面白い 話 短い: 60以上のストーリー

面白い 話 短い

面白い物語を読んで、息抜きや気分転換したいときもありますよね。

嫌なことがあったとき、勉強や人を見るのに疲れたとき、休みたいときもありますよね。

この記事では、息抜きにぴったりな面白い話を集めました。

また、「面白い 話 短い」について聞かれた人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

面白い 話 短い

【毎日】
彼女の友達の家で漫画を読んでいると、彼女のお母さんが来てこう言いました。
母:「いつも漫画読んでるよ、毎日が毎日だよ~」
とつぶやいていました。
彼女には自分が何を言っているのか本当に分かりませんでした。

【娘の顔】
自分に振られた娘を慰めようとする父親。
私は「あなた、人間は顔ではありませんよ」と言って彼女を慰めようとしました。
父親は「あなたの顔は人間ではない」と言った。

【ホームステイ】
私の息子はとても勉強が得意です。
大学生になって息子がイギリスに留学したとき、彼は親戚に誇らしげにこう言った。
母親は「息子はイギリスでホームレスになってしまった」と語った。

【妻の誕生日】
妻の誕生日に夫からのプレゼント。
夫「今日は誕生日だよね?プレゼントは何が欲しい?」
妻:「あまり行ったことのない場所に行きたいです♪」
そう言って夫は妻をキッチンへ連れて行った。

【どれ? 】
仕事から帰ったら、お腹が空いた。
私:「ただいま!」
妻「お風呂に入りますか?それともシャワーですか?お風呂に入りますか?」
私:「やっぱり、まだ料理が来てないんです…」

【右折左折】
自動車学校の教官の面白いセリフ。
私の通っている自動車学校の教官はとにかく口が悪いです。
講師「うほ、うほ」
「何言ってるの、ゴリラの真似してるの?」と思いました。
講師「さほ、さほ」
「何を言っているのかわからない」と思いました。
「右側、左側」と言っていたのが少し残念でした。

【コンビニ】
コンビニでお弁当を買ったときのこと。
店員さんは「温めますか?」と言いました。
私は「さようなら」と答えました。

【内定】
先日内定をもらった企業の面接での出来事。
面接官「学生時代にやり残した事はありますか?」
私:「状況の問題です。」
インタビュアー「何かあったんですか?」
私:「いえ、何もありませんでした。」
すぐに内定をもらったのですが、入社して初めて会社が社内恋愛禁止であることを知りました。

【ライン】
タイプミスした彼女からのLINE。
彼女:「本当にごめんなさい。」
「が」を「ご」、「か」を「こ」と間違えたようです。

面白い 話 短い

【誤解】
彼女は幻聴が聞こえると言う友人から相談を受けました。
友人:「毎日幻聴が聞こえます」
私:「えー、どうですか?」
友人:「人々が私のことを悪く言っているのが聞こえます。」
私:「……転校したほうがいいですよ」

【夫】
パソコンに詳しい夫が操作方法を教えてくれたとき。
私「3歳児でもわかるように、もっとわかりやすく教えて」
夫:「これは大事なことだから、これをクリックしてね。」
私「普通に話して大丈夫ですよ…」

【拉麺】
無料替え玉で有名なラーメン店での出来事だった。
私:「ここはスープが美味しいよ。」
そう思って、おかわりを頼むのも忘れてスープを飲み干した。 。 。

【自動販売機】
高速道路SAの自動販売機でイベント発生。
100円を入れて1分ほど待ってカップを取り出すとコーヒーが入っていませんでした。 仕方なくまた100円を入れて、今度はじっと見つめていると、カップを置く前に液体が出てきて、カップは空になって出てきました。 結局何も注がれませんでした。

【扶養家族】
「扶養家族」を「不要な家族」だと思っていた私の誤解。 父が市役所に行ったときのこと。
役所「奥さん以外に扶養家族は何人いますか?」
父:「扶養家族が2人います。」
そんな父を見て、私はショックを受けました。

【妻】
妻とママ友との会話。
ママ友「お皿は何を使って洗うの?」
妻「色々試した結果、旦那が一番いいよ!」

【妻】
暑い夏の夫婦の会話。
夫:「冷たいものをください!」
妻「私の視線だけで満足じゃないの?」

【招待】
悪友からの結婚式の招待状。 やっと大きくなったと思って嬉しかったのですが、ポストカードを見ると、
・参加しないでください
・不在
それは二者択一でした。 あんにゃろう〜。

【オペレーター】
インターネットへの接続方法が分からなかった母がサポートセンターに電話したときのこと。
オペレーター: 「あなたの環境について教えていただけますか?」
母:「環境は、そうですね、4LDKのアパートですし、日当たりも良いですね。」
オペレーター「…いいえ、場所ではありません…」

【自動販売機】
仕事を探しにハローワークに行き、自動販売機でコーヒーを買ったときのこと。
自販機「今日もお仕事頑張ってください!」
私:「無職なんです!」
自動販売機を蹴りそうになった。

【シチュエーション】
急ぎそうな友人からLINEが来ました。
私「空気が読めない」
友人「ジョキョ」
私:「……そういう意味じゃないんです」

【自動車学校】
人の言うことをすべて鵜呑みにする友人の自動車教習所での話。
教官「次の赤信号を右折してください」
友達:「はい、赤信号で右に曲がります。」
そう言って友人は赤信号を右折した。

【体重】
太った母親が体重計に座り、お腹を引っ込めていました。
私:「お腹を引っ込めても痩せないよ」
母「退会しないと記憶が見れないんだよ」
自分 “・・・”

【重量2】
母親がスポーツクラブに入ったときのこと。 彼女の申請書には、以前は最低体重を記入する欄がありました。 そこには「3500g」と書いてありました、お母さん…店員さんに書き直させられました。

【エージング】
上司が私に、古いものを交換するには何が必要かと尋ねたとき。
私「女性社員」
と答えると、上司に厳しく叱られました。

【コピー】
私:「これをB3にコピーしてください」
ジュニア「はい、分かりました。」
後輩がなかなか帰ってこないので携帯に電話すると、地下3階でコピー機を探しているとのこと。 。 。

面白い 話 短い

【フェニックス】
Fラン大学の新人が誇らしげに話していた話。
ルーキー「FランFは不死鳥のように羽ばたく不死鳥のFです」
私:「フェニックスはフェニックスだよ」

【ポラギノール】
私:「今日の夕食は何ですか?」
母:「ポラギノールだよ。」
カルボナーラとポラギノールを間違えたのは母親でした。

【たこやき】
私:「このたこ焼きにはタコが入っていません。」
たこ焼き屋さん「たい焼きには鯛が入ってないですよね?同じですよ!」
それを聞いて彼女は少し納得した。

【ホッケ】
ホッケ好きな私に後輩が言った一言。
後輩「先輩、鳥ですか?」

[ビューティーサロン] 父が髪を洗いながらいつも言うセリフ
美容師「痒いところはありませんか?」
父:「足の裏がかゆいんです。」

【肥満】
デブの友人からの一言。
「デブを冗談にできない奴には生きる資格はない。」
彼女はちょっとクールだと思いました。

【ババア】
ババア同士の会話。
ババアA「ババアって言われてるうちはまだ若いよ」
ババアB「そうだね、若いって言ってるんだから、一人前のババアだよ」

【ハイテンション】
飛行中。
CA「ハイテンションでお願いします」
乗客「ああああ!!」

【慢性症状】
上司「なんで昨日休んだの!」
私:「持病が悪化しました。」
上司「なるほど!え、えっ!?」

【ビューティーサロン】
カットを終えた友人が言った一言。
友達「私、かっこよくなった?」
美容師「頑張りました」

【インストール】
PCにアプリケーションをインストールする仕事を依頼したときのこと。
新入社員「先輩、やったね!」
私:「え?入ってないんです。」
マニュアルにはアンインストール方法も記載されています。 。 。

面白い 話 短い

【目立つおなら】
友達「おならしたいのですがどうすればいいですか?」
私:「大声で騙してみたらどうですか?」
私の友人は力の限り叫び、そして力の限りおならをしました。
それはただ注目を集めておならをするためだった。

【きちんとした】
母部分
兄弟の外出
オレニト

【帰りの電車】
とても急いでいる女性が階段を上がってきて、帰りの電車に飛び込みました。
電車が動き始めて目が合った時の彼女のとても不安そうな表情が忘れられません。

【英語】
「全能」を日本語に訳す問題に対する友人の答え。
友人「これは全部私のお茶だよ」

【歯医者】
初めて行った歯医者での出来事です。
歯医者さんに口紅を拭くように言われたとき、口笛を吹いているのと間違えてしまいました。

【おばあちゃん】
おばあちゃんの友達からメールが届きました。
友人:「昨日おばあちゃんが亡くなりました。悲しいです。」
「えっ、おまちゃんと誰?」って思ったんです。

【副作用】
昨日、かゆみ止めの軟膏を買ったのですが、副作用を見ると「かゆみ」と書いてありました。 一瞬、使おうかどうか迷った。

【スターバックス】
母:「ねえ、オートバックスのコーヒー買ってきて。」
私:「どんなオイルが欲しいの?」

【グーグル】
母「ゴーグルって便利だよ~、何でも教えてくれるよ~」
私:「グーグル!」

【お母さんからのメール】
母「イケメン美容師さんに新垣結衣を茹でてって言われました♪」
私:「新垣結衣の煮物ってどんな感じですか?」

【牛乳】
母:「スーパーで乳牛を買ってきて」
私:「牧場の間違いじゃないですか?」

【ヤフー】
母:「ねえ、Yahooで検索できないの。」
私:「ヤフー!」

【お祝い】
母親:「お隣さん、赤ちゃんが生まれたから石を送るよ。」
私:「大きいものをお願いします。」

【携帯電話】
母:「携帯電話を家に忘れたのよ!」
携帯電話を持っていない娘にメールをしていました。

【ツイッター】
母:「私もツイートしたいんですが、どこで買えるか教えてもらえますか?」
私:「コンビニで売ってますよ。」

【ドンキーコング】
母:「ドンキーコングのハンバーガー美味しかったよ~」
私は「びっくりロバ」です

【Wi-Fi】
母:「カフェでウィーフィーが使えるって聞いたよ~」
私:「Wi-Fiって読めないんですね!」

【無色】
事件を起こした男性は「無職」とよく言われますが、私は「無職」とは「無色」だと思っていました。

【台風一過】
小学生の頃、「台風が去った」=「台風一家」ではないと自慢していました。

【だし】
私はつい最近まで「だし」のことを「だしる」と呼んでいました。

【直行バス】
母「ねえねえ、ノンストップバスだよ!止まらないバスかな?」
私「そんなバスあるの!ノンステップバス?」

【王】
母:「駅前に大将という美味しそうな餃子屋さんがあるよ。」
私:「王様になろう!」

【岡三証券】
母「マザーズ証券は優しいのかな?」
私:「岡三証券か乙三証券について何かありますか?」

【あなたはそれを手に入れましたか? 】
レジでよく聞かれる「ポイントカードはお持ちですか?」を「ポップとカードは餅ですか?」と間違えてしまいました。

【うっかり転んでしまった】
「間違えて山から落ちた」という話をよく聞きますが、私は「間違って」を「謝る」と勘違いしていました。 。

[歓声] 選挙カーの中で「応援よろしくお願いします」って言ってたけど、「5000円ありがとう!」って言ってるのかと思った。

【予定】
私はサラ金を利用する際に「計画的に使ってください」とよく言います。

[財産] 駅前の不動産屋に面白いチラシがあった。
「駅から5年、建設まで5分」

【エレベーター】
社長が同じエレベーターに乗って緊張した時の私の失敗。 社長は帰ろうとしたので「開く」ボタンを押そうとしたところ、誤って「閉じる」ボタンを押してしまい、社長はドアの間に挟まれてしまいました。 もう一度「開く」を押そうと思ったのですが、間違えてもう一度「閉じる」を押してしまい、社長は何度も引っかかってしまいました。

まとめ

本当に面白い話をランキングでお届けしました。

サクッと読めるものばかりなので良い気分転換になるのではないでしょうか?

今後も面白いネタを見つけたら追加していきますので、よかったら時々チェックしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *