ワンピース最新話考察

ワンピースの最後の戦いは現在、正式に四皇間の四つ巴のコンテストとなり、誰がより早く富を見つけて海賊王の称号を獲得できるかを競います。

この記事ではワンピース最新話考察を見ていきましょう。

前の章

ワンピース最新話考察

ワンピース前話・1087話では、クザンが無理をしてガープに弟子入りし、過剰な特訓の末にガープと同等の力の拳を放つことができるようになりました。

ガープはこれまで黒ひげ海賊団の隊長たちを蹴散らし、コビーをかばい、シリュウの剣に苦戦してきた。

それから彼は立ち上がってクザンに向かって拳を繰り出したが、クザンは手を投げ返し、顔を平手打ちした。

その結果、ガープは殴られ、コビーに引き渡されました。

そしてワンピース第1088話では何が起こるのでしょうか?

ワンピース最新話考察

ワンピースの秘宝を巡る争いは、正式に海賊王の称号を賭けた最も強力な4人の争いに縮小された。 バギーが予期せずワンピースを手に入れたいという願望を明らかにした後、四皇全員が尾田栄一郎のベストセラー漫画の壮大な結末で最高潮に達する競争に正式に参加した。

ワンピース最新話考察

ワンピース第1082話では予想外の出来事がたくさん起こりました。サボはまだ生きており、世界王イム様の秘密を明らかにしようとしています。 さらに驚くべきは、強力なクロスギルド組織を構築するためにスタークラウンの磁力を利用した、虐待的な「ビジネスパートナー」であるミホークとクロコダイルに立ち向かうバギーの決断です。

バギーはあらゆる政治や陰謀にうんざりしており、すべての海賊の真の野望を追求するために力を結集します。それは、ワンピースを手に入れ、次の海賊王になることです。 シャンクスがついに切望された宝を追求するという最近の決断を考えると、これはすべての四皇が今や究極の賞金に照準を合わせていることを意味します。

カイドウとビッグ・マムの崩壊によって引き起こされた大変動の後、現在の四皇(海の皇帝)はルフィ、バギー、シャンクス、黒ひげの4人です。 ファンは、冒険の始まり以来のルフィの野望が、ゴール・D・ロジャーの莫大な富を発見して次の海賊王になることであったことをよく知っています。

最近トラファルガー・ローとハートの海賊団からロードポーネグリフを盗んだことからわかるように、黒ひげはワンピースにも目を向けています。 物語の大部分でアイドル状態にあったシャンクスが戦いに参加するという選択は、最大の驚きの1つでした。 そこにクロスギルドが加わることで、誰がワンピースを争うかが決まります。

尾田栄一郎の陰謀がどこに向かうのかは誰にもわかりませんが、ロジャーの富をめぐる競争が、待望のワンピースの結末において顕著なモチーフとなる可能性は十分にあります。 このレースの主な候補者が誰になるかについてはかなりの議論がありましたが、その後の出来事は、それが四皇間の四つ巴の戦いであることを示しています。

シャンクスがキッド海賊団を壊滅させ、黒ひげがローに対処した後、最後に失われたロードポーネグリフを見つけて、ロジャーの富が待っている隠された島ラフテイルに行く能力と資源を持っているのは四皇だけです。

ワンピース、ついに海賊王の称号の唯一の候補者を明らかに

ワンピース最新話考察

キッドやローのような著名なキャラクターが写真から削除されていることを残念に思うファンもいるかもしれませんが、ワンピースの世界(特に新世界)は強い者だけが生き残って繁栄する過酷な場所であることを思い出させるのに役立ちます。 漫画が最終的に次に何が起こるのか明確なイメージを提供するのも興味深いです。

ワンピースの世界で最も強力だと考えられている4人の海賊(およびそれぞれの部下のグループ)が最終賞を争うのは当然のことですが、尾田栄一郎の壮大な物語は、終わりまでにさらに驚きをもたらすことは間違いありません。

 

Leave a Comment