転生 悪女 の 黒 歴史 最新 話

転生 悪女 の 黒 歴史 最新 話

この記事では転生 悪女 の 黒 歴史 最新 話のネタバレと感想を紹介していきます。

転生悪役の黒歴史 概要

転生悪役の黒歴史 概要

十日アキハルによる『転生悪女の黒歴史』(てんせいあくじょうのくろれきし)は、日本の漫画作品。 『LaLa』(白泉社)にて、2018年10月号から同年12月号まで連載した後、2019年3月号より連載中。 自身の黒歴史小説の世界の悪役に転生し、死亡フラグを犯すことになる。

佐藤コノハは中学生の頃、「いつか異世界に召喚される」と信じて、異世界を舞台にした物語を書いていた。

10年後、社会人になった佐藤このはは仕事帰りに事故に遭い、自身の小説の世界に転生してしまう。

彼女の物語は「愛と魔法の冒険ファンタジー」の世界に設定されており、メインヒロインであるコノハは、彼女と同じ名前の伯爵夫人の娘です。 私は邪魔者です。 イアナはコノハを殺そうとしますが失敗し、物語は彼女の死から続きます。 ヤナに転生した佐藤このはは、死亡フラグをたたみつつ奮闘する。

ジノフォードはヤナに転生してすぐに、執事のソルの暗殺を命じた。 イアナは、自分の死亡フラグを回避するために、木の葉に執着する叔父を乗り越えた物語の展開を回想する。 自分の命を守るための予防策を講じなければ、ソルに殺されてしまいます。

イアナはコノハを守り、自分も生きる決意をする。 ソルは、ヤナの転生による性格の変化のため、ヤナについて学び続けると主張する。

リリー王国に留学していた幼馴染のヨミが日本に帰国した。 小説では、コノハを暗殺しようとするヨミをイアナが止めようとし、ヨミは殺害対象をソルに移す。

イアナはヨミを守りながら、彼女と彼の死亡フラグを立てることを決意する。 当局はアイアナがゴージャスな少女シャノーの失踪事件の犯人ではないかと疑っている。

アマリリス夫人のパーティで相棒となったメノアが行方不明となり死亡フラグを回避したことで、真犯人がアマリリス夫人であることが判明する。

タンポポ湖の近くで若きエルフのシュクナとカグラに出会ったイアナは、この地で起きた吸血鬼のエピソードを思い出す。

事件を回避するため、イアナはソル、ヨミとともにエルフの集落へ向かい、吸血鬼の王を倒すが、黒幕がカグラであることを知る。

イアナは吸血鬼との戦いで魔力を奪われたヨミを取り戻すため、両親に会いにジノフォードへ飛び、そこでヤトリと出会う。 ヤナは、ヤトリがコノハに恋をしている一人であるため、ギノフォードと戦うことになるのではないかと心配しています。

一方、神楽は木の葉を攻撃し、聖者になるよう説得します。 ギノフォードのせいでイアナは衝突するが、彼女はヤトリと和解し、彼の婚約者候補となる。

イアナは転生前に「忍」に木の葉の暗殺を依頼していた。 それを阻止するため、イアナはみんなで温泉で知られる「かくりよの里」へ向かう。

ソルは仲間のオーニーズと再会し、イアナは再びヨミの前で「強い女性を演じる」ことを選択する。

転生 悪女 の 黒 歴史 最新 話: 56話

転生 悪女 の 黒 歴史 最新 話: 56話

[ギノフォード] そしてヤナの従者なのに「誰を襲うんだ?」と言うジーノくん。
最近は余裕がなく、ハイスペックイケメンとは程遠い。
佐藤の理想の王子様像とはかけ離れている気がするが、これも人が昏睡状態に陥らない歪みなのだろうか。 考えています。
まあ、良くも悪くもジノタンが一番人間らしいと思うし、嫌いではないです。
「この人とは木の葉をやるつもりはない」という気持ちになってしまいます。
正直に言うと、今はギノコノを応援することはできません。
むしろ一度本気で戦ってほしい。

でも、たとえギノタンが昏睡状態だとしても、木ノ葉様の旅の主役はイアナさんでしょうね。
タンさんは悲しいです。

[イアナ] 何があっても、あなたは本当に使用人を守りますね? やな先生は本当にイケメンというか扉絵が本当にイケメンでカッコいいです。
悪役の演技がどんどん好きになっていく感じが好きです。

あと、前にも考えたんですけど。
肩がふわふわしていたり、リボンが取れていないところがとても気に入りました。

[ソル] ソルくんはヤナを信じてとても喜んでいますが、「あの人は人格者だ」と評価するのはちょっと盲目的すぎませんか? 私は思う

ヤナと言うよりは、その辺にいる普通の女の子です。

美人でも美人でもないし、人格者とは言えない人だと佐藤さんは思っていると思います。

でも、「言いたいことは言えよ」という木ノ葉姉様の言葉が嬉しかったです。
きっと心の中で「うんうん」と言いながら聞いているに違いない。
木ノ葉様には不思議な安心感がある。
旅を始めてからです。

[氏。 このは】
コノハがそれに気づいているかどうかはわかりませんが、
(実際のところ、作者は意識的に木の葉の心理描写をほとんどしていません。)
自分の悩みや感情よりも他人を優先するところが、やっぱり聖人君子ですね。

木ノ葉様は一体どれだけ感情を殺して来たんだ? 彼女は我慢するだろうか? 私は思う。
おそらく木ノ葉様は自分の感情を殺しているので心理描写は無いのかもしれません。

ジノとソルのメンタルケアは今本当に大変で、普通に苦労しています。
木ノ葉様はサトゥーのシナリオの主人公です。
また、ヤナを悪い目で見ることに慣れてしまった木ノ葉様は、もはや仲間たちに慰めの言葉をかけてもらうことを期待していません。
彼女は少し寂しいと思います。
それでも諦めずに「理由がある」と説得してくれるのが木ノ葉様のお気に入りポイント。

[ヨミ] ヨミは悪女が帰ってくる場所のような気がします。
ヨミは、ヨミでコノハを殺そうとするヤナがかわいいから好きですが、同時にヤナは自分の世界を愛していることを知っている人でもあります。
なぜこの人はイアナを最終的に醜いと判断したのでしょうか?

まあ、彼女には関係ないけど、悪役だから感動したって言ってましたが、私には悪役には見えませんでした。
普段一緒に本の話をするオタク友達の愛でイアナを街娘風にしてくれたアイザック先輩が私にとってナンバーワンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *