風光 る 最終 回: ネタバレと感想

風光 る 最終 回

23年続いた番組もついに終了。 「風光 る 最終 回」のレビューはこちらです。 まだ読んでいない方はご注意ください。

風光 る 最終 回 – 千駄ヶ谷暮らしと黒猫フク

黒猫のフクは、沖田さんとセイの平穏な暮らしに癒しを与えてくれます。

黒猫には厄除けの力があると言われています。

千駄ヶ谷は、上野戦争で新政府軍が江戸に侵攻するまで平穏を保った。

沖田さんが最期を迎えるとき、黒猫のフクと妻のセイがそばにいます。

千駄ヶ谷は、大変な時代にもかかわらず、外界から遮断されたかのように平和に見えました。 半月ほど別世界にいたからこそ、沖田さんの記憶を振り返ることができたのだと思います。

シボ・サワ・ヒロシ著『新選組物語』の7~10ページ、221~226ページに登場する黒猫が招き猫「フク」の由来であると考えられている。

沖田は現れた黒猫がどんなに頑張っても切れないので気に入らない。 私が言えることは、それは触りやすい/嫌な側面であるということです。

弱い自分と向き合っているから仕方ないとしても、福ちゃんの接し方とは違う。

風光 る 最終 回 - 千駄ヶ谷暮らしと黒猫フク

風光 る 最終 回 – セイの役

聖にはポトガラ(示されている)と、それを日野の義理の弟に届けるようにというメッセージが託された。

実際、歴史の中でこの役職を演じたのは新選組隊士の市村鉄之助です。

任務の成功後、鉄之助はほぼ2年間佐藤家に滞在したと伝えられている。

同様に、セイは土方の遺品を引き渡した後、佐藤家に移り住み、2年間滞在した。

おせいちゃんは、到着時に悪阻に似た症状があったため、佐藤家住宅に滞在して治療、出産、子育てをしていた可能性がある。

風光 る 最終 回 – セイは結婚しても武士であった

セイと沖田さんが最終的にカップルになったとき、彼らが一緒に過ごした時間は短かった。

残されたセイは、沖田さんとの約束を守り、函館の土方さんのもとへ向かいました。

セイは約束を守る限り、これ以上生きるつもりはなかった。

彼は自ら命を絶つのか、それとも兵士として死ぬのか?

セイは、沖田さんと新選組の仲間が亡くなったことを知るまで、一人暮らしを考えたこともなかった。

その行動を止めたのは土方さんだった。

セイがどんな事になっても生きていくと信じてくれて嬉しかった。

しかし、土方氏は戦死するつもりであり、武士の時代とともに死ぬのが目標であると述べた。

セイと土方さんでは境遇が違うので仕方ないですね。

それでも、土方は絶望の中で死にたくなかったのが救いだった。

聖ちゃんはやっぱり土方さんとは違って、自分の存在意義を理解できずに瀕死の状態だった。

明治31年、武士として生きることを決意し、命を捨てなかったセイは、藤田五郎という名で斉藤氏と再会した。

会津如来堂での戦闘後、斎藤氏は会津藩士らとともに逮捕された。 1897年、都南を残して東京に戻る。

斉藤さんと一緒にいた女性の高木時雄さんは奥さんなのでしょうか? 彼女については言及されていなかったが、タイミングを考えるとそうなのかな。

メインストーリーの最後のコマは2ページを占めました。

武士の子であることについてのセイの発言。

それはセイの息子の父親をほのめかしているだけでなく、セイが武士であることを示唆しているようにも見え、それが最終的に彼を再び後退させることになります。

最終エピソードは信じられないほどよくできていました。

『風光る』最終回を読んでの感想

『風ヒカル』最終回を読んでの感想

近藤、総司、土方…。

このエピソードは全員が命を落として悲劇的に終わるはずだった。

全体的に暗い雰囲気があまり印象に残りませんでした。

一方、最後のエピソードは新鮮に感じました。

それは紛れもなく主人公であるセイのキャラクターだ。

最終的には武士として、総司の花嫁として。

男児を出産して母となり武士となった。

総司とその仲間たちを想い続けます。

必ず乗り越えられると信じていました。

さらに、最後のページには

最終公演終了後の特別編の発表です!

追加版の制作も決定いたしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *