは偽善ではなく、紛れもなく博愛主義である。

ソルランに勝ったと誤解してほしくない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *